女性心の疲れを取りたい

女性心の疲れなんとか取りたい|ずっと心が病んでいて癒して欲しい女性の本心。

投稿日:

不完全さを残す。これが心の疲れや心の倦怠感やイライラをなくす。

 

女性心癒す 女性心を解放

 

女性が悩んでいるのは、心の疲れと身体のダルさや動きにくさで、この状態を40代女性は、さらに自分の不快感を発展させ、自分の病気を大きく想像してみたり、仕事をされているのなら、今の仕事の不満や待遇の悪さを題材にして、このままずっと仕事を続けられるだろうかなどと、多様で、個別な苦悩を抱えています。

40代女性にとって、現在社会が定めている平均寿命のおおよそ半分が過ぎている時期を迎えていて、そのことについても心のどこかで不安もあったり、かといって、自分の潜在性を信じるところもあって、このまま今のような生き方では納得ができないと思ってしまったりと、心は荒れることが多く、誰かに楽にしてもらいたいと思っているのもまた現状の女性の心であるのです。

経済関係のマスメディアからの報道では、これからはあなたが行ってる仕事、事務業務はもちろんのこと、接客のような絶対人間が関わるべきだった仕事までAI(ロボットシステム)がそれを担うという方向性を知らせてくれています。
40代女性のあなたは現在仕事をしているか、育児のために時短で働くかの状態で仕事をされていますが、これからは今の仕事をロボットが代わりに行なうから考えないといけないよと言われても、生活するために仕事をして給料を貰わないといけないことから逃げられず、今のまま仕事を続けてしまうという推測ができることでしょう。

仕事のことより、自分のことが気になる女性たち

これから先のことを考えてみても、心が安定しなければ、素直にまっすぐにはなかなか見られないものです。
最初は仕事の不満があって、同期女性同士でランチやアフターで食事をしながら話をしていると、少しは心が解放され、みんなもそう思っているんだから、あなたは私一人がそう思っているのではないと思って、安心できていたのですが、今はそう思うことにストレスをあなたは感じているようです。

あなたの心を投射し、レントゲンのように心がどのような状態でいるのか見れたらいいのですが、そのようなロボットはまだ開発されていません。
これから先、そのような心を解析してくれるロボットが開発される可能性はほぼありません。
なぜなら、現在の経済活動を行っているマーケット(市場と言われます)は、計画や戦略を考える際に、利益があると予測される物しか開発されないからです。
そして、利益と女性の心を密接に関連付けるビジネス者は誰一人いません。
ほとんどのビジネスは、人間の方を向いておらず、ロボットのようなシステムを導入すると、今風で最新機器と思われる志向性が仕事を頑張っているような気にさせられてしまっているのです。

このような状況は、マーケットがそれだけ健全ではなく、マーケットが人間の内面のことより、最新機器に意識を奪われることが、その証明をしていて、女性の心はますます放置させられてしまうのです。
今のままでは、女性の心は疲れるばかりで、あなたの心を誰も癒してくれないのです。
マーケットは崩壊するまで、利益だけを求めて暴走しますので、女性の心を放置する現状はこれから先も変わらないと予測されます。

では、女性が真剣に悩んでいるのは、仕事の不満や将来の不安ではなく、自分のことでした。
女性が家事を中心に生活していた時代背景から、今では多くの女性が働くという選択を取る時代です。
本来は、女性は働くことについても、真偽を問わなければ、あなたに仕事が必要なのかどうかは、未知な思惟で、あなたの生きることにとって価値のあるものかどうかは分からないのです。

いつも、このような問いかけで、ぶつかってしまうのが、仕事をしなければお金が貰えず、生活できないでしょ、といった段階で自分のことを見つめることに挫けていきます。
女性は仕事を通して、主観と客観の両方の外部の空間と心はやり取りができる状況で生きています。
自分のことを、主観からだけでなく、客観からも見れていて、チラチラとあなた自身の内面に手が届きそうな段階まで来ています。
仕事の不満を語っていたと思えば、あなたは急に我に返り、アレっと思うことがありました。
ひょっとして、問題はそこにはないのではないのかなと、仕事の不満を言い合っていた友人を見て、客観の外部空間から心に投射されました。
あなたは、自分の心をどこかから見ています。
それが許される(赦される)時間空間を現在迎えています。
あなたは心の疲れが、実感として、あなた自身の中に強く生まれてしまっています。
あなたは、自分の心の疲れについてどのように扱えばいいのか、なす術もない状態で、誰にも相談できないでいます。

