ストレス解消したい 女性を救うオキシトシンホルモン 女性心の疲れを取りたい

女性が幸福感と充足感になれるオキシトシンの力|女性おひとりさまにしオキシトシンを増やす

投稿日:2017年11月23日 更新日:

女性の生き方を見直しオキシトシンのを増やし、女性のひとりの時間に磨きをかける

女性オキシトシン力生きる

女性を美しくするには、女性がどのように日ごろ物事に対して、生きることについてどのように思い、どんな風に感じているのかをよく知らなければならないです。

女性が女性らしく生きるといった規則的で、常識的な言語を介してしまうと、それがどれだけ女性について愛をもって女性を守ってあげようと考えたとしても、そこには一義的な答えしか出てこなくなります。

これでは、女性を美しくしてあげたいと懇求しても、うまくいかず、女性を社会的な欲求不満を抱えた人間だとカテゴライズしてしまい、これは本質ではありません。

女性オキシトシン オキシトシン増やし方 オキシトシン癒し

 

女性が求めなければならないのが、何であるのかを徹底的に見つめなおしていき、女性の心、身体、そこから得られていく欲動という根源の運動と知覚をつなぎ知的な表現として自己表現となる精神性を高めていくのかに女性の生きる方向を示してあげるのです。

女性はこのような精神性にひとりの力(独力)では見つけ出すことも、探し出すこともできません。

女性は、知的欲求という欲動とつながり合うエネルギーを感じとる経験がなく、女性は生まれてから今まで他者という外部性に縛られ、自分の内面がどのようになっているのかを見たことがありません。

女性が生きる時間で本当に欲しいものが何であるのかの提案と仮説を女性に伝えながら、女性がまだ見ぬ知的欲求で自分というものを外部から見て、女性を支配し弱い生き物という差別的な見方をなくしていってあげます。

世の中は非情な成り立ちで、世の中は生産性だけを求め、男性社会がつくった権威主義の体質で、女性は自分を表現できる状況とはまだまだ言えません。

女性は生きていくために仕事をして所得を得るということは、当たり前となってきていますが、それにともなって女性がわかっている限りにはなりますが、生きる時間に使えるエネルギーやそこに発生する真実や本質が生きることにどのように作用するのか、女性と一緒にゆっくりと向き合っていきます。

関連記事;なかなか気づけない!女性が疲れを溜めすぎている事実。早く疲れを取るための手順。

ホルモンバランスを劇的に変える刺激|女性の生き方が変わり不安の根源のストレス軽減できる。

女性を群れから離れさせ、ひとりにしてオキシトシン放出の準備をする

女性オキシトシンひとり増やす

女性を美しくするには、女性がどれだけ自分で努力して自分を磨いても、女性が納得できるまで美しさが実感できることはほぼありえないです。

それは、自分でがんばっても、自分を壊すという代謝システムを高められるまでに刺激がいたらないからです。

女性が美しくなるには、オキシトシンのホルモンに力が全身にみなぎって、身体と精神をつないでいかなければ実現しません。

オキシトシンは、女性を立ち止まらせ、癒すために空虚にし、心を空っぽにさせ、そこから癒すという過程に入っていきます。

オキシトシンがなければ、女性はいまの生き方をしても満たされないことに対抗し満たしたいという願望だけが唯一の生きる選択だと思い違え、満たすといいますと、社会人として社会から認められるようにしようとか、家族構成を維持することが第一義となって家族構成を崩さないよう家族の習慣に合わせ、自分を棄てていくとか、友人関係をすべてにおいて優先され、人間はひとりでは生きていけないという自己否定から始まっていて、友人と関係を良好とすることが一番になってしまったり、それらとはパラドックスですが、誰とも関係を持たず、自己否定が前提に生まれ、性的欲求を抑制し、女性が生物的にもつ魅惑な破壊的欲求がまったくないところに意識をもっていく女性も多くいます。

