女性が自立し不安なく生きる方法

充実感幸福感は1%の確率|1%の知的な概念ビジョンで女性は自立し不安なく生きれる。

投稿日:

1%の知的な女性に。充実感と幸福感は知的な女性になると得られる。

時代が変移し、構造改革が進行すると確実視(事実、報道、憶測、予測)され、現在でも大企業の決算の粉食があらわになるにも関わらず、すぐに自分を変えなければと思える人はかなり少数(マイノリティー、希有、皆無)です。

人間はそういう性質(自分を変え、行動を迅速にできない)だと理論付けるのは早急で、(これを人間学という道徳観念といいます)人間はそういうものだと人間、世の中、社会、未来を見ることは非知的であります。
女性(社会的立場)で生きてきた今日まで、人間とはと社会や教育が定めた固定観念で女性は自分を縛り、女性特有の感性豊かさを喪失させ、演じられた人間として生きてきたのです。

そうした固定観念は社会性となり、揺がない定置した女性像を保有することに一日の時間のうちほとんどを女性像を確認する時間に費やしたのです。
そうして作られた統計学は数式による科学を女性像に託し、女性像が女性の根底(根源、根本、原点)だと認識するために有限で自由な時間を女性は歪んだまま継続したのです。

今度は、そんな女性ではいけないと考えた女性がいます。
このような女性はとても勤勉で真面目で心優しい女性ですが、自分を変えて、やりたい仕事に就くか、またはやりたい仕事を探そうとする意識を持つか、そうした女性は自分を探しても見つからず、大半の女性は想像性の段階で挫折感を持って、思考や行動を停止させていきます。

こうして女性は女性像を反復し、思考を停止する内部運動の不活性が活性だと感性が豊かさであるがために、捻れた(ねじれた)まま自分の現在の内面を感覚的に捉え、それを学習(覚える、思い込み、意識)して、行動できないのが女性であり、それが人間だと考える傾向があります。

女性は感性豊かで、感覚神経は促通(活性、興奮、成長)しやすい女性の身体の構造を忘れています。
この身体感覚は身体知覚と言われ、生きるために最も価値のある、最も必要な内面はこの身体知覚にあります。

身体知覚は身体(体、肉体、心以外の物体、実在する形)に網目状に広がった中枢(脳)から下方へと上方へと電線のみたいに線(ライン)が引かれている敷地、これが身体知覚の内部構造(女性の感性を出力する経路)です。

道があれば次の地点に歩いていけるように、道の役割は地点と地点を繋ぐ役割で、意味は特にありません。
道と同等の構造であるのが、身体知覚を感覚的に実態(実体)とさせるのが、身体の内部に広がる脳から入力求心性といいます)と脳から出力(遠心性といいます)させている神経線維(総称を神経系といいます)です。

身体は男性と女性の性差がなく、純粋な生物の構造と考えることができます。
ここまで人間を分解していけるのは、本サイトで主眼とする哲学を実践して、物事や人間を思考することで見えてきます。

人間はこれだけ時代が変化すると多くの情報媒体(ネット、辛うじてテレビ。本や雑誌は情報媒体とは言えないぐらい流行りしか追っていません)が発信するのに、女性は社会が定めた女性像を信じて、そこから離脱しようとしないことも、この女性像に組み込まれた女性のイメージなのです。

ここまでは、本記事である1%の充実感と幸福感を見つめるための序章でした。
哲学には、現状の固定観念や価値観を揺るがして、停止していた思考に運動を哲学性の本質的介入で入力していきます。

そのために、この序章というのは、深く価値(意味を持たせるのは主観が発生し真実が真実でなくなってしまいます)のある段階的思考です。
では、女性が今後自立して生きていけるには、この1%知的な女性(生物、有機体)になる必要があります。

そのあたりの理由と実際に行動し思考し、未来に備えてるどのように準備すべきかを考えていこうと思います。

 

 

2.どうして知的な女性になるべきなのか。その理由

 

理由は至って簡単です。
知的を磨く男性と女性がこの世にほとんどいないからです。
ほとんどの女性(男性)は、外部の情報(知識、知の運動)を自己の内部運動(神経系の入力と出力)にもたらす入力(インプット)に生成する人が誰もいないからです。このような実践による経験を誰もしていません。

周囲を見てみましょう。
勉強している、スクールに通う、通信講座、資格試験のために勉強する。などの人は少数ですがいると思います。
このような取り組みで、後々女性の生き方に展開していける割合はどのくらいの人数なのでしょうか。

仮に資格試験に合格して、再就職できたとします。
この行動は、まさしく受験勉強と同じ行動変容(様態)で受験勉強してその後入学した学校で未来のために活かせた人はほとんどいません。
女性が生き方を見直し、今の会社や業界では将来的に不安だと感じたら、資格を取得するなどの行動に変えるところまではいいのですが、そこに未来に繋がる自己生成(自己認識、身体知覚)は抑制(非興奮、非知性)され、時間を失ったわりには、活かせず、無駄に終わってしまうものです。

