女性が自立し不安なく生きる方法

不安なとき頑張っても仕方がない|不安の解消はオキシトシンに任せればいい。

投稿日:2017年6月20日 更新日:

不安なとき解消するのは、オキシトシンの力。オキシトシンの仕事。自分で何もしなくていい。

オキシトシンは神経と血液の両方に作用し、不安が生まれたとき、オキシトシンの分泌(放出、産出)を増やせば(高めれば)不安はすぐに解消し、前向きに生きていける。

女性は日々、分単位、秒単位で体内(内面性、内部運動)の感覚神経が探求(探知、検知)するセンサー(アルゴリズム)が微妙な変化を感じ取るため、ホルモンは活性と不活性により、乱れます。
ホルモンというと、ホルモンバランスが乱れると、精神的不安定、更年期の問題(症状)情緒不安定など、否定性を意図させることが多いですが、女性の体内ではホルモンバランスが乱れるもの(構造、機能、性質)と考えて頂いた方が適切です。

女性の更年期に起こる出来事(症状、シンドローム、不快感)は、女性の人生を左右するとまで大袈裟に、過剰に捉えられますが、その原因がホルモンバランスだと考える傾向があります。
更年期の起源は、女性ホルモンの変動、そこから閉経にかけて、体内バランスの変化で、さまざまな病気になると思われています。

更年期に心配される病気では、悪性腫瘍(乳がん、子宮がんなど)やうつ病に関する精神的な病気です。
ここで、実践的哲学を導入し、女性の更年期は本当に存在するのかどうか、更年期に起こる諸病気の原因は、ホルモンバランスと理由付けられているけれど、それは真実なのかどうか、そこを検証していきます。

うつ病の関連記事;女性同士人間関係でうつ病に心療内科通院しても改善しない悩み。

 

女性不安 女性疲れ取りたい

 

更年期には女性ホルモンは低下。しかし、オキシトシンは年齢関係なく分泌されている。

オキシトシンと不安についての記述ですが、不安はうつ病に転置(置き換え、転籍)され、ガンなどの悪性腫瘍はホルモンバランスが原因とするため、ここでは連動させて、実践的哲学で哲学性を見つけ、思考の基盤となる平面的作用を立ち上げたていきます。

女性が年齢を重ねると、更年期の問題が出てくると、言われていますが、更年期という表記を女性自身で考え出したのではありません。
女性が年齢を重ねることを受容させるために、社会が女性に納得させるために作ったのが、更年期という表記(言葉)であるのです。
この更年期に内在されているのは、医師会や医学的限界における権威の保持にもプラスされ、女性はその対象となってしまったのです。

医学は、老年についての研究は進行(発展、拡張)されておらず、諸病気が多発するのが、老年であるからとする一義的な(画一的な)結果(現象、帰結、結論)が、医学者としての立場を守るための新しいジャンル(カテゴリー、分類)が更年期という女性の老年に時間的分離した、一時期となっています。

老年に近づくにつれ、体調が優れなかったり、不眠であったり、その年齢まで感じなかった身体(体、肉体)の不調が感じるというより、認識(価値観で理解)していきます。
その理解が、「これは更年期の症状だわ」と、待ち構えていたかのように、女性は30代を過ぎてから、意識の範疇に介在してきます。
この現象(反応)も、身体が感じている体調不良でなく、価値観が理解する一部の身体情報を元に更年期を思っているだけなのです。

女性には更年期は存在しない
女性ホルモン主体時代からオキシトシン主体時代へ
更年期に支配されるのは
30代以降の女性の生き方を喪失させる

月経(生理、生理現象)が終わっていくことに女性は恐れを抱いています。
それはなぜなのでしょうか?
社会が女性の扱いを女性らしさという部分に、婚姻(結婚)と出産(子供の有無)象徴としているからです。

更年期という表記は、女性に女性らしさは若い時期だけであることを脅威にして、婚姻と出産を促そうとする社会の都合です。
更年期と関連させているのが、女性ホルモンであって、女性ホルモンが低下すると、閉経が迎えること、それは女性らしくないと言わせるぐらいの、女性にとっては、非常に大きな出来事となり、女性同士で閉経について互いに言い合いません。

もちろん、他者の女性に言いたくない内容の話です。
女性らしさ女性ホルモン閉経は、隠蔽(影の世界、見えないところで神秘性の生息)された特異な世界(女性の内在)を生み、女性同士でも密接であり、空虚であるものとして、女性は自分に理解不可能な大地にあるのです。
そこに近づきたくない地点、そうは言ってもいつかその地点に行かなければならないという脅威と自虐が二重の苦しみを抱え、それを緩め、大衆化させたのが、更年期という表記であります。

女性はホルモンバランスに悩んでいます。
ホルモンバランスは、女性らしさ女性ホルモン閉経に関連していて、隠蔽作用があるため、自宅であれば、湿度の高い部屋で、一番奥の角の部屋。
そんな蒸し暑いような負の想定(想起、イメージ)は、女性にホルモンバランスと女性特有の病気という関連性を強め、女性の思考を停止させてしまうのです。
女性が悩むホルモンバランスは、実態(実体、実存)されたもので悩んでいるのではなく、女性の悩みは、自己(自己身体、自己存在)の不在を捜索するために出力されたエネルギー供給の行き場を失っている不確かさで悩んでいるのです。