どちらの生き方も、実践的哲学が真剣に自然で運営させる無機から有機へとつながりあう潜在性で向かっていく幸福感と充足感から離れていくのです。

その選択をする女性たち、選択というより支配されているとは疑いもせず、この世に生まれ、与えられたままの状況が生きることすべてであると、植えつけられ、生きてきました。

女性の多くの方は、身体の中にありのままで運動が生成される自然と等価される哲学性を持っていますが、そこに結びつけるきっかけがなく、女性は肉体を社会に隷属されたスタイルであるセクハラやパワハラなどの男性中心の性的なものと捉えられてしまっています。

ここで、エクリチュールは一時的に女性に身体に運動され、各細胞が膜を境界にした生命体が微細な核にあることを女性は身体で感じているのです。

それを引き出せない苦悩は、感情的な表現では寂しさというもっとも大きな感覚で気づけますが、そこを超えなければ、女性は自分自身で寂しさを希望や勇気に変えられません。

女性はいつもその地点で、方向を自己に向ける直前で、自己がどこでどんな表現をしているのかにとまどいが感じとられ、女性は自分で見えなくなって、これ以上、寂しさがふえるのは恐いと思い、自己から他者に視野を変更していきます。

これが、女性には感性が自然の生成と同じエネルギーを持つにもかかわらず、群れをなしていくところで支配されています。
女性は自分が生きることに真剣に考えてきていますので、どうしても女性が求めていない方向にもなびいてしまうという現象も生まれます。

関連記事;女性心を癒すためにオキシトシンホルモンを再生産させよう|哲学は未来を引き寄せる効

不安なとき頑張っても仕方がない|不安の解消はオキシトシンに任せればいい。

オキシトシンは女性がひとりになれるお守りになる

女性オキシトシンひとりお守り

女性の生きることに掲げているビジョンがありますが、これは幸福感と充足感という二つの大きくて、頑丈な柱です。

この二つを手に入れるとなくてはならないものになっていきますが、手に入れるまでは、精神的に不安定で心はいつも他者を見ては動揺を繰り返すのです。

心が揺れるというのは、女性のビジョンである幸福感と充足感の積み重ねられる実践であるのですが、女性にはひとりではその状況に耐えられるものではないのです。

女性が求めているこの幸福感と充足感は、社会が男性の都合で女性を支配したことから始まっていますが、女性はこの社会からの抑圧により、人間を人間から人へ、社会に適応する男性が超えられなかった主訴を脇から、陰から、後ろから見ていました。

女性は自分の自己を他者の集合体から全体を見ることができ、人工的に作られた社会の規定にまみれた汚れたままの幸せという人生とまとめられたものに、身体から問いを与えていました。

女性には身体で発生した感覚は不快感に感じられていましたが、それは痛烈な感覚という実態性のある内部運動でした。

女性は自己を高めることができていなかったため、せっかくの正真正銘の身体からの自己表現を流さざるを得なくなってしました。

感覚が発生したとき、そこにはオキシトシンの産出を増やせる絶好の機会となってしました。

オキシトシンには、自律神経という神経系の無意識レベルでの運動からの興奮と抑制がいるからです。
これは身体で精神活動とも密接につながりあう女性の個のためのリズムを生み出します。

女性が美意識を磨いていける感覚の最小単位で、権威や社会が決めた知識や常識はそこに一致した運動の歯車はなく、女性がそこの感覚から運動を感じとったなら独自の美意識が運動を促進させ、そこから女性が考えていく実践は、美学という概念となっていけるのです。

オキシトシンは、自律神経系とリズムをつうじて身体内に高まっていく外部から入ってくる余分な情報を抑制できるホルモン。女性幸福感と充足感を得るには、美意識を高めなければならない。オキシトシンはそのスタート地点を作ってくれる。

