女性心の疲れを取りたい

未来に求められる女性が欲しがってる愛の本当の形とは?

投稿日:

女性が欲しいのは生活基盤の前に愛の温かさ。

女性の幸福 女性の生き方 女性の愛

 

 

社会が女性の要求する生活スタイルは、二つの選択を非哲学であることを隠し通しながら、与えています。
その二つとは、婚姻するのか、仕事をして自立をするのかです。
女性が生きている間に、自己の経験から自分で思考し、そこから導き出した結論なら、それはそれで生かしていける女性の生き方となるのかもしれませんが、この二つの選択は女性が自分で見つけたものではありません。

この二つの選択は、解答と言われる構造を持っています。
解答が現前にあると、私たちは思わずやってしまうかのような衝動的直観を通過して、意識という強い非運動が支配された代償がその解答を意識したつもりである無意識的作用が働いています。
解答が手渡されたから、その問題を探しに行かなければならないと思うのです。
すると、出発点がすでに進行した地点であるのに、そこが意識をすると神経系の本来の無作為な、不規則から生成された運動ではないために、進行していたことは見えないものとされていきます。

よって、生きることに大切な知的な要素は、本当の生成されたところに立たなければ見えない構造的ルールが適応され、そこに見えるのは、多数の人がせっせと仕事をし、自己には眼もくれず、お金のために仕事をすることは生活基盤のためであり、生活が安定すれば幸せになれるという非哲学を抱えた無表情な古来の魂の偶像を信仰した人たちの群衆だったのです。

あなたは、この既得権益なる事実無根のルールに自分が意識的に解釈した焦りと不安を消去できるのではないかと思ってしまい、その理論を正当として受容して、今のあなたの生き方の規定が定立するのでした。

女性は生まれた後、すぐに身体知覚を停止させられました。
それはどのような状態のついて指しているのかというと、女性の身体に感じ取れる感覚は愛と一致する形をしています。
その形を周囲の大人は自分たちの都合で感覚を排除して、女性が身体を感じ取る前に、愛を失わせ、生き方には二つの形式しかないのだよと、言い放したのです。
女性の身体は、生まれた後すぐにあったはずの愛の感覚を身体に探索して、その時間のすべてを活かすことを生きることの最終地点に理想のゴールの赤い旗を立たせました。

女性は愛が欲しくて生きている

解答を与えられ、それをあなたは意識的に問題を見つけていこうとしました。
その答えが二つの選択が生まれてしまったのです。
婚姻か仕事をして自立をするのか。そこに愛を見つけ出し、愛を手に入れるという選択肢は入っていませんでした。
解答は、女性が幸せになれる理想点で、そこから社会は二つの選択を自ら女性の自由を奪い、選択肢まで強制したのです。

ここは、少し複雑な知的作業を発動させないと複雑さで少し不足する自分の内証的弱さを発見してしまい、そこからさらに疲れ、自分が嫌になっていくと、そこから非運動性は反動により振り出しに戻し、一から開始地点から見た世界を再確認するのです。

そこから見える世界は、愛が他のものに入り込んで愛の形がまるで愛がこの世からなくなったのではないかと思うぐらいに見えない位置だったのです。
それがあなたが意識して見た、現実だと規定し、正当化して整合のない理想的な世界でした。
あたかも、あなたは自分でそれを選択し、見つけ出したのではとも誤解でいつまでも疑いがあることから執着してやめられないように、愛のない現実と意識して作り出した理想がいつも対立して、その行き詰まりは、最初に定立した開始地点に行けば、愛がそこで獲得し直せるとした女性の知的さがそこにあるのでした。

生活基盤を確立させるために仕事をしなければいけないのは、この社会では常識となり、たとえ生活というものを脱構築するためになるべく小さくした事象として現前に持ってきてみても、どこから見つめても、愛はどこからも見えず、愛が拒否してくるような感覚もします。

この世界は愛が存在しないのではないのか、そこまで思うのなら、女性は愛に飢え、愛を吸収したい自分自身までも拒否することを非運動を稼働させ、その先には愛のない世界が真実だと断定する女性が望ましくない現実を作り出します。
この世界は、女性が現実と思っている世界で、時間に追われ、本質の探求を忘却し、忙しくする婚姻した女性、子育てに追われる女性、やりたくない仕事をやめられなくなっている女性たちがそこにいます。

関連記事;不安なとき頑張っても仕方がない|不安の解消はオキシトシンに任せればいい。

女性悩みを明かして生き方と向き合ってみよう。

女性が欲しいのは、解体不可能な愛。他者に伝わらない還元不可能な愛。

ここでややこしいのは、愛が欲しいとどれだけ欲していても、愛の構造を知らないと愛の形は見えてきません。
愛を語るにも、愛をある程度予感はしていても、愛を感じても愛ではないとあなたは言ってしまうことにもなりかねません。
あなたは愛が欲しく、恋愛や婚姻に愛を連れ込もうとしているのに、愛はそこではなかなか思うようには育たず、年齢的制約で婚姻をして共同生活が上手くいかなくなったり、恋愛であれば、一人のいるのが寂しいから今のパートナーと一緒にいることを選んでいるなら、愛が育つことがなく、あなたが求める生き方や理想から離れていってしまいます。

