女性が自立し不安なく生きる方法

女性生き方革命|誰かに話したくなる新しい女性が充実する生き方。

投稿日:

生き方を変えてみませんか。スリリングだけど、人が憧れる生き方は誰からも求められる女性になれる。

周囲を見ると、ここ最近の傾向が顕著に見えていることは何だか分かりますか?
あなた自身もその一人になっていたなら、気づかないで生きていることでしょう。
気づきは、生きるために、自分を探求し、自分を磨くために、最重要項目です。
同じ仲間(グループ、連鎖)にいると、自分たちの状態には気づけず、それが常識となっています。
自分以外の他のグループの個性は客観的に視野されるため、視覚から(しかし視覚は誤作動だらけ、信ぴょう性は薄いです)入力した他のグループに関しては、いろいろと雑に判断しているものです。

どうして自分たちのグループになると、自分についての気づきがなくなるのかというと、グループ内で、均等化(平均化)され、個々の思考は瞬く間に停止(ストップ)し、グループ内の他者と同次元にするために、世界を極端に狭くする神経系の抑制作用が起きているからです。

女性の中には、心の拠り所、心の寂しさ、心の空虚感を感じると不安になって怖くなることを自覚(認識)し、群れる行為、仲間を大切にし過ぎる行動の偏ることがよく見られます。
他者と過ごす時間が長くなると、他者と合わせる次元で神経系は抑制を反復するため、思考の範囲は狭くなり、未来想像において、とても不利になってしまうのです。

最近の傾向は、次のような現象が起きています。

・女性にファッション性がなくなり均一化されている。

・女性が選べる生き方の選択が多様でなく単一となっている。

いつも広がりを見せている(くる)視野から映し出される視界は、自分という世界、または他の総合化された付属を通過した他者性に自己を奪われた世界は、1%以下の情報しか与えていないのに、世界すべてであると思わせるような空想を作っていくのです。
視界から視覚に入力して構成した世界は、急速に均一化に走行し、女性に動揺の加速された揺れを作り、他の世界が見たいと思ってるような衝動に出会っています。

今日、起こっている諸現象は、女性に何らのメッセージを与えてくるのでしょうか?

均一化は動揺のない穏和な(温和な)世界に見え、海なら波一つない穏やかな癒しの景観を生むものだと思うこともあるでしょう。
女性はそうした均一化から脱出しようとする、神経系に恐怖システムとして内在しているのです。
女性はホルモンバランスの強弱により、内面的安定を強く求める性質を機能的に保持していますが、そこを手に入れると、ホルモンバランスは急転回して、温和な世界を破壊(女性のホルモンバランスは乱れることで性的欲求を促通させる)して、波の音がする海が見たいと思い、他の海に行こうとするのが、女性の本質であるのです。

女性が生きている世界は、現在のところ、女性が単独で世界に中で内部から生成したエネルギー供給で生きているわけではありません。
これはどういう表現かと言いますと、女性は社会という大きな所帯に付属する形(スタイル)で生きる選択を取っています。
このスタイルは、男性もそうですが、社会が資本主義システムを活かし、全精力で運動できていた頃のスタイルがそのままに継承され、今もその賞味期限の切れたパッケージに属する形で女性は生きています。

温和な海を眺めるには、社会に付属して大人しくしていれば、それなり保障(保証、婚姻など)されていました。
システムというのは、1のスイッチで100出力できるように人間がプログラムした体系性です。
温和な海がこれからもずっと継続すると心理的に認識するのなら、女性のホルモンバランスの乱れから、少し波のある海が見たい衝動は抑制し、無視をしても生きていくことはできました。

それが継続するのは、社会がシステムを最大値にクロールできている条件の元においてだけです。
社会の力が強靭であるなら、少々の動揺は社会の保証がそれをうまく抑え、社会が主導する方向性に乗っていれば、うまくいきました。
その社会が、現在は政治力、経済力の欠乏して、元々生産性は生み出さないのが社会でした。国民が労働して生産性を上げることで、社会はそれを財源に運営していったのです。

しかし、今はそれがなくなり、現在の社会システムから、1日でも早く抜け出さないと、社会の崩壊に巻き込まれ、社会は保証能力を失っているため、生きていくことに辛い状況を経験しなければならない現実になるです。

トピック;女性の生き方を考えてみよう。温和な海より波のある海を女性は見たくなっている。

関連記事;
5年後の求められるアイデア|仕事を辞める前に考えること。

女性が欲しい幸せを感じる生き方とは?

