女性が自立し不安なく生きる方法

実践的哲学を知ってしまうとやめれなくなる理由は?|女性の心の疲れと不安を取るための哲学

投稿日:2018年4月15日 更新日:

一度知るとやめられなくなる実践的哲学の本質的な女性へのかかわり。

女性に合う哲学 女性が生きるため哲学

実践的哲学ができあがったのが、約1年前。
女性の本音を聞きながら、女性はどうにもならない現実にいつもしばられ、その悩みもだれにもいえず、目の前の楽しみに意識をなくされている現実がありました。
この女性の本音は、男性が中心である社会構造には届くはずもなく、女性は見栄や生活水準を下げられない焦りのようなものから一時的なお金を得るために仕事をするしかありませんでした。
女性は身体のすべてに濃い濃度の体液を産生し、放出できる働きをもっていて、それはホルモンという細胞のそのもののもっとも自然に近い構造体であります。このホルモンというのものは、どのような働きをするのかというと、細胞を他の細胞と関連づけることなく、ひとつひとつの細胞そのもの単一の運動である自律運動という動きを行なえるのです。

この細胞自律運動促すことができるのは、本サイトが女性を幸福にするために実践するここでおこなう哲学と同じものとなっています。
男性には哲学がうまくはまり込まないのは、男性が中心である社会構造をみていただくだけで、その概要のほとんどが見えてきます。
哲学が合わないのは、どのようなところに現れでているのかといいますと、ここ最近にはそれが相当な勢いで加速してきているこの状態、それは哲学というのは最終的には個体がもっている感性が無意識のうちに言語を通さないで感覚での終着点で内面では運動が終わりをみせるはずが、世の中の男性たちは他者に認められるために、生きるという整合を仕事の目標などから、数字であらわしていくというところです。
数字というのは合理的に他者を強いらせるために使われてるのが、現代であります。

現代から遠い昔。
あなたがいま思っているような悩みにはまったく関与しない本質的な要素が生きることの支えとなっていた時代。
それが古代ギリシアという時代でした。

古代ギリシアに起点のある哲学、宗教、科学はより実用的な哲学を実践するために、夜空無数散らばっている星を数えてみて、わかりやすくするために数量化し、そのおかげでこの時期にスマートでシンプルで、想像を絶するぐらいに深遠で広大な哲学の真理が出来上がりました。
古代ギリシアの哲学者は、諸現象だけが繰り返し起こっているなかで、自然は大きすぎるので、もう少し自分たちが理解できるように分類できないのかと考えたのです。

そのころの哲学者は、人間が自然と同じ構造でできているということは、哲学的な直観でわかっていました。
そこはわかっていても、それらがどうなっていくのかを論理的にまとめるには、大きなものを小さいものに変換し、分解できる何かがいると思って、夜空に広がる星にはどうやらなにかの法則があるではと問いかけられたのでした。
数字の単位もこの時期にできており、数を数えるために使用できる記しが必要でしたので、とりあえず何でもいいから分類できる記号を作ろうとして、数字が発達しました。

ギリシアの哲学者はとても賢いのではなく、どんなスポーツ選手でも練習という努力で自分のスキルを磨いてきたように天才はこの世には存在しないのとおなじく、ギリシアの哲学者もあなたよりもとても賢かったわけではありません。
ギリシアの哲学者は天才なのではなく、根幹自然から見ることに意識を向けて直観先見性想像性を駆使して、思考に運動を反復させてきたからなのであります。

人間が思うことや行動することに脳がかかわっているとは明確にまとめる論理も現代のように思えなかったのに、哲学者たちは二足直立の身体構造をもっていた人間を見ては問いかけ、人間の心という概念がないことが痛烈な根幹に直接見つめられて、頭蓋骨にはなにか人間を動かす絶対的な装置があるというのが予測できていたのです。
このギリシア時代に論理学という体系が作られ、その著書を記述したのがアリストテレスという哲学者です。

