女性心の疲れを取りたい

新しい女性の美|女性心の健康を立ち直らせる。

投稿日:

落ち込んだ女性の心の疲れが取れない理由

女性は心に疲れを溜め込む習慣が、幼い頃から覚えてきました。
女性の心を人は、励ませば心が元気になると思っています。
しかし、心を励ますほど女性は自分で感じる自分の心と、人が女性に励ます言葉との間に隔離を感じ、かえって女性の心は閉じてしまうのです。

女性の心をどのように考え、扱えばいいのでしょうか。
これは、どれだけ優れた医者、たくさんの精神医学、心理学で研究し論文を出している学者であっても、理解できていなのです。
女性の心を知る専門家は誰もいないのでしょうか。
女性の心を知るのは、女性自身でもなく、とても優しくて、思いやりがある女性の心を気遣える男性でもありません。

一般的に理解された女性の心は、哲学が作り出す心とは別に広がる大地です。
大地はどんな形状をしていますか?
都会に住むと自然で定義される大地に立つことはほとんどありません。
大地は、平面の形状をしています。
この平面は、どこまでも継続するのではなく、女性は見えている範囲に限って平面で感じることができます。

女性の心 哲学で見つかる平面で本来の心の運動を取り戻す。
女性の心 心理学ではどうにもならず 哲学をすぐにやってみる。

もともと心を女性は自分でもうまく扱えず、今日まで悩みを抱えるとずっとその悩みを抱え続けて生きてきました。
その悩みの構造を誰かに聞いたわけではないのに、一度抱えた悩みはなくならず、女性のその後の人生にも宿命的になると、女性は思い込むのです。

女性が知っている心とは溜め込むもの、心とは硬い形状をするもの、と多くの女性はそう思っているのです。
女性は心を心の形を想定して、自分の中の心を探していく。
しかし、心に形があるわけではないので、心がどこにも探しさせず、女性は一人で心を閉ざしていく。

定義された心のモデルが真の心の形状(構造)と相違するので、その心を心だとどれだけ気持ちを込めて意識の強い神経系の連合性を使ったとしても、女性が知っている心は肉体(身体)を通じた心の様態です。

心が疲れたと感じる毎日。
朝起きても心が晴れない日々。
仕事をして上司の声を聞いたとき自分でも制御できないぐらい心が落ち込むこと。
心が自分のものでない不快感、空虚感、そこを立て直そうとして心がうつ状態、うつ病になってしまう経験。

これらが、心の中で繰り返されているのです。
このままでは、時代の過渡期である今の時期にやっておくべき未来への準備が心の不安定感を制御することにエネルギーを奪われてしまってできなくなるのです。

参考記事;哲学で女性の生き方が変わる。女性の悩み、自信が持てない、将来が不安。これらは哲学が良い方向に導く。

心疲れた心癒す沈んだ心心を元気にする

女性の心の疲れたの取り方を知る。

 

健康な心とは。構造から観察。

人が陥りやすい習慣は、ある物事が何なのかを考えるとき、その物事の内情を先行して理解することです。
物事が見えるとすぐにそれがどんな意味であるのかを、考えてしまい、物事について考える頻度は、一度で断定し判断されてしまい、ほとんどありません。

心が疲れたなと感じると、心がどういう内情であるのかを先行し、心を理解していこうとします。その習性が心をかえって疲れさせる要因となるのです。
例えば、心がいつもと違うと感じたら、自分はうつ病ではないとか、このままの心の状態だとこの先生きていけるのだろうかなどと、心の内情をありのままで見るのではなく、先に決めた心の定義をして、そこに当てはめるのです。

このような習慣は、哲学が日頃から行われていないから起こるのです。
家庭教育、学校教育で哲学的に物事を見る実践をしているなら、生きている間に何度もぶつかる困難な障壁にまっすぐに向き合え、人間一人ずつに独自のスタイルで向かってくる苦難は、自分を変える大きな機会となります。

しかし、哲学が行われていない世の中ですので、前進できない自分の中での障壁があると、不安と焦りが神経系の一部を活動的にし、全体の神経系の内部運動のシナジー(システム機能、連結機能)が抑制されます。

参考記事;女性安心して生きる独自性を哲学で磨く方法。

女性の心を健康な状態にするために、心の構造を知っていきます。
そもそも心の健康とは何であるのでしょうか。
健康というキーワードは、個人に適合する表現ではなく、社会が作った合理的な言葉です。
この健康について、哲学を関わらせてみましょう。

