女性の心を落ち着かせる言葉

女性の心の疲れを癒す心の見つめ方|禅と精神から女性の心の癒しのパサージュ

投稿日:

女性の心の癒しを作る心の見つめ方。禅と精神から女性の心の癒しを作り出す。

:日常のなかの悟り;禅

・紀元前一世紀の出会い
「紀元前一世紀頃、中国人が仏教というかたちでインド思想と出会ってから、二種類の発展が平行して展開した・・仏教のスートラが翻訳され、当時の中国の思想家たちは独自の哲学にもとづいてこれを解釈・・こうした思想の交流は、華厳宗の成立という成果をもたらした・・」p137(1)

・インド仏教の発展:禅
「インド仏教は、中国人の実際的な性格を反映して、一種の精神修行法に発展していった・・この哲学は『禅』と呼ばれ、紀元1200年頃日本に伝わり、さらに磨きがかけられて、今日にいたるまで『禅』という生きた伝統として継承されている・・」 p137(5)

・禅のユニークな特徴と仏教と同じで悟りにむかう
「禅は、三つの異なった文化の哲学や特徴が混じりあったユニークな思想・・日本特有の人生観でありながら、インドの神秘思想、タオイストの説く自然と自発性・・儒教の徹底した実用主義をも反映している・・禅は・・基本的には純粋な仏教・・そのめざすところはブッダと同じで、悟りを開くことにほかならない・・悟りの体験は、すべての東洋思想の真髄であるが、禅にユニークな点はその体験のみに専念するところであるいかなる解釈をも求めようとはしない・・」p137(9)

・禅とは悟りの体験
「鈴木大拙によれば『禅は悟りにおける修行』である・・この観点から見た仏教の真髄は、ブッダの目覚めと、誰もが悟りうるという教えであり、膨大な数の経典に展開されている教義はあくまでも補助的なもの・・禅とは悟りの体験であり、その体験が、究極的には思考のあらゆる範疇を超越しているために、禅は抽象化や概念化にはいっさい無関心・・そこには特別な主義や哲学もなければ、正式な教義や信条もない・・あらゆる固定した考えから解き放されるところに、真の精神性があるとする・・」p138(1)

・禅は真実を言葉ではあらわせないとする
「究極的真実は言葉では絶対にあらわせないということを、禅は他のどの東洋神秘思想よりも確信する立場をとっている・・この揺るぎない確信は、タオイズムから譲り受けたもの・・『誰かがタオについて尋ね、それに答える人がいたとしたら、両者ともタオを知らない』と荘子は語っている・・」p138(8)

・禅の体験は師から弟子へと伝えていく
「何世紀ものあいだ、禅独特の方法で伝え継がれてきた・・ある古典のなかで禅は、つぎのように要約されていた・・

『経外別伝
 不立文字
 直指人心
 見性成仏』

『直接さし示す』という方法には禅特有の香りがある・・知性的というより・・直観的で、説明を加えず事実をそのまま述べる日本人の典型的な性質・・禅の老師は、寡黙で、理論づけたり推測したりすることをきらう・・唐突かつ自発的行為や言葉によって、真実を直接さし示す方法が生まれてきたのもこのため・・たとえば公案のように、概念的な思考のパラドックスを明示し、思考プロセスを停止させ、修行者を神秘体験へと導く・・」p138(12)

・師弟の短い対話で具体的リアリテイにうつす

(二祖がボーディダルマに教えを乞うた)
『いまだ心が不安でなりません。どうか安心させて下さい。』
ボーディダルマは『その不安の心をもってきたら鎮めてあげよう』と答えた・
それを聞いた二祖が、『しかしながら、不安の心を求めてもみつけることができません』と言うと、
『そら!其方の心を安心させたであろう』とボーディダルマは返答した。
                            「無門関」

『私はまだ叢林(そうりん)に入ったばかりでございます。どうかご指示ください』とひとりの僧が趙州(ちょうしゅう)に尋ねた。
すると趙州は言った、『粥はもう食べたか?』
『はい。食べました』とその僧が答えると、
『では鉢孟(はつう)を洗ったらどうだね』と趙州は言った。
                            「無門関」