 

 

2.社会と女性の断絶

 

社会は古来からの哲学に科学(合理性)を混合し違う味覚にした認識不可能な原子に意味を持たせました。
女性が女性になったのは、女性の身体が女性の脳(最高中枢)に連絡したことは一度もなく、周囲の他者(特に大人)が女性と認めたことから、女性は女性となっていったのです。

身体的特性で女性は自分を女性とは気づかないのですが、社会は男性社会が中心の運営にしようと全力で望んでいたため、この社会の波及力は凄まじいものがあり、全家庭に及ぶ親子関係の基礎が、女性を女性化してきたのです。
幼い頃は、物心がつかないからと大人は、女の子に女性を意識させる言説(言語、言葉主導)を幾たびも反復してきました。

この過程により、社会の中の(付属する)女性は誕生し完了されるのです。
このシステムは古来から現在までの経済活動が自由の行われるという資本主義で適応するものですが、女性が建て前上であっても、社会進出した現象は、女性に現実について、物事について、男性について、他者について、思考させる機会を生んだのです。

神経系がどう作動しようとも、それが固定された非運動パターンであっても、見えている世界に変化があるのは、正味の部分で、真実に近いものとなっていくのです。

(*女性が買い物好き、外食好きと思っていると仮定した女性を対象にしたマーケットで、女性はいつまでも消費するのが本能だと問うことなく、いつまでも継続するだろうという推定は、本当は偽の文脈ですが、哲学性がないと問う機会がないと、一度同定した世界が永遠と継続していくものです。それがいつまでも続かないのが、現実の生命体が人間に限らず、他の生物を巻き込んで世界を真の方向に主導するのは時間の問題であるため、本サイトを立ち上げる機会を得たのです。時代に合わせて、実践的哲学は成立しています)

社会と女性を断絶させる。
初めてこのような哲学性を促通させる記述を読んだ方は、動揺するかもしれません(この動揺がアンバランスから安定性を再稼動させる神経系の再運動となるため、どんどん進行させていきます)。
次に往来する時代のシステムは、個が主体となる構造で、個を確立して、準備しておかないと、時代に拒絶されます。
すると、現在のシステムは停止し、バージョンに個でなく全体的に生きてきた、すなわち社会が規定した女性の世界観で生きている人は、時代のシステムに入れなくなります。

そうなると、どうなるのかを説明します。
時代のシステムに合わないと、次にような状況になってしまいます。

・誰でもできる仕事は、価値を失い、機械がそれを担うか、または簡素化され、業務自体がなくなっていく。

・世界に求めれないシステムは、起源に回帰するデモのような活性化運動は起こり、機能しない人間同士が強く結束し、価値意識のアップデートの更新ができなくなる(内部帰属化の悪化)

・ストレスが発散されず、世界に求められなくなったシステム同種の人間同士が、愚痴り合い、ストレスによってトーンの高まった神経系は抑制が効かず、ストレスはやがて病的に発達し、苦しみながら、社会は崩壊しているため、保障は何もなく、苦痛から解放されなくなっていく。

社会に女性を断絶しないで、適応させ続けると、上記のような状況になる危険性が高くなります。
こうして社会と共に人間(男性、女性)も崩壊して、本質的なところで弱さを抱えると、人はその弱さを意識して、認識します。すると、心に傷を追った被害者認識が増強して、生命体そのものの活動がうまくいかなくなるのです。

何もかもが事物(道具)で手に入っている今日。
ネットを開けば、有益かどうか判断不能なまで、情報が手に入り、人を満たしてくれる状況。
自分自身で、充足感や幸福感を構築する現状に、社会に適応して社会が崩壊した時に、一緒に生命体を崩壊させるのは、女性の生き方に不幸せを作り出してしまうでしょう。

そうならないように、社会から女性は断絶し、すべての心を塞ぐ要因(要素)を女性の感性から感覚神経を運動させ、女性の個を活性化して、社会に頼らない自分を構築していきましょう。
そのために、哲学性が女性の生命体を守ってくれます。

社会と切り離して自分を作り出す。社会が弱くなると、個人は力を付けることができる力関係を理解しよう

関連記事;
女性に哲学がぴったり合う!何で今までやってこなかったのか。

女性が悩む、心の疲れが取れない原因。思考の全体性がホルモンバランスを悪くする。

3.社会の崩壊はお金の価値の崩壊

 

