女性が自立し不安なく生きる方法

女性のための実践的哲学は女性の身体と心が求めている成長、破壊、興奮、快楽を生み出してくれる。

投稿日:2018年2月4日 更新日:

女性のための実践的哲学は女性の身体と心が求めている深く沈み込む原始的知覚につながりをみせる

女性生きる 実践的哲学女性 女性身体心求める 女性原始的知覚つながり

ひとが求めているのに手に入らないものがこの世にあるのかと問われたなら、女性のあなたなら何と応えるでしょうか?
または、このように問われて、どのようなものが想像されてくるのでしょうか?

現状の日常では友人がほとんどいなくてもネットによって、ひとりではない生活空間をもつことができ、もし家族との関係が不仲であったとしても、これまたネットによってさまざまなジャンルのひとと結びあっている錯覚に入り込めることによって、家族以外の誰かに支えられているという誤作動であっても、正当な歪みがそこに加算されると、まっすぐなように見えてきます。

この記述(エクリチュール)では、女性がいつも知っておきないのは真実であって、それが事実関係としてもそうあってもらいたいという願いにもとづき、女性が運動をおこせる最終点まで、真実を求めていくのが、本サイトの目的であるため、ネットのフィールドは錯覚であると言っておきます。

ネットが真実ではないというエクリチュールは、この時流のなかではチャレンジされた表現になりますが、女性は心のどこかでネットにかんしては疑いがあり、こんなものをほんとうは求めていたのではないのにと言いはなつ女性はたくさんいますが、いまはそれができない状況であります。

女性はいつも社会構造においては、いつも男性の目にさらされ、セクハラやパワハラの危険性を抱えされ、それにはむかっては、いまのまま会社を続けられなくなるのではないかという不適切なことであるのですが、強いられた事物として演じなくてはならないという性質の社会構造のなかで生きています。

そのようなことを問題と化してみては、今度は女性だって仕事でお金をもらえているから必要なことだと、悪意そのもので、弱さまるだしの男性の醜態は女性のあなたにはいつも怯えるぐらいに相当するものであります。

このような事情に、哲学的な省察のない甘い範囲でのフリ(振り)は、事物を解体せずに、そのままの形、それは全体性というほんとうは分子の可能性のある元素であることに目を向けないでそのままを絶対的に捉えてしまって問題はかえって大きくなっていきます。

女性のあなたが日々、思っている悩み、解決しようもない永遠に続くとされる不安は、問題でないものを問題としてとらえ、解決したいけど、だれかに言うこともできないし、どうしようもないと、絶望的なこととして、女性はいつもそれらと感情レベルでも向き合っているのです。

社会構造や社会を支配する支配層といわれる政治家、財界者それらを運営するマスメディア(テレビ、ネットニュースなど)は物事をすべてにおいて1つの事情を全体的な事情とすることにプロフェッショナルであります。

テレビでもネットニュースでもそうですが、全国のどこかで起こったあるニュースがあると、それを他の地域でも起こっていただとか、昨日もそんなニュースが起こっていたよ、などとマスメディアとしては、ニュースのボリューム(報道では尺といいます)をひたすら増やすことで、彼らは仕事を実行するというパフォーマンスとなっています。

それを見た女性のあなたは、そんな内在されている意図などは考えながらマスメディアに対応するわけではありませんし、その事実をもし深く知ってしまったとしたら、それは禁止事項を侵犯(しんぱん)ものだとして、人に見せてはいけない行為だと解釈してしまうと、それは不本意にもエロティシズムという神経系の運動が誤作動で起こってしまい、やめられなくなります。

しかし、そこを構造的に見ることは、これからの時流をふまえても、適切な外部の事象への大事なかかわりであり、有益なものでありますが、そのへんは、女性にとって主要な価値があるものではありません。

そして、そこに実践的な哲学を入れると、エロティシズムは生きること、あなた自身と他者、過去、現在、未来などの女性が生きるためにかかわる本質的のものにエロティシズムが集中できなければいけませんし、そこを求めるのが本サイトの目的なのです。

女性には未来を構築するエネルギーの起点が湧き出ている

女性未来構築エネルギー 女性エネルギー起点湧き出る

未来について、女性はどれだけのエネルギーコストをかけてきているのでしょうか?

