女性心の疲れを取りたい

女性が取りたい心のイライラ倦怠感。心理学から哲学へ。

投稿日:2017年4月25日 更新日:

女性が悩んでるのは未来の自分より今の自分の解決できない心の疲れ

 

女性の心の疲れを取る。悩みから哲学、想像性から実践へ

大半の女性は、仕事で疲れ、自分の時間がなくなると、自分に余裕がなくなって、女性自身の身(身分、立場)を外部にある特定の団体や協会、企業組織などに属していく傾向があります。

その中でも、よく見られるのが、心理学を知って、心理学をすれば、自分を傷つけた過去のトラウマらしい心の中の不具合を改善してくれると期待します。

最初は、ネットや雑誌などで心理学を知って、そこのセミナーに申し込んで、参加し、女性の心は自由に構成された機能があるため、決して腑に落ちることはないのに、そこで出会った同じ傷を持った女性たちと共有感を味わって、楽になった気がするのです。

しかし、それが思い込みだと言ってしまうと、悩みを抱えてる女性にとっては真剣に心理学を知ろうと思ったのですから、そこに異論はまったくありませんが、大事なことは、心理学を知っても、女性の心は何も変化をもたらしているわけではない本当のことを、女性は気づいてるけど、そこからやめられなくなっているところに問題があります。

今まで、心の疲れがどうやっても取れなかった経験。
友人に自分の話をしても、本当の私を分かってもらえなかった経験。
心の疲れらしき不快なしんどさを自分で何とか取ろうとしても、その嫌な感覚は取り切れない経験。

このような経験が女性には数多くあって、それがたまにではなく、ほぼ毎日のようにそんな心の疲れが認識できるようなしんどさを感じると、どうしても一人で抱えるのは難しいと思ってしまって、外部にいる人や物に頼ろうとする自分がいるのは、女性は他の人に言わないまでも、無限に近いぐらい経験してきているのです。

女性は、一面性でできた全体性を抱える男性とは違って、女性は社会で仕事をしていても、自己の内部にある感覚や情動、欲動から生み出される言葉では表現できない唯一無二の無意識的運動があります。

これは、女性一人の個の中の、少し専門的に言いますと、神経という細胞の意識に関わらない生命の欲動からリズムによって作られた運動を繋いでいる電線があります。

この電線のような神経は、全身を網目のように広がっていて、一つ一つをどこからどこまで繋がってるのかは、検死から解剖学という学問が何度も挑戦してきましたが、そこを判明させることはできていません。

ある人の体内である経路を通っていた神経が、他の人の体内ではまた違う経路を通っていることもあるので、全員に同じようにこのように神経は繋がっていますとは言えないのです。

よって、神経というのは、一人の女性には独自の体内での広がりがあるとして、神経を単体で扱わず、ある細胞からある細胞に向かっていく神経を総称して神経系と呼んでいます。

だから、面白くもあり、個という存在が神経が一人一人によって違っているという学問的証明もあって、女性の一人の個に限定して、この大きな世界に立たせようという強い野心になる価値があることも分かります。

このようなお話から、女性が心の疲れ、倦怠感、イライラ、孤独感、疎外感、自律性の不信のからくる心の違和感というものは、統一させた集合体では解決しないことも分かります。

女性の心の疲れと思われるさまざまな諸現象、諸症状は、神経系の繋がりからあなた自身の内部から発生しています。

そのような心の疲れの諸原因は、一つの神経がどうなっているのかを追えないように、なんらかの神経系の誤作動からきています。

一人の個の神経系の関連性のスムーズさ、またはその神経系の伝達がなんらかの女性の内部で起こる欲動と感覚の偶然的な伝達の悪さ、非効率性であるのです。

すなわち、この女性の心の疲れは、今まで女性がこの心の症状を解決させられるように関心を持っていた心理学では扱えないものなのです。

女性というのは、個の体内の神経系が内部の生命の無意識に動いている細胞のリズム、そしてその体内で生まれた女性独自の内部運動を繋ぐ神経系が、体内で統合され、それが少しだけ、表現として表出するのが、女性そのものになります。

