女性心の疲れを取りたい

なかなか気づけない!女性が疲れを溜めすぎている事実。早く疲れを取るための手順。

投稿日:2017年2月16日 更新日:

当たり前に、時間は表情を変えずに過ぎ去ってく毎日をあなたはこのまま何も感じずに生きていくのでしょうか?

女性であるあなたは自分で分からないぐらい疲れを溜めています。
その状態はいつになったら、気づけるのでしょうか?

いや、このままのやり方では、このままの状態で時間の流れを無視して、目先の虚勢の華々しい人と人とのネットワークに楽しいと思って光と影をあなたの中にますます作ってしまうのです。

このようにあなたに問いかける人が、すぐ側にいてくれると、あなたを気遣いながら、優しい言葉で、あなたのペースに合わせながら、聞き入れてくれたなら、あなたは素直になれます。

しかし、そのような女性向けの素敵な人は今まであなたが生きてきた間にそう簡単には出会えなかったと思います。

もはや、そのようにあなたに優しく話を引き出してくれる人なんて、これからも現れないし、この地球にそんな人がいることはあり得ないとまで思ってしまっていることでしょう。

そんなあなたの思いを叶えるのが、本サイトのシステムとなりますが、そのことについて、女性が心の疲れを抱え持っているということを知らなければいけません。

女性がどうして疲れているのか。
女性がどうして自分の疲れに気づけないのか。
そして、その疲れに女性が気づいたなら、そこにどう向き合えばいいのか。

この記事では、女性が女性の疲れについて知って欲しいために、記述しています。
あなたがこの記事を読まれたら、今のあなたは女性的な性質を持って、人工的な疲れに縛られている事実が見えてくるでしょう。

そのようにできたなら、あなたが唯一の自分ができることや、あなたにしかできないやりたいことにかなり近づけます。

時間の流れはあなたとペースが合わないとして、人間でありすぎる、あなたを放置したまま、あなたは時間から孤立しているのです。

そういう状態が相まって、あなたは疲れをあまり感じられなくなっています。

 

 

私たちが疲れという実体のあるようでないものを捉えるには、感覚に頼るしかありません。

女性はこの感覚という目に見えない、ある意味あなたという中においては、あなたに何らかのシグナルを伝達してくれる経路としては、実体があるということはできます。

ただ、その形はあなたの中で分かるレベルでいいので、何かを通じて知るための入り口を作ってあげなければいけません。

女性がとても疲れているのに、それがよく分からず、この社会の目まぐるしく変化、少し極端な表現をしますと、変化よりも破壊した偏移に近いこの社会で、女性が持っている疲れに気づくために入り口をあなた自身で設けるのは、ほぼ不可能です。

その入り口を作るのが、本サイトの目的となります。
女性が疲れに気づけないのは、私たちが住んでいる日本は、そこはアジア、すなわち東洋という地理的な位置に属しています。

そこに一つの特徴を見出せるところがあります。
それは、心と体を分離させず、一体化する傾向が東洋には、特徴としてあります。

西洋と違って、東洋の特徴としてそれはそれで良いのですが、あなたが今抱えてる疲れに気づくには、どうしても難しく感じてしまうのです。

疲れを知るためには、最初に心と体を切り離して考えてみましょう。
あなたは、今生きていますから、ちゃんと存在し、実体のあるあなたがそこにいます。

しかし、心と体はあなたからあなたに向かって客観的に見えるわけではありません。だから、あなたは自分で自分を見つめるときに、客観的よりも、主観的に近い見方によって、あなたがどれだけ疲れているのかを探らなければならないのです。

女性のあなたの心を素直に見つめる方法。心理学はあなたを客観的に見ようとさせた。それが女性を複雑にさせる状態にした。
****(準備中)

では、心と体を分離していきたいと思います。
これは、実際にナイフで切り離すようにできるはずはありませんので、感覚的よりになるのですが、今の段階で感覚から入るのはよく分からなくなってしまいます。

だから、今は初歩的なところからゆっくりと女性にメカニズムの内部に入っていきたいですので、あなたは一旦、横に置いておき、あなたのイメージの中で、あなたという無感情な主人公を作ってみましょう。

心と体を分けて考えていく。あなたが分かるところまででいいので、心という島、体という地域に線を引き、遠くから眺めてみよう。

あなたが持っている疲れはどこに生息しているのでしょうか?
こうして、女性というものや、心と体、そして疲れを一つ一つ断片化する機会は、このサイトだけですので、知らない場所に旅するように楽しみながら、見ていってくださいね。

では、心に線を引く。体の線を引く。
これを明確に理解しようとは思わないでください。
実際にマジックペンで線を引くわけではありません。
おおよその感覚でいいのです。あなたが疲れを知ってもらうために、分かりやすくするだけですから。