時代背景からも、これは皮肉としかいいようのないものですが、先代から先先代の母親たちは、社会構造を受け入れた生きる方向性をもっていたのが、自分の子どもが生まれると、それが抑圧のはけ口になってしまい、子どもが生まれ、成人していくには、そこから20年以上あとのことになるのに、そんなことは滅相も考えることなく、いまの母親の価値基準をおしつけました。

女性なんだから、女性らしく、女性は男性に媚びるほうが生きやすいと言ってしまったり、母親が父親に取る行動がそのような価値基準そのものであったりして、女性で生まれた子どもは、そこから生きることへの意識を通して、自分なりの基準を作りました。

成人になるまでに、打算的な物事を解く見地は、学校にいき、授業を聞いて、テストでは問題に沿った内容で答えなければならないぐらいのときに、女性は自分を感じるという感覚運動の累積がほとんどありません。
女性には、未来を構築するための素材がすべてそろっています。

それは、身体を構成する生命体(心臓と肺)、自分にたいする攻撃と保護の二面性をもつ免疫系、細胞の自律的運動をつなぎ合わせ、それらが複合的な活動に変換されていく神経系は、生命体をのぞくものは、女性の身体から自然発生するホルモンから営まれています。

女性が運命的にもっているホルモンは、さまざまな諸説があるなかで、本サイトは女性が幸福になっていく段階をわかりやすく説いていこうとする実態のある概念化をねらっていく取り組みのなかで、女性が子宮をもち、子宮で子を産めるようになったのは、ホルモンが起源にあったからではないかと考えていっています。

女性の神秘性は哲学でしか、見つめることができず、哲学を介入の段階にいれないと、女性は現状のように社会構造の一員となってしまうことで、未来につながりをもてない関係性は、社会にとって、世界にとって、地球にとって負でしかなくなっていくのです。

運命的に生まれたのが、女性という構造体より、男性が恣意的(しいてき)に顕示欲が男性にはあって競争を求め、革命や戦争を好むのが本質的な性質だとしながら、男性が中心になり、自然体とはあわない構造体の物体が世界を動かしていってしまい、だからこそ、繁栄と衰退があるのが歴史の繰り返しだとして、悪意をそのまま正当化する事態に発展しました。

そんなとき、女性は社会構造に揺るがずに、自分を自己保存としてもともとの非規則によって生きてきた経緯は、だんな書物にも残されてはいません。

つまり、全世界の世の中に属する人間たちは、女性の神秘性をもつ構造体の哲学性を知り得ないのです。
この世の中に、男性と女性がいて、セックスをすれば、男性が攻める側の主導権をもち、女性は受け身であるためすべてにおいて弱い存在であると。

すべての事象を強さと弱さに分けられてしまい、20世紀初頭に発達した心理学は、病気になっている人を実証の対象とし、そこから心理学という学問は人間を社会に適応するのが真の姿であると、身体の有機性を見逃して体系化され、それがいまでは女性が群れをなすために、自分を規定する一員となってしまう題材にされています。

女性は弱いものだから、女性が社会で適応できない理由が病気を前提として心理学は女性のこころを制約しています。
一度、脳がサーバーとする中枢は、誤作動が起き、それらが運動を繰り返すかぎり、一度覚えてしまった思考のパターンは変わることはありません。

脳は特殊な領域と思われがちですが、脳は巨大なサーバーであるだけで、すべては末梢(まっしょう)という生命体(心臓と肺)をのぞく部位すべてからの微細な運動感覚の経験が情報として集まってきます。

脳はそれを受けるだけで、脳が特殊なものではなく、ただたんに、脳について科学的に近年までほとんどわかっていなかったことから、よくわからない、難しいところになってしまっていました。