女性がそのままの意識、または社会で支配されたまま、それが支配とは思っていないで生き続けたとしますと、女性がどうなるのかというと、無機質な現実が待っています。

戦後、社会は幸せな生き方は、学歴、就職、婚姻という段階を合理的に定め、女性に思考させないよう、社会の都合で構成されてきました。

その敗因、つまり人工的に定めた幸せが偽りの幸せであることを問わずに生かせてきたのに明らかに幸せではない現実は、男性がそのようにさせてきたのです。

これが組織化というおそろしさで、組織化はシステムといいますが、システムに入ると一度決めたことならシステムの運営が停止するまで休止できません。

女性が生まれ、学校に通い、決められた授業を受けることは教育システムのなかに自分磨きをするというよりも、教育システムを遂行する目的を果たすことに意味があるとされ、その意味を女性なら感性の運動とは違っていたのでずっと疑いをかけていましたが、感性が結びつく導火線はシステムには出ていなかったので、どうしょうもありませんでした。

女性は社会でさまざまな経験と歴史を経験し、感性の興奮を抑制してきましたが、社会が低迷し、打算的、計算的な結果に縛られるものが中心となり、ようやく女性の神経系の興奮は知的欲求と関連できる準備ができてきました。

知的さというと、学校の勉強や資格試験で勉強しなければならないときの想像が出てきますが、そうではなく欲求においての知的さであるのです。

この知的欲求を興奮させ、神経系に自由さを与えるには、オキシトシンが身体内に増やされておく準備がいるのです。
オキシトシンは、女性をおひとりさまで、安定して自分と向き合える心理状態を作りだせます。

知的欲求は、いつもは自由に動き回る神経系に制約をつけ、自然が作り出す領域を全体の設定にすることがスタートさせます。
オキシトシンは自由に動き回る神経系の心で感じる波のようなリズミカルな交互作用をそのままの運動に感覚を入れ、女性に今のままでいいよ、と問いかけてくれます。

オキシトシンは、自由だった女性の内面の全体的なすべての知覚を感覚に変え、ひとりの個としての領域に凝縮してくれます。
すると、女性は散々としていた自分のなかの心模様が安定した心理感覚で向き合え、女性の一体の個が持っている潜在性と大自然が生み出す根拠も理論も通用しない運動の生成にリズムが整合されます。

女性は、オキシトシンを高めることができてはじめて、自分という確立した精神を持ち、自分と落ち着いて向き合え、自分の理想と到達点、誰にも入ることのできない領域を持て、未来という空間が自分だけに所有されるところがあると知っていくのです。そこが幸福感と充足感のある、有限なる日常であります。

オキシトシンの役割;女性の自由な欲求の軌跡を追い、そのままに美的さを高め、次は一体の女性の個として制約をさせ、個性という女性のひとりに備わる未来空間を引き寄せる。そこからが幸福感と充足感への扉となる。

 

本サイトは、女性が参加する実践的哲学を行なって、女性であるあなたが気づいていない自分の好きなこと探し出します。

美しい女性 女性哲学自分磨き

*本サイトは、実践的哲学を女性が行なえる空間です。
西洋哲学をつうじて、今日までの社会構造に合わないで歪ませている自己に気づいてもらえるように、さまざまな文献引用であるパサージュ集と、本サイトが記述させていただいているエクリチュールという言語出力形式で綴って(つづって)います。これらを見て頂くだけで、固まっていた思考につながる神経系は緩みをもち、神経系は自然反応で興奮し、もともとの根本的機能である自分という内部の素材を探しだす運動が高まります。
これが、前述してきました知覚運動といいます。
文献引用をしたり、本記事のようなエクリチュールを見ていただくなかで、本サイトはなにを言おうとしているのかは、日常的な現象を観察するところから生まれた哲学的な要素であることです。
西洋哲学の文献引用は、そこから得られるたくさんの知恵もありますが、それはあくまでもあなた自身が社会構造に不適切な影響を受け、思考がとまっている内部の状態に気づいていくための、素直なパサージュ(経由)であるのです。