心理学は、人を普遍性である人間だと前提条件としてあらかじめ常識を作っており、そこから自由をないものとしてから、人間を捉え、外から人間を特定の症状同士を集めています。

心理学を知れば、人間ってみんな同じ症状で苦しみ、みんな共通した何かがあるものなんだと理解させるのです。

あなたの周りにいる人も、あなたと同じ悩みなんだと思って、それで女性と少し深い内情の話をすれば、話の中から親のこと、仕事のこと、恋人や旦那さまのこと、もしくは将来が不安だったりすること、など悩みを引き出してみると、みんな同じように思え、どこがで安心し、心の疲れが取れたような気がします。

しかし、女性は独自で体内の細胞と細胞は神経系を通じて一人の個を作っていますので、心理学で心を全体性で理解しても、女性の心には何の作用も起こされていません。

 

 

2.未来の不安と今の不安を分けて考える

 

大半の女性が陥っている自分が抱えている悩みは、時間の相違が混乱しているところが要因となっています。

時間の相違というのは、悩みが過去なのか、今なのか未来なのか、よく分からなくなっているのです。

これは、どの女性も感覚という感性が非常に優れているため、心の発生した不快感をおびき寄せる魔力を、女性の内部感覚はいち早くその感覚を知ります。

そのままにしておいても、今すぐに何かが変わるわけではないのですが、女性の神経系はエロティシズムという本能的な神経系の断絶作用によって、自己を新しくする反応が行われます。

自己という構造は、感覚が数え切れないぐらいの無意識の中の形ではない形のような感覚のおける形が、女性の心に浮き上がってきます。

神経系の純粋な内部運動であるのですが、これを神経系に任せておけばいいのですが、これは女性の心にいつもある不安と焦りが、何もしないわけにいかず、神経系に任せず、自分で何とか立て直そうとしてしまうのです。

そのとき、無意識であった内部運動は、意識の内部運動に切り替わり、女性たちは意識をして自分の悩みを掘り返すように、必要以上に抱え切れないぐらいの情報量にしてしまって、自分で背負えなくなり、苦しんでしまうのです。

この状態では、もはや悩みという不確定物体が過去のものなのか、今なのか、未来の不安なのか、分からないのです。

ここまで心にストレスを抱えてしまうと、自分ではどうしようもなく、ここで自分の神経系が作り出している自己の悩みに対して、哲学を入れる必要があるのです。

詳細;女性に哲学がぴったり合う!何で今までやってこなかったのか。

哲学というのは、一つになってしまっている諸問題、諸事象を壊すことなく、問いかけを入れ、小さなカケラにして、解体する手段をいいます。

この哲学という手段は、女性のエロティシズムの本能的な内部運動にぴったりと適応するのです。

丁寧にあなたという人物に適切な問いかけをいれます。
すると、あなたが意識的に反応し、言語野という左脳にある言葉を生み出すところにスイッチが入る反応かもしれません。

丁寧にあなたという人間に適切な問いかけをいれます。
すると、あなたは過去の出来事を思い出すかもしれず、そこに今の自分の悩みの原因にする反応が生まれるかもしれません。

これは、心理学が西洋の古い時代からやってきた人間に対する見方であるのですが、これはこれからの時代には合わない見方です。

その理由というのは、時代というものが、世界で一つになろうとする展開から、個の独自性の展開になっていくからです。

これからは、心理学から哲学の手段を使って、自分の悩みの要素の一つ一つを問いかけという丁寧な関わりによって、分けていきます。

一つ一つの要素は、決して否定することもせず、そのまま残しておきます。
そのときに、過去の出来事を心理学でトラウマだと認定させた過去があったなら、それもその形のまま置いておきます。