その末梢という組織は、女性のホルモンが産出される核(かく)や節(せつ)が無数に数えきれないぐらいにあります。
ひとつのパターンが強い場合、そのパターンは女性の身体に症状として表出させてくるため、これらをまとめて体質といったりします。

体質は、どちらかといえば、アレルギーのようなネガティブで、不快感のある身体の反応から描かれているものです。

しかし、実践的哲学では、この世に氾濫(はんらん)するあらゆる言語意味生成についても、なんどもこうして偶発的でエクリプスのなかに発生したときに、またその言語は省察され、哲学の破壊と再生の運動の表裏であるエロティシズムの力を活用し、単一に近い元素にまで、これを西洋哲学ではアトムやモナドなどとよんでいますが、そのようにして女性が生きていくことのなかで、素直にそのエクリチュールを読むだけで、神経系を興奮できるところまで、本サイトは哲学を実践していきます。

体質は、治したくなるものとして、改善や治療を要する対処としてあつかわれていますが、女性にとっての体質は美的なもの以外の表現はありません。

この部分は、男性は社会に整合して面白くない人間に固まってしまった影響やそれによる背反される対象が女性になってしまっただけで、女性の諸体質は、社会性のなさ、身体や心的な弱さという方向で認識させていっています。

これも男性の都合であることは、実践的哲学をしていくと、全体性をもっている事象が俯瞰(ふかん)でき、事象の細部まで見れるようになるセンスがあなたのなかでもてると、女性が抱える体質は、それがすべての細分化の表現であるということがわかっていきます。

実践的哲学をして、女性が興奮と快楽の生まれる生きる時間にしよう

女性興奮快楽 女性エロティシズム

女性は、哲学そのものの構造をしています。

*ホルモンという濃い濃度の体液が、生命体(心臓と肺)以外に、等価されたものとして末梢を生かすことができていること。

*生きるためには、生命体に電源が入らないと生きれないと思われていましたが、女性がこの世に現われでた命によって、生命体をサブシステムに、末梢をメインシステムにすることができたこと。

*生命体がメインシステムであれば、ひとは生きていくあいだに親や家柄、幼少期などの出来事を宿命的にしなければならなかった(これが今日までに世界の常識)。それが女性を実践的哲学で構造として脱構築できたことで、運命的な運動を起こすことが可能となり、それは未来を女性の目の前に先取りできる。

実践的哲学は、未来を先取りできる女性のためにできあがりました。
未来という構造体を徹底的に解析したというより、女性の構造体をみつめることで、それは未来と同じ運動を起こす構造をもっているということにたどり着けました。

これからは、本サイトが実践的哲学を、女性のだれよりも先頭し立ち、実践していきます。
まだまだ、現段階は序章であります。

まだ見つかっていないアトムやモナドはたくさんあります。
今日までは、社会と国民、経営者と労働者のように、二面性の対立のなかで考えだされた関係性でしかありません。
女性の個にあった考え方は、まだこの世にはないのです。

ちょうどよく、歴史の前提をいかして、それが社会という組織化(システムといいます)され、そこ自己喪失して人生を投げうった男性たちは社会が舵をとり、なんとなく一生が終わりました。

当然、男性にはホルモンという濃度の濃い体液をもって生まれていなかったことで、それができただけであります。
だからこそ、社会は自然を次々と崩壊させていきました。

都会は脅威的に近代化を推しすすめ、土が見える大地はどこにもありません。
そんななかで、女性は仕事をしなければならないために、都会に出てきて、他者からの優しく包みこむようなタッチでの愛の介入がなく、生きていく現実にはあまりにも価値がありません。

本サイトは、完成された概念ではありません。
ひとりひとりの女性にあう概念を探すために、本サイトと女性の神経系の興奮をこれらのエクリチュールで活性化して、ふたり体制で、ひとつのビジョンと理念を概念にしていきます。

社会に合わない構造体であるかぎり、社会構造が作り出している仕事、職業、教育も医療などすべてが女性には合わないものなのです。

恋愛、結婚(婚姻)も親との関係性もすべて女性には合いません。
では、どうして婚姻している女性がたくさんいるのかというテーゼには、周囲がやっているから自分をやらなくてはいけないと認識した、という解答になるでしょう。