関連記事;哲学は女性をどこまでも美しく磨く|終わりが見えるのは哲学での導き。

女性生き方の見直し|眺め読むだけで女性が知的になれる女性のための哲学。

女性悩みを明かして生き方と向き合ってみよう。

不完全さを持とう。女性はスマートにならなくていい。自由な感覚を自由しておく。

前述しましたが、ロボットがあなたの生活に徐々に侵入してきており、便利さを雄弁に正当化し、受容しています。
そこには、システムと言われる組織化があるため、便利であるのは事実ですが、女性の心の柔らかな構造に対応できるものではなくなってきています。
身近なところでは、スマホやネットがその便利さを正当して、日常的に利用していますが、システムは開発が進み(マーケットは利益を上げる分野がなくあんってきているためです)、コンパクトにまとまり、さまざまなサイトはより見やすくなったというよりは、ページの関連付けがより迅速に利便性が良くなった感じが出てきています。

これは、女性のあなたから見て、そういったサイトを見て、実際にページをスマホからタップして、何かを感じたりしますか?
多くの女性は、そのようなシステムにあまり関心がなく、気づいていないこともあるかと思われますが、それならまだそのような利益優先で戦略立てたサイトに汚染されないで済みます。
そのままそれでいればいいのですが、そのような最新システムのサイトに、働く女性が登場してきたりすると、あなたはまたそこで自分のことを思い悩み、このままの自分でいいのかなと、自分一人で問いかけることによって、余計にどうしていいのか分からなくなってしまい、中途半端な状態で自分を知って、心の運動が抑制され、疲れてくることも多くあるのです。

機械的システムに流されない。不完全さを持つ。

便利な道具であると、それを使用することに真偽が問えなくなり、実践的哲学が介入できる隙間がまったく生まれてこないのです。
真偽が問えないのは、構造的に、その対象は緩みのない状態であります。
つまり、緩みがないというのは、完璧さ、完全さを演じた物体であるということになります。

スマホやネット、それらを内蔵するシステムは、あなたに完璧さや完全さを対立する関係になっています。
それらを使用するほど、あなたの心の疲れは不完全さから、心に溜まる抑圧から非運動となったエネルギーがどこにもいけないでいます。
これが、心の疲れの構造的正体となります。

心の疲れを取るには;スマホやネットに依存しない。不完全なあなたが出てくると心は解放される。

これがどこにも逃げられない状況で、どの仕事をしても、パソコンやネットは必ず使用するしかないということも事実です。
それらを完全に拒否して生きていくことはできません。システムの運営が思想レベルであればいいのですが、道具として簡単に自分の所有されているため、あなたは自分の心まで、目の前にある道具を通じて完全さを転移させてしまったのです。

心というものには、緩みが構造的に必要です。
身体を例えにいてみますと、息を止め、全身に過度な緊張があると、こわばりが発生し、身体の運動が起こりにくく、何もしなくないという感覚が出てきます。
身体でしたらご理解頂けることですが、未確認の空間である心というものには、主観的な想像がどこまでも心の構造を超えて、心ではないところにあなたは心の疲れを取りたいがために、心らしき非空間を作ってしまうことがあります。

多くの女性は、仕事や育児、親との関係性など、外部環境因子で物事を捉えています。
これらを完璧にこなそうとし、一部のマスメディアで育児ママ、子育てママ、妊活女性、仕事をバリバリにしてそうなキャリアウーマンらしき生き方をマスメディアは発信し、女性の生き方はこれらのようないつもハツラツとしていることがいいことなんだと思わせられ、結局はこれもネットというシステムで成立する情報媒体ですので、女性はそこを通じて自分の緩みを失ってしまっているのです。

もっと人間臭く生きる。不完全さは哲学が抱えてくれる。

あなたは、朝から晩まで綺麗な自分でいようとし過ぎています。
マスメディアが発信した偽の情報に流されてはいけません。
一部しか見せていないのに、その生き方がいいかなんて、判断不可能であります。
これは、いつでも見れてしまうネットシステムがそのようにさせているのですが、心の疲れはそのようなマスメディアから発信する情報から生まれていることに気づいてもらいたいのです。

