女性心の疲れを取りたい

疲れを取りたいとき疲れが解消する癒される言葉「必ず人はあなたを見ているんだよ」

投稿日:2017年6月16日 更新日:

疲れはストレスで慢性化。疲れは迷いと不安からくる。自分を整える癒しの言葉。

疲れが慢性化し、なかなか取れない要因の発生場所(身体の部位、位置)は、不快と快の二つの感覚は身体の送られ、その発信源は脳の中心から少し後方に位置する視床下部から全身に経路を持つ自律神経系から表現されています。
(視床下部の後索は不安を取り除く作用のオキシトシンが産生、放出するところ。オキシトシンについての参考記事は、ホルモンバランスを哲学で整える。オキシトシンが女性がやりたいことを見つける。

社会生活をし、多様な活動(日常的、交友的)は、運動という身体を活動に参加させ、自己内でエネルギーを神経系の駆動で発火させ、代謝という反応を通じて生まれます。
その際、人の体内では、これから使用すべきエネルギーと、すでに使用されたエネルギー代謝の残骸(老廃物、廃棄物)が同時に発生し存在していることになります。
これは、身体の内部の変化と状態でありますが、人は現状として、身体の感じられる変化を総合化する感性はこれから磨かれますが、今はまだ言葉を介してさまざまな現象を自分なりに解釈しています。
(本サイトでは、実践的哲学から言葉を言語化、そして非言語にし、身体知覚に変換して女性の疲れとストレスを緩和させます。参考記事は、女性が取りたい心のイライラ倦怠感。心理学から哲学へ。

疲れが取れない、疲れが溜まり、実感するのに何をしても疲れが取れない、または疲れているのに、疲れの取り方が分からない、などと感性や感覚(感覚神経系)が豊かな女性は、身体で疲れを感じ、それを十分なほど知っている。
それでも、どうしていいか分からなくなって、身体知覚(感覚、感覚神経系)は磨かれないため、身体から疲れを取る知恵は得られません。
その結果、身体より人は言葉によるガイド(誘導、知覚、変動)で、自分の状態を判断する手段を取っています。

疲れが取れないと感じられる身体、身体を活動に当て、そこで分かる身体からのフィードバック情報(身体の調子、体調、状態)は、身体が発展し、自分を介さず、言葉が主体でありますが、自分がバラバラになった感じがするというのが、女性が感じている疲れという正体です。
(疲れがどういうものかは、本サイトで本格的に実践的哲学をすると、主観でなく疲れを分子として自分で扱えるようになり、対処するのは分かりやすくなります。参考記事は、心の疲れ慢性化うつ病うつ症状が人間を悩ませる。

女性が疲れを感じるとき、適切な言葉を探しており、それが表面的であっても、明日はまた社会活動が開始されることを恐れ、とにかく迅速に疲れが緩和(解消、回復、緩み)できる癒しの言葉が欲しいのです。

まとめますと、
疲れは、現状では、身体知覚で感じるべきですが、それができないので、女性は自分という存在(物体、対象)を通じて(実際のところは非存在、実在なし)、そしてさらに言葉を介して(活用、利用)、自分を癒そうとしています。
すなわち、「身体知覚」と「自分」、「疲れ」が三者(三位、三つの対象)となって、女性にとってそれがバラバラになっているのです。
バラバラであると、整合性(調整、制御、コントロール)が難しいので、女性は疲れに関しても、悩みを抱えているのです。

そこで、女性が感じる疲れの構造体を実践的哲学で省みたところで、女性の疲れを癒す言葉をご提案いたします。
その言葉は、

「人は、必ずあなたを見ているよ。」

「身体知覚」、「自分」、「疲れ」が自分の内部(内部運動、内的活動)であるのに、バラバラになって、何がなんだか分からなくなっています。
そこを連結させることを可能にする言葉、女性の疲れを癒す言葉であります。
女性は生きていても、多様な物体(装置、自己)がそれぞれに発動する感じがして、女性はその相違感(不快感、選択不可)を繋ぎたいと欲しているのです。

 

 