女性の体質は男性がつくった社会構造には合わない。社会構造のために受けた教育で女性は自分をさらに抑えることと覚え、社会構造で弱くなることを学習する。婚姻しているのは、周囲がやっているから取り残されないようにする認識と親が強くいってきた価値基準に合わせるという他者承認による非哲学が必然性にタグ付けをして正当化されている。

本サイトは、女性が参加する実践的哲学を行なって、女性であるあなたが気づいていない自分の好きなこと探し出します。

美しい女性 女性哲学自分磨き

*本サイトは、実践的哲学を女性が行なえる空間です。
西洋哲学をつうじて、今日までの社会構造に合わないで歪ませている自己に気づいてもらえるように、さまざまな文献引用であるパサージュ集と、本サイトが記述させていただいているエクリチュールという言語出力形式で綴って(つづって)います。これらを見て頂くだけで、固まっていた思考につながる神経系は緩みをもち、神経系は自然反応で興奮し、もともとの根本的機能である自分という内部の素材を探しだす運動が高まります。
これが、前述してきました知覚運動といいます。
文献引用をしたり、本記事のようなエクリチュールを見ていただくなかで、本サイトはなにを言おうとしているのかは、日常的な現象を観察するところから生まれた哲学的な要素であることです。
西洋哲学の文献引用は、そこから得られるたくさんの知恵もありますが、それはあくまでもあなた自身が社会構造に不適切な影響を受け、思考がとまっている内部の状態に気づいていくための、素直なパサージュ(経由)であるのです。

*本サイトの実践的哲学の月額2700円(税込)
問いかけは、何度でもかまいません。
ネットを使ってのパロールの解除から社会構造の断絶。
そこからエクリチュールの知覚発生。
感じたことを表現したくなる欲求の運動の感覚の実感。
エクリチュールで自己表現し、自分に気づき、ひとりで過ごす時間を充実させる。
今度は、実際に対面してひとに会いたいという欲求の表出。
そこからはさらにエロティシズムという至高性という最高位のひとの活動である精神性と芸術性に。
そこまでいけば、本サイト運営にかかわるひととの対面から、パロールによって再起動へ。
すべては女性のビジョンの発掘と、女性の幸福のために概念化のため。

*実践的哲学

これは女性のために立ち上げられた日常的に行なえる手軽な哲学の実践。
西洋哲学をパサージュ(経由)して、西洋が到達できなかった哲学的実践をたどり、まだ途中となっている本質の追求を引き継いだのが実践的哲学を運営する本サイト。このサイトは成長、発展のさいちゅうであると理解しており、多くの女性よりは少し前進する位置で研究や研鑽(けんさん)を行ない、女性がわかりやすく生きれるように導いていくのが本サイトの目的。
今日までの男性社会が主導権を握っていた社会構造はますます弱体されていて、それが見えてきているのが、お金がすべてだという強い権威志向でなっている。
そんな世界に女性がいると、女性もそれに巻きこまれてしまって、せっかくの女性の感性や感覚という機能が磨けなくなり、女性が生きることの活動のための根幹にある身体には、唯一のビジョンを探し出そうとしているのに、脳のなかがそれに応じるシステムでなくなっていて、それを解除して新しくするのが、実践的哲学。女性のための哲学である。

