女性が自立し不安なく生きる方法

女性は好きなことをしなければ経済的な安定にならない哲学的本質と理由。

投稿日:2018年4月15日 更新日:

女性は好きなことを探し、見つめ、省み、好きなことをひとつに絞るために時間をかけること。

女性経済力 女性お金の不安 女性哲学
街歩けば、スマホを見る人間たちばかり。
電車に乗れば、そこでもスマホを見ている。
カフェや立ち飲みバルにいけば、そこでもスマホにかんする話ばかりで、話題はそのしたネットやモバイル端末の話がそれだけでるというのなら、女性たちはほんとうにそのような話がしたいのかと問われたなら、それはそんなことはないと思っている女性がほとんどです。
ただ、この記述では女性の真から欲している欲動や欲求、先天性ではなく後天的に学んできた思考のパターンに行動パターンが独自性があるといえばそのように見えますが、女性たちは社会構造のなかに一時滞在しているようなものであるため、すべてのひとがおなじパターンで生きています。

あなた自身はそういった社会構造内でどんなふうに生きるのかは、まったく問われる権利はもっておらず、そのなかでいくらあがいても、社会構造というのは規定されているものが次々と複合的に密接になり、それがひとつしかないものだと見えるように社会構造が促しているため、それ以上見えることはほとんどありません。
真の欲求や欲動ではないのに、ひとびとはスマホの話をどうしてしてしまうのかは、他者という外化された権威によって、自己を探求する意思を失わされているひとびとの典型的なパターン、それは自己から生み出されたのではなく、自己が還ってこない永遠性を抱えた他者が自分の代わりをしていると思っているからです。

ひとりが言いはじめるのは、すでに大衆もいっているという前提と認識、そこから最大値への発展があるという期待を内在されたマスメディア(テレビ、雑誌、ネット)から開始されています。
あなた自身、いままでは社会構造の一部が全部となり、それ以上の物事の見方の変換はありえませんでしたが、このエクリチュールを機に物事の見方の範囲が広がりをみせてくれるために、社会構造にかんしても、なんで今までこんな世界にいたのだろうと、傷つくほどに感じとってしまうのです。

もしそうなったとしても、本サイトでは女性を個体にして、日常的に他者の権威が着々と心的に寄生するところを切断するべく対面した対話という機会をもうけていますので、心のあり方が不安定になったとしても安心してください。
女性がせおっている男性がつくった社会構造によるパロール(話し言葉)の権威と恐怖を結束させ、女性にはこの窮屈な社会の世界ではパロールをうちに止めておくようにと小さい頃から教育させられてきました。
思ったことがあってもそれをパロールにしてはいけない。

これは男性が本質というものに意識をもたずに、社会構造を枠組みをもつにあたり、どう考えてもいい加減にしか理解せずに見切り発車したとしかいえないようなお粗末なことがたくさんあります。
そんなこともあって、女性という弱い立場であるのは、パロールでマスメディアなどから権威をふりかざしながらも、不満や不安におもったことをパロールできないという不遜(ふそん)な社会システムは、プリンシパル(原理)のない強制された前提としてしかないのです。

そういうところから世の中をみて、ひとびとがよく口にしているスマホというものは、パロールの解除ができないひとびとが、スマホという目に見えるコンパクトな通信道具によって自己を外化させられているという脱構築がなされていくのも自然の反応であります。
本サイトは実践的哲学を女性専用として、女性が群れをなし、女性は弱い生き物であると認識上説かれてしまっている諸説をくつがえすべく、パロールの解除はそれと同時にパロールからエクリチュールへの言語表現の変容をしなければいけません。

女性を個にすると感性や感覚は宇宙をつうじて非規則性となる

女性不安 女性経済力 女性お金増やす
社会構造から女性を外にひきだすには、たとえるなら家の中からなかなか出てこれなくてそれがやめられなくなる習慣になるように、それは家の中が快適で外に出ればさまざまなストレスがあるという要因が家のなかでこもりたいという誤作動の欲求だと思うことから起こります。

