西洋哲学構造にパサージュ

フロイトの無意識|女性の心に疲れと不安を取るために哲学を探る

投稿日:

フロイトの無意識

従来われわれは、潜在的な観念はすべてそれが弱いから潜在的なのだ、しかるべき力を獲得すると意識化されるのだ、と考えるのが慣わしであった。
ところがわれわれは、たとえどんなに強烈でも意識の舞台に上がってこないある種の潜在的観念が存在する、という確信を得たわけである。それゆえ、われわれは第一のグループに入る潜在的観念を前意識的と名づけたい。他方、(本来的な意味における)無意識的という表現をわれわれは、神経症について考察した第二のグループのためにとっておくことにする。
              
ジークムント・フロイト『精神分析における無意識の概念に関する二、三の覚書』(1912)

フロイト(1856年〜1939年)が創始した精神分析の真髄は<無意識>にある。フロイトの<無意識>とは、心の中で危うく煮えたぎる思念で、僕たちの抱えるあらゆる問題の原因とされる。それは自己の一部でありながら、より優れた自己がむしろ忘れようとしている部分だ。無意識は、人が<フロイト的失言>をするときに姿を現す。つまりそれは、僕たちが表に現れないようにと願っている真実、自分で意識すらしていない真実なのだ。僕たちは無意識の導きで夢を見て、その中で秘められた願望を実行に移し、あるいは恐怖に苦しむ。要するに無意識というのはあまりよいものではない。

無意識という言葉はフロイトの発明ではなく、彼にただこの言葉に現在使われているような大きな中身をもたせたにすぎない。19世紀の心理学や哲学の世界では、無意識という言葉は好き勝手に使われていた。無意識を怪物に見立てる哲学者もいた。彼らに言わせれば、心とは意識と同義であり、『無意識の思考』などというものはありえない。意識でもないものは思考でもないからだ。

催眠術やヒステリーや夢を扱う仕事をしていたフロイトは、このような考えには賛成しなかった。催眠術にかけられた患者が命令を与えられ、そして目を覚ます。しばらくして患者が、なぜかはわからないままに命令を実行する。催眠術の暗示が、心の中の、しかも意識の外のどこかに存在するのではなければ、どうやってこのようなことが起こりうるのかと、フロイトは自問した。

このような疑問はフロイトは以前からもあった。フロイトの真の業績は、無意識的思考を2種類に分別したところにある。第一は、多くの心理学者がそれまで『無意識』と呼んできたもので、忘れかけた電話番号とか、パーティで会った人の名前といった、意識のすぐ下にあって、心の表面に飛び出すのを待っているもの。第二は、子ども時代に受けたトラウマやタブーに関わる願望など、もっと心の底のほうにあって、意識的な心からは実際に抵抗を受けるような種類のものだ。フロイトは第一の思考を<前意識>と名づけ、第二のほうに<無意識>の名をあてた。

19世紀の機械論的科学の伝統の中で育ったフロイトは、心について、何か心的なエネルギーに満ちた機械のようなものだというイメージをもっていた。とくに初期の論文には『圧力』『エネルギー』『力学』など、物理学から借用された用語が散見される。これを読むと、心がまるで液圧応用機械のように見えてくる。初期の図式では<無意識>は心の奥底の最も暗い領域にあって、エネルギーに満ち満ちた思念が表面に浮かび上がろうと押し合いへし合いしている部分とされていた。意識的な心はこれらの無意識の思念を<抑圧>する力をふるっている。ここでは、心はあたかも図に描けるような『領域』と『境界』をもった空間的物体であるかのように扱われている(フロイトは好んで図を描いた)。心的事象は、<無意識>と<前意識ー意識系>というふたつの大きな領域の間のダイナミックな関係から生まれてくる(フロイト自身、この初期の唯物主義的発想には少々違和感を感じていたようだが、この発想は、以来ずっと精神分析の特徴となっている)。

たとえば夢は、深い無意識の欲望ーこの種のもので最も強いものは幼児時代にまでさかのぼるーとその日の前意識の『痕跡』が(化学反応のように)混じり合うときに生まれてくるとされる。しかし無意識は、夢の中でさえ完全に姿は現さない。それほど心の保護的抑圧は強い。無意識が前意識の痕跡と混じるとき、あるいは意識的な幻想の中に立ち現れてくるとき、無意識の思念は意識の検閲を逃れるために必ず変形する。フロイトは、この変形ん<圧縮>と<置き換え>のふたつの様態があるとした。