*実践的哲学の基礎知識

実践的哲学とは、2017年に発動した女性専用の哲学サイトであります。
社会構造は依然として昔に回帰する保守(ほしゅ)という方向が強くなってきているなかで、女性をとりまく労働条件は見た目の制度は表現には正当なものをつくりだしてきていますが、現実はそうではありません。
それをいち早く予期した本サイトは、女性の脳のなかを縛っている価値意識を神経系の運動を入力することで運動で日常的に学習されてしまった女性の感性や感覚を抑制を解除しようという実践をおこなっております。
そのためには、何度も現状の社会構造についての記述(エクリチュール)をこちらから発信し、それを見ていただきます。
そして、女性の構造というのはありのままの形象から見て、本当はもっと感性が豊かで感覚が優れているのですよ、というどこからも否定できない事実に目を向けていただき、自分を知ってもらい、女性がもつ女性という構造的にそれだけの潜在性があるんだということに感覚で見直し、それが自己の初期化になって、一から生に意思を与えようということをおこなっております。
日常的に女性はよく他者とお話をするものですが、それは日常的な時事から離れたところから自分や他者を見つめたうえで話をしているのではないのです。
それでは感性や感覚が磨かれるはずはありません。それを本サイトは、集団から女性を切り離し(断絶)し、徹底して個の状態にします。そうして、女性の神経系に運動を繰り返し与え、それを何度も反復すれば、女性からみた現実の空間というのは、いま知っている現実界とは全然違っているものであることに驚きをかくせないでしょう。

*哲学を実践するとは

哲学というのはいまを否定し、未来を直接見るために現状のものの見方に運動を与え、そこからリセットさせ、一から神経系の運動を生成させる実践です。

実践的哲学用語

*知覚とは?
本サイトが実践的哲学を行なうことで興奮するのが知覚と定めている。もっとも女性のなかの根底にあって、微細なエネルギーであるのに、身体や心の端から端へと末梢という皮膚と筋肉のあいだの毛細血管の反応をよくする器官としている。知覚は医学的には神経系の感覚が脳の感覚野という連合作用をつくるもので、無意識的とされているが、本サイトでは西洋哲学と精神分析者であるフロイトとラカンをパサージュ(経由)し、知覚は胎児期から出生時に起こされたどこにもつながらないで起動した根底の運動だと考えている。

1,自己内の神経系が末梢に伝達するリズムが失われてそれを探している

2,自分のリズムを失われていったため、頼るものがなくなり、それが発達時の周囲のおとなに合わせていった喪失感

3,社会がつくった人工的な不安という認識に追いかけてもどこにもなく、自分は不安だから人間関係や仕事、家族との関係を断ち切れないとする誤作動の疲れ

4,本質的にもっている身体のリズムを探したいのに探せない焦りと不完全な感覚。自分らしく生きようとしても手がかりがなく諦めてしまう自分への嫌悪感

*実践的哲学;禁止を侵犯するエロティシズム
実践的哲学では、エクリチュールのフィールドで思考に運動を与え、見てはいけないところだとか、いつもなら思ってしまうと仕事をしていくうえで、それが集団生活においての都合上での弊害がうまれるために、思考を停止させている領域。そこに運動を与え、運動を促していき、いつもなら見えないところをともに見ていこうとする実践である。思ってはいけないというのは、人間には基本的人権を尊重され、思想の自由が保障されているのにそれができないのは自由ではない。実践的哲学は、西洋哲学をパサージュ(経由)して脳のなかの大枠として外延に安定をあたえておいてから、思考に運動をさせていく。知らないことを知るように、考えてはいけないのに考えてしまうのは禁止という事項を壊すという侵犯がうまれ、社会に規定された認識ばかりが脳を支配して、自由を抑制されていた神経系を快楽にもっていけて、神経系の運動の起点を作り出せる。これを実践的哲学ではエロティシズムという。

本サイトでは、エクリチュールのなかに、なんども自然発生されたテーゼを重ねていき、西洋の表現をすれば、ランダムに言語を出力させていくことで、規則性が見えなくなり、あなたの脳のなかは体系となっていた一連の非哲学からの非運動は気づきに変わっていくのです。
規則性が見えなくなると、エクリチュールのなかで、どこかでそれが出てきたなと読解された非規則な言語はより意味をはく奪されて、意味の失われた言語は記号となっていきます。
あなたは本サイトのエクリチュールは、言語を記号にしていき、脳のなかの痕跡に近づけ、最高の神経系のパフォーマンスを生むための興奮という作用を生み出していく実践