*本サイトの実践的哲学の月額2700円(税込)
問いかけは、何度でもかまいません。
ネットを使ってのパロールの解除から社会構造の断絶。
そこからエクリチュールの知覚発生。
感じたことを表現したくなる欲求の運動の感覚の実感。
エクリチュールで自己表現し、自分に気づき、ひとりで過ごす時間を充実させる。
今度は、実際に対面してひとに会いたいという欲求の表出。
そこからはさらにエロティシズムという至高性という最高位のひとの活動である精神性と芸術性に。
そこまでいけば、本サイト運営にかかわるひととの対面から、パロールによって再起動へ。
すべては女性のビジョンの発掘と、女性の幸福のために概念化のため。

*実践的哲学

これは女性のために立ち上げられた日常的に行なえる手軽な哲学の実践。
西洋哲学をパサージュ(経由)して、西洋が到達できなかった哲学的実践をたどり、まだ途中となっている本質の追求を引き継いだのが実践的哲学を運営する本サイト。このサイトは成長、発展のさいちゅうであると理解しており、多くの女性よりは少し前進する位置で研究や研鑽(けんさん)を行ない、女性がわかりやすく生きれるように導いていくのが本サイトの目的。
今日までの男性社会が主導権を握っていた社会構造はますます弱体されていて、それが見えてきているのが、お金がすべてだという強い権威志向でなっている。
そんな世界に女性がいると、女性もそれに巻きこまれてしまって、せっかくの女性の感性や感覚という機能が磨けなくなり、女性が生きることの活動のための根幹にある身体には、唯一のビジョンを探し出そうとしているのに、脳のなかがそれに応じるシステムでなくなっていて、それを解除して新しくするのが、実践的哲学。女性のための哲学である。

*実践的哲学の基礎知識

実践的哲学とは、2017年に発動した女性専用の哲学サイトであります。
社会構造は依然として昔に回帰する保守(ほしゅ)という方向が強くなってきているなかで、女性をとりまく労働条件は見た目の制度は表現には正当なものをつくりだしてきていますが、現実はそうではありません。
それをいち早く予期した本サイトは、女性の脳のなかを縛っている価値意識を神経系の運動を入力することで運動で日常的に学習されてしまった女性の感性や感覚を抑制を解除しようという実践をおこなっております。
そのためには、何度も現状の社会構造についての記述(エクリチュール)をこちらから発信し、それを見ていただきます。
そして、女性の構造というのはありのままの形象から見て、本当はもっと感性が豊かで感覚が優れているのですよ、というどこからも否定できない事実に目を向けていただき、自分を知ってもらい、女性がもつ女性という構造的にそれだけの潜在性があるんだということに感覚で見直し、それが自己の初期化になって、一から生に意思を与えようということをおこなっております。
日常的に女性はよく他者とお話をするものですが、それは日常的な時事から離れたところから自分や他者を見つめたうえで話をしているのではないのです。
それでは感性や感覚が磨かれるはずはありません。それを本サイトは、集団から女性を切り離し(断絶)し、徹底して個の状態にします。そうして、女性の神経系に運動を繰り返し与え、それを何度も反復すれば、女性からみた現実の空間というのは、いま知っている現実界とは全然違っているものであることに驚きをかくせないでしょう。

*哲学を実践するとは

哲学というのはいまを否定し、未来を直接見るために現状のものの見方に運動を与え、そこからリセットさせ、一から神経系の運動を生成させる実践です。

実践的哲学用語

*知覚とは?
本サイトが実践的哲学を行なうことで興奮するのが知覚と定めている。もっとも女性のなかの根底にあって、微細なエネルギーであるのに、身体や心の端から端へと末梢という皮膚と筋肉のあいだの毛細血管の反応をよくする器官としている。知覚は医学的には神経系の感覚が脳の感覚野という連合作用をつくるもので、無意識的とされているが、本サイトでは西洋哲学と精神分析者であるフロイトとラカンをパサージュ(経由)し、知覚は胎児期から出生時に起こされたどこにもつながらないで起動した根底の運動だと考えている。