あなたは、今も真実の愛を探している最中です。
それでいいのです。あなたの友人で、恋愛し、婚姻している話を聞かされると、あなたは希望の持てない話で霹靂(へきれき)としてしまった経験はたくさんおありでしょう。
あなたが考えている真実の愛はこの世にはないのでしょうか?
あなたが求めてる愛は今の地点にはないのでしょうか?

ここで、一度愛について帰結に導いていく展開にしてみましょう。

今の世界には、真実の愛は存在しないところであなたは生きています。
あなたが生きている規定された現実には愛は存在しない世界に生きています。

女性には愛が絶対的心的財産になる;愛は現実界という世界構成の中にあって、そこで育てられる。

ということは、愛がどうなって構成するのかは、先ほど設定した開始地点から見た世界に愛は絶対にありません。
地域社会が、人間同士を共有し、助け合いで救われるという規定には、愛のない打算的な計画から愛らしきものを社会に要求し直しています。

なぜなら、自国愛を唱えると、次第に自国へ向かうベクトルは自己の入力と出力との交互作用から発信された本意は、外部にばかり向かっていき、愛を強いてしまった結末というのは、戦争が起き、たくさんの方々に命が奪われていくのです。
この文脈と同じように、あなたの生活は自己と思っている部分は自己では決してなく、無理やりに自己に愛を植え込むことで、戦争と同じく外部に力のベクトルが導かれ、それが競争です。
誰もが望んでいない意図的な愛を生活に内蔵させ、仕事をすることが生きることの大半の時間を使用するという数量さをいいことに、愛を得るためには、生活基盤がなくてはいけない、すなわちそれは愛は仕事とイコールで結ばれます。
女性が仕事をする方が安心し、その方が人間らしく生きるのではないのかなどと、知的さが外部にいる他者に伝わっている錯覚も出てきています。

愛の運動性と愛の構造的解析

あなたは現実という世界に生きているつもりになっていますが、実は愛の存在しない世界に生き、そこを象徴という世界であって、そこでは人間を道徳性に並置した罪と罰、善と悪のような二面性で演じなければ生きていけないルールとなった領域です。
象徴とは、愛の形相はイデア(身体から魂を独立させた人間の観念)やモナド(これ以上は解体できない単一のもの、しかしどこかには属するとされた観念)というあなたが決めたのではなく外部が決めた規定で既に立っていて、あなたがその世界では愛を育てることはできず、あなたは愛とはこういうものだとされている世界を現実だと認識して生きているのです。
これが、象徴の世界、言語で表記すると、象徴界といいます。
これは、目に見える範囲で理解できる世界ではなく、私たちが知覚できる中の想起される傾向と実態から、実証され、認識的哲学性を立ち上げ、そこから導き出された世界が象徴界となるのです。

あなたがどこまでこの知覚の次元での世界観をどう感じるかは、今は置いておきます。
その説明できる根拠として確実でありますが、あなたは真実の愛を探している段階ですので、愛がどこにあるのかまだ見えていないということは予測できるためです。愛の構造と知覚する世界観の構造を知らなければ、それぞれ理解することはとても薄暗い闇の中のまま留まってしまうことになっていきます。
不確かなまま、あなたが生きることに持ち込んでるもの、真偽を問わずにそれなりに成り立たせるほど恐いことはないのです。知らないのに、知っているような気で、それが生きることの中の内在性となっているなら、価値基準の深部でそれが世の中を見る目に活用されてしまって、そうなってしまうとあなたが一人で気づけなくなるからです。

愛は神秘的なところで、理想的な輝きを保持した星のようなものだとあなたは思っています。
明るくて、幸せで、輝いていて、何となくそんな善で、正の想像が愛の想像図となっているのです。
これは、誰に言われたのでもなく、あなたが受動的にどこからか導かれた愛の形が、愛を探すという行動や意志にも発展するところが、あなたが知る愛はおそらく象徴界にあるものだと思っている現状を抱えています。

愛はどこに生息しているのでしょうか?
愛は今どのような形を見せてくれているのでしょうか?