実践的哲学をするとは;人間として生きるのは社会が規定した人間で非哲学。人間として生きるならいまから10年経っても20年経ってもおなじ現実ができあがる。なぜならそれは非哲学だから。非哲学とは、いまをおなじまま保存する脳の記憶を揺るがせないようにするため。生命力は低下し、社会に依存する人間を大量生産する。面白くない生きる時間をつくるが、それにはだれも気づかない。実践的哲学が浸透すれば、哲学的な人間からひとへと脱構築されるため、人間はひとをみて悔いを残す。あなたは生きることをすべての出しきって生きるので実践的哲学でひとになり、人間をみてほほえむだろう。

*実践的哲学から見た脳のお話
実践的哲学では女性の心を探しだすために、身体を中心において身体から哲学を作りだします。それは、目的は心というものを知るのと同時に心が単なる想像的な枠組みの構造であることを知るためです。心というのは存在しておらず、幻想的なところで、女性にとっては神秘性もあれば、自分の嫌なところが性質や性格にあると思っているのなら、心に嫌な部分があると思ってしまうこともあるでしょう。それを実践的哲学で女性のあなたの脳の神経系の運動を実際に使い、そこからの反応を待つというのが実践的哲学です。哲学とは言語によってあなたにかかわり、問いかけをして心をつうじる実態のある運動なのですが、心はいま申したように実践的哲学をすれば、心は存在しないことに気づきます。心は精神という言語を入力したあとに、自分の想像的な言語出力で残される空間である精神という地点にあります。それらを説いていくと、ひとという構造が見えてきて、生がこの地球上でなにを求めているのを知ることができ、あとはそれに向けて生きていけば、女性においては個体が求める幸福にたどり着くことができるのです。実践的哲学は構造をとらえていく実践です。脳のなかもつうじていき、大脳皮質が強い認識でそこが司令塔となって生きていると思ってきたいままでの生き方を修正します。大脳皮質よりも下層にある無意識的な運動を行なっているところにほんとうのあなたの生についての情報が隠されています。それを追いかけていくために、実践的哲学は大脳皮質やその下層の皮質下という領域まで入っていくことができるようになります。

*大脳皮質と皮質下のシステム
大脳皮質は皮質下の神経系の伝達でえた一部の情報を過去の認定された情報とすこし照合して判断します。それが適切かどうかをすこしだけ考えてくれて、またおなじ情報に戻すという連合される機構があります。ひととしての構造は大脳皮質がサブシステムで皮質下がメインシステムでありますが、人間像と学習された知識がこのシステムを狂わせるのです。多くのひとは人間でいなければならないと思って皮質下の感覚的情報を無視して、大脳皮質でえられた一面的な情報の連合を信じて、それが自分だと思ったり、そこから見えている世界が現実の世界だと思いこんだりします。皮質下をメインシステムの戻すのが、実践的哲学の目的であります。皮質下というのは、生存欲求が起こる脳幹、情動や感情が出力される辺縁系、身体感覚の中心である脳幹網様体の姿勢制御のスイッチなどが入っていて、皮質下を実践的哲学でメインシステムにできたなら、感覚的な作用を感覚レベルで連合することができ、生きることを意識できるようになっていきます。