目に見えない自然から発生する諸現象を他者に伝えるには、言語があってもわかりやすく構成しなければいけませんが、アリストテレスが出るまではあるひとがわかった知性をだれかに伝えることをしなくでも生きていけていたのです。
それまでは自然と人間が一致していた原始社会であったわけであります。
信仰というものもすでに思想のうえで古代ギリシアの時期にはわかっていましたが、女性の構造は脳のなかでの多層性と同時性、心という枠組みの領域でゲル状になった流動性を失った半固形物からゾル状という流動性が運動として保持されている流体から発達した精神にも多層性と同時性をもつ有機体としては原始社会ではそれが本質であり、それが神と同じ役割をすると考えられていました。
古代ギリシアでは人間について多層性があるとまでは説けてはいませんでしたが、そのころに論理的に考えることによってわかった多層性は、20世紀前半までの長い年月を経て、精神分析家のフロイトが無意識という心のなかの領域を概念化させるまで女性にも感性があるとは社会的に認めることができませんでした。

そのように背景もあって、今日までの時間経過といっても地球の歴史からですとほんの一瞬しか進んでいないので、女性がこれから未来においてどのように生きていけるかを、哲学という本質的な省察からつくってあげるのです。
それが本サイトの未来に対する役割であり、女性が幸福になれるまで愛情をもって、丁寧に接し、女性の脳のなかの神経系の再起動までお手伝いすることがミッション(使命)であります。

本サイトの実践的哲学の事業方針はこちらをご覧ください。
女性を幸福にする哲学的概念をご提案|女性の心の疲れと不安を取るための哲学

女性の身体構造は脳からの出力。そこには地球が運動する宇宙空間とおなじ構造体をもつ。男性社会は世の中を世界という権威の土壌にひっかけて一面性をつくっている。女性の構造はそうではなく、多層性と同時性により、自律的運動で細胞のつなぎ合わせから生が表現されている。その細胞の構造は、半固形的なゲル状から実践的哲学で運動を与えるとゾル状になり、自然と調和していく。

そのときは、人間の内面を規定する自我が発展するとは思ってもみなかった段階であり、自我というのは社会などのあなた自身よりも外にあるもの、それが目に見えていてもいなくてもどちらでもいいですが、それを事物という固定性を宿したものに自我は自分のなかの自由な部分をうまく表現できない限界点から発達しました。

そのころ、数字が自我を満たすために、男性社会が努力と成果にもとづく他者承認のために使用するとは思えませんでした。
ひとの想像される無限性は、どこまで広がっていくのかわからないために、古代ギリシアでは無限性終わりをつくるために、天文学からわりだした数字という単位をつかいました。
男性社会は、この数字を自己評価のためにつかい、自分の力を披露するために、数字をたびたび口にすることも多くあります。
それがいつしか資本主義という社会システムに疑問をもち、資本家と労働者との関係で幸福になれる資本主義では格差がかならず生まれるのは平等ではなく不平等ではないのかと説いた哲学者カールマルクスは、そのようには考えたことが一度もないのに、歴史は繰り返されるという誤謬に男性たちはそれを信じ、いまもなおやり続けようとし、疑うこともなく、これからも無理をしてまで継続していこうとするのは、とんでもない不平等から人びとを不幸にするでしょうし、とくに女性はそんな社会に適応することができないのです。

哲学は身体内部の細胞の運動にある。哲学は自然発生のたまもの。

女性哲学 古代ギリシャ哲学 ソクラテス プラトン

実践的哲学をすると、女性であるあなたは哲学することをやめられなくなるでしょう。
すべての女性にやっていただきたい思考の形式ではあるのですが、はまってしまうため、いまの社会のまま、いまの生きることにそれほどの差異(認識上では不満ともっているかどうか)がないのであれば、やる必要はないのかもしれません。
そうはいっても、本サイトは女性に実践的哲学をおこなうことを全面的にお勧めします。

はまるというのは、女性はもともと社会に適応する生き物ではありませんし、それが男性からみたら、女性はそんなことをいっているから弱いんだとかや、だから男性がいなかったら女性は生きていけないものだという、長い歴史もそれで男性たちはだれも気づかずに歴史観に同意し、大きな勘違いを男性は起こしては女性を差別的な見方をして、それが社会構造の根源のところで女性を素直にすることを壊しています。

それはまったくの誤謬(ごびゅう)であり、男性たちは哲学のない世界にいつまでもい続けようとしている人間たちなので、女性のあなたは相手をしてはいけません。
哲学のない男性。
それは、社会構造のなかで満たしてしまう人間たち。
みんなと同じ衣装(仕事着やスーツ)を着て安心している人間たち。
これからもこのまま変わっていくことはないと強い前提をもっている保守的な人間たち。
哲学がなければ、エロティシズムという生命体が無機質にリズムのなかの運動に気づけません。

