女性が自立し不安なく生きる方法

理想の男性を見つけるために女性が実践する自分磨き。

投稿日:2017年6月11日 更新日:

良きパートナーとして理想の男性に出会うために磨いておく女性の美的センス。

理想の男性を見つけるためにと記述しましたが、理想の男性とはどのような男性が適任と言えるのか、それは孤独感(孤独性、個に強さ)と独自性を磨いているのかです。
参考記事;選んで損しない男性のタイプとは?|時代の流れに合わせタイプを同定していく。
以前の慣習のように、親同士が自分たちの家柄に合った男性を知り合いなどのコネクションから合わせてくれた時代は終わりました。
世の中には、時代の流れがあって、時代の流れに内属するのは、世界全体の人たちであるので、時代の流れに反した行動と思考は、時代の風に抵抗され、何も生まないことをご理解頂きたいです。

そこを知ったうえで、良きパートナーとしての理想の男性に出会うために磨いておく女性の本質とは何であるのかを、考えていきます。
時代の流れ(展開、進展)は、男性に強烈で、厳しい判断をすることが確定しています。
その時代の展開(流れ、相互関係)は、前述した男性像しか、生き残さないのです。
生き残すというのは、社会は時代の流れに適応しない男性を見捨てることはないにしても、マーケット(世界の市場、要求と対応)が不適切な男性に不必要だと判決を下すのです。

よって、理想のパートナーの男性像は、

・孤独性を持っている(他者と隔離できる神経系と覚悟がある生き方を選択する)
・独自性を磨いているのかどうか(会社の人間関係に話が出ない、会社の話が出ない、SNSに依存しないなど)

この二つの要素(特徴、長所、利点)を見抜けるかどうかが、女性がやるべき美的センスとなり、男性と出会いがあっても、その男性が未来(将来、婚姻、結婚)のパートナーとして適切かどうかが、判断できません。

女性婚姻女性自分磨き女性知的さ磨き

人間が持つ孤独性と独自性はどのような様子なのか

孤独性があると独自性が磨けます。
独自性があるのなら孤独性を磨いている。
という、論理となって、相互関係で成立しているのです。
女性がまず理解しないといけないのは、これらの二つの要素は、両方とも関連していることです。

孤独性と独自性は関連している。
男性のこのどちらかが感じたなら、理想のパートナーになれる第一段階は超えている。

孤独性と独自性は、純粋な個の内部から発生し、社会の枠組みに進入しないで世界が作れます。
すなわち、仕事をするために、社会が定めた衣装(正装)を着る必要がなく、自分の個の身体に合った服装で良くなるのです。
女性が男性のパートナー選びをするとき、出会った男性が正装をして仕事をしているのなら、その男性を疑わないといけません。
要は、スーツ(背広)を着てる男性は、孤独性と独自性がないと思っていいのです。自分を磨いていたら、そのような社会が定めた正装を着なくてもいいからです。

孤独性と独自性
社会が決めたルールより、自己が決めたルールに従えるかどうか

男性と話をして、話の内容から孤独性と独自性が磨かれているのかを見極められます。
仕事の話や仕事で関連する関係者の話が、女性の前で頻繁に話が出るなら、その男性は未来のマーケットに適応しない男性です。
自己がなく、話題は自分の仕事という領域だけで、世界が終わっています。致命的なのは、自分の話が相手も共に共感し、受容されると思い込んでいるところも、孤独性や独自性が磨いていないことが分かります。

女性自身が、社会が定めた婚姻に要求に応える方向の固執しているなら、孤独性と独自性のない男性が社会的だと勘違いしがちです。
女性にとって分かりやすい話とは、それだけその男性に知的さのない話の内容(文脈)であるからです。
それで、この男性はしっかりしてる(理解しやすい)と思い、付き合ってしまうと、他者への判断を磨けなくなり、自己を見失っていきます。
世の中が今の時代形式である間は、ずっと今のままでいいと思い、気づいたときから知的さを磨くには、もう後の祭りとなるのです。

女性が男性をパートナーにする見分けるために必要な美的センスの磨き方

男性に孤独性と独自性があるかどうかが分かればいいのです。
そのために、女性が磨く必要があるのは、美的センスです。
美的センスは、ファッションなどの美ではなく、生物的美学で自己を捉え、自己を磨き、他者(男性)を観察するのです。

出会った男性と付き合えるのだろうか。
出会った男性と婚姻に繋がるのだろうか。

この二つの命題が実に本質を捉えていないかがご理解頂けるでしょう。
単純に出会いがなかなか恵まれない今日で、出会ったことに注力を当ててしまうと、その男性の構造(孤独性と独自性)に関してまったく見れなくなります。
すると、出会った男性と、付き合うべきか、付き合ってから婚姻の相手(対象、適任の男性)となるのか、そこにばかり目を向け、そのまま婚姻して、時代が変わってしまって、男性は新しいマーケットに合わず、マーケットから求められず、仕事(労働)もなくなって、女性が求める幸福感と充実感が得られない現実となるのです。

男性に孤独性と独自性があるのかどうか。
女性は美的センスを磨き、出会った男性を観察し判断する。
美的センスは、「男性」「婚姻」などを哲学的思惟(介入、実践)で解体して磨けます。
社会は「男性」や「婚姻」に定義を内在させ、社会の都合での意味を含意し、女性に判断不能にさせている。

未来に合った男性を選ぶために、女性は美的センスを磨く。
実践的哲学で、男性や婚姻を分かりやすい形にして、その感覚を持って生きていれば、女性は知的さ磨きで知的さ(思考可能)となって、女性が未来において幸福感と充実感を余裕を持って待つことができます。
そうすると、女性から不安と焦りを抱えて、社会の立場(女性の弱さ、弱者)から解放され、男性を冷静な視野(触覚センス、内部運動)で、自分に合った男性と知り合えます。


本サイトは、女性のために実践的哲学をするスペースです。
自分磨きや知的さ磨きが、時間が確保できないことで実践できていない女性専用サイトです。

参考記事;

実践的哲学サイトコンセプト

自分磨きのための哲学

うつ病の女性のための哲学

5年後の求められるアイデア|仕事を辞める前に考えること。

40代女性転職を考えたとき知っておくべき知識。

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性が自立し不安なく生きる方法

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.