*実践的哲学をするとシンプルに生きていける
実践的哲学は、西洋哲学をパサージュ(経由)して、古代ギリシャから始まったとされる哲学、宗教、科学を総体的にとらえて、女性の内面的な感性の豊かさにより運動を与えつつ、社会は大脳皮質での認識で物事をとらえようとして、女性の感性はその下層の脳の部位である皮質下の運動が活発さから、女性は自己について曖昧さをもち続けています。いつもなんとなく生きていたり、社会に自分の弱さが結びついた女性なら大脳皮質を無理に使用して、生きることを社会の外化されたままの自分を受け入れています。仕事がすべて、結婚がすべて、子どもがすべて、趣味がすべてなどというような、いかにもという偽装されたスタイルは、冷静に他者がみたらわかるぐらいの違和感ですが、曖昧さを抱えている女性はひとりからふたり以上の女性が集まると日ごろの曖昧さの葛藤からパロール(話し言葉)をくりかえして、自分を急速に満たしていくという行為をくりかえしていきます。これは反復という原理で、生は自由に生きたいと欲する真の運動と死は禁欲により自分を抑えることで自分は世界で成り立ってるというような二面性がぶつかりあっているのです。曖昧さを満たすのが死に向かっていく反復で、満たされたような錯覚が心地よくてやめられないというのが生の反復となります。実践的哲学は、西洋哲学をパサージュして、体系的なところに立っていただき、そこから自由に運動する内面を感じては、女性が自分の自己像の思い違いを修正し、生に意思が入りこめるところまで、かかわっていこうとするものです。そこまでの神経系の運動はサポートする相手がいなければできませんでした。ほんとうの自分を探したいというのは女性の衝動でありますので、女性に哲学をしてもらう機会をあたえないと、生と死の二面性による反復が、女性の曖昧さを高めるとともに、その曖昧さを満たすための集団化に終日、エネルギーを奪われてしまうのです。そのようなことを経て、自分の時間設定が一となり、いままで社会に規定されていた常識が外れると、あなたが行なっている労働である仕事についても、まっすぐに省みていけ、それがどれだけ自分には還ってこないものなのかがわかれば、あとは自分の構造から立つ上がる唯一のあなただけのビジョンを頼りにその段階では生に意思が与えられていますので、シンプルに生きていけるようになります。

実践的哲学では、すべての世の中にできている事物にたいしてテーゼ(命題)として、空間に浮かせ、そこで事象に運動を行なわせ、反応をみることができるようになり、それによってあなたという小さな個人というひとであっても、この世界中の事物は一時的に自分の脳のなかで生きていくための知恵として活かしなおせます。

パロールを抑制し、そこから反転されるエクリチュールが女性の想像力を潜在性の最高値まで促通する。そこを感じとり、女性が自己の知覚で捺印すれば、体感されていない悦楽までが内面で表象となっていく。

実践的哲学で言語の再構成を

あなたが現実社会で生きていると、これらの言語(用語)に慣れ親しむ機会はありませんし、これらは哲学の領域で西洋で使用されてきた言語で、これらを丁寧に本サイトはもう一度取りだし、現代に合わせ、言語の意味生成が導きだす方向性を社会からの発信ではなく、言語を生の状態に実践的哲学から抑制し、言語が発祥したときぐらいに沈黙に限りなく近い様態にして、活用します。

実践的哲学は体性感覚に

この体性感覚は、実践的哲学では主軸になる感覚の領域で、哲学をすると視覚や聴覚を抑制し、からだの感覚の流動に意識を向けるようにしていき、その意識は意識のなかでも無意識という無の運動です。
実践的哲学は、無を求めるために、世の中に広がってる全体性を保存している有を実態のある運動を与えてそれらを運動として動かして、塊になっていたものを外延から緩め、有を見えているところから除去するのです。

*実践的哲学でパサージュする価値

これらのパサージュは、そうやってパサージュした哲学者の一生を追いかけているような伝記をじっくりを見る必要はなく、とにかく、哲学の形式で脳の思考の運動が神経系の促通から生み出されたものをパサージュして、あなたの脳の神経系の運動のためでありますので、それらのなかで表現されているエクリチュールが重点をおきます。
そのようにすることで、西洋哲学があなたのような日本人の女性とは人種も民族も慣習も違っている哲学を実践するエクリチュールに触れることが、あなたの脳の思考の部分に差異を生み、思考の神経系が作動しやすくなっていきます。

本サイトの女性の心の疲れと不安を取るためのパサージュ集

女性読書パサージュ 女性書物パサージュ

本サイトでは、女性の心の疲れを取る、心の不安を解消する、心に癒しを与える、女性が生きていて幸福感と充足感を得られるために、西洋哲学の文献引用をし、作者の主観を外すために、読みにくい、比喩や隠喩、または文脈上のレトリックと言われる修辞学、これは雄弁術、弁証術、説得術ともいわれる記述上の技法を駆使しているため、女性は書物を読むのが難しくなってしまっているのです。それを、本サイトでは、断絶して、切り取られた文節で、タイトルをつけ、何が書かれているのかを見やすくしています。接続詞や感嘆詞、副詞を外し、主語と動詞に絞っているため、読みやすくなっています。