人は、必ずあなたを見ている。安心して生きていいんだよ、一度しかない生きる時間だから真剣に生きよう、の二つの価値が同時に入っている。

女性が生きる。
女性が生きている。

私は生きる。
私は生きていく。

実践的哲学では、対象(物事、人間、媒体)を問いかける刺激により対象を思考(神経系、連合された解釈)する固定化を解除し、要素に分節させ、再活動(再運動、再利用)する自己代謝システムを使い、生きることをECO(エコノミー、エコロジー)で捉える手段(方法、方式)です。
実践的哲学をすると、「私は◯◯と思う」が消滅し、解除されます。

すると、私はがなくなり、主観が消えるため、思ったことを解釈する言葉や私という介入対象が不在となります。
これは、生きることと思考が同時に一致する状態をいい、女性が疲れが取れなくて悩むことを、身体知覚に同時に感じ取れるシステム変更になったことを意味します。

前述した、「人は、必ずあなたを見ている。」

この女性の疲れを癒す言葉(表現、擬似、近似)も女性が個々に見ると、それぞれが違った捉え方をします。
この解釈を曖昧にすると、言葉の現出した価値は意味に吸収され、言葉は一面性を発し、権威に引き込まれ、個の女性に活かされなくなるのです。

「人は、必ずあなたを見ている。」

意味を解釈しないで、構造体から言葉を見て、実践的哲学で脱構築して要素に断片化していきましょう。
意味を解釈することは、現代教育の傾向により、一つの答え(解答、支配下、絶対的制約)に寄生していきます。
実践的哲学で、意味を剥奪し、言葉を人の心理ではなく、身体に一致させ、言葉をエクリチュール(書き言葉)にし、女性の生き方に繋げられるように、言葉からエネルギーを生成させていきます。

人は、知らず知らずのうちに(無意識的、無造作的)他者を見て、他者を模倣しています。
(他者を模倣することは、社会が規定した人の集合体の大衆にして、生命体を個から奪う戦略であり、人は他者を見て生きるものではないと、実践的哲学で説かなければならない)

意識的に社会が人間を支配する運動パターンを知り、そのパターンに入ると社会が人間に意図する戦略が見えてきます。
「人は見ている」とは、何を見て、どこを見ているのか。
他者があなたを見ているとすると、あなたは他者に見られ、どのような意識(気持ち、心)になるのでしょうか。

<他者に見られ、あなたはどう反応するのか>

・自分はうまく生きていない。自分は可愛くない。自分は誰からも求められていない。自分はいつも一人ぼっち。自分は心を開き、本音が言える親しい友人がいない。

この神経系の反応は、自分を自虐し、自分を責め、自分に自信がない反応です。
素直に反応し、神経系はストレート(直線的、直接的)な表現(出力、伝達)です。否定的(否定性)が内在され、自己否定、自己疎外から生まれています。

・自分は認められているだろうか。自分はこれだけ頑張っているから他者はどうわたしを見ているのだろうか。もっとわたしのことを見て欲しい。わたしは寂しがりだから、もっとわたしを相手して欲しい。

この神経系の反応は、承認されたい欲求で、潜在的に求めてるのではなく、社会性に従順な顕在的な欲求です。一見ポジティブに見えるこの欲求は、実は自己否定から代償された反応です。

「人は、必ず見ている。」

この表現を見ると、人が見ているから、注意した方がいい、あなたの短所(欠点、醜さ)を他者は嘲る(あざける)という恐怖感で思う人もいるのです。
日本人の特性が言葉に特異的な習性を寄生させますが、この表現の構造体に注目させます。

言葉の構造体を見るために、実践的哲学の実行
意味を捉えず、一つ一つの分節(文節)を見つめる
意味とは、二つの対立関係を作る二項対立になり、二項とも否定性が生息する

あなたが行っている行動を誰か(他者、不特定、特定)が見ていて、あなたが真剣に生きているところを見て、あなたの魅力(特異、長所)を見つけ出し、気づいてくれる、という表現で、この文体に意味はありません。

想像して頂きたいのですが、行動そのものを見てくれている、だから真剣に生きると理想とする活動(世界、活動的ユートピア)に近づける出会いがあるよ、とも考えられます。
意味がないというのは、実践的哲学の主要な少し目に見える表現(出力、外部性)となっています。
「人は、必ず見ている。」を実践的哲学を導入しないで、そのまま読むと、世間(社会、権威、顕在的)が規定した枠組み(常識、一面性)で意味を前提に、その意味を探求していくのです。
それでは、せっかくの女性を癒す言葉であるのに、女性の個に合った独自性(偶発性、偶然性、直観性)が言葉から育たずに終わっていくのです。