このまま変わっていかずに、自分はいつまでもいられるという誤謬を抱えています。
年齢を重ねて、どこかに弱さが見つかったとき、哲学がなく生きてくると、これは歳を取ったことが原因(外因性や外化といいます)であると理解し、前述したこのまま変わらないという前提を維持していきます。
年齢を理由にし、年齢を根拠にすることは、同じ年齢の他者も同じ弱さを抱えているという方向に思考を停止して、そこで着地点を決めるのです。

哲学を女性のあなたが実践すると、たえず運動として女性の内面で起こっている不可解なもの、ときには違和感のような、あるときは快楽のようなものが、女性には生きている流れと同時に起こってきていて、女性はそれがどんな物質なのか、またはどんな形状なのかを知るために、何度も自分のなかの感覚的な点と線のあいだのような空白のところに感覚を近づけてきました。
この空白と実態のあいだの構造と、哲学の構造とはまったく異ではなく、同化されているものとなっています。
だから、女性には哲学という思考の基盤を立ち上がらせて、自分自身の感覚というものに到達していただきたいと考えるのです。

社会構造に人間は影響されるという前提から、社会構造が哲学のために数字をつかうのではなく、数字を自己評価のために使っているのだから、女性を見る目も男性たちは年齢などの数字もふくめ、適切に見えるはずがありません。
このように記述されているのが、エクリチュールという女性の心に直接かかわれる唯一の形式になっていて、このエクリチュールには、かならず哲学性によって全体として物事が事物となっている世界の認識という見えているものをセンスのよい問いかけによって解体しておくことであり、この解体され、全体性ではないものは、脱構築(だつこうちく)されているということができます。

哲学を女性にぴったり合うのは、女性にはいつも生きているといういまの時間のなかで、感性と感覚は一番最小単位の自律的運動によって行われているからです。
女性は感性と感覚が優れているのは、最小単位の細胞の運動がはっきりの感覚神経系がつないでくれる働きがもっともよく、そして感覚神経という細胞の自律的運動をつなぎ合わせる合成力が男性よりも優れているのです。

男性が仕事で会議などで話し合うと、きまって平均値以下の結論しか出すことができず、会社というたえず生産性を求められている組織では男性をかかえる諸経費は高額なもので、それは生産性といいながら男性には感性と感覚がまったく発達されていません。
高額な諸経費、それは未来を男性が会議で話し合うことで出された結論とは、失敗のない他者承認に重きをおき、感性と感覚の作動しない意識された認識が中心であることによって未来にはなにもつながってるいないところにあります。
男性がいまを見つめるという単純な思考をもたないで、いまのままを維持しようとする思考の停止が、社会構造そのもので生産される個体としての価値、これが非哲学である思考が停止したまま男性は仕事をしてそれでお金を得ればいいと思っている一面性は、高額な諸経費をつかっているのに、そこで生み出された製品はだれの幸福をつくるものにもなっておらず、生産よりも浪費や消費のみが行われている諸構造を見ることもできていません。

哲学が行なわれないというのは現状の社会を見てもらえればそのままの成果で現れています。そこに意識を投入しないでこれが社会なんだと納得することは、地球上の幸福を待ち望んでる人びとに期待もしないで、生というものに意思もあたえずに不幸にしてしまい、あなたの生きることが見えないところで負の連鎖が起こることも想像できないのは社会がそれだけ成熟したままに維持をしようとする憔悴(しょうすい)した生の死をあらわしているのです。

これが資本主義を尚早(しょうそう)のままで、鎖国をしていた抑圧と国内の習慣の晩期が日本人にストレスを与え、外部からわたってきた輸入品に手を出して、自分の不完全なところの代わりをする神経系の発達が行われてしまうのです。
そのころから、資本主義は急速に日本中に広まり、社会システムはそれにかかわる人たちはすべてのひとが深く知らなければ、そこに適応できることはありえません。

あなたも私たちも資本主義について知らないのに、なんとなくそれが一番良い方法であるというのが、あなた自身の神経系の不活性な非運動パターンが常時してしまい、神経系の興奮による促通といわれる内部運動の発動から美は形成されますので、美意識をもった女性もほとんど存在していません。
あなたの周囲にいる男性はみんな哲学がありません。
あなたがいま既婚であるなら、残念な話ですが、旦那さまに哲学はありません。
あなたがいま独身で恋人というパートナーがいるのなら、その方に哲学はありません。
あなたが勤めている会社の上司、同僚、後輩があるでしょうけど、その方々に哲学はありません。
哲学がないというのは、哲学を実践してきていないということで、哲学というのはいまを否定し、未来を直接見るために現状のものの見方に運動を与え、そこからリセットさせ、一から神経系の運動を生成させる実践です。

