女性の心を落ち着かせる言葉

うつ病で悩む女性のホルモンバランスによる治し方|フロイトの幼児の性愛のパサージュ

投稿日:2017年10月9日 更新日:

うつ病で悩む女性の解決方法。心を癒すための心理学回帰とフロイト。

・幼児の性愛;エロス論集;ジークムント・フロイト

無視されてきた幼児の性愛

「性欲動についての通俗的な見解・・性欲動は幼児の頃には存在せず、人生の思春期と呼ばれる時期になって初めて誕生する・・幼児の性愛がどのようにして現れるかを徹底的に研究することによって、性欲動の本質的な特徴が明らかにすることができる・・わたしの知る限り、幼児において性欲動がつねに存在することを明確に主張した学者はいない・・。」p89(1)

小児健忘

「幼児期の性愛が無視されている理由・・(幼児には性愛がないという)伝統的な見方がある・・多くの人が、自分の幼児期の最初の時期・・6歳から8歳までの時期のことを忘れてしまうという独特な健忘症・・誰もがこの時期にはさまざまな印象に対して生き生きとした反応を示していたこと・・苦痛と喜びを人間らしく表現することを弁えていたこと・・当時愛情や嫉妬などの情熱を強く感じ・・動かされていたこと・・大人たちが理解力や判断力の発達の証拠とみなすような表現をしていたことが明らか・・成人してみると、自分のうちにこのような記憶をまったく残していない・・われわれが忘却している幼児期の印象が、人間の心的生活に非常に大きな刻印を残しており、それがその後の発達全体に決定的なものとなっていることは確信できる・・幼児の頃の印象は・・消滅ではなく・・一種の健忘が存在・・本質は意識から遮断(抑圧)されている・・精神神経症者の性愛は、幼児の性愛をそのまま維持していたものか、幼児期の性愛に回帰していたもの・・小児健忘とヒステリー性健忘と結びつける・・抑圧によって生じるヒステリー性の健忘の説明・・個人がすでに意識化することのできない多量の記憶痕跡を所有していて、これは連想によらなければ意識にもたらすことができないという状況を考慮する必要・・意識からはこの記憶に抑圧する力が働き、その意識化を妨げる・・小児健忘なしには、ヒステリー性健忘も存在しないという・・小児健忘のために、すべての人にとって自分の幼児期が前史的な時代となり、性生活の初期の時代が隠蔽されてしまう・・わたしはすでに1896年の時点で、性生活によって左右される特定の重要な現象の発生に、幼児期が重要な意義を持っていることを強調しており、それ以後も性において幼児期が重要な意味を果たしてるいることを、重視し続けてきた。」p91(1)

*幼児における性の潜在性とその消滅

「幼児期において・・異例で例外的な性的な興奮が存在する・・神経症者において、その時まで意識にのぼらなかった幼児期の記憶が浮上してくることから、幼児期の性的な行動について・・新生児は、誕生の時点ですでに性的な興奮の萌芽(ぼうが、物事が始まること)をそなえていること、この萌芽はしばらくの間は発展し続けるが、その後持続的