1,自己内の神経系が末梢に伝達するリズムが失われてそれを探している

2,自分のリズムを失われていったため、頼るものがなくなり、それが発達時の周囲のおとなに合わせていった喪失感

3,社会がつくった人工的な不安という認識に追いかけてもどこにもなく、自分は不安だから人間関係や仕事、家族との関係を断ち切れないとする誤作動の疲れ

4,本質的にもっている身体のリズムを探したいのに探せない焦りと不完全な感覚。自分らしく生きようとしても手がかりがなく諦めてしまう自分への嫌悪感

*実践的哲学;禁止を侵犯するエロティシズム
実践的哲学では、エクリチュールのフィールドで思考に運動を与え、見てはいけないところだとか、いつもなら思ってしまうと仕事をしていくうえで、それが集団生活においての都合上での弊害がうまれるために、思考を停止させている領域。そこに運動を与え、運動を促していき、いつもなら見えないところをともに見ていこうとする実践である。思ってはいけないというのは、人間には基本的人権を尊重され、思想の自由が保障されているのにそれができないのは自由ではない。実践的哲学は、西洋哲学をパサージュ(経由)して脳のなかの大枠として外延に安定をあたえておいてから、思考に運動をさせていく。知らないことを知るように、考えてはいけないのに考えてしまうのは禁止という事項を壊すという侵犯がうまれ、社会に規定された認識ばかりが脳を支配して、自由を抑制されていた神経系を快楽にもっていけて、神経系の運動の起点を作り出せる。これを実践的哲学ではエロティシズムという。

本サイトでは、エクリチュールのなかに、なんども自然発生されたテーゼを重ねていき、西洋の表現をすれば、ランダムに言語を出力させていくことで、規則性が見えなくなり、あなたの脳のなかは体系となっていた一連の非哲学からの非運動は気づきに変わっていくのです。
規則性が見えなくなると、エクリチュールのなかで、どこかでそれが出てきたなと読解された非規則な言語はより意味をはく奪されて、意味の失われた言語は記号となっていきます。
あなたは本サイトのエクリチュールは、言語を記号にしていき、脳のなかの痕跡に近づけ、最高の神経系のパフォーマンスを生むための興奮という作用を生み出していく実践

実践的哲学をするとは;人間として生きるのは社会が規定した人間で非哲学。人間として生きるならいまから10年経っても20年経ってもおなじ現実ができあがる。なぜならそれは非哲学だから。非哲学とは、いまをおなじまま保存する脳の記憶を揺るがせないようにするため。生命力は低下し、社会に依存する人間を大量生産する。面白くない生きる時間をつくるが、それにはだれも気づかない。実践的哲学が浸透すれば、哲学的な人間からひとへと脱構築されるため、人間はひとをみて悔いを残す。あなたは生きることをすべての出しきって生きるので実践的哲学でひとになり、人間をみてほほえむだろう。