心理学なら特定のカテゴリーに症例別に分け、感覚や知覚よりも認知という意識させ、自己分析させる手段を使ってきました。
あなたの悩みが、現症状から病名や症状名、占いや姓名判断のような形式に色付けされている場合があります。

その場合、あなた自身は、その色付けの方をその名称で覚えており、女性の最も機能性が豊かである感覚や知覚という想像性が抑制されているのです。

その際に、過去、今、未来は一貫性が持たされ、過去のトラウマは今の悩みになって、今経験した悩みはこれから先の未来にも悩みは大きくなって、抱えきれなくなるという恐怖感覚にも発展させていることが女性には多く見られます。

そのややこしく、複雑になっている形が歪になっているあなたの悩みをスマートにして、悩みの現症状、現状態にして見つめるのが、あなたの心の疲れを取るには最適であるのです。

そこには、今のまま生きていては、何も変わりません。
何らかの、あなたに対する関わりを今までとは変えなければいけません。

そこには、時代の流れも関連してきます。
心理学が時代に合っていた時代もありました。しかし、これからは個の主導から世界が動いていく時代を迎えます。

そのように考えても、心理学から哲学にあなたの自分への見方を変えるのは今が一番良い時期です。

詳細;疲れが溜まってどうしようもなく心が落ち込む。女性の心が楽になる心理学から哲学へ。

世界初の取り組み。哲学を分かりやすく、日常的実践にした女性のための哲学。眺め読むだけで、安定した、たえず変化のある生き方ができる。
詳細;有料メルマガ

 

3.心の疲れを心理学から哲学に変えて解消する

 

女性が抱えている心の疲れ、心の寂しさ。哲学がこの心の不快感を解消する。

女性がこの社会生活で経験するさまざまな苦しさ、寂しさ、辛さ、不安さが感じたとき、心理学という考えを手段として、心をなだめ、心を落ち着かせ、心のバランスをはかろうとしています。

この女性に共通的な心理学という手段とは、どのようなやり方、見方であるのでしょうか?

心理学で心の疲れ、心が病んでくるような不安感、焦燥感を、自分以外の他の人もそのような症状を抱えているという共有感によって、安心した気持ちさせる手段を選んでいます。

これは、心理学をちゃんと知らなくても、女性が良好な人間関係を作るという心理学的な他者との繋がり合いは、女性が社会に対して直観として選んだスタイルでした。

世の中の女性たちの、母親を見てそのように思った意識によっても、自然に心理学的な女性同士のやり取りとして、そのようなやり方が一番適切だと、女性の豊かな感覚で思ったからでもあるのです。

しかし、それが通用するのは、社会を構成していた男性社会がバランスが保持され、強さと先導力があったときでした。

今もそうですが、これからは社会構造が大きくモデルチェンジされ、哲学的概念の独自の構築がなないのに、やれていた仕事、すなわち、人間がやっているけど、哲学性がなくても誰にでもできている仕事は、すべてAIと言われるロボットが、その業務をすべて奪っていきます

詳細;世の中の構造がもう変わる!労働でお金は得られない。人にやりたいこと。人に喜ばれることを作る。

この事実はどのような未来の社会構造となるのかは、今女性が行なっているあらゆる仕事は、ロボットが行える仕事であるということです。

長年、経済活動は不況と言われますが、戦後の世の中の基準がまだ今の時代にも引き継いでいこうとしているため、企業は利益を生むための焦りが、この現状の経済活動の乏しさから、企業自体の構造改革も著しくなっていくのです。

この、業務の簡素化はロボットがそれを補い、そうすると人間を労働者として背負わなくても良くなります。

この現象は、女性の仕事の大半、男性の仕事の過半数はこの世から去ってしまう運命にあるのです。

そこで、先ほどの心理学から哲学にシフトした方が良いという選択に価値を浴びていくのです。

心理学というのは、社会の構造が一面性である固定された宿命的構造であれば、うまくそのフォーマットに適応できます。

まだ、社会のスタイルが今のまま続いていくと誰もが認識している土台があるときには、その宿命の大地の上に、心理学で評価された判断基準で、カテゴリーに分ければいいのでした。