ホルモンバランスは、主に女性ホルモンを主軸にして考えています。
思考にも時代の流れ(展開、脈略、脈診)があって、時代の流れでは、女性ホルモンからオキシトシンにシフトしているのです。
女性ホルモンは、医学的には若年女性で男性よりも濃度が高いとされています。
女性に特有のホルモン(一義性、一側性)が女性ホルモンとなりますが、時代背景では、一義性から両義性(男女共有、脱領土化、脱構築)に入ってきていますので、女性ホルモンからオキシトシンホルモンに焦点を当てるべきであるのです。

オキシトシンは脳の中枢部位から放出。女性ホルモンは性ホルモンの内分泌腺を介在して放出。身体に生産性を与えるのはオキシトシン。

不安に感じたら、身体に意識を集中させ、オキシトシンを分泌させる。

生きていると、悩みは不規則に発生し、少し前まで順調だった体調も天候不順の空のように予想もできず表情を変えてしまい、女性は自分でもどうしていいのか分からなくなっていきます。
そこに意識を作動させた神経系の経路を使用することになってしまい、女性は先ほどまであったらしき不安を記憶の彼方に探索し、そのパターンからルーティーンを作り、今はないものである不安という異物をパラドックスとして求めてしまうのです。

その時、女性は不安の扱いを無理に落とし込み、そして女性自身はどのような状態(出力、表現)になっているのでしょうか。

不安が強くなると、

・身体を忘れている(身体忘却、身体不全、身体不在)

・不安の不快な感覚を記憶し、探してしまう

・不安の原因を認識の世界で追求する

不安に取り憑かれると、生き方そのものに大きな影響を受け、生きることの未来の地点も定位せず、神経系のバランス(均衡、不等号)を崩し、自分の力ではどうにもできなくなります。
その時、女性の神経系は世界の何者かに奪われた感じになり、自己存在は完全になくなり、他者の介入が必要となるのです。

(これを実践的哲学といいます。
関連記事は、こちら。
ホルモンバランスを哲学で整える。オキシトシンが女性がやりたいことを見つける。

ほとんどの女性は、不確かな不安に生きる時間すべて生産的に生きれなくなることもあるのです。
その時、上記の挙げました、不安が強くなると起こることが、三つあります。
神経系が一部の記憶だけを固定し、不安が固められた暗黙の世界を壊さないようにして、ずっと残してしまうのです。

その時、上記の三つの不安が起こす症状(反応、シンドローム)として、共通するのが、身体を忘れるという反応です。
不安は記憶を固定し、身体と神経系を断絶する作用があるのです。
女性が不安になるほど、身体が存在しなくなって、オキシトシン分泌は低下し、不安はますます取れなくなっていきます。

不安はそのままに。先に身体に意識を集中させる。すると不安が運動し固まった感覚が消える。

不安な時、神経系は身体と断絶しているため、不安が意識の中で強調されます。
すると、オキシトシンが分泌が減り、不安は固定されたまま、不安の連動する記憶が更新しないまま、同じシーンを反復することになり、不安から抜け出さなくなってしまいます。

身体を意識させる方法ですが、不安を感じるときの意識の方向と逆方向の運動(動き)を起こすことが分かります。
不安を考えて抜け出せないときは、不安を外側で感じていて、身体を感じるときには、内側で感じているのです。

不安なとき、オキシトシン分泌が活性化(加速、強度)すると、不安は消えてなくなり、身体の分節的な感覚が感じ取るように促通されます。
しかし、不安があると、意識が外側に向き、身体の感覚が消えているため、オキシトシンも身体から減っています。
ここに、女性が不安を抱え、気持ちがスッキリできない状態が長引く要因があります。
不安を取りたいと思う強迫観念が強くなるので、不安が持っている構造的運動に飲み込まれ、不安をなくせません。

不安に気づけなくなると、かなり危険信号

不安かどうか分からない。
この自分の状態に気づいていないことも多くあります。
よく振り返ってみると、一つの出来事や未来予想に縛られていることはないですか?
それが、反復し、持続するほどに、意識はそれらの選択肢を減らし、感じにくくなるため、不安であることも気づけなくなっていきます。

自分を知ること。
今の自分がどういう状態であるのか。
ここを見ることが非常に重要となってきます。
気づいている不安は目を反らす反作用で余計不安を感じてしまい、気づけなくなっても、知らない間に不安に自己を操作されていると、思考の更新がなく、これから向かっていく未来に近づけ、マーケットに合わせたアイデアを生み出すことができないのです。

関連記事;
ホルモンバランスを劇的に変える刺激|女性の生き方が変わり不安の根源のストレス軽減できる。

うつ病解決方法|ホルモンバランスオキシトシンでうつ病を解決でき体質性質まで変わる。


本サイトでは、他ではできない実践的哲学を行なえ、停止した思考を自由に動かすことができます。
日常では、毎日ルーティーンの作業の反復で、神経系の活性化が少なく、思考は動いていないのです。

そうなると、今のままの現実が続けばいいという、平穏さを求め、自己を成長さられなくなります。
そこで、実践的哲学が目に入り、言葉を通じて眺め、読めたなら、自然に思考が運動され、女性特有のホルモンバランスも整い、マーケットを落ち着いて見つめ、自分の居場所と豊かな生活を保障する対価も自然に返ってきます。

実践的哲学にご興味のある方は、ご連絡ください。
お問い合わせ

日常に実践的哲学を
効率的で、コストパフォーマンスの良い有料メルマガはこちらから。
有料メルマガ

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

 

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性が自立し不安なく生きる方法

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.