東洋に生きてきた私たちは、心と体を一体化した見方をしています。
そこの間に線を引いてみましょう。
どうでしょうか?
心に何が入っているのか。体には何が入っているのか。

このメカニズムを見えないところから少し見えるところへ開放するのは、疲れという感覚を分かりやすくするためです。
この目的だけは、あなたの中で、持ち続けながら、追いかけてくださいね。

心には、何が入っていますか?
不安、心配や辛さ、苦しさ、楽しくない、面白くないとかもここに入ると思われます。
喜び、楽しみ、心地よさなどもあるでしょう。
あなたの中で心に体との間に今のように境界線を設けたとき、肯定する性質と否定する性質、この二つの性質はどちらの方が多いでしょうか?

心と体の間に線を引いたお陰で、肯定と否定の性質に二分することができそうですね。
ここを一歩深く入ると、人間を見る目がとても面白くなっていき、今まで抱えていたことはなんだったのかと思えるようになります。

このように本質的な構造に目を向けていくのを哲学といいますが、これはまた違うページでじっくりお話しようと思います。本当に面白く、女性であるあなたは一生かけて知っていきたいと思える内容ですので、ひとまず、女性が真剣に生きるための、心身状態の心配な状態についてこの記事をお読みくださいね。
女性が真剣に生きていくには、このままの心身状態で良いのかどうか。その核心とは?

 

心に線を引きました。その中で動いているのが、心という運動に関わってる感覚たちです。いつもはたえず微細な音にも、他の細胞の動きにも反応し動きます。
それらを止めることはできませんから、パッと扉を開いて、一瞬で見るしかありません。

あなたの心には肯定と否定どちらが多いと思いますか?
いつも思っていることは、どっちなんだろうと。
そのように見つめてみるために、心に線を引きました。
目的は忘れてはいけませんが、あなたが溜め込んでいる疲れに気づくためです。

もし肯定が多いなら、そう思ってください。
もし否定が多くても、心配しないでください。
あなたがどんな性格で、どんな人格かなどとは、何もそこに関連付けませんので安心してください。

性格なんて、人間を作ることに関係なかった。あなた自身をこんな性格だと思わなくていい理由****女性のための哲学(準備中)

心の領域にはさまざまな現象が挙げられてきます。それは、今の状態を表現している言葉が出てくると思います。そこで止めておいて、疲れに気づくための目的は達成しています。
そうやって、心と体に分けていき、疲れが溜まってる事実を見えにくくしている曖昧さをきれいにするためなのです。

一方で、残されたのは体になります。あなたの体はどんな状態にあるのでしょう。心よりも体の方がたくさん出てくるのであればそれでも構いません。

体であるなら、大きい、小さい、細い、弱い、動きにくい、山登りが得意だとか、特定のスポーツやアクティビティーが入っていてもいいのです。

そうして、心と体に線を引くことで、私が次の言葉でまとめますので、それを素直に読んでみましょう。
東洋的に心と体が一体化していると、よく分からなかったらのが、今ならそれぞれの役割を機能しているように、並列に並べています。

すると、新しいメカニズムについての説明があっても、曖昧さが消えているため、分かりやすくなり、抱えている疲れに目を向けやすくなるのです。

女性が抱える疲れは

すべて体に現れていく。心の疲れは心に出ないで、体に現れてくる。
疲れているのかどうかは、体の重さ、動きにくさで現れてくる。

 

3.女性が自分の疲れに気づけない理由

 

1、で、心と体の曖昧な境界線をはっきりさせるために、その間に線を引き、垣根を作って頂きました。

何か紙やスマホのメモでもいいので残しておいてもいいですが、分けて頂いた項目を見直すことはしません。

あなたに気づいてもらいたいのは、この2の項目が主体だからです。

この項目では、自分の疲れに女性はなぜ気づけないのかを考えることになります。

女性が自分の疲れに気づけないのは、

心にも体にも、女性は著しい変化がありすぎて、よく分からない。
一つ一つ感じていると生きていけないと神経が誤作動を起こしてるため。

心と体に分けて頂いたのは、疲れのシグナルは体にしか出ないというメカニズムをあなたに分かってもらいたいからです。

女性に備わった女性の感覚の敏感さが気づきに促しやすい反面、今の時代は何かこれから先の不安があって、一人で女性は生きていかないとというプレッシャーがつきまといます。

それによって、機能的な女性の体の感覚機能が停止している状態です。
本サイトの最終目的は、女性に自身で一から考えを組み立てて頂き、あなたにしかできないやりたいことを見つけてもらうためです。

となると、せっかく女性の感覚の敏感さを活用する方向に導くのが、自然の力を活かしたスムーズな選択です。

それをうまく活用できないのなら、自然に反し、風向きが向かってきている時間にわざわざ外に出て、険しい現実という坂道を無理やり登っている状況に女性は、自らそうさせているのです。

だったら、その設定を切り替えれば、風向きが正面からあなたに向かってきているときに、たち向かわなくてよくなるのです。

疲れに気づくと、脳のプログラムごと、モデルチェンジが可能になり、素直な自分を保て、唯一のあなたに合うやりたいことが見つかる。

あなたが自身の疲れに気づけないのは、

・女性は感覚が敏感だから、感覚をまとめるのが難しい。

・女性は日常に追われて、疲れを気にしていると生きていけないと誤作動を起こしている。

いかがでしょうか?

