女性が自立し不安なく生きる方法

女性が向いている仕事は?感覚と感性。マネジメントは少数の男性で。女性中心生産型社会。

投稿日:

女性に合った仕事とは?今まで問われなかった真実を説く。

女性転職 女性不安 女性仕事

時代が窮屈になってきています。
ネットの情報が真実かどうか、信ぴょう性があるのかどうか、それぞれのネットで記載される記事のレベルにもよりますが、経済成長の乏しくなった日本についてのネットでの情報に、明るいニュースがなくなっています。

おもむろにスマホでネットを見てしまう習慣は、誰もが抱えた共通する中毒性です。日本で最も見られているのは、Yahooニュースですが、そこには物が売れない現状を象徴するかのように、ネット広告が増えてきています。
広告を出せるのは、ビジネスの理屈から見れば、ビジネスとして売上があって、利潤があるから広告費を捻出できると考えられます。
しかし、ネット広告に関しては、違っています。

大企業がテレビで広告を出しても、思うように成果が見られないため、ネットに媒体を移行してきているのです。
もちろん、テレビよりネット広告の方が低価格で出すことができます。
大企業は、実態の会計上では発表していませんが、大企業の運営はかなりジリ貧で、人件費などのコスト高に、さらには供給数の激化により、薄利多売と、大企業にとって不利な条件が揃っています。

ネットを見る視聴者(大衆)は、そうした大企業の度々記載されるネット広告に、嫌気がさし、不快な気持ちになるのです。
さらに、Yahooニュースの本記事とネット広告に区別ができないぐらいの混沌さから、そこに発信される貧困問題や会社倒産、企業の決算での赤字計上などの記事を見ると(視覚に入れると)、日本そのもののこれからの未来に不安さが、記憶の思考(前頭葉といいます)に残されます。

おもむろに見た記事が、記憶に残り、それらの情報は、潜在意識ではなく、いつでも意識に取り出せる顕在意識に保持されるのです。
女性はそんな現実の節操のない、生活に焦る神経系の運動に困窮した男性たちの中で生きています。

何かを変えなければと思うのは、いつの時代もそうですが、この根源的探索欲求というのは、時代によって、その時の状況によって知的さと直観などの感覚システムの連関によっても変える方向への見方が相違します。
女性は感覚システムが非常に優れた生物体(有機体)です。

現状の男性社会に生命力が失われている状況を分かっています。
女性が自立して、自分でやりたいことを見つけ、独立(事業など)しても良いのですが、女性にはそこまでの意志はありません。
その理由は、女性が仕事の取り組みやそこから関連する人間関係の結果を見本(モデル)にするのは、男性たちだからです。

女性が目指したいスタイル(生き方)は、男性が実現した社会での経済活動ではなかったのです。
女性はこのことについて、男性にも的確には語っていませんし、女性同士ではもっとこのような現実の自己の問題については、話題として求め合っていないため、話をしません。

ということは、女性がこれからどんな仕事に就けばいいのか、女性がこれから迎える未来にどのような活動が合っているのかはベール(闇、不可知)のままです。
女性は男性社会、またはその社会で生きる男性たちを見て、自分たちが求めている生き方ではないなと思っています。
そこまで悩みが認識を通じ、そこを通過して、女性は感覚システムで捉え直しています。
そこから前に進めないのは、哲学性という根源を問う手段(方法)を誰からも教えられていないからです。
この哲学性を追求しながら、女性に合った仕事は何であるのかを、考え抜き、女性が生きやすくなるように女性のための哲学に繋げていきます。

関連記事;
女性生き方革命|誰かに話したくなる新しい女性が充実する生き方。

不安なとき頑張っても仕方がない|不安の解消はオキシトシンに任せればいい。

女性の感性は組織には向かない。男性は女性の感性を抑えてくる。男性にないセンスが女性にはある。

女性が生きていくには、現状の社会に適応しなければ、会社で仕事ができなくなって、給料が貰えず、生活ができなくなると思っているのです。
これは、大きな逆説的な考えです。女性の神経系(神経物質やホルモン)の作用を考慮すると、現状の社会に適応する方が、むしろ将来的なお金の保証はそこまで安定はしておらず、不安定です。

女性はこの真実に直面することに抵抗があります。それは、この文脈で他の女性同士で話をするには、あまりにも無限に近く、本当は真実そのもので、限りある有限なのですが、先が読めなくて、女性がストレス解消のために話すには、大きく、広すぎます。

残念で、皮肉なことに、女性はこのような現状の社会が自然に反する構造に容易に話せないことにより、そのように世の中を省みる機会がなく、女性は知らないのです。

女性は未来に立ち上がる感性の世界に自分の基準を合わせる。現在の社会から自分を断絶すれば、一生安定して生きられる。

現在の社会について考えてみましょう。
女性は小さい頃から関心は持ちながらも、親に聞くことは、拒絶される恐怖感でありのままの素朴な疑問を聞けませんでした。
女性は、幼稚園(保育園)から、男性が作った社会に入ることになりましたが、その時から、女性は肌で感じていました。
この社会は、女性の身体には合わないなと、知っていたのです。
女性は、学級という個人にとって無力な組織に、アレルギー反応を示していました。