あなたが恋愛をし、相手と衝突し、喧嘩になり、このままその人と一緒にやっていけるだろうかとこれからの時間が不安になったとき、盲目的だったあなたの見る目が一瞬、愛について知覚の運動に問いかける方向に向かっていきます。
これぐらいなら、実践的哲学とまでは言えない思考の運動で、そこから見えてきた世界の内情が哲学性があるとは言えません。
女性は未来に愛の理想的な対面を持っています。
その欲動が、女性を愛について思い、考える機会があれは、女性であるあなたの身体内の知覚は黙っていません。
だから、愛が欲しくなり、恋人が欲しいと欲すると、すかさず、あなたの神経系は入力と出力の交互作用から哲学が開始されます。
微量ですが、あなたは自分に問いかけ、あなた自身が求めてる愛はどんなものだろうと思います。
しかし、愛を幻想的、神秘的に捉えるあなたのこの世で生きる資格を得るために何とかしなければとしたあなたの観念は、愛を空想に置くしかありませんでした。
これが、あなたの中で混在する愛の姿、形です。
微量の作用しか生まない哲学から促通される思考の運動は、未来に繋がるほどの連環は作れません。
それでも、あなたは愛について考えたくて仕方がありません。
その際、どのような返答があなたの中から生まれると思いますか?
それは、「きっと、もっと私を愛してくれる素敵な男性がどこかにいて、いつか出会えると思う。」です。

あなたもこの返答に心あたりがあると思われます。
現在恋愛をしていても、婚姻していても、実際にパートナーがいても、あなたが求める理想的で温かく、優しく接してくれるようにパートナーはあなたを大事に、丁寧に対応してくれるわけではありません。
たまにはそれが実現したとしても、人には日々の心的、神経的な調子もあるためそのように接することができない状況があります。
そして、その度、相手に今の態度はどういうことなの?と責め立てては、相手もその都度反応するにはエネルギーがさすがに不足しています。
こんなものかなとか、あなたに余裕があるときはいいのですが、そうでないときは、一気にこの人といて本当にいいのだろうかと、微量の哲学風の問いかけで導き出されたのが、今挙げました返答であります。

「きっと、どこかに、私を想ってくれる人がいる。」
要は、問えば問うほど、思考が回帰させています。
回帰とは、今を証明するために、探し出したのが過去の経験に基づくことを言います。
つまり、過去に立てた言語に戻ることであり、愛は幻想的で神秘的なものだと、再確認していることなのです。
これらの返答は、すべてあなたが立ち上げた概念的出力ではなく、前提として持っていた外部の何かから影響を受けたイデアやモナドで構成された物を見るときの規定された制約がそこにあります。
愛について、じっくりと考えたこともないのに、あなたはどことなく愛のことを考えることができます。
実践的哲学から、一から現在存在している物事や事象を多様な見方からそれらを直線から曲線の変え、外部を包んでいた硬かった膜を緩め、内部に入りやすくし、そこで集めた諸要素をあなたの内部に入力した、そこからあなたの消費と生産というエネルギーの発信で一から立ち上げたのではないのであれば、そこに真実や信ぴょう性の運動を起こすことはありません。

愛の構造;愛は現実界で気づき、育てるもの。他者と結び付けない、還元不可能なもの。

「いつか、理想的な人と出会えるはず」とは、このフレーズはあなたが今まで生きていた中で、記憶は残されていないかもしれませんが、他の誰かも同じような意味生成されたこの言語の羅列を言っていたはずです。
その言っていた発言者は、固有された立場の人、親、先生、友人、有名人が書いた本など。
あなたは、このフレーズを愛のキーワードとしてしまって、愛について自分で非哲学の領域で、不適切な定義付けをしてしまっています。

愛は探すものではなく、あなたの中で育てるものであるのです。
これが、先行して、愛の内部のよりコアな部分で主軸として回転運動を起こしておかなければならないのです。

毎日、理想的なパートナーがいて欲しいと切望し、いつも思い続けていると、行動と想起との間に差異が立ち上がらなくなり、誰かを探す行動をしていると知覚は壊れるように、ご認識します。
このご認識が長年、西洋の諸国家が幸福を社会に要求しては獲得できずにその逆で頽廃さと非幸福による現実界の喪失をもたらした要因となりました。
ご認識はあなたが思っている想像が現実界に波及しないで、意味生成を行うことで象徴界の呑まれる展開が作り出されます。
あなたが欲してる愛は、現実界にあり、愛に意味生成は不可能で、愛は形相がなく、自然と共に知覚される心象や表象は変化します。

あなたもそうですし、多くの世の中の女性も同じく愛を求め、この世に生まれ生きていくミッション(使命)と理念(知覚シニフィアンでの概念)は現実界にありますが、そこを求め損ね、社会のシステムにあなた自身を侵入させたところから愛を見つけようとしたがために、象徴界で見つかってしまった偶像から発展した愛の姿、それが婚姻に内在されていったのです。

これは、ご認識の基底に汲まれた意味生成が本物のように見せるアレゴリー(隠喩、換喩)です。
愛がそこにあるようにご認識され、視覚から見る視覚神経が亢進し、興奮しすぎて、一つの痕跡に集中し、愛はこういうものとして断定を繰り返していってしまいます。