知的になると、少しの実践で人が誰もいない地点(平面的大地、内在平面)に独自性の概念を持ち、立てるのです。

自分磨きのための哲学を本サイトでは提案しています。
その実践の究極の頂点(地点、三角点)は知的になって、概念的人物として、誰もいない大地で、他者よりも前進した位置、すると他者に影響することなく、世界そのものが見渡せます。

女性には受動的に周囲の他の家庭に合わせ、学校教育を受け、他者がそうしてるから女性は自分も同じ教育を受け、30年近く前ならそのまま婚姻を待ったのです。
女性はいつも自分(自己、他者に対する自己)を所持せず、他者に傾向(モデルケース、見本、教科書)を寄せ、自分の内面(内部運動、潜在的出力)から発生した神経系の運動を知りません。

要は、女性は強みと弱みという二項対立(西洋の哲学がずっと実施したキリスト教普及に及ぼした不適切な哲学)が女性の自己分析を鈍感にし、強みと弱みは不適切な哲学によりそれぞれの言葉の機能を失っています。
しかし、女性には信頼できる概念がまるで側で女性の見方を支持(サポート、評価、判断)してくれないため思考が停止したまま、世間が決定する強みと弱みで自己を解析する見方だけに依存します。

女性の心は未来(将来、いつか得られる推測する理想的生活)にいつも不安を抱え、安心して生きてこれた試しがありません。

一つの方向が決定し進行すると、一つしかない道だと後退できず、前に進行するしかないように、思考の停止の方向で起こした運動(実質的には思考停止なので非運動)はずっと他の方向からの刺激(入力、哲学的介入、哲学の実践)がなければ、一つの道を進行していきます。

要は、女性は社会的身分の非確率で、思考の停止から非知的で生きてきました。
前述したように、思考は哲学の関与がないと運動(思考が動く)が起こることはありません。
今現在、生存する女性は実践的哲学を実行したことがないので、思考が停止のまま。
そして、細胞の分子構成の特徴は同じ性質の分子は分子同士連結(化学反応、ニューロンの機能、基礎化学、化合)し合い、機能性の失われた共有性(組織性、集合体)となり、女性同士の思考停止の特徴はその間の関連性が強くなっていくのです。

女性同士の繋がり
知的さのない世界観での会話に食事
知的さがないと新しい世界は想像できず、未来も見えてこない

女性同士は現在、より関係性としては、強くなってきています。
異性(男性)と付き合うよりも、女性同士の付き合いを好む傾向があり、各業種(業界)のお店なども女性同士(女子会など)にターゲットを向けた戦略でビジネスを行なうことも影響があって、女性同士は関係性を深める実感があります。

しかし、これは、知的さのない集合体(非知的な悪の管理不足)が、女性同士を引き離さないでいたいとする錯覚は、女性の思考停止で神経系が運動をやめているところに偽装された共有性(大衆化、全体化)が、女性の心に長年潜んでいる不安と焦りがウイルス(細菌、流行りの様相)は侵入した感じです。

非知的によって非哲学であるがために、1%の知的さを向上させるにも、非常にハードルが高く感じ、知的さを磨く実践から女性はどんどん離れていっています。
この女性の現状の状態(症状、シンドローム)は何を表現しているのでしょうか。
女性の非知的さは、思考の自由性が発動しないため、未来と今(現在)、そして過去(フロイト的心的抑圧やトラウマ、PTSDなど心的心傷)との区別が付かず、今から何をしていいのか、これからどうするのか、今現在の感性、感覚、直観がどんな内部運動をするのかをまったく選択できません。

この状態は、女性の心の不安が人間が意図的に作ったとする心(心象)が巨大化し、生きること、生きるそのものの生命体(心臓や肺、そこから自然発生したエネルギー供給で連環する細胞群)が自己知覚(自己認識や未来の主軸となる身体知覚)を不感症(感覚鈍磨、無感覚、無動)にするのです。

ここまでの哲学性で、女性が知的さを磨けば、世界の筆頭となって、世界の運動のすぐ現前で、自然と直面(向き合う直観)し、自然と世界、そこと無意識的に反応(現象、リアクティブ、リアクション)する内部運動とあなた自身が自己内で直接性を保持できます。

今より1%の知的さでいいのです。
これは、世界すべての人口を総合していますので、1%とは、瞬きほどの少量(微量、微かな揺れ)です。
時間にすると、1日5分程度でいいのです。
この微量の知的さを磨く意識(意欲、潜在性、内部運動)で、女性は自立でき、自分の生きるための空間と時間(それぞれ未来空間と直結する)を自分の所有権を得ることができます。

この1%は、少しの意識の変化でいいのです。
その1%を継続し、結果として人間の内部(内部運動、内面、神経系が連結する心性、細胞群が潜在的に持つ反復)が頻度を増やし、神経系(内部運動)が起こす興奮と抑制のリズムが出ると、世界はもう、すぐ側にあります。


