女性心の疲れを取りたい

女性疲れが取れない原因|心と体のバランスは孤独性と独自性を支えるパートナー次第。

投稿日:2017年6月18日 更新日:

見えないところで体を病んでいく疲れ。女性は体の不安定さからバランスを壊していく。

毎日、いくら寝てもスッキリ起きられず、昼間もすぐに眠気が出て、抑えきれなくなる。自分ではどうしてなのか分からず、単なる睡眠不足かなと思うぐらいで、女性はそれ以上追求できません。
疲れは、万病の元で、女性が抱え不安に思っているガンやうつ病の原因はほとんどが肉体疲労(体の疲れ、単体での疲れ)で、心の疲れよりも体だと捉える方が、より改善します。

心の疲れより、どこから発生するのかよく分からない疲れ、これが女性に悩みと不安を導き、倦怠感イライラ憂鬱(メランコリー)から脱却できない不快な生活を生んでしまっています。
女性を悩ませる疲れの正体、それは心よりも体に因子があって、体(身体)は行動するための基盤(装置、直観で身体に連絡)で疲れが体に出ているなら、運動を起こす運動計画(プログラム、モータープログラミング)が抑制(弱さ、弱化)し、行動は非活動的で、女性は見える世界がかなり小さくなるのです。

女性の構造を考えてみましょう。
あなたは女性ですので、健全で、何かに興味があるとき、自分のことを忘却するほど行動する経験があるでしょう。
好きな食べ物を見ると、ワクワクして、好きな食べ物に意識の大半を集中させ、自分と直接(ダイレクト、非介在)で判断(ジャッチメント、解釈、決断)します。

「これが、好き!だからこれが食べたい!じゃあ、注文するね!」

そんな女性の構造を少しまとめてみましょう。

・感性、感覚の神経系の伝達の速度が速い。
・見えるものと見えないものを瞬時に繋ぐ直観が優れている。
・言語介入が不必要で身体感覚(知覚)が女性の生命の存在を知らせ、生きることと活動を同時に証明していける。

これらが、女性の構造の機能(特徴、性質、個性)の代表的な要素となります。
女性の内面(内部運動、心的、身体的)に刺激(実践的哲学)を入力すると、女性の体(身体)はすぐに興奮と抑制の作用の交流は、女性の意識を全体と部分に識別を即座に内面レベルで行ない、女性は輝くのです。
もう少し、この文脈を展開させて頂くと、女性は外部からの刺激(実践的哲学)で社会が支配する細かい要求を無視(無関心、無干渉)なところまで、内面を近づけることができるのです。

興奮と抑制
この作用は、生物的特性で生命体(心臓と肺とそこに連環する細胞)と身体が呼吸に合わせ、自然(自然界、時間的運動性、過去、現在、未来)と一致しています。
女性は男性と決定的に違うのは、刺激(実践的哲学)で自然や未来に直面できる神経系も持っているのです。
この理由は、男性は長い年月、社会性を強要させられましたが、女性は皮肉にも社会性は今だに与えられておらず、女性は社会的差別やセクハラ、パワハラなどの男性(社会)からの視姦(視線による抑圧)が今もなお継続中です。

女性を社会目線で捉えると、アカデミックになり、女性の個は女性をジェンダー(性同、性差)で見ると、女性を問題視した労力の割合にしては、女性が身分と立場を救出できない結末が迎えれます。
(この状態が、現代の政治理由された女性の身分喪失であります)

女性の身体(体、心、活動)は興奮と抑制に優れています。
この作用(機能、利点、本質)は、神経系の敏感な機能を女性は身体から表現(表出、出力、芸術)するのです。
神経系が敏感ということは、多角化した外部からのストレス(外部情報、ストレッサー)は女性の身体(体、心)は感じ取ってしまう反応にもなります。

要は、女性はそれだけ感性(感覚、直観)が優れていますので、その機能を世界に生かすことで、世界は平和をベースに適切な運動(地球の自転と公転)に合った、女性の構造の基調である生物的作用が起こる反面、ストレスを緩和しなければ、女性は過去のストレスを身体(体、心)で記憶で話せる出来事の文脈というより、身体の内部に物理的圧迫(いわゆるストレス)が残存し、それを同時に取り除く必要があります。

 

女性疲れ 疲れを取る 疲れが取りたい

女性の疲れ、ストレスの解放に対応できる哲学性を持った対象(パートナー)が必要。家族、恋人、男性、配偶者、友人以外が条件。

女性の構造は、男性とはまったく相違され、女性の疲れは心ではなく、身体で受容する経路が、表現系(表現型、モデル)で発達しています。
女性は今日まで、男性社会において身分が確立されていませんでした。
そのお陰で、女性は社会に適応する免疫が未発達で、女性は社会の脅威を不可知で生きてこれています。
(女性は男性社会で軽蔑、弱者扱い、経済的発展の材料にされ、女性は長年苦しい思いをしてきました。その苦しみが解放されるときがきています。そのためには女性が知的さを磨く必要があります。参考記事;充実感幸福感は1%の確率|1%の知的な概念ビジョンで女性は自立し不安なく生きれる。