上記の項目で、女性は女性の個の力を磨き生きることが重要であると記述したしました。
社会という構造を女性は思考し分析するのを、避けたがります。
社会というと、どこか思考の困難な違和感を感じてしまって、社会について思考しないようにしているのです。

社会というと、社会生活、社会活動、社会保障などを代表とする表記が考えられます。
女性はいつも社会に守られ、弱い立場という苦悩を抱えられています。
社会を実践的哲学で思考の中で解体し、軽くしておかないと、女性は社会から断絶できないのが、真実であります。

その社会ですが、社会と密接な繋がりを持つのがお金の力です。
社会イコールお金の構図は、いつも付きまとい、社会の弱さとお金の弱さは関連するのです。
現在の社会(資本主義システム)は、今崩壊した後の後処理の段階に突入してします。
社会とお金の繋がりは、社会の崩壊でお金への執着も深くなって、現状で女性もその一員となっています。
この状況は、お金という数式(比較された量)に支配され、お金のために仕事を選び、仕事は活動であるのに、そんな余裕さは社会に依存する限り、剥奪され、仕事より労働を求めてしまうのです。

労働は、その日限りの未来のない働き方です。
IT(ロボット)が人間の仕事(主に労働分野)に侵入している事実をお分かりでしょうか?
誰にでもできる業務は一つの作業に完了したゴールがあります。
女性の大半は、こうした労働に携わっていて、女性は社会にしがみつくように、不安な感情を抑制するために、給与が高く、仕事が楽という基準で、労働を持続しています。

女性の本心は、不安な現状をなくしたいのが、第一目的。
懸命に価値観と照合して選択する仕事が労働であったなどと、社会に依存している女性には省みる余裕などあるはずはありません。
労働をしているのなら、労働から離れないと、社会と共に労働は力を失っていきます。

社会の景気は、公共事業に密接だと考える男性たちが存在します。
政治主導で、工事の案件を増やせば、建設業界の仕事が増えるとして、景気が左右すると考えるのです。
しかし、その考えは、人口減少する社会に、不必要な事業であります。
人口が減るのに、新しい建築物は必要なくなるのに、男性たちはお金のために、工事を増やし、仕事が増えたと考え、潤ったと感違いをするのです。

社会に必要のない事業で生まれた労務は、すべて労働です。
仕事をして、人に求められて得たお金が価値のあるお金であります。
女性が携わる仕事の大半は、大元(大企業や親会社、業界の大手)が発信したものですが、実践的哲学を実践しない人間、そこに関わる組織はすべて、社会に不必要な事業をしています。

女性が幸福になるには、自分で社会に向き合って、自分で概念とした生産物を作ることが早急に求められています。

お金目的は労働。未来のためは仕事。労働で得たお金は浪費へ。仕事で得たお金は未来へ。他の誰かのためへ。

関連記事;
やりたい仕事は未来に求められる仕事に限定。一つの興味を世界一誰にも追いつかないまで磨く。

心の不安心の落ち込み改善女性が自立して生きるために。

女性の安定 女性の安心 女性転職、女性仕事

4.絶対的安定は女性に不必要。絶えず変化を世界に求心している

 

労働はその日のために得たお金を得るという構造です。
女性が仕事(結果的に労働)で得たお金の行き先はどこにありますか?

・友人との飲食費用
・自分のファッションの費用
・スマホなどの通信費
・娯楽性の旅行
・生活費
・貯蓄

本当は、ここの自己投資が入って欲しいのです。
自分磨き知的さ磨きがなければ、未来に現在の自分はいなくなります。
労働で得たお金には、生命力が生成していませんので、労働をしている女性は、給与の時期が来たら、給与明細ばかり見ていることでしょう。

思考に余白(余韻、余剰、空白)がないため、労働は旧社会の方法で構成している労働は、数字に追われ、不安は見えないものを見えるものとした無意識的知覚から、意識的認識に変換され、見える範囲での数字に知覚を喪失されているのです。

その前提には、女性が社会に屈してきた歴史があるのです。
女性は身体として、真なるところでの、情動による不安が生きるために力であるのに、情動は否定され、意識できる範囲での不安は女性の内部から発生した不安ではなく、自分で他のストーリーを作っている真でなく、偽のものなのです。

