女性の心を落ち着かせる言葉

女性の心を解放し癒す方法|精神分析的視点で女性の心の不安から守る

投稿日:

女性の心を精神分析で心に運動を与え、心を解放し、心を癒す

精神分析的視点とは 著書;劇的な精神分析入門

1、無意識を認める

「ヒステリーの失神発作や身体症状は、心の無意識的な思いを読み取らせること、あるいは想起することで解消するという『無意識についての理解』が、精神分析を創始させた・・本を読む読書は、意味を意識し文章を目で追っておられる・・読書そのものに使われているのは、心の数十パーセントぐらいで、残りの心の領域では絶えず雑念が通り過ぎて行っているはず・・『心の傷』で心を砕いて消耗している場合もあろう・・『本当は子どものことが心配なのに、目ではこの文章を読んでいる』・・私たちの心は二重化しており、家族のことを意識すると読めないから・・その心配は心の隅や奥にしまい込まれ、ときには抑圧されたり無意識化されたりする。」p92(1)

・意識の領域と無意識の領域の対立
「心配や心の傷は、心の隅に追いやられても、多くの言動を決定して・・私たちが『本当は心の傷が疼いてそれが気になる』と『本当』という言葉を使うように、そっちが本当・・それが人間を動かす、気がついていない領域であり、意識の領域に対して無意識が対立する形で存在し、心は二重化する。」p92(11)

・無意識と心の二重化
「意識に対する無意識の二重化は、建前と本音・・表と裏という具合に日常的な日本語に置き換えて考えることができる・・この二重化は、大人対子ども、人間対動物、良い子対悪い子、などの二重化として考えることもできる・・私たちは子どもの心の奥に閉じ込めて大人をやって、動物性を殺して人間をやっている・・。」p92(14)

・無意識を認めない学派
「秘められた部分が明らかになるには時間がかかる・・この無意識という心の内奥を認めない学派もある・・実証主義の思考からは、フロイト派精神分析が主張する無意識の闇は調査研究の対象になりにくく、疎んじられることになる。」p93(5)

2、言葉で取り扱う

・心の誤謬
「ウラの思いを汲んだり察したりしながら、多くのコミュニケーションが進行している・・それを証明できないからといって、ないというのは、心を取り扱う際に・・多くの誤謬を生み出すことになる。」p93(9)

・精神分析と言葉
「無意識(あるいは心の裏)をどのようにして取り扱うのかを目指すのかというと、精神分析は言葉の使用を提案する・・精神分析の臨床では言葉はカタルシスや洞察を得るために必要とされ・・忘れられた過去の再構成の道具でもある・・分析的セラピストと患者は、患者の過去からの人生物語を読みながら、これを紡ぎ、また考えて、語り直す・・日本人は無口で、心の奥にあるものは・・曖昧に語ることを好むという反論・・。安心できる面接室で信頼できる関係が生まれると多弁になることも多い・・無意識になりやすいものは本来的に言葉になりにくく・・非言語的な媒体による表現が向いている場合がある・・絵や音楽などの非言語的媒体を主張する立場もある・・」p93(13)

3、過去からの反復に注目

・無意識に広がる心
「心の裏側の思いに耳を傾けていると、面白いことが見えてくる・・回数を重ねると人間の話は過去へ過去へと遡る傾向であり、『三つ子の魂』と言うように、人間は幼い頃から同じことを大人になっても繰り返すという現象・・幼い頃、心の柔らかいうちに書き込まれた台本を、その後も無意識に相手役を変えながら繰り返すという『過去からの反復』が癖になっている・・とくに情緒的に濃厚な関係になると顔を出しやすい反復で、これが幸せに終わる反復なら放っておけばいい・・問題行動や症状を抱えている人々は、その台本を悲劇やまずい筋書きとして・・逃避や失敗という形で繰り返している・・この反復を捉えこれを叩き台として言葉で描き出すという作業が、『心の物語を紡ぎ出す』というセラピストの営みの第一歩・・」p94(5)

・精神分析;反復と転移
「過去の台本は・・現在の治療関係においても反復され、この現象を専門用語で『過去から現在への転移』『あるいは心の内から外へ転移する』ということから転移すると呼ぶ・・現在のセラピストを相手にして展開するものの分析と理解が転移分析と呼ばれ、今日の精神分析の中心的な営みとなっている・・最近ではこの反復が過去からのものだという起源の問題よりも・・『今ここ』で関係と反復に注目が集まり、治療関係という『今ここ』で関係をを織りなし、さらに展開させ、そしてこれを理解して『新たな間柄』へとつなげる可能性が重視されている・・この本の読者も・・文章を多少警戒しながら読んで・・その警戒する態度がかつての重要な他者との関係の反復であることを強調する発生論的解釈よりも、まさに今・ここで、文章への警戒心そのものを取り上げるのが治療的展開を生み出すという考えである。」p94(16)