家の中にいては、感性や感覚は自然の領域とつながりあうはずはありません。
しかし、それでも家にいたいと思われるのは、家の中に社会構造の一部となって自由なものの構造に見せかけた外化の因子をもつ道具や情報がたくさんあるからなのです。
それが外化されているのかどうかを絶妙に判断できるのは、その道具や情報が知り合いなどと話がそのままスムーズにかみ合うのかどうかです。

知り合いという他者があなたに発した話に耳を傾けて、一線を画すことなく、むしろ神経系の運動でいうと脱分極(だつぶんきょく)といってあなた自身がもっている閾値(いきち)を超える範囲での交流は興奮する神経系の再学習を促しますが、発したパロールがそのまま受け入れられるのならば、それは脱分極せず、興奮どころかむしろ抑制するという作用によって、過去に回帰され、過去の記憶に執着されていくことで終結します。
これがパロールという権威となり、話をさせるとそれを狂いなく聞き取らないといけなくなり、話を聞いたことに対する返答がもしパロールしたひとの解釈と違っていたらよくない評価を受けるとして、パロールにおいてはすべてが神経系の興奮作用が起こることはありえません。

それだけに、家のなかから出てこれないひとは、外に出ていなくても家のなかで外化された道具や情報が他者も知っていることだと認識して、神経系を抑制していっています。
ここでの抑制という内面的な働きは、錯覚としての安らぎ誤作動の認知であり、本質的なものではなく、家のなかでだれにも触れずに大衆の構造をよりどころにするのです。
抑制ばかりを経験すると、興奮した身体活動状況を知らなくなるために、抑制がそのままの自分でいることのような気がしてしまいます。

つまり、家のなかで世界中のひとびとが家のなかでも交流できているような錯覚はそのひとを壊すだけでなく、神経系内部運動であれば、細胞の自律的運動から破壊と再生というエロティシズムが起こるのに、自然の破壊ではなく、恣意的(しいてき)に壊れるという現象です。

エロティシズムの破壊は再生産するための予期的で、準備的な作用で、新しくなるために古い運動パターンを壊していくというものですが、家のなかで外化された事物によりどころとするのは内部運動の興奮がなく、抑制ばかりの再学習の反復は、自我という認識上において意識的に自分を破壊することが自分でもわかってしまい自己嫌悪や自己顕示欲の崩壊による自虐が進み、永遠と続いていきます。

女性は長年の社会構造の維持により、社会制度上では女性は家で家事をすることから外に出て働くという生活スタイルの変更がだれもがわかっていると思っています。外に出て働くというと社会に出て働いているようになっていても、それは社会構造のなかでの外化されている常識に依存するだけで、女性はたとえ社会の場である会社で仕事をしていても社会には出ていることにはなっていません。

これから先、女性がいまのような生活が成り立つのかどうかというと、少しずつ生産性や経済性は年々弱っていくのです。
なぜなら、外化されたものというのは、社会構造に主体のある権威の力がかかわっており、外化のためにいくらそこが生産的なことだと導かれても本質的にはあなたという個人のひとが主体にはなれないために、求めても求めても自分のものはなにひとつ得られないのです。

女性は仕事をするのが常識になっていてもいまもなお家事をしながら仕事をする、家事と仕事、子育てをしながら生活をする、親がお年を重ねれば親に介護をして仕事をやめるというケースなど、女性は社会構造の陰の労働を背負っていて、やめたいという弱音を吐きたくてもそれでさえ許されません。
本サイトは、女性を社会構造のなかにいてもらったまま、いまの自分自身について見つめるきっかけをこちらからご提案します。