なぜ、本サイトでは、西洋哲学の文献引用を記述しているのかというと、日本人というのは、島国で曖昧さにより、女性のなかに潜み、隠れている自己を捻出するのが難しいからです。つまり、女性が抱えている心の疲れや心の不安は、曖昧さからきており、西洋哲学の文献引用を読み、知的欲求が抑制されているところを目覚めさせ、興奮させることによって、女性は知的さを高めると、心の不安が安定に変化するという感覚が知り得てくるからです。

その文献引用をパサージュ集と命名しています。
パサージュ集についての、コンセプトは次の記述をご覧ください。
女性の心を癒す落ちつかせるパサージュ|女性の不安を取る励ますための実践的哲学

パサージュ集は、本を読まなくなっている今世紀に重要な価値を女性であるあなたに与えることになるでしょう。
女性は、男性とは違ってホルモンの生成が年齢に関係なく豊富であり、今日まで信じられていた美意識は、性的な愛や恋に捉えれていましたが、実はそうではなく、知的欲求に性的欲求があることを本サイトが証明していっています。
女性は、知的欲求を磨くと、驚くほど、美しくなり、輝き、オーラが現れ、自己が確立して、生き方が変わっていきます。
その経験を、このパサージュ集を眺め見ることで、書物を一から読むよりも美的効果がありますので、ご期待くださいね。
パサージュ集に関して、お聞きになりたい疑問がありましたら、お気軽にご連絡ください。

実践的哲学にご興味のある方はお問い合わせください

女性の心の悩みを楽にして自立できる安心とは|フロイト死の欲動から女性の悩みをパサージュ

女性の心に抱えた悩みを見つめる|ブライアンマギー哲学で女性の心の悩みをパサージュ

イスラームの神秘主義と女性の心の悩み|女性の心の悩みと歴史と信仰の本質を説くパサージュ

ハリウッドとラカン女性の心に癒しを|ラカンの真理で女性の心の悩みを癒しにパサージュ

この記事のライターのtakが行なうコアパーソナルトレーニング。
実践的哲学に入る前に、脳を初期化するために、まずからだを調整し、大地と共有させておくことです。それを主にしたパーソナルトレーニングが次の記事で書いてありますので、ぜひご覧くださいね。

出張パーソナルトレーニング東京大阪

パーソナルトレーニング 快適な睡眠

からだを発達時に戻して姿勢を美しいセットアップさせる

からだを重力の中で安定させ軽くして皮ふと筋肉のセンサーを刺激する

女性が美しく痩せるには?重力のラインに垂直に持ち上げる感覚刺激の反復で美しい姿勢のシステムとホルモンバランスシステムを高める

ジムに行って痩せたとしてもお腹のお肉は取れない決定的な理由はからだへのストレス

コア美人を目指そう|七回のコアパーソナルトレーニングで永遠の美を手に入れる

コアの鍛え方と磨き方の修正。コアは発達時の姿勢を取り一番安定するポジションを探す。コアパーソナルトレーニングの価値

姿勢改善で猫背のゆがんだ脊柱をコアコントロールでまっすぐに。姿勢を改善すると代謝システムが永遠に続く

女性を大地と結ぶBeauty-Core-Concept

BCC理論と他のパーソナルトレーニングの違い

takのパーソナルトレーニングにご興味ある方はこちらから問い合わせください

トレーナーtakとお話をしてみませんか?
日常的な悩みをあなたから切断し、脳の無意識領域にガイドし、あなたがもっとも好きなことをあなたの中で気づきにさせていきます。
LINEでお友だち申請をして、トークで無料カウンセリング希望と書いてくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性が自立し不安なく生きる方法

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.