感受性(感性、感覚神経系)が豊かである女性は、外部からとそこに反応する感覚神経系でフィードバックされた内部(内部運動、内的感覚)は得られる情報はすべて女性が自分磨き、知的さ磨きで活用できるものばかりではありません。
やはり、男性社会が女性を蔑む、または経済的理論に代償させた非論理、非知的で女性の内部ではストレスになるものが多くあるのです。

女性の疲れが取れない理由が、女性が想像できない(想像させられない)社会が発生経路だったのです。
この仕組みを理解しなければ、女性が疲れを取ることは不可能です。
疲れたからと言って、仕事の後、友人と食事に行ったり、汗を流しストレス解消するためにジムに行ったり、スマホでゲームしたり、すべて疲れを癒した気にさせる錯覚を生むのです。

女性の周りにいるのは、非知的、非論理的な人たちで、同性の女性はもちろん、男性社会に依存する男性は女性以上に非知的です。
この文脈を男性に話をしても、一つの解答しか持たず生きているため、常識だよと言わないばかりに、そんなこと考えてどうなるのと強い口調で言われ、女性は辛い思いをするだけになってしまうでしょう。

女性は内部運動(内面、内的感覚)に浮かんだ衝動、直観、欲望を誰に対しても素直に吐き出せる他者を持っていないため、女性は身体と心、それらを繋ぐのは、神経系の神経物質やホルモンですが、身体の中で発生したまま、今にも弾けそうなエネルギー代謝は、身体の中で自分で死滅(抑制、低下)させなければ、生きていけません。

このエネルギー代謝が女性を悩ませる疲れで、社会のシステムを不可知であるために、女性は自分で自分の疲れを取ることができません。
疲れは、楽しい仕事以外の娯楽をしても、現状の身体図式では、女性は娯楽をしても、身体の中ではエネルギー代謝の不良物質が発生していますので、楽しいと演じているだけです。
複数の人といたら、共通の話題で盛り上がって、本当に楽しいなと思うこともあるでしょう。
しかし、女性が本当に求めているのは、ストレスにより自然発生したエネルギー代謝を自己知覚を経由し、マーケット(世界、自分以外の他者)に発信することであります。

女性の一部の方は、SNSをしていますが、SNSのフィールドは純粋なマーケットではなく、繋がりを求めた自己愛の強い非知性が非知性と繋がり、SNSに発信すると止めれなくなるのは、非知性さで自分が一度入会(SNSという会のようなもの)したグループを抜け出せない恐さでSNSを非知性で継続させていくしかありません。

女性は自分を発揮できるツールがSNSだと思っていました。
SNSで自分が発信すると、他者を積極的に接するその関係性を女性は経験していくために、女性は自分に知的さが磨かれていないなと、気づきます。
しかし、SNSは真面目な女性ほど止めにくく、どのSNSを見ても、ほぼ同じパターンの情報で読んでいても、何一つ役に立つ情報がないのに、女性はSNSを継続してしまうのです。

女性に必要なのは、哲学性を持つパートナー
男性という異性に限らず、適切なパートナーには哲学性があるかないかで、女性に合ったパートナーが決まる
女性が抱える疲れの根源は、女性個人のレベルではなく、社会が負わせている
女性が疲れを取るには、哲学性を持つパートナーがいる

女性が疲れを感じる部分(部位、場所)は、不特定であり無感覚なところ、心なのか身体なのかよく分からないところにあって、哲学性から女性の疲れを省えりみたら、女性の疲れは身体に表出されています。

女性は疲れを特定できないため、女性は手当たり次第、自分を楽にする希望のある仕事以外の活動にのめり込もうとしますが、そこで出会った仲間が女性を癒してくれる幻想を希望を強制的に寄生させ、女性は疲れが取れないまま生きているのです。

そして、一度実行した活動には、人間関係が関わり、日本人文化独特の他者性と全体性、共有性が女性の個の生息を奪ってきます。
仕事以外の活動(趣味、アフター、スポーツ、娯楽)は、一つで参加しても、そこには特有の活動の法規(暗黙のルール)があって、そこに参加した女性はその一員になってしまうので、他の場所での参加に気を遣っていき、女性は仕事(労働、拘束)と同じ構造の仕事外の活動に参加していきます。

しかし、女性は疲れを取る目的、疲れを癒し、疲れやストレスを解消しようとするために、仕事外の活動に参加したのに、仕事と同じような拘束、ストレス、義理が発生し、そこでも女性は自分を素直に出せないで、余計に疲れが取れない状態になるという二重苦を抱えているのです。

女性は身体か心のどこかに感じている疲れの正体を曖昧のままで、単純に仕事外であれば、疲れは取れるだろうとする推測し、疲れが取れることを信じています。
まさか、仕事以外の活動はあくまでも仕事ではないので、それで疲れが溜まるとは思えません。仕事以外で疲れたと、他者に言ってしまうと、「それだったらやめたらいいじゃない」と言われますので、決して仕事以外での疲れに気づくことはほぼありません。

疲れを取るには、どうすればいいのか?