いまを変えたいと思って転職するかたもおられますが、社会構造のなかで運営されている仕事はどの仕事を選んでもあなた自身が豊かになり、他者から求められ、そこで歓喜得ることはあり得ません。
仕事が雇用を維持することが徐々に困難になってきている現状は、雇用側(会社側、広告代理店側)は会社という負を想起するイメージを払拭しようとしていますが、実践的哲学を実践していただければわかってきますが、きれいに見せるものほどそれは社会構造の権威の方向性のまま維持しようとする悪質な価値基準があります。

そのままそれを伝えるとあなたやあなたとおなじ女性たちはそんな面白くない仕事なんかしたくないという認識までは余裕で意識が感覚として届く段階まできていますので、社会構造は強さのよって大衆の弱さを主張してきたために自分たちが弱くなるほど自分たちを正当化することがはなはだしくなってきます。

現状の社会構造のなかで運営されている会社はどの会社に入ってもあなたが利を得ることはありません。
本サイトご提案する新しい女性のため哲学はそんな現状の社会構造がかかわっていないところ、現状では悲しいことにここの地点が本質的な真理が概念となっているところに生きているのではなく、それらが抑制され、一部の上層部の支配層しか豊かになれない現実ですので、そこではなく、真理と真実が大地とかかわりあえる地点に女性に立ってもらおうという計画なのです。

ひとというのは自然に適応した生物的な構造体をし、生命体である心臓は生きることのなかで完全独立された運営になっていて、あなた自身かかわることができない内面であります。
ひとというのは、生命体以外の末端部分、構造的には末梢器官というのですが、そこに入力という求心的運動刺激としていれていかないと、自然の運動の熱量に負けてしまいます。

それがどんな状況で起こるのかというと、前述しました家にこもり、そこで神経系の運動を行なわずに、神経系の抑制ばかりおこしてしまう状況を繰り返すのなら、外化に自己をすべて奪われ、自己は未来を求めている事実にも気づけないで、生きている時間と生きているあいだに生成されるエネルギーは家のなかにある外化にすべてを吸収されます。
そうなっていることに気づけるには、家という構造がどうなっているのか、そこで暮らす人間が家にたいしてどのような感覚なのか知覚運動が起こるのかに意識を集中させるという実践的な哲学がなければ家のなかのそれが誤作動であるにしても、抑制する非運動が外化に生の意思まで吸収され、蒸発されていくのです。

では、女性がいまのまま社会構造のなかで外化を一段上位ではないところを受け入れてしまったなら、女性はいまの地点から離れようとはしなくなり、神経系というのは抑制がたえずおこなわれているために、神経系の抑制システムが起こってもいままでの自分のまま、これから先も変わっていかなくてもいいというような錯覚は安堵な未来幻想的ユートピアを作ってしまっています。

本サイトは、女性の思考に、女性の脳のなかに外化された地点とおなじ入り口から神経系への運動を与えていきます。外化とおなじところからかかわっていけば、あなたはいままでの自分とお別れしなくても、自分を落ち着いて見つめることができるようになっていきます。
いきなりすべてを変えるのは、あなたの内部運動が素直に反応し拒否してきますので、現実の構造をまっすぐに見ていけばそこに人間から離れて外化されてしまっている事物が見えてくるでしょう。

その事物は商品や製品というマーケット(市場)を通過してお金という加算された通貨が数量という合理的な判断基準のために使用される単位によって生を奪い、存在価値は与えながらもそこには主体という命を抜いてはヌケガラにしているのです。外化された商品はあなたのほん近くにすべての自然をおおうようにたくさんあります。自宅の家具もそうですし、電化製品もそうですし、あなたが身をまとう服やネックレス、シューズもそうですし、モバイル端末のスマホも外化されている事物であります。
そんなものたちに囲まれ、おおわれているといつもそれらが視野(神経系では視覚情報)にはいり、ひとの脳のなかで適切な自己像をありのまま見つめることができるのは、視覚という目から入る情報はほんのすこしで、身体の骨や筋肉の丸みや多層になる立体角を平面にして自然と一致させている皮膚を中心にした感覚で占められているため、視覚ではなく皮膚につながる体性感覚という身体感覚であります。