*実践的哲学から見た脳のお話
実践的哲学では女性の心を探しだすために、身体を中心において身体から哲学を作りだします。それは、目的は心というものを知るのと同時に心が単なる想像的な枠組みの構造であることを知るためです。心というのは存在しておらず、幻想的なところで、女性にとっては神秘性もあれば、自分の嫌なところが性質や性格にあると思っているのなら、心に嫌な部分があると思ってしまうこともあるでしょう。それを実践的哲学で女性のあなたの脳の神経系の運動を実際に使い、そこからの反応を待つというのが実践的哲学です。哲学とは言語によってあなたにかかわり、問いかけをして心をつうじる実態のある運動なのですが、心はいま申したように実践的哲学をすれば、心は存在しないことに気づきます。心は精神という言語を入力したあとに、自分の想像的な言語出力で残される空間である精神という地点にあります。それらを説いていくと、ひとという構造が見えてきて、生がこの地球上でなにを求めているのを知ることができ、あとはそれに向けて生きていけば、女性においては個体が求める幸福にたどり着くことができるのです。実践的哲学は構造をとらえていく実践です。脳のなかもつうじていき、大脳皮質が強い認識でそこが司令塔となって生きていると思ってきたいままでの生き方を修正します。大脳皮質よりも下層にある無意識的な運動を行なっているところにほんとうのあなたの生についての情報が隠されています。それを追いかけていくために、実践的哲学は大脳皮質やその下層の皮質下という領域まで入っていくことができるようになります。

*大脳皮質と皮質下のシステム
大脳皮質は皮質下の神経系の伝達でえた一部の情報を過去の認定された情報とすこし照合して判断します。それが適切かどうかをすこしだけ考えてくれて、またおなじ情報に戻すという連合される機構があります。ひととしての構造は大脳皮質がサブシステムで皮質下がメインシステムでありますが、人間像と学習された知識がこのシステムを狂わせるのです。多くのひとは人間でいなければならないと思って皮質下の感覚的情報を無視して、大脳皮質でえられた一面的な情報の連合を信じて、それが自分だと思ったり、そこから見えている世界が現実の世界だと思いこんだりします。皮質下をメインシステムの戻すのが、実践的哲学の目的であります。皮質下というのは、生存欲求が起こる脳幹、情動や感情が出力される辺縁系、身体感覚の中心である脳幹網様体の姿勢制御のスイッチなどが入っていて、皮質下を実践的哲学でメインシステムにできたなら、感覚的な作用を感覚レベルで連合することができ、生きることを意識できるようになっていきます。

*実践的哲学をするとシンプルに生きていける
実践的哲学は、西洋哲学をパサージュ(経由)して、古代ギリシャから始まったとされる哲学、宗教、科学を総体的にとらえて、女性の内面的な感性の豊かさにより運動を与えつつ、社会は大脳皮質での認識で物事をとらえようとして、女性の感性はその下層の脳の部位である皮質下の運動が活発さから、女性は自己について曖昧さをもち続けています。いつもなんとなく生きていたり、社会に自分の弱さが結びついた女性なら大脳皮質を無理に使用して、生きることを社会の外化されたままの自分を受け入れています。仕事がすべて、結婚がすべて、子どもがすべて、趣味がすべてなどというような、いかにもという偽装されたスタイルは、冷静に他者がみたらわかるぐらいの違和感ですが、曖昧さを抱えている女性はひとりからふたり以上の女性が集まると日ごろの曖昧さの葛藤からパロール(話し言葉)をくりかえして、自分を急速に満たしていくという行為をくりかえしていきます。これは反復という原理で、生は自由に生きたいと欲する真の運動と死は禁欲により自分を抑えることで自分は世界で成り立ってるというような二面性がぶつかりあっているのです。曖昧さを満たすのが死に向かっていく反復で、満たされたような錯覚が心地よくてやめられないというのが生の反復となります。実践的哲学は、西洋哲学をパサージュして、体系的なところに立っていただき、そこから自由に運動する内面を感じては、女性が自分の自己像の思い違いを修正し、生に意思が入りこめるところまで、かかわっていこうとするものです。そこまでの神経系の運動はサポートする相手がいなければできませんでした。ほんとうの自分を探したいというのは女性の衝動でありますので、女性に哲学をしてもらう機会をあたえないと、生と死の二面性による反復が、女性の曖昧さを高めるとともに、その曖昧さを満たすための集団化に終日、エネルギーを奪われてしまうのです。そのようなことを経て、自分の時間設定が一となり、いままで社会に規定されていた常識が外れると、あなたが行なっている労働である仕事についても、まっすぐに省みていけ、それがどれだけ自分には還ってこないものなのかがわかれば、あとは自分の構造から立つ上がる唯一のあなただけのビジョンを頼りにその段階では生に意思が与えられていますので、シンプルに生きていけるようになります。