本サイトでは、この知的さ1%に関して、実践的哲学を女性自身に経験して頂き、非知的を知って、思考の停止の様態を感じてもらいます。
そこから女性個人に合った1%の知的さの見つめ方と実践をご提案します。
毎月、定期的に契約する保険(生命保険、入院保険)は不運が起きてから、自分で積み立てたお金を返済するかたちで貰います。
かなりネガティヴな方法で、生きたお金とはならないのです。

本サイトは、実践をポジティブに関わらせ、生きたお金の投資と、実践的哲学の実践で身に付けた思考の運動は、世界中のどこに行っても成立し通用できる、非人間性からの生物体による新しい人間を作り出せ、あらゆるビジネスに有効な内部活動となるのです。

参考記事;
自分を真剣に見つめたい女性限定。やりたくてもやれなかった女性のための哲学サイト誕生!

女性安心して生きる独自性を哲学で磨く方法。

 

3.知的な女性は哲学的概念が活動に。価値のあるお金に換わる

 

前章まで、女性の今までの生き方は非知的だという事実を実践的哲学で見つめてきました(見つめて現前化することを脱構築といいます)。
女性が非知的(知的さを磨いてきていない)であることで、未来空間が想像できないとご理解頂けたと思います。

哲学性は愛を持って、事実を出来事に解体(生物的還元、分解、解析)し、ありのままの雰囲気(叙情、抒情、情性)にします。
その取り組みで分かったのが、女性が知的さを磨いておらず、非知的さの共有化で繋がりが強固になっているという事実です。

1%の知的さにはどのような実践があるのか、またはそうした実践で今後何が得られるのか。

最初に女性が知的さを磨くと、現状のマーケット(経済市場、世界情勢)が見えてきて、マーケットで生きている他者(消費者、自分以外の他の人)への想像性が著しく高まります。
この状態は、女性が哲学性によって、自立し、独自性を持てると、女性自身の内部運動から自然発生したアイデア(商品、アイテム、生産物)に恵まれます。
しかも、哲学性は過去、今を融合し脱構築して、自己(内部運動)と世界(マーケット、市場)が直接繋がりを持ち、その結果そうして発生したアイデアはマーケットで求められ、時代に合った表現で発信できます。

要は、価値の維持されて生きた状態でのお金(交換紙幣、価値基準)がマーケットから個の女性の元に届けられ、豊か(安心、安定、自己投資を反復できる生活スタイル)となり、自立できるようになっていきます。

たった1%の知的さだけでいいのです。
それだけの実践でいいのです。多くの女性は知的さの言葉(表記、フレーズ、表現)を聞くと、恐れてしまい、自分の自信のなさが認識(気づき、分かる)され、思考から運動(行動)へのプログラムは停止し、行動が不可能となっていきます。

これが、今日の日常的に継続する一般的女性の生き方なき生き方なのです。
知的さ磨けたら、思考が発動し、思考に交わる神経系が興奮(促通、促進、活性化)し、行動は自ずと出来ることにもなるのです。

知的さを磨けば、思考と行動が繋がる
思考と行動は同時に起こる
行動しようとしても思考が停止しているなら行動は不可能
思考の神経系を興奮させるには、哲学性しかない

では、1%の知的さを磨くには、どんな選択があるのでしょうか。

・友人と会う機会を減らす
・なるべく孤独でいる
・SNSを控える。SNSの情報に惑わされない
・自分の時間を今より作る
・未来の頂点に何があるのか考える
・あなたなら今何ができて、何ができないのか考えてみる
・やりたいこととやりたくないことを明確にする
・求められている自分を想像する
・今まで継続したことをやめ、違うことをする
・健康、美容、人間関係の価値観を消去する

これは、一例ですが、本サイトの個別セッションを受けて頂けると、あなたに合った知的さを磨く計画(プログラム、予想、希望)をご提案します。
上記のような知的さを磨く行動の基盤を発動させ、一つの方向性が見えてくると、次はその要素に対して、書物(本、文献、ネット記事)で研究し、表現して頂きます。

そして、一つの要素として、一つの知識を増やし、あと3つぐらいの要素をあなた自身に哲学性の実践から、自身に選択して頂き、知的さ(知識、哲学性を確立するための基礎)を立たせ、思考をいつも電源を入れていきます。


本サイトに関する記事;

実践的哲学サイトコンセプト

うつ病の女性のための哲学

女性専用哲学サイト女性の心うつ病の症状を改善。

知的さを磨くためのメルマガ。読み眺めるだけで自分磨きできる

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

30代女性の心の悩み解決!やるべき心の疲れをスッキリ取るための秘訣。

女性が真剣に生きていくには、このままの心身状態で良いのかどうか。その核心とは?

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性が自立し不安なく生きる方法

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.