この内部運動が現状の資本主義システムのなかに適応しているのなら、すべてのひとがないと思っていいのです。
つまり、世の中の男性たちはこれから先も未来は過去から現在までの積み重ねの加算であると考えていますので(これが哲学がないという考えです)このままいるとこのままでいられると考えています。

女性の体内は神経系とホルモン分泌が脳の中心部分で合致し、統合されてる、身体の各セグメントに流動されています。
その向かうところには、医学界でもほとんど大切に扱われないような末梢部分(構造上の末端)である指先、足のうら、足首、足のくるぶしのあたりなど、そのようなところにもからの感覚神経系情報を送り、大切にしていっています。女性は自分というものを身体の感覚神経をつうじて自分のいまから未来を感じとっています。
これが女性の生と身体、生きることがそのまま哲学であり、女性にとって哲学がない男性とは直観的にも、感覚的、生理的にもあうことはありえません。

しかし、この世の中をみていると、既婚されている女性がたくさんいたり、結婚はしていなくても恋人というパートナーがいたり、パートナーがいなければパートナーが欲しいなと思っている女性がいたりするのは、男性と合っているのではないの、と思えますが、けっしてそこに内情には大きな問題が潜んでいます。

女性が社会での男性社会でのかかわりで最近特にマスメディアで取り上げられるのが、セクハラやパワハラで、家庭的な部分であればDV(家庭内暴力)という女性が傷ついている諸問題があります。
マスメディアは、これらの問題を社会的なものとはしないで、被害を受ける女性個人の特性にしたいという悪質非哲学的見方をします。
ようは、被害を受ける女性の意識にも原因があるから、それを起こす男性の非というのはすべてではないといっては、因果律を崩すのです。

このような介入は、諸問題を引き出すことだけが主となり、解決には向かわずに、女性という弱い立場がいまもなおあるものだといって、非哲学は過去に回帰しては再確認をするところで思考は一度も運動を起こさずに終わっていくのです。

前述しました哲学はどのようなことなのかに立ち返ってみます。

哲学がないというのは、哲学を実践してきていないということで、哲学というのはいまを否定し、未来を直接見るために現状のものの見方に運動を与え、そこからリセットさせ、一から神経系の運動を生成させる実践です。

これが本サイトで実践的哲学をして生の意思から生まれてくるエクリチュール(記述)であります。
本サイトのエクリチュールをみていただくと、哲学の実践がそのままの表現によって言語化されています。
これらを追いかけてもらえると、哲学があなたの思考のなかでどのような運動によっていまという固定性を抑制して、解体できるのかをわかってもらえるでしょう。

 

この記事のライターのtakが行なうコアパーソナルトレーニング。
実践的哲学に入る前に、脳を初期化するために、まずからだを調整し、大地と共有させておくことです。それを主にしたパーソナルトレーニングが次の記事で書いてありますので、ぜひご覧くださいね。

からだを発達時に戻して姿勢を美しいセットアップさせる

からだを重力の中で安定させ軽くして皮ふと筋肉のセンサーを刺激する

女性が美しく痩せるには?重力のラインに垂直に持ち上げる感覚刺激の反復で美しい姿勢のシステムとホルモンバランスシステムを高める

ジムに行って痩せたとしてもお腹のお肉は取れない決定的な理由はからだへのストレス

コア美人を目指そう|七回のコアパーソナルトレーニングで永遠の美を手に入れる

コアの鍛え方と磨き方の修正。コアは発達時の姿勢を取り一番安定するポジションを探す。コアパーソナルトレーニングの価値

姿勢改善で猫背のゆがんだ脊柱をコアコントロールでまっすぐに。姿勢を改善すると代謝システムが永遠に続く

女性を大地と結ぶBeauty-Core-Concept

BCC理論と他のパーソナルトレーニングの違い

トレーナーtakとお話をしてみませんか?
日常的な悩みをあなたから切断し、脳の無意識領域にガイドし、あなたがもっとも好きなことをあなたの中で気づきにさせていきます。
LINEでお友だち申請をして、トークで無料カウンセリング希望と書いてくださいね。

友だち追加
 

 

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性が自立し不安なく生きる方法

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.