4、精神分析的発達理論

・平均的な人間の過去を知っておく
「『過去からの転移』や反復を読み取り・・過去の再構成を行う際・・再早期においてどういう関係が展開し、どこにどういう危機があるかを予め平均的な過去として勉強するために精神分析発達理論というものがある・・最初は胎内からの母子一体から、母子分離を達成する二者関係の段階へと進む・・良い関係と悪い関係、良い自己、良い対象、悪い自己、悪い対象などの、対象と自己の二面性が大きな問題となる・・そこへ第三者として父親が割って入り・・『エディプス・コンプレックス』が中心的な問題となる三者関係(あるいは三角関係)が展開する。


本サイトが立ち上げた女性の心の疲れと不安を取るために、西洋哲学の文献を引用したパサージュ集

哲学は女性の副交感神経で心癒す|フロイトと倒錯とユートピアのパサージュ

女性がお金に困らない仕事と考え方|フロムによるマルクスとフロイトのパサージュ

女性心が不安になるのはどんな原因なのか|フロイトとアドラー論争のパサージュ

女性の心を癒す落ちつかせるパサージュ|女性の不安を取る励ますための実践的哲学

 

本を購入することはネットから容易に行なうことができますが、その中に埋もれてる女性の知的欲求を磨くためのコンテンツ(文体)に出会えません。そして、女性は多忙な生活を送っているのに、その中に本を探しに行き、そこから良いコンテンツに出会うまでの時間的余裕がまったくありません。
そのような事情から、現代小説のような連続性を内在させた形式に縛られたものや、すぐに結果が出るためには?のようなハウツー系に手を出してしまい、結局すぐにその本を読み終えても、知的欲求が刺激されることはほとんどありません。
本サイトはそのような事情をふまえて、コンテンツを中心に記載し、その文脈も哲学性がないものはまったく採用しておりません。
本サイトを運営する哲学性を持つ専門者が、吟味して、あなたの生きる時間を想像して選出しており、アナログで入力するため、未完成のままであります。
随時、更新させていきますので、ぜひご活用頂ければなと存じます。


本サイトのご説明をいたします。
美意識には、刺激として入力が必要だと申し上げました。
そして、入力には自分で刺激を用意しては、予期しないことでないため、それでは入力系にはならないとお伝えしました。

それを容易に叶えるのが本サイトであります。
本サイトは、女性であるあなた自身が今よりも充実感や幸福感を高め、日々が満たされるよう、そのお手伝いをさせて頂くことがビジョンです。
そのための入力を反復して頂くことが充実感や幸福感、美意識による生き方の変更、日々感じておられる仕事や人間関係などの疲れ、心に限らず身体に感じるイライラ、倦怠感、憂鬱な気持ちにも対応できるようになっています。

入力を促すには、本サイトが無料でお読み頂ける実践的哲学で構成された記事をお読みください。
これは、本来の普遍的傾向でしたら、無料でお読み頂く記事を無料にはしないほどの内容と質と量が伴っており、この記事が有料となるのですが、入力は自由にやって頂く方が適切だと考え、生の哲学を現代に合った文体で読むことができます。
これが、始原的な入力となり、何度も読んで頂きますと、入力の神経系は解放され、そのうちあなたの内部運動が持つ制御が生まれ、発散から収束され、あなたの思考の資材となります。

そこからより個別的に自分磨き、または疲れがなかなか取れない、孤独感があって、一人で過ごすことは不安や焦りが出てくる感覚がある方は、一歩進んで個別的実践的哲学に導入することをお勧めいたします。

・スタンダードメンバー;月額864円
本記事への質問し放題、月二回にあなたに合った個別的哲学のエクリチュールを提供させて頂きます。

・プレミアムメンバー;月額2,700円

あなたという一人の人を哲学により解体し、実際の未来へのビジョンや理念を立たせるお手伝いをいたします。必要に応じて、パロール(話し言葉)が必要ならオプションで実践的哲学をトレーニングしている哲学者とコミュニケーションの時間を作ります。

ご興味のある方はぜひご連絡をお待ちしております。
お問い合わせ

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性の心を落ち着かせる言葉

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.