圧縮というのは、一種の無意識の論理だが、抑圧された観念や願望の配列を暗号化されたテーマに押し込めること(この暗号は精神分析で解読できる)。置き換えのほうは、無意識の思念に結びついた心的な『エネルギー』を、そこから連想される、より安全でまっとうな観念のほうに逸らすことだ。フロイトの見るところ、神経症的な行動では、比較的重要でないと思われることがらに多くのエネルギーがつぎ込まれる。

さて、それはともかく、フロイトはこの心の図式に決定的な論理的欠陥があることに気づいた。心の意識の部分が抑圧に携わっているのなら、この抑圧行為自体は意識的でなければならないはずだ。しかし実際には無意識を抑圧にしたりそれに抵抗したりすること、あるいは圧縮や置き換えなどの検閲行為を、私たちは意識していない。つまり意識の中には、それ自体無意識的な部分があるということである。意識の中のこの抑圧を行なう部分は、それ自体抑圧されず、また無意識であるが、すべての無意識が抑圧されているわけではないということになる。

この結論を得たフロイトは、心の地図を改良する必要性を悟った。


本サイトでは、女性の心の疲れを取る、心の不安を解消する、心に癒しを与える、女性が生きていて幸福感と充足感を得られるために、西洋哲学の文献引用をし、作者の主観を外すために、読みにくい、比喩や隠喩、または文脈上のレトリックと言われる修辞学、これは雄弁術、弁証術、説得術ともいわれる記述上の技法を駆使しているため、女性は書物を読むのが難しくなってしまっているのです。それを、本サイトでは、断絶して、切り取られた文節で、タイトルをつけ、何が書かれているのかを見やすくしています。接続詞や感嘆詞、副詞を外し、主語と動詞に絞っているため、読みやすくなっています。

なぜ、本サイトでは、西洋哲学の文献引用を記述しているのかというと、日本人というのは、島国で曖昧さにより、女性のなかに潜み、隠れている自己を捻出するのが難しいからです。つまり、女性が抱えている心の疲れや心の不安は、曖昧さからきており、西洋哲学の文献引用を読み、知的欲求が抑制されているところを目覚めさせ、興奮させることによって、女性は知的さを高めると、心の不安が安定に変化するという感覚が知り得てくるからです。

その文献引用をパサージュ集と命名しています。
パサージュ集についての、コンセプトは次の記述をご覧ください。
女性の心を癒す落ちつかせるパサージュ|女性の不安を取る励ますための実践的哲学

パサージュ集は、本を読まなくなっている今世紀に重要な価値を女性であるあなたに与えることになるでしょう。
女性は、男性とは違ってホルモンの生成が年齢に関係なく豊富であり、今日まで信じられていた美意識は、性的な愛や恋に捉えれていましたが、実はそうではなく、知的欲求に性的欲求があることを本サイトが証明していっています。
女性は、知的欲求を磨くと、驚くほど、美しくなり、輝き、オーラが現れ、自己が確立して、生き方が変わっていきます。
その経験を、このパサージュ集を眺め見ることで、書物を一から読むよりも美的効果がありますので、ご期待くださいね。
パサージュ集に関して、お聞きになりたい疑問がありましたら、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

本を購入することはネットから容易に行なうことができますが、その中に埋もれてる女性の知的欲求を磨くためのコンテンツ(文体)に出会えません。
そして、女性は多忙な生活を送っているのに、その中に本を探しに行き、そこから良いコンテンツに出会うまでの時間的余裕がまったくありません。
そのような事情から、現代小説のような連続性を内在させた形式に縛られたものや、すぐに結果が出るためには?のようなハウツー系に手を出してしまい、結局すぐにその本を読み終えても、知的欲求が刺激されることはほとんどありません。
本サイトはそのような事情をふまえて、コンテンツを中心に記載し、その文脈も哲学性がないものはまったく採用しておりません。
本サイトを運営する哲学性を持つ専門者が、吟味して、あなたの生きる時間を想像して選出しており、アナログで入力するため、未完成のままであります。
随時、更新させていきますので、ぜひご活用頂ければなと存じます。