痒み(かゆみ)、痺れ(しびれ)が、女性の身体を支配していました。つまり、この感覚的発生は、快よりも不快な感覚。記憶はジロジロとそこを舐め回すように鑑賞し、記憶は望んでいない非空間を情報に変え、女性の身体内に残しました。

感性豊かな女性の感覚システムで敷き詰められた構造が、不適切な方向に向かってしまったのです。
快感覚より、不快な感覚が身体で生き残る残虐さ。
男性は女性の感性に追いつけないと恐れ、男性が主体になれる社会構造にしたのは事実です。しかも、男性は新しいものを生み出す想像性を否定的でした。
男性が社会構造のモデルにしたのは、新しく向かってくる未来ではなく、過去の解答付きの問題用紙からでした。

過去と記述しましたが、今日までの時間経過では、たくさんの段階があり、過去といっても、どこの時代に焦点を合わせればいいのかが、難しくなってしまい、反知性(非知性)である男性は深いところの真理(本質)まで達すると、理解不能です。
男性は女性と違い感性や感覚は停止した固定した歴史観で生きてきました。
やっておけば良かったのにと、男性は後悔を持ち、今更ながらその生きる方法を変えると、現状の社会に不適となれば、他者の視線や社会性で評価、判断される他の男性に首を締め付けられる予感が生まれます。

これも、実際に起こった実態から男性は知ったのではなく、すべてが恐怖感で空間をなくされた苦しそうな立ち位置、それは感覚や想像の運動が起こらない世界(観念で黒色の絵の具で心を殺伐されたような感じの世界)で、男性は誰一人とその世界を見たわけではありません。
それなのに、社会の裏側は、恐ろしく迫る貧困とイジメが社会性を男性は失った瞬間から生きていけないと思ってきたのでした。

こうした長年の経験は、男性の固定した社会の構成の基盤、しかし、そこには根源性はどこにも見当たらず、浮ついた引力に変わって水もないのに浮力が作動するようにして、男性は足元を取られ、過去のある地点を見つめていました。

変わらないもの
変わらないところ
過去のどこにでもないある地点
過去が始まった地点
それが起源
起源は無限に見え 男性も傷つく恐れ
だから起源に精神を合致して 起源に生命を宿らせた

男性は、女性から地位を奪われないように、自分たちに真実と障壁から見える隔離に内圧で痛みとなるところの責任を過去の起源に集中させることで吸収しまいした。
男性は不快感によって苦しくなると、過去の起源に戻ろうとします。
それが頻度が増してくるとき、女性の感性は最大値を呈し、女性は自分たちの生きる空間を求め始め、それが今その時を迎えているのです。

女性は、こうした段階的非運動から世界が次の展開に向かっていくという諸現象を知りません。
女性は感性豊かですので、ありのままの世界を見ようとして、いつも挫けます。
そして、場当たり的に何度も心を沈め、現実を憂いて、自分には何もできないから、婚姻(結婚)して幸せになるんだと、心に誓ってしまい、本質的に自分自身に要求していた真実の世界を見るという快楽を忘れているのです。

関連記事;
哲学で生き方が変わる女性の悩み自信が持てない将来が不安。これらは哲学が良い方向に導く。

自分に合った仕事の見つけ方|好きな仕事と結果はお金の安定に。

事業計画はいらない。感性を研ぎ澄まし、マーケットを未来設定にするための準備をする。

女性のための生きるという表現が露わになるステージは、誰の手も触れていない純潔な、汚れのない世界と表現を生産物に変換し、世界中の人々と交流できるマーケットの二つがあります。

女性の表現は、純潔な世界へ。不特定な人々と生産を通じて交流するマーケットへ。

会社に雇用されると、保証され、生活が安定するとは、男性が唱える神話(起源説)でのモデルとなっています。
神話は非現実であり、多様化の構造をすべての人々に分かりやすくするために、善と悪に区分し、物事の本質はモナド(分子化)であるのに、それを無視し、何もないことのようにするストーリーです。

世界は、善と悪などには、識別不可能であります。
人間の内に、善と悪の魂がある。
そしてそのうち、人間の中ではなく、人間の外面から肩書きと同化した、ある人は善で、ある人は悪であるとなっていきました。
特に、経済が中心となってきた近代から現代において、お金中心価値意識の発達で、科学性の基準である数量化(数字化)が人間の比較判断に有効利用されています。

これが現実の非世界(反世界)です。
女性は幼い頃に、自分はこの世界に合わないなと思った、楽しくないと想像された厳しい現実でした。
では、この文脈から女性は、内面的にどのような世界観を育ててきているのでしょうか?
非世界の基準は、男性が作り出した架空のもの。
空間でないのに、空間の思わせる図面的な系図。
女性は学校という社会で自分をそこに立たせ、真正面で拡大ばかりで、縮小が不可能だった社会で、女性が描いた未来像はどうだったのでしょうか?