健康に対立する言葉は、何から来てきますか?
健康に対立する言葉は、病気(医学的には病理と言います)です。
人がいつも通り仕事をして、ある瞬間何か違和感を感じてしまいました。
すると、いつもなら自然に通り過ぎるのに違和感が残ってしまい、違和感が何であるのか考えてしまったのです。

この違和感は、実態(実体)はなく、健康と病気という二項対立で対照化されています。こうした見方を哲学ではなく、非哲学といい学校教育や社会常識はここから作られています。いつもと違う違和感は、二項対立で定義されていました。それが、病気という定義です。病気を思考で考えたとき、この二項対立は最大に強度を高め、病気と考えたとき、対立された健康という定義も熱されるのです。

心が疲れたなと感じるときには、このような狭い範囲(領域、閾値)で自分のこと、人間のこと、現実のことを思考しています。すなわち、このような実践は非哲学ですので、人を未来に向かって前進する運動を内部(神経系)に起こすスイッチとはならず、むしろ後退させる思考に価値観という固定されたページを作ることを促通させてしまうのです。

二項対立をなくすのが哲学。
心の疲れは二項対立で心が狭い領域になっているため。
哲学を導入し思考の運動を自由にさせる。
心は思考と直接関連する一体の個の独自に所有されたもの。

この段階は心を構造として見ていくために必要です。心の疲れとは、心の構造を考えず、心の内情を短時間で、直接見ようとするから起こります。これは誰もがそのように不安と焦りが発生する経験を何度もしているので、即効的に対処したくなります。その気持ちは痛いほどよく分かります。

いきなり内情(内部機能)を見ようとすると行き詰ってしまいます。先行して内情を見ると、人の価値観で見立てられた色眼鏡を付けたまま、対象を見てしまうためです。社会に生きるのが人間だと社会に規定された私たちは現実の生活では、この与えられた色眼鏡を取れません。色眼鏡を付けておくのが常識だと認識させられているのが常識になり、逆にそれが普通になっているので、すぐに取った方がいい色眼鏡なのに外すと不安感が生まれるのではという意識からも外せなくなっているのです。

参考記事;女性が悩む、心の疲れが取れない原因。思考の全体性がホルモンバランスを悪くする。

もしこのまま心の疲れが取れないまま、生き続けたとしたらどのようになっているのでしょうか。次はこの方向から哲学を行ない、心の構造について思考の層を厚くしていきます。
もし心の疲れを放置したなら、心が運動を停止し、心が思考と連結しないため、価値観が強くなり、色眼鏡で社会を見て、社会を色眼鏡で解釈します。すると、社会で構成されている機能がその色眼鏡で見ると、とても安定し、ブレないような力強さで考えられてしまう恐れが出てきます。

直接内情同士が繋がりを行なうと、一番望んでいない状況に展開されます。
社会の内情と人間の内情が密になると、たちまち未来に向かって生きる生の本来の運動性はなくなり、過去に縛られて生きることになります。

社会の内情は、国民を一義的、画一的にし大衆化させておく。
人間の内情は、不安と焦りから逃避できる依存性が手に入る。

これらは、先ほど挙げました二項対立の直接的な外側にある物事と物事との強い連結です。心の疲れは、この二項対立で心が本来の運動が停止され、心が思考と繋がらないことで生まれると記述しました。

ここから心の疲れが取れない要因、原因に発展し、問題化されていきます。
心の疲れの要因、原因といえば、一つの解答を見つけ出してしまい、一つ要因、原因らしきものが見つかっても、心の疲れに関連のない要因ですので、女性は納得できません。すると、一つから二つへと原因追求をし続け、たくさん見つかって、まとまらないです。

こうして心の内情から見ることは、決して心のためになっていないのです。
心の疲れは社会を経由して発生したわけではありません。心の疲れは心の中にだけあるのです。
心は健康であるかどうかは、関係なく、心の疲れを見つけることは必要ですが、要因、原因という心に関わらない社会性はまったく必要ありません。

心の疲れは、思っていた状態ではないことが、心の構造を見ることで見えてくるでしょう。
心は人間の内で、どこに存在し、実態があるのでしょうか。
確かに、実態はなくても、心が疲れたと思っているし、現に心が疲れている。
この不安定感は、どこから感じ取ってるのかというと、肉体(身体)からであります。