実践的哲学では、すべての世の中にできている事物にたいしてテーゼ(命題)として、空間に浮かせ、そこで事象に運動を行なわせ、反応をみることができるようになり、それによってあなたという小さな個人というひとであっても、この世界中の事物は一時的に自分の脳のなかで生きていくための知恵として活かしなおせます。

パロールを抑制し、そこから反転されるエクリチュールが女性の想像力を潜在性の最高値まで促通する。そこを感じとり、女性が自己の知覚で捺印すれば、体感されていない悦楽までが内面で表象となっていく。

実践的哲学で言語の再構成を

あなたが現実社会で生きていると、これらの言語(用語)に慣れ親しむ機会はありませんし、これらは哲学の領域で西洋で使用されてきた言語で、これらを丁寧に本サイトはもう一度取りだし、現代に合わせ、言語の意味生成が導きだす方向性を社会からの発信ではなく、言語を生の状態に実践的哲学から抑制し、言語が発祥したときぐらいに沈黙に限りなく近い様態にして、活用します。

実践的哲学は体性感覚に

この体性感覚は、実践的哲学では主軸になる感覚の領域で、哲学をすると視覚や聴覚を抑制し、からだの感覚の流動に意識を向けるようにしていき、その意識は意識のなかでも無意識という無の運動です。
実践的哲学は、無を求めるために、世の中に広がってる全体性を保存している有を実態のある運動を与えてそれらを運動として動かして、塊になっていたものを外延から緩め、有を見えているところから除去するのです。

*実践的哲学でパサージュする価値

これらのパサージュは、そうやってパサージュした哲学者の一生を追いかけているような伝記をじっくりを見る必要はなく、とにかく、哲学の形式で脳の思考の運動が神経系の促通から生み出されたものをパサージュして、あなたの脳の神経系の運動のためでありますので、それらのなかで表現されているエクリチュールが重点をおきます。
そのようにすることで、西洋哲学があなたのような日本人の女性とは人種も民族も慣習も違っている哲学を実践するエクリチュールに触れることが、あなたの脳の思考の部分に差異を生み、思考の神経系が作動しやすくなっていきます。

本サイトの女性の心の疲れと不安を取るためのパサージュ集

女性読書パサージュ 女性書物パサージュ

本サイトでは、女性の心の疲れを取る、心の不安を解消する、心に癒しを与える、女性が生きていて幸福感と充足感を得られるために、西洋哲学の文献引用をし、作者の主観を外すために、読みにくい、比喩や隠喩、または文脈上のレトリックと言われる修辞学、これは雄弁術、弁証術、説得術ともいわれる記述上の技法を駆使しているため、女性は書物を読むのが難しくなってしまっているのです。それを、本サイトでは、断絶して、切り取られた文節で、タイトルをつけ、何が書かれているのかを見やすくしています。接続詞や感嘆詞、副詞を外し、主語と動詞に絞っているため、読みやすくなっています。

なぜ、本サイトでは、西洋哲学の文献引用を記述しているのかというと、日本人というのは、島国で曖昧さにより、女性のなかに潜み、隠れている自己を捻出するのが難しいからです。つまり、女性が抱えている心の疲れや心の不安は、曖昧さからきており、西洋哲学の文献引用を読み、知的欲求が抑制されているところを目覚めさせ、興奮させることによって、女性は知的さを高めると、心の不安が安定に変化するという感覚が知り得てくるからです。

その文献引用をパサージュ集と命名しています。
パサージュ集についての、コンセプトは次の記述をご覧ください。
女性の心を癒す落ちつかせるパサージュ|女性の不安を取る励ますための実践的哲学