真実の愛。それは形を求める運動が愛の先行があなたを幸福にする。

あなたは、時間的差異が、過去、現在、未来に起き、どこに意識を持てばいいのか、どこを見つめ、大事にすればいいのか、よく分からないのです。
時間的差異とは、あなたが今を捉えるためには、今日まで経験した出来事が言語介入で記憶し、すべての時間的段階を言語で引き出せてしまうことです。

過去に起きた出来事、現在に起こっている出来事、そこから推測や予期される未来の起きそうな出来事、これらは言語で表象の見えないものを形にすることができます。
過去で起きた出来事を今話せば、今もそれが経験として通用するような感覚になります。
未来について話をしても、今もそうなるとか、これからそのようになっていくのではという観念にもなれます。
これは、言語の代償が、時間的作用を固定し、停止させられる見方をあなたの伝えられ、何が適切なことなのか、よく分からなくなります。
愛も同じことで、「素敵な人とこれから先に出会えるんだ」とは、いつのことか、本当にそうなのかの、細かい要素の生態から等価した運動がそこには立ち上がりません。

愛は現実界の形を作っていくところで生きています。
愛が象徴界に立ち入ると、愛は婚姻制度の呑まれ、孤独感と孤立感の個体を社会から分裂させる恐怖を抑制するために活用されます。
愛は、良き異性と結ばれた時、愛があると思われていますが、実はそこに愛は存在しません。
愛はすべての障壁を乗り越え、生と死の観念を崩し、現実界に生きていくことを選択します。
愛はあなたの中で、誰をも通じることはなく、育っていくものです。
愛は、あなたに中で生きていき、今あなたの中で愛はどうなっているのか、それは生命体との繋がりを待っています。

愛は生命体の根源と繋がらないと発達しません。
愛は今、あなたの中にいます。あなたに中に愛があります。
愛が出力系の表現に至らなければ、あなたに愛があるとは知らないのです。
あなたに差し入れられた、外部から主体を抜き取られた他者性から立たせれた主観を抑制していけば、あなたにも愛があることが分かってくるでしょう。

愛があなたの中で見つかれば、あなたは主体を復活させ、明日を心配せず、明後日の計算された給料計算や貯金や預金などの象徴界からの判断材料から信頼をなくし、あなたは誰かを救うために生きていきます。
愛は、変化を反復し、愛のエネルギーは自己を経由し、自己を飛び出し、客体である客体としての主体を大切にする行為、無意識的運動を起こすのです。

関連記事;転職したい40代女性が知るべき世の中の仕組み|自分磨きと知的さ磨きで雇われるより独立目指す。

女性疲れが取れない原因|心と体のバランスは孤独性と独自性を支えるパートナー次第。

 


本サイトのご説明をいたします。
美意識には、刺激として入力が必要だと申し上げました。
そして、入力には自分で刺激を用意しては、予期しないことでないため、それでは入力系にはならないとお伝えしました。

それを容易に叶えるのが本サイトであります。
本サイトは、女性であるあなた自身が今よりも充実感や幸福感を高め、日々が満たされるよう、そのお手伝いをさせて頂くことがビジョンです。
そのための入力を反復して頂くことが充実感や幸福感、美意識による生き方の変更、日々感じておられる仕事や人間関係などの疲れ、心に限らず身体に感じるイライラ、倦怠感、憂鬱な気持ちにも対応できるようになっています。

入力を促すには、本サイトが無料でお読み頂ける実践的哲学で構成された記事をお読みください。
これは、本来の普遍的傾向でしたら、無料でお読み頂く記事を無料にはしないほどの内容と質と量が伴っており、この記事が有料となるのですが、入力は自由にやって頂く方が適切だと考え、生の哲学を現代に合った文体で読むことができます。
これが、始原的な入力となり、何度も読んで頂きますと、入力の神経系は解放され、そのうちあなたの内部運動が持つ制御が生まれ、発散から収束され、あなたの思考の資材となります。

そこからより個別的に自分磨き、または疲れがなかなか取れない、孤独感があって、一人で過ごすことは不安や焦りが出てくる感覚がある方は、一歩進んで個別的実践的哲学に導入することをお勧めいたします。

・スタンダードメンバー;月額864円
本記事への質問し放題、月二回にあなたに合った個別的哲学のエクリチュールを提供させて頂きます。

・プレミアムメンバー;月額2,700円

あなたという一人の人を哲学により解体し、実際の未来へのビジョンや理念を立たせるお手伝いをいたします。必要に応じて、パロール(話し言葉)が必要ならオプションで実践的哲学をトレーニングしている哲学者とコミュニケーションの時間を作ります。

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性心の疲れを取りたい

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.