社会が変わらないという前提があることで、私たちが考えるべき範囲は限られていました。

社会はこのまま続くのだから、心の感じる何らかの不具合や不快感を、みんなも同じなんだねと、集合体を作れば、社会そのものもまだこれからも今の組織の強さを継続できるという同じ集合体が、心理学と社会はうまく一致した関係性を築きました。

しかし、これからはどうでしょうか?
社会の構造は、先ほどお伝えしました、ほとんどの仕事はロボットが行なう現実が迫ってくるように、今の社会はもうすぐ終わりを迎えます。

すると、私たちは、社会を構成する「一」から立ち上げる構成員となるのです。
ちなみに、心理学というのは、最初から「全体」や「多」という文脈を含んでいました。

そこには、社会の構造の維持が保証されていましたし、その保証を私たち自身、そのように揺らぎなく認識し、理解していたからです。

しかし、これからは、そうはいきません。
私たちは、人間という生物構造を持つ器官という機械的な反復を実践する生き物です。

社会の構造が変化すると、そこには解体という生物的本能の作用が高くなっていきます。

私たちが社会が安定していると保証されている認識のときは、そのような神経系は眠っていて、静かでした。

しかし、今のような社会構造が解体されたという内在する構造の変化には、神経系でも、私たちが扱えない部分の運動、これを内部運動と言っていますが、そこにスイッチが入ってくのです。

そこに、直接リンクするのは、哲学であるのです。

この今ご提案しました哲学は男性の神経系にはさほど適切な影響は与えず、人間の個性を表出(アウトプット)させるところにリンクすることはありません。

しかし、女性が哲学をすると、ずっと心に思い描いていた女性の内部運動の想像性がうまく繋がり合って、女性という一人の個の中でこの世に生まれてから思っていた理想(原始的ユートピア)が実践に変わっていくのです。

これが、心理学という男性社会が作り出した人間を病状や症状という全体の中に規定する人間の見方ではなく、哲学という一人の個を集中的に見つめ、世界に対して実現という生産的な実践行動が、女性に合うだけではなく、これからの時代背景と時代の展開にぴったりと合う人間の見方であるのです。

 

本サイトの活用

本サイトは、心理学から哲学にシフトさせた女性専用の個を磨き、個の実現のために作られたものです。
時代の流れに合わせていますので、何年か経って時代が変わってきたときには、大幅にリニューアルをする予定です。
現在の時代の背景は、長年続いてきた男性社会が終わりを迎える時期です。そこで、今まで女性は男性社会の一部として、婚姻する役目として男性は女性を扱ってきました。現在(2017年4月)50代以上の男性に意見を聞いてみると、女性は経済的に安定した男性と出会い、結婚するのが一番幸せだろうといいます。この世代の男性は、親の価値観に強く影響を受けているため、これからの時代を読み抜くには大きな参照材料となります。要は、女性は男性と結婚するのが一番だといった一つの規定された答えがこの世にはありました。生きていくためには、個を中心とした多様な選択性と多彩な出来事がありますので、一つの答えに縛られてきたこの男性社会は、経済活動が弱くなってきた今、この常識は急速に終わっていくのです。このような理由により、女性は今哲学をして、自分の生きるための個の概念を独自に立ち上げる大きなチャンスであるのです。

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

あなた自身が哲学を経験し、自分の概念を立ち上げて、あなただけの事業として、一生悩みながら自分の障壁を乗り越え、それが世界を動かす原動力となって、その結果生産的なお金という価値を手に入れたいと思われるなら、お問い合わせをお願いします。

お問い合わせ

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性心の疲れを取りたい

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.