本サイト女性の心の疲れと不安を取るためのパサージュ集はこちらから

うつ病とホルモンバランスの関わり|カント、サド、ラカンと普遍性のパサージュ

女性の悩みと不安解消|谷川俊太郎のメランコリーで女性の悩みを解消するパサージュ

女性の心が疲れてイライラをなくすために|心の感情の転移を理解し女性のイライラと疲れ解消パサージュ

哲学は女性の副交感神経で心癒す|フロイトと倒錯とユートピアのパサージュ

 


本サイトは、女性が自分の知り、それまで欲求は食欲、性欲、消費欲と思われていた基準を、知的欲求に変更する目的で作られています。
どうしてこのような女性専用でしかも、今の世の中ではほとんど行なわれていない哲学を内蔵させたのか?
この問い(テーゼ)の今の段階でわかっている地点は、女性には感性という自由な神経系を持つというところからです。
しかし、その感性を生かせる環境は、現状の世の中にはありません。
目の前のことは視野によって意味づけられ、女性が今日まで与えられた教育で固められた常識は、いつも女性の内面の自由さよりも、外部にいる他者に意識を奪われる、自分を見失うのです。

本サイトでできることは、
・女性はみずから作り上げた知的欲求のよる幸福感と充足感をかたちにする

・現実でうまくいかないことから見る目を変えるために、知的欲求を刺激して、自分に自信を持って生きる

・現実に疲れ、心の疲れが取れない、心に不安がたえずあるなどの、症状を取り出し、哲学的に記述(エクリチュールといいます)を読み、女性の生き方を見直す

などです。
定期的なメルマガを申し込むもいいですし、個別に知的欲求を刺激するセッションを申し込むのもいいですし、いまよりも少し知識を増やし、自己表現をエクリチュールで発信して、自分を強くするプランを申し込むのもいいです。
本サイトは、自己を見つけ出すために、思考に運動を与える実践ができる女性専用サイトであります。
ご興味のある方は、ぜひご連絡くださいね。
お問い合わせ

本サイトのご説明をいたします。
美意識には、刺激として入力が必要だと申し上げました。
そして、入力には自分で刺激を用意しては、予期しないことでないため、それでは入力系にはならないとお伝えしました。

それを容易に叶えるのが本サイトであります。
本サイトは、女性であるあなた自身が今よりも充実感や幸福感を高め、日々が満たされるよう、そのお手伝いをさせて頂くことがビジョンです。
そのための入力を反復して頂くことが充実感や幸福感、美意識による生き方の変更、日々感じておられる仕事や人間関係などの疲れ、心に限らず身体に感じるイライラ、倦怠感、憂鬱な気持ちにも対応できるようになっています。

入力を促すには、本サイトが無料でお読み頂ける実践的哲学で構成された記事をお読みください。
これは、本来の普遍的傾向でしたら、無料でお読み頂く記事を無料にはしないほどの内容と質と量が伴っており、この記事が有料となるのですが、入力は自由にやって頂く方が適切だと考え、生の哲学を現代に合った文体で読むことができます。
これが、始原的な入力となり、何度も読んで頂きますと、入力の神経系は解放され、そのうちあなたの内部運動が持つ制御が生まれ、発散から収束され、あなたの思考の資材となります。

そこからより個別的に自分磨き、または疲れがなかなか取れない、孤独感があって、一人で過ごすことは不安や焦りが出てくる感覚がある方は、一歩進んで個別的実践的哲学に導入することをお勧めいたします。

・スタンダードメンバー;月額864円
本記事への質問し放題、月二回にあなたに合った個別的哲学のエクリチュールを提供させて頂きます。

・プレミアムメンバー;月額2,700円

あなたという一人の人を哲学により解体し、実際の未来へのビジョンや理念を立たせるお手伝いをいたします。必要に応じて、パロール(話し言葉)が必要ならオプションで実践的哲学をトレーニングしている哲学者とコミュニケーションの時間を作ります。

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-西洋哲学構造にパサージュ

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.