それは、男性が沁み付けた善と悪ではありませんでした。
善と悪とは、二つの非運動なる物事(事象)が対局に向き合って、にらみ合いをする競争性です。
女性の構造には、競争という作用や概念、観念はまったく発達していません。
女性はどこを見ているのですか?
女性はどこまで未来を感じているのですか?

女性の気づきは、この記述のような全体を哲学性で化合したものを解体して、諸要素にし、モナドとし、女性が手に取るように一つ一つの大きなものが小さいものにできる経験ができたなら、女性は瞬く間に、男性にとって代わり世界の主体になることは、もう既に今から分かっています。

しかし、女性はそんなことに、生きている時間を費やしたりはしません。
女性は、世界と自己表現し、生きるための少しばかりの価値を現す貨幣のようなものを入手して、生きていくでしょう。
女性は社会の外側で生きていきますが、それが女性にとって一番いい心地よいリズムとペースが女性の身体にも心にも適切な変化の実感を与えますが、そうとは言っても、女性は社会以外の世界を今は知りません。

女性が自分で生きていくために、事業をしたいと考えたなら、男性はすぐさま、事業計画は立てたのかと、問い返し、そんなのでは不可能だよと、言いたくなるのです。
これが、男性社会の既得された権威です。
計画と結果は結び付くという、数量として単純に捉える方法論で、これは日本人に合わない欧米から輸入された経営学であるのです。

女性が何かをしたいと考えたなら、事業計画などは、女性の感性を縛り付けるだけなので、不必要です。
やりたいと思った欲動と、ほんの少しの知(知性)があれば、うまくいくのです。
男性は数量化して、仕事を取り組んでる自分に酔っているだけなのです。

女性が安心して生きていくには、会社で雇用されると、将来に何も生かされない事務作業(ルーティーンワーク)を任され、1日の有限な時間の大半を奪われます。
そして、感性や感覚の内部運動がすべて停止して時間が流れることに、女性の身体は拒絶し、相当に疲れが生まれます。
それによって、仕事の時間以外の時間も身体を経由しない疲労から解放できず、次の日を迎えてしまうのです。

女性に必要なことは、会社で雇用されるよりも、自分で立ち上げる方が心身共に安定し、自分に合ったやり方、ペースで、運営していける計画を女性は考えることができます。
男性のように、少しうまくいくと、自分の身の丈を超え、儲けたいとは女性は思わないからです。

女性は、それだけの感性が世界を動かす力があります。
身体の中に生息する世界を動かせる欲動に気づいてもらいたいのです。

関連記事;
自分に合った仕事の見つけ方|好きな仕事と結果はお金の安定に。

女性疲れが取れない原因|心と体のバランスは孤独性と独自性を支えるパートナー次第。

 


本サイトは、女性に哲学を実践して頂くものとして開設されました。
その理由は、長年続いてきた男性社会が、経済成長で限界を迎え、社会の緊張が最大になり、少し動くと破裂する状態は、組織を崩壊寸前とし、それまでは閉ざされていた女性の自分で生きていく空間ができてきたからです。
それまでは、社会は資本や資金が多い方が有利でした。
すなわち、女性が社会で活躍できる可能性はことごとく微量でした。
そんな状況でも、女性が独立して事業を始めることもありましたが、女性の好まれるものを作るよりも、女性であるのに、女性が望むものを作るよりも男性に求められるものを作るのが、中心でした。
そして、その評価基準も、お金儲けの数量化がものを言ったのです。

女性は、そんな数量化を欲していません。
もっと感覚的な気持ちや感じが、楽しいな、心地いいな、やってて良かったなというような曖昧さでいいのです。
今日までの、男性社会では、そういった女性が満たされる感覚を認めませんでした。
それは、女性の思考にも、未熟な部分もあって、女性は男性に屈せざるを得ないところもありました。
そこを発達させるために、女性に哲学を実践して頂き、女性が求める曖昧さをマーケットで確立して頂くために、哲学によって曖昧さを壊し、モナド(解体不可能な分子までの要素にしていく作業)を行い、そこから女性が欲しい感覚に還元すれば、マーケットでバランスの良いアイデアや商品が作られ、認められるのです。

本サイトは、女性同士が実践的哲学で自分磨きをした新しい自分で、自分の概念を記述し、それを女性がそれを読解して、生きていける女性専用サイトです。

本サイトにご興味のある女性はお問い合わせください。
お問い合わせ

自分磨きのために眺め読むだけで、モナドになれる有料メルマガはこちらから。
有料メルマガ

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

うつ病でお悩みの女性に。
曖昧さを無理に解決しようとして、自分の中でぶつかり合っています。
うつ病には、実践的哲学がスムーズに改善を促します。
うつ病に関する記事を読んで、哲学をやってみたいと感じたなら、お問い合わせください。

うつ病に関する記事;
うつ病の女性のための哲学

実態させたうつ病の原因を見つめる|心理学的治療うつ病改善遅くする。

うつ病解決方法|ホルモンバランスオキシトシンでうつ病を解決でき体質性質まで変わる。

女性同士人間関係でうつ病に心療内科通院しても改善しない悩み。

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性が自立し不安なく生きる方法

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.