女性の疲れを癒す言葉「人は、必ず見ている。」を再解読。実践、行動、行為自体に熱意を込めれば、世界が広がっていく。

女性が生きる現状の世界は、男性社会が規定する(運営する)社会規範に基づいています。
男性社会は、女性にいつも男性に従えばいいと、女性の知的さを磨かせないようにしてきました。参考記事;転職したい40代女性が知るべき世の中の仕組み|自分磨きと知的さ磨きで雇われるより独立目指す。

女性はその世界で生きるために、男性よりも目立たないようにし、男性には何もかも勝てないと解釈し、知的さを磨くエネルギーより、仕事や家庭で男性を怒らせない、困らせない、優等生でいる生き方を強いられてきました。

女性が抱えている疲れ、女性が身体(心)に重い荷物を抱えたぐらいの疲れが取れなくて悩むのは、女性自身は、生物的欲求が不規則的な(男性社会は規則的、規範的)内部運動が出力しようとする際の、社会に規定との障壁によって、身動きが取れないところからくるストレスが、女性の疲れを生んでいます。

そこで、「人は、必ず見ている。」という言葉が大きな力を女性に与えてくれます。
生きることは、思考と行動が同時に進行をいいます。
生きることを実践的哲学で構造体まで脱構築する出力で、分かってきます。

思考と行動に熱意を入れる。
すると、行動が思考を内在させた表現となり、その活動(運動)に特定でなく、不特定な他者は、素直にその活動に反応し、他者の身体内部に神経系、すなわち神経物質による興奮作用が起き、他者があなたを求めてるくれるという、真なる哲学を表現した文体です。

もし、行動に熱意がないとするのなら、人はそれも見ているため、誰もその活動に反応しないため、誰からも応答がないことで、無の状態、熱意がない活動は、他者から承認される機会は失われ、神経系はフィードバック(省みる、学習)できず、ずっと今の自分のままで、仕方なく、自分に合う他者を探し、未来に繋がない女子会を開く結果となるのです。

人は、必ず見ている。実践的哲学で自分の思考を省みて新しくし、行動を無意識的に真剣にし、思考と行動を一致させる生き方は、必ず他者が求めてくれる

あなたが、真剣に生きていると、他者は何らかの応答をあなたに差し出してきます。
お手紙が届く、メールが来るなどのように、真剣に生きている活動(姿、行為)は、他者である女性を勇気付け、その他者の女性が女性の生き方を求める経験(実践、行動)がその女性の哲学性を磨いてくれます。
真剣に生きてない人に、他者はわざわざその部分に介入することは、絶対にあり得ません。
他者のエネルギー代謝は、他者の熱意(エネルギー代謝)にそのままのトーンで反応するのです。

人は、必ず見ている。

あなたの魅力を実践的哲学で磨いてみませんか。
マーケットであなたの活動は試されますので、他者に求めてもらえなければ、生活に必要な生産的なお金(価値のあるお金、自己投資できるために資金)は得られません。


本サイトは、女性が生きるため、安心して生きていくための、充足感幸福感を得る過程に携わるスペース(空間)です。
自分磨き、知的さ磨きは、実践的哲学を介さないと得られません。
時代の過渡期である今、マーケットは今日まで男性社会の権威(権力)が強く、閉状態でした。
マーケットでは、価値のない自社の利益のため、自分の給料のために労働する人が増え、男性社会が壊れ、マーケットに緩みが出て、開状態です。
女性が一生安心して、安定して生きていける活動ができるチャンスです。
しかし、ただやりたいことを探して、それを行なったとしても、他者と同じ次元となり、競争が生まれ、すぐに求められず、女性が安心して生きていくための、充足感幸福感、自分磨き、知的さ磨きのためのお金(資金)と時間(拘束されない自由な時間)は得られせん。

まずは、お気軽に行動を。
そしてお問い合わせを。
お問い合わせ

一歩進行した自分磨きと知的さ磨きは、哲学性を高めるメルマガからどうぞ。
有料メルマガ

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

関連記事;

女性のために作られた本格的サイト誕生

女性が仕事で辞めたくなったときの心の持ち方。

女性が真剣に生きていくには、このままの心身状態で良いのかどうか。その核心とは?

今すぐ準備を!やりたいことを見つけるためにやるべきこと。

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性心の疲れを取りたい

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.