パサージュ集は、本を読まなくなっている今世紀に重要な価値を女性であるあなたに与えることになるでしょう。
女性は、男性とは違ってホルモンの生成が年齢に関係なく豊富であり、今日まで信じられていた美意識は、性的な愛や恋に捉えれていましたが、実はそうではなく、知的欲求に性的欲求があることを本サイトが証明していっています。
女性は、知的欲求を磨くと、驚くほど、美しくなり、輝き、オーラが現れ、自己が確立して、生き方が変わっていきます。
その経験を、このパサージュ集を眺め見ることで、書物を一から読むよりも美的効果がありますので、ご期待くださいね。
パサージュ集に関して、お聞きになりたい疑問がありましたら、お気軽にご連絡ください。

実践的哲学にご興味のある方はお問い合わせください

女性が悩む不安な心理とストレス解消を考える|ラカンの不安の心理学で女性の不安を説いていくパサージュ

女性がお金に困らない仕事と考え方|フロムによるマルクスとフロイトのパサージュ

女性の心に抱えた悩みを見つめる|ブライアンマギー哲学で女性の心の悩みをパサージュ

女性をオキシトシン癒す方法と女性を癒すための心理|ポパーの開かれた社会と宇宙で女性を癒すパサージュ

女性の心の悩みを楽にして自立できる安心とは|フロイト死の欲動から女性の悩みをパサージュ

イスラームの神秘主義と女性の心の悩み|女性の心の悩みと歴史と信仰の本質を説くパサージュ

ハリウッドとラカン女性の心に癒しを|ラカンの真理で女性の心の悩みを癒しにパサージュ

女性が悩むなかなか眠れない症状不眠症の改善|瞑想と熟睡のメカニズムのパサージュ

女性の美意識とオキシトシン|詩人ランボーの未知なるもので女性の悩み解決をパサージュ

女性の心が疲れてイライラをなくすために|心の感情の転移を理解し女性のイライラと疲れ解消パサージュ

女性の心の疲れとイライラ改善する|ラカンの精神分析で女性の心を安定させるパサージュ

この記事のライターのtakが行なうコアパーソナルトレーニング。
実践的哲学に入る前に、脳を初期化するために、まずからだを調整し、大地と共有させておくことです。それを主にしたパーソナルトレーニングが次の記事で書いてありますので、ぜひご覧くださいね。

出張パーソナルトレーニング東京大阪

パーソナルトレーニング 快適な睡眠

からだを発達時に戻して姿勢を美しいセットアップさせる

からだを重力の中で安定させ軽くして皮ふと筋肉のセンサーを刺激する

女性が美しく痩せるには?重力のラインに垂直に持ち上げる感覚刺激の反復で美しい姿勢のシステムとホルモンバランスシステムを高める

ジムに行って痩せたとしてもお腹のお肉は取れない決定的な理由はからだへのストレス

コア美人を目指そう|七回のコアパーソナルトレーニングで永遠の美を手に入れる

コアの鍛え方と磨き方の修正。コアは発達時の姿勢を取り一番安定するポジションを探す。コアパーソナルトレーニングの価値

姿勢改善で猫背のゆがんだ脊柱をコアコントロールでまっすぐに。姿勢を改善すると代謝システムが永遠に続く

女性を大地と結ぶBeauty-Core-Concept

BCC理論と他のパーソナルトレーニングの違い

takのパーソナルトレーニングにご興味ある方はこちらから問い合わせください

トレーナーtakとお話をしてみませんか?
日常的な悩みをあなたから切断し、脳の無意識領域にガイドし、あなたがもっとも好きなことをあなたの中で気づきにさせていきます。
LINEでお友だち申請をして、トークで無料カウンセリング希望と書いてくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-ストレス解消したい, 女性を救うオキシトシンホルモン, 女性心の疲れを取りたい

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.