女性の脳の構造は神経系から入る情報でつくられている。それが美意識の中心となる自己像となる。そのなかには視覚情報10%内耳にある三半規管20%皮膚に筋肉や腱から送られる体性感覚が70%となるのが理想的。

本サイトでは、思考の運動をいれ、そこに末梢からの皮膚のように一枚に広がる平面に感覚を到着させ、末梢運動自律的作用を取り入れながら、運動を促進させます。ここでは外化されている猛威があなたの周囲にすべての物事やひとびとがそこに位置しています。

すべてが社会構造の一部であると認識するなら、それは全体性が一となっていく加算させるたし算とおなじ働きであるのです。
つまり、女性がこのままいまを信じるなら、神経系は抑制をくりかえし、新しいものはなにもなく、神経系の興奮という作用が内面的な快楽を起こす経験なく生きるのなら、女性はいまの位置が幸福であるわけがないのに、現実界という現実なる時間はどんどん進行していくのです。

そうしていくと、いまの生活水準は低下し、いまを受け入れることしか自分ではできることがないとし、未来をいまの継続する超越した地点でとらえてしまうと、その未来はいつまででもノスタルジックな一面との対比によっていつでも過去の力には屈してしまって、あなたはいまをくしくも受け入れていくほかはありません。そこで、実践的哲学を行ない、現状の観念の魔力を除去し、社会構造により個人は弱く、大きいものは強いと思う固定観念をつくっているパロールを解除できたなら、あなた自身の物を見る目が変わってきます。

そうなれると、未来が超越したところにあるという壮大さは消え、未来はすぐそこにあり、そこからすぐに外延としての未来の枠組みを先取りできたなら、あなたは自由を得るのです。未来が女性を先取りさせたのであれば、女性現状社会構造から脱却することができるのです。
日本という国家は、信仰するという経験がなく、目に見えないものを信じるというのが、とても苦手であります。
信仰自体は、過去の歴史に哲学を導入して多くの西洋哲学の学者たちが問いなおし、信仰がなくてもひとは自己内の神経系の運動を促せば生きていけるというところまでは見えています。

しかし、日本という国家は是が非でも信仰だった西洋の徹底した専門性には及ぶはずがなく、日本ではすべてが曖昧になったうえで、それ以上に社会構造というものが外化があるのとおなじように、それが信仰の代わりをしているということがまた生きることを複雑にしています。

この記事のライターのtakが行なうコアパーソナルトレーニング。
実践的哲学に入る前に、脳を初期化するために、まずからだを調整し、大地と共有させておくことです。それを主にしたパーソナルトレーニングが次の記事で書いてありますので、ぜひご覧くださいね。

からだを発達時に戻して姿勢を美しいセットアップさせる

からだを重力の中で安定させ軽くして皮ふと筋肉のセンサーを刺激する

女性が美しく痩せるには?重力のラインに垂直に持ち上げる感覚刺激の反復で美しい姿勢のシステムとホルモンバランスシステムを高める

ジムに行って痩せたとしてもお腹のお肉は取れない決定的な理由はからだへのストレス

コア美人を目指そう|七回のコアパーソナルトレーニングで永遠の美を手に入れる

コアの鍛え方と磨き方の修正。コアは発達時の姿勢を取り一番安定するポジションを探す。コアパーソナルトレーニングの価値

姿勢改善で猫背のゆがんだ脊柱をコアコントロールでまっすぐに。姿勢を改善すると代謝システムが永遠に続く

女性を大地と結ぶBeauty-Core-Concept

BCC理論と他のパーソナルトレーニングの違い

トレーナーtakとお話をしてみませんか?
日常的な悩みをあなたから切断し、脳の無意識領域にガイドし、あなたがもっとも好きなことをあなたの中で気づきにさせていきます。
LINEでお友だち申請をして、トークで無料カウンセリング希望と書いてくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性が自立し不安なく生きる方法

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.