仕事と仕事以外の活動(娯楽、スポーツ)は同じ構造と言いました。
現状の人間関係が疲れの根源ですので、人間関係を絶てばいいと思うのは、少し早急で、人間関係は今の社会ではまだ重要とされていますし、ほとんどの女性はこの人間関係についての常識を女性の価値意識から外すことは可能ですが、実践的哲学を経験しなければ、孤立感を深めてしまい、うつ症状が発生することがありますから、注意が必要です。
(うつ症状が出てきたら、この記事をお読みください。心の疲れ慢性化うつ病うつ症状が人間を悩ませる。

疲れを取るには、哲学性を持った他者の構造を持ったままのパートナーを作ることです。

家族と本音を語る(漏らす)には、家族はこれから先の不安さを知りたくないため、個の中の心情(情動、欲動)になかなか目を向けられません。

友人はどうでしょうか。
友人とどうして付き合ってるか知っていますか?

友人というのは、幼なじみ、学生時代一緒だった、会社の同僚だったなど、必ず社会の帰属した間で作られた関係です。
女性である一個人の見えないもの、すなわち見えないところに運動を起こす内部運動は、哲学性の持たない他者に言ってはいけないのです。
社会は時代が大きく崩壊し、貧困が現出され、大衆(女性はこの身分から外されている)が自己認識を非運動にしなければ、社会での属性は変化しません。

よって、現状付き合っているすべての家族、友人、会社関係、またはまだ出会っていない誰か、これらの関係性は、社会の属性であります。
属性はカテゴリーといいますが、そのスタイル(形、イデア、形相)を変えることができません。

だから、女性の疲れを取ってくれる対象は、家族でもなく、友人でもないのです。
そうであるなら、女性の疲れは取れないことになってしまいますが、女性が自分の生き方について生産的になるには、新しい情報を抑制(防御、防衛)する疲れはその日のうちに解消しなければならないのです。

家族、友人でもないパートナーを作ると、女性は自分を曝け出し(吐き出し)、解放します。
パートナーは、女性にとってどこにも属していない相手です。
パートナーは、女性に関係する近親者を誰も知りません。
パートナーは、女性が自分の内面(内部運動)を吐き出すときに、出力した出来事の話の文脈で登場する人物で知っていきます。

パートナーは、その近親者を知りませんが、女性が出力した展開の文脈では知っていき、女性はパートナーに自己が生きる主観でない、客観の部分で話す(書く)ところで、女性は自分が主観で生きてきた時間を無機質に省みることができ、不整合だった女性の内部が整理され、内部運動が適切となって、思考が運動を始め、疲れが取れていくのです。

疲れは不整合だった内面の情報だった。疲れはパートナーを通じて、個が所有する孤独な世界に自分を立たせないと取れない

 

女性が疲れを取るには、どこにも属さないパートナーを作る

そんな理想的な人物どこにいるのでしょうか。
哲学性を持っている人が、この世のどこにいるのでしょうか。

実は、そんな人は誰もいないとご理解ください。
女性が自分を知るためには、まずこの理解から開始されます。

パートナーは、哲学性を実践的に行なっていなければ、得られません。
そんあパートナーに出会うのを待っていたら、生きる時間は有限でありますので、終焉していくでしょう。

疲れを取りたいと思った女性は、内部運動に適切に欲動(情動、欲求)が連動しています。
充足感、幸福感を得られる生き方ができる人です。
今すぐ、パートナーを探してください。
そのために繋ぎを、本サイトで実践的哲学を経験してください。
パートナーは、永遠に他者ですので、内面同士の繋がりだけが、結合します。
内面は、哲学性が必要です。
そんな人は存在しないため、本サイトが女性を救い、女性の自分磨きをお手伝いします。


本サイトは、実践的哲学を行なっていく、教育、発育、発達、成長を内在させたツールとなっています。
有料メルマガは、週一回読み眺めるだけで、哲学性が高まり、生きていて、どんな壁にぶつかっても、自分の内面が整理でき、理想的な地点に乗り越えることができます。

真剣に1%のマーケットで、自分の空間を確保したいなら、本サイトの思考の実践的哲学がトレーニングできるメニューもあります。
女性の個によって、それぞれ行き先、見える先は、選択性です。
誰も、生きることに手を差し出してはくれません。
あなたが生きていくのです。
その女性の個の見えているものでの、段階がありますので、そこに合わせた選択性をメニューに入れています。

実践的哲学にご興味のある女性はご連絡ください。
お問い合わせ

哲学性が簡単に磨ける有料メルマガ。
有料メルマガ

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

うつ病に悩まれている女性に向けた関連記事は、

実態させたうつ病の原因を見つめる|心理学的治療うつ病改善遅くする。

うつ病解決方法|ホルモンバランスオキシトシンでうつ病を解決でき体質性質まで変わる。

オキシトシンが心の不安をなくす。最新治療心の疲れを取りたい人に。

うつ病の女性のための哲学

女性が悩む、心の疲れが取れない原因。思考の全体性がホルモンバランスを悪くする。

 

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性心の疲れを取りたい

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.