女性は不安をなくすために、絶対的安定を求めています。
給与のなるべく高い仕事を探していますが、給与が高い会社は、人材が頻繁に辞めているから、給与が高くなってします。
給与を求めるほど、出会えるのは、仕事よりも労働です。

この世に、仕事というのはほとんど存在していません。
物が売れないから、広告宣伝に頼るのわけで、売れないというのは、人の生存本能からズレていると解釈すべきです。
あなたが勤務する会社は未来のためになっているでしょうか?
そこを考えてみる時期は、もう遅いぐらいですが、女性が独立する適切な時期を迎えていますので、まずは自分が属する会社から見つめることをお勧めします。

絶対的安定を求めるほど余裕がなく給与で判断する。給与が高いほど、未来に生き残らない会社である。

関連記事;
哲学で生き方が変わる女性の悩み自信が持てない将来が不安。これらは哲学が良い方向に導く。

40代女性転職を考えたとき知っておくべき知識。

5.哲学性を内面的安定にスリリングに生きてみよう

 

絶対的安定は、良い仕事、すなわち未来で発展し、繁栄するものではない労働、を求める結果になると記述したしました。
女性が求めている生き方と、現実は逆方向に向かっていることになっています。
もちろん、女性はこのことに気づいていません。

絶対的安定を求めると、そこにはお金目的の労働があるという。
このことを、思考で理解するのは、とても難しくて、どうしても物語化された不安が、哲学性を殺してしまい、女性は思考の上で自由でなくなるのです。

どうやって理解すればいいのでしょうか?
思考ではなく、身体感覚で理解することが必要です。
身体は、快楽を知っていて、性的欲求という快刺激を生成する機能があります。

絶対的安定は、女性が本質的に要求する理想なのでしょうか?
女性の思考は、悲しいことに、社会にすべて奪われてきました。
専業主婦がその大きなよ要素で、男性が経済力、女性は社会に出ないように、画一化で女性の思考を社会と強い接続を強いた背景があります。

絶対的安定は、女性の身体は社会に要求しておらず、実際には社会が女性に要求させようとするのが、絶対的安定であるのです。
女性は、婚姻で一人の男性に依拠するより、多様な男性と知り合って、自分磨き、知的さ磨きがしたいと要求してします。

要求する先は、社会でなく、自然の世界です。
女性に内面に社会の世界は存在しておらず、女性はたえず自然を見つめ、自然に対峙し、ちっぽけな存在であると感覚的に感じた性的欲求で、女性は生きる力を生みます。
もし、あなた自身、現在の仕事に固執するなら、女性の身体に反する生き方を選択していることでしょう。

次のような不安が認識されるなら、絶対的安定を考えて生きていると判断してください。

・今の仕事を辞めると生活ができない。
・良い会社で勤める男性と出会い、結婚したい。
・今の旦那が給与が高いからいい、または給与が低いから将来が不安と思っている。
・いつも転職したいと思っている。
・もっと給与が高いと幸せになれると思っている。

絶対的安定が女性の内部運動を抑制し、神経系の促通のない身体になっている価値意識です。
現実的に、社会が弱くなっていると、女性も共に弱くなり、不安が認識されることで、絶対的安定に繋がっていきます。

みんなそうなのだから、今抜け出す機会に恵まれています。
みんなが抜け出そうとすると、競争が発生し、そこで女性は挫折するでしょう。
みんながやらないから、楽な気持ちで、女性の性的欲求に基づいたスリリングば生き方が選べます。

実践的哲学で、女性の未来に幸せを。
哲学性を持てば、不安は物語化した膨大さが消え、情動による自然発生での不安に限定される。
実践的哲学をするのは、今しかありません!


本サイトは、実践的哲学を経験するフィールドです。
世界でここしかありません。
他のあらゆる情報源は、哲学性のない、お金中心の世界で運営しています。
女性が生き方の中で、悩みを抱えている、お金と幸福感とのバランス。
絶対的安定は、求めるほどに、労働へ着手する機会を自ら入り、価値のないお金を生んでしまいます。

この機会に、実践的哲学を体験しましょう。
ご興味のある方は、こちらからお問い合わせください。
お問い合わせ

気軽に実践的哲学で自分磨き、知的さ磨きしたいなら、有料メルマガをお申込みください。
有料メルマガ

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

 

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性が自立し不安なく生きる方法

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.