仕事はネットシステムのお陰で、少ない労力でミスすることも減少して、人間が不完全である本質が活動を通じて実感できなくなっています。
活動というのは、仕事もそうですし、趣味、フィットネス、ママ友、女性同士の友人関係も一緒で、不完全さが出ると、そこにいる女性は対立する関係に発展し、適切な人間関係が得られなくなります。
「あの人は感情的で、気難しい人だね」という、女性がいつも恐れている負のレッテルというものです。

女性はマスメディアや機械的システムの影響で、完全さを演じないといけなくなっています。
心の弾力性は剥奪され、心は運動を停止し、心に伸縮性もなくなって、抑圧というエネルギーの内向性を解放できないでいるのです。
あなたが抱えているのは、仕事のこと、友人のこと、お金の不安、親とのことでもありません。
自分を気づくために使用するあなたの心外の外部に設立した他のものであります。
そこを通じるのは良いのですが、情報が綺麗な部分しか見つかりません。
あなたが欲しいのは、心の疲れを取り、あなた自身で抱えている自分の問題について見つめたいのです。

完全さと不完全さ。
不完全さは正味のところ、あなたは素直にその部分を自分の中で維持できるかといえば、この現状の時代が情報の漏洩で、完全さをあなたに要求してきています。
不完全さを持つことが本質であるのが真実ですが、周りを見ても、社会に不完全さを表現する女性は皆無であるため、本質を見つけ出したのはいいのですが、それを抱えることに疲れることもあるのです。
では、その不完全さをどこかに預けておけば、あなたは不完全さを維持しながらも、解放できることもあるかもしれません。

その提案のために、本記事は書き言葉であるエクリチュールを進行させています。
不完全さを哲学に相当させ、哲学の内部にあなたの心の存在を預けてみましょう。
その哲学はどこにあるのでしょうか?

それは、本サイトが、あなたの不完全さをレンタルサーバーのように、保持しておき、病院で診察するとカルテを書き込み、次回来られたときにすぐに見返されるようにするのと同じく、不完全さを本サイトが残しておきます。
その部分をあなたが抱えなくて済むように、かついつでもあなたが自分を見つめたいときに、自分の不完全さを引き出せるように、心の疲れがひどくなったなら、それは心が世間の完全さに支配されているからで、本サイトの哲学の空間を使用して、心を楽にして頂きたいとご提案いたします。


本サイトは、女性専用です。女性のために構成されていますので、男性は利用できません。
どのようなことができるのかと言いますと、女性が自分と向き合って頂く空間です。
自分を知れば、あなたの完全さを演じていたところに気づき、自分を解放できます。
すると、あなたに与えられた生命からに時間を素直に使用できるようになります。
仕事や子育て、親との関係性の見方が変わり、今までは外部の情報に流されていたことも徐々に気づいてくるようになります。
すると、どういったことが起こるかと言いますと、あなたの欲求が無意識に生成したあなた独自のリズムや器官の運動から、あなたが生きることに求めている一つのビジョンが見えてきます。
このビジョンは、あなたが生きていくための本質的作用となり、これから先、心が疲れたとき、生きることで生まれた障壁、困難、または不慮の事故や病気などが仮に起こってしまったときに、このサイトにあなたの本心が刻まれていたなら、大きな動揺もなく、立て直すことができるようになっていきます。
そんなサイトです。

プランには、三つあります。

・本記事を無料で読む。

これが基本スタイルとなり、本サイトが長年かけた西洋哲学や心理学から得た学識、時間を費やしてきた文献を調べることを、私たちが実際に哲学をして導き出した不完全さを無料で読んで頂きたいます。
これだけで、女性が自分に気づき、一つビジョンを見つけ出す基本が記述されています。これが第一段階です。

・本サイトの会員になる(月額756円)

自分についての悩み、本記事における質問などを、何回でも提示できます。これが月756円で、お使い頂けます。要するに、あなたの話相手、自分を解放する対象です。身近にいる方とやり取りをするのは、あまりお勧めできません。なぜなら、その方たちは、実践的哲学を経験しておらず、本質を見つけていないからです。

・ハイクラス会員(月額2,160円)

上記の会員は入力と解放です。
ハイクラス会員は、自己表現の段階となり、本サイトを通じて、あなたが表現したエクリチュールを交流に使用できます。
自己表現だけでもいいのです。入力と出力は、両方しなければ、心は楽になりません。

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性心の疲れを取りたい

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.