このような会話は、禅特有のもうひとつの側面を浮き彫りにする・禅のおける悟りとは、世の中から見を引くことではなく・・日常の生活に積極的に参加すること・・中国人は、実際的で生産的な生活と家族の繁栄を重視したため、インド仏教の出家的な性質を受け入れることができなかった・・中国人の精神性に禅の観点は、ぴったりだった・・禅とは『平常心』・・日々の体験であると中国の老師たちは・・強調した・・日々の生活の中での目覚めであり、日常生活は悟りへの道であると同時に、悟りそのもの・・」p139(7)

・禅における悟り:仏性を直接体験
「禅における悟りとは、万物の仏性を直接体験すること・・身近なものが、日常生活で交わる人やものごと・・実際的な面を強調しながらも、禅は・・神秘的・・悟った人は現在を生き、日常のできごとに細心の注意をはらう・・いかなるものごとのなかにも、生命の神秘と不思議を体験できる・・

『なんと驚くべき、なんと不思議な!
 われ炭をもち、水を汲む。』
              「龐居士」

・自発的に生きることを説く禅の悟り
「禅の理想は、日々の生活を自然で自発的に生きるということ・・ある禅僧は、禅の定義を問われたとき『腹が減ったら食べ、疲れたら寝る』と答えたという・・あたりまえのことに思えるが、実際には相当むずかしい課題・・われわれ本来の自然なあり方を取り戻すには、長い修行が必要・・大変な精神的偉業・・」p140(16)

『禅を学ぶ前、山は山であり、川は川である。禅を学んでいるとき、山はもはや山ではなく、川もまた川ではなくなる。しかし悟ったあとには、山はふたたび山となり。川もまた川となる。』

・禅の悟りの源はタオ
「禅が強調する自然と自発性は、その、源がタオにあることを物語ってる・・その基盤となっているのはあくまでも仏教・・われわれの本性は完全であり、悟りの過程とは、本来の姿に立ち戻ることであるという信念・・仏性を探し究めることは『牛の背にのって牛を捜すようなものだ』と言われている・・」p141(8)

 

 


本サイトでは、女性の心の疲れを取る、心の不安を解消する、心に癒しを与える、女性が生きていて幸福感と充足感を得られるために、西洋哲学の文献引用をし、作者の主観を外すために、読みにくい、比喩や隠喩、または文脈上のレトリックと言われる修辞学、これは雄弁術、弁証術、説得術ともいわれる記述上の技法を駆使しているため、女性は書物を読むのが難しくなってしまっているのです。それを、本サイトでは、断絶して、切り取られた文節で、タイトルをつけ、何が書かれているのかを見やすくしています。接続詞や感嘆詞、副詞を外し、主語と動詞に絞っているため、読みやすくなっています。

なぜ、本サイトでは、西洋哲学の文献引用を記述しているのかというと、日本人というのは、島国で曖昧さにより、女性のなかに潜み、隠れている自己を捻出するのが難しいからです。つまり、女性が抱えている心の疲れや心の不安は、曖昧さからきており、西洋哲学の文献引用を読み、知的欲求が抑制されているところを目覚めさせ、興奮させることによって、女性は知的さを高めると、心の不安が安定に変化するという感覚が知り得てくるからです。

その文献引用をパサージュ集と命名しています。
パサージュ集についての、コンセプトは次の記述をご覧ください。
女性の心を癒す落ちつかせるパサージュ|女性の不安を取る励ますための実践的哲学

パサージュ集は、本を読まなくなっている今世紀に重要な価値を女性であるあなたに与えることになるでしょう。
女性は、男性とは違ってホルモンの生成が年齢に関係なく豊富であり、今日まで信じられていた美意識は、性的な愛や恋に捉えれていましたが、実はそうではなく、知的欲求に性的欲求があることを本サイトが証明していっています。
女性は、知的欲求を磨くと、驚くほど、美しくなり、輝き、オーラが現れ、自己が確立して、生き方が変わっていきます。
その経験を、このパサージュ集を眺め見ることで、書物を一から読むよりも美的効果がありますので、ご期待くださいね。
パサージュ集に関して、お聞きになりたい疑問がありましたら、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