今、この記事で哲学を導入し、現実に見えること、もの、ひとを問う物事を一つ一つをありのままにして、それを心で感じ取っていきます。目で見たり、耳で聴くのではなく、心を通じて、心から思考に枝を分けるのです。

すると、心の実態と場所が分かってきました。
心はどこにあるのか分からなかったため、心の疲れが漠然とし、心の疲れを曖昧に捉え、女性はそれで心と不安を結びつけていたのです。

落ち込んだ心を改善させる

女性は心のありかを分からず、何もない異空間で心を架空に作り、心に解決を求めていました。
慢性的に心に荷物を抱え、解決しない心の疲れが心にストレスを与えていました。
心の実態が見えてきたので、心の疲れ、落ち込んだ心を改善させる取り組みができるのです。

今、もしくは少し前、昨日でもいいですが、心に浮かんだ景色を感じ取ってみます。(イメージする。想像する)
想像された世界を誰かに伝えなくていいので、想像されたまま、心らしきところの維持してみます。
心に疲れが溜まったと感じたら、心は落ち着きを失い、心は落ち着ける場所探しに傾きます。
心が落ち着けるのは、一つの空間しかありません。
心は身体の中の感覚が集結した情報源、感覚神経節から身体全体に網目を作る神経線維に居場所(依拠)を創出します。
疲れは心を入り口と出口を封じ、空間から線(ライン)に形相を変え、心を病いの異質な人間像を作ります。

疲れた心を落ち着かせるために、身体に意識を向けます。
身体を構成する最低限で最小、強度が一番低く、持続する感覚は生命体と同じく感覚の運動を止めません。
心は感覚を素材にし、心がバランス取れるには、身体を知覚しなければならないのです。

疲れた心を取り戻すには、真っ先に実行するのは、心理学を学ぶ、家族関係を良好にする、仕事を辞める、仕事を転職する、等々は何も関わらないのです。
心は機能でなく、心は構造です。
心を落ち着かせるには、構造を立て直すのです。
そこから心は心独自の運動性を取り戻します。

心に疲れが溜まったなら、心理学でなく哲学です。
女性が一生安定して生きていくには、心の疲れをその日のうちに取り、女性自身が自己免疫力で心のバランスを保持させるかどうかで決まります。


本サイトは、世界初の実践的哲学サイトで、心理学が提示する世界の常識を壊し、心理学によって思考の停止を学習した女性を支配する規定を除去します。
世界の誰もが、宿命を持ち、運命は固定され、小さい頃に立てた目標が続くと思っています。
すなわち、小さい頃のままの脳で女性は生きています。
思考の停止は脳の想像性を狭くし、一つの答えを絶えず追い求めます。女性は感性豊かですので、思考が停止する感覚を知っていますが、動かない思考を再運動させる術を知りません。
実践的哲学サイトでは、思考を再運動させるための、哲学を実践します。
一つ目の提案は、メルマガで週二回見る実践です。
哲学を実践したことがないので、哲学的介入で生まれた言葉を見るだけで、思考の停止からシフトチェンジし再運動を起動します。

次にご提案させて頂くのは、メルマガから個別性に関わっていきます。
哲学は思考を運動させる際に大地と同一の平面(水平面)が思考のサーバーとして必要です。
メルマガだけでは、思考と心が繋がり合う時点で終了します。
(もちろんメルマガで立てた思考は女性の心の疲れを取り、女性の心を落ち着かせます)
新しく迫る未来空間は、女性のためにありのままを表現させるべく、見開いています。
メルマガで鍛えた思考を、次は未来空間を予測、予想し、未来のマーケットを想定して、生産的に出力できるアイデアと商品(サービス)を組み立てていきます。
これは、未来の世界のプロデュースさせるための投資は必要ですが、完全個別性で行ないます。
哲学の方法で一から一人の女性独自の考え方を概念化し、マーケットにアイデアを流し、女性が自立して安定した価値の満ちたお金が頂けるようにしていきます。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
お問い合わせ

週二回哲学的介入で女性を磨きたいなら
有料メルマガ

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

参考記事;
女性が仕事で辞めたくなったときの心の持ち方。

30代女性の心の悩み解決!やるべき心の疲れをスッキリ取るための秘訣。

女性が真剣に生きていくには、このままの心身状態で良いのかどうか。その核心とは?

なかなか気づけない!女性が疲れを溜めすぎている事実。早く疲れを取るための手順。

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性心の疲れを取りたい

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.