心当たりある人も、そうでない人もいると思います。
それぞれには独自の自分だけの感覚を持っているわけですので、感覚は他の人とは共通させることはできません。

そこで、この二つの疲れに気づけない理由が分かったところで、それに対応するにはどうすればいいのかを見ていきます。

女性は現実を直視する神経回路を持つ生物的特性がとても優れています。しかし疲れが溜まると、その疲労は神経回路を抑制して、想像性の自由度がなくなり、社会が決めた現実に固められ、お金の不安を抱えてしまいます。そのから女性の心の自由を取り戻すための記事を書いております。
お金がなくて不安。お金がすべてでない考え方を磨く。

 

4.女性が疲れに気づいたときの対応

 

女性は、自分のことが今どうなっているのか、よく分かっていません。
それだけ、感覚が優れているということになります。

しかし、女性は自分の疲れに気づけずに、自分を見直すこともなく、与えられた日々のルーティーンワークに呑まれ、社会の歯車に自分の身を置いたままにして時間を失っていきます。

敏感な感覚はたえず、何かを形にして、外に出そうとします。
これは、体の内部の変化が小さくも大きくも敏感である女性の方が得意なのです。

思ったときに、それを時系列なしに、無意識的に、ランダムに、リズミカルに、表現する時間が必要となります。

それを実践し、反復すると、もともと気づいやすいように、女性の体はできています。
今までは、その特性が曖昧さの一員になってしまってきたために、敏感は鈍感に変わり、女性は自分の体を自分の意識で扱ってしまうようになって、疲れに気づけなくなってしまいました。

今までよく分からなかった心と体が今では、あなたは疲れが溜まっていると気づいている状態になってきました。

これが、ようやく本来の真実の疲れがあらわになってきました。
ここまできたなら、あなたはとても素直に自分を見つめることができそうですね。

ここまでしなければ、自分の疲れに気づけないなんて、驚きでしょう。
自分は自分が一番分かると思って私たちは生きていますので、なおさらですね。
少し話がそれますが、自分が一番だと思って生きているのは、この何百年で今が一番そうであると考えることができます。

それは、ネットが普及してきたために、そしてスマホというモバイルが手に入ったために、情報を自分たちで所有している意識がかなり高くなっています。

そういうわけもあって、自分のことを思いすぎて、自分のことが見えなくなってしまっているのです。
そのような社会背景もあり、私たちはこのように、一つ一つ自分を目の前に立たせるようにして、決してそれが主観でも、客観でもなに状態にしなければならないのです。

このように女性を見つめていくのは、本サイトの特徴で、主要にしている概念が心理学でなく、哲学にしているためです。
他のどのサイトやどの団体、協会を探しても、本サイトだけですので、あなた自身が本当のあなたになれるのが、本サイトを追っていくだけで、時間が最も早く達成できように、導かれていきます。

まとめますと、今回の記事では、

まず、心と体に境界線をひきました。要は、曖昧さをなくしました。

重要なのは、あなたが自分でその境界線をひいたという、実践です。

次に、そこを元に女性は疲れがあることに目を向けました。

これもまたあなたが生きていくには、神経を使って、世の中を見つめたり、明日のことを想像したりします。それらを結びつけていくのは、コードのように実体のある神経線維です。
あなたの体の中にちゃんと形があるのです。それらをリアルに感じ取るのを感覚といい、それらを集合させた感覚の貯蔵した一時的な形(表象、図式などといいます)を知覚と言います。

疲れに気づいたことで、それをどういう風に扱えばいいのかは、

思ったことを、細工なしに、そのままに表現する時間を作ること。

です。

あなたは、ネットという情報のツールはありますが、何一つ活かせていません。
情報に遊ばれているだけなのです。

もっと知りたい方は、ぜひ定期購読をお試しくださいね。

 

女性の疲れをスッキリさせる

 

 

 

 

 

 

 

1.女性の心と体のメカニズム
2.女性が自分の疲れに気づけない理由
3.女性が疲れに気づいたときの対応

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性心の疲れを取りたい

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.