本を購入することはネットから容易に行なうことができますが、その中に埋もれてる女性の知的欲求を磨くためのコンテンツ(文体)に出会えません。
そして、女性は多忙な生活を送っているのに、その中に本を探しに行き、そこから良いコンテンツに出会うまでの時間的余裕がまったくありません。
そのような事情から、現代小説のような連続性を内在させた形式に縛られたものや、すぐに結果が出るためには?のようなハウツー系に手を出してしまい、結局すぐにその本を読み終えても、知的欲求が刺激されることはほとんどありません。
本サイトはそのような事情をふまえて、コンテンツを中心に記載し、その文脈も哲学性がないものはまったく採用しておりません。
本サイトを運営する哲学性を持つ専門者が、吟味して、あなたの生きる時間を想像して選出しており、アナログで入力するため、未完成のままであります。
随時、更新させていきますので、ぜひご活用頂ければなと存じます。

本サイトパサージュ集

精神分析と自閉症|女性のうつ病の解決方法のための精神分析のパサージュ

女性が心の不安をなくすために|バタイユのエロティシズム、禁止と侵犯の分析のパサージュ

うつ病で悩む女性のホルモンバランスによる治し方|フロイトの幼児の性愛のパサージュ

女性が生き方を変えるために哲学する提案|ローティの哲学の終焉と終焉の哲学パサージュ

 


本サイトは、女性が自分の知り、それまで欲求は食欲、性欲、消費欲と思われていた基準を、知的欲求に変更する目的で作られています。
どうしてこのような女性専用でしかも、今の世の中ではほとんど行なわれていない哲学を内蔵させたのか?
この問い(テーゼ)の今の段階でわかっている地点は、女性には感性という自由な神経系を持つというところからです。
しかし、その感性を生かせる環境は、現状の世の中にはありません。
目の前のことは視野によって意味づけられ、女性が今日まで与えられた教育で固められた常識は、いつも女性の内面の自由さよりも、外部にいる他者に意識を奪われる、自分を見失うのです。

本サイトでできることは、
・女性はみずから作り上げた知的欲求のよる幸福感と充足感をかたちにする

・現実でうまくいかないことから見る目を変えるために、知的欲求を刺激して、自分に自信を持って生きる

・現実に疲れ、心の疲れが取れない、心に不安がたえずあるなどの、症状を取り出し、哲学的に記述(エクリチュールといいます)を読み、女性の生き方を見直す

などです。
定期的なメルマガを申し込むもいいですし、個別に知的欲求を刺激するセッションを申し込むのもいいですし、いまよりも少し知識を増やし、自己表現をエクリチュールで発信して、自分を強くするプランを申し込むのもいいです。
本サイトは、自己を見つけ出すために、思考に運動を与える実践ができる女性専用サイトであります。
ご興味のある方は、ぜひご連絡くださいね。
お問い合わせ

本サイトのご説明をいたします。
美意識には、刺激として入力が必要だと申し上げました。
そして、入力には自分で刺激を用意しては、予期しないことでないため、それでは入力系にはならないとお伝えしました。

それを容易に叶えるのが本サイトであります。
本サイトは、女性であるあなた自身が今よりも充実感や幸福感を高め、日々が満たされるよう、そのお手伝いをさせて頂くことがビジョンです。
そのための入力を反復して頂くことが充実感や幸福感、美意識による生き方の変更、日々感じておられる仕事や人間関係などの疲れ、心に限らず身体に感じるイライラ、倦怠感、憂鬱な気持ちにも対応できるようになっています。

入力を促すには、本サイトが無料でお読み頂ける実践的哲学で構成された記事をお読みください。
これは、本来の普遍的傾向でしたら、無料でお読み頂く記事を無料にはしないほどの内容と質と量が伴っており、この記事が有料となるのですが、入力は自由にやって頂く方が適切だと考え、生の哲学を現代に合った文体で読むことができます。
これが、始原的な入力となり、何度も読んで頂きますと、入力の神経系は解放され、そのうちあなたの内部運動が持つ制御が生まれ、発散から収束され、あなたの思考の資材となります。

そこからより個別的に自分磨き、または疲れがなかなか取れない、孤独感があって、一人で過ごすことは不安や焦りが出てくる感覚がある方は、一歩進んで個別的実践的哲学に導入することをお勧めいたします。

・スタンダードメンバー;月額864円
本記事への質問し放題、月二回にあなたに合った個別的哲学のエクリチュールを提供させて頂きます。

・プレミアムメンバー;月額2,700円

あなたという一人の人を哲学により解体し、実際の未来へのビジョンや理念を立たせるお手伝いをいたします。必要に応じて、パロール(話し言葉)が必要ならオプションで実践的哲学をトレーニングしている哲学者とコミュニケーションの時間を作ります。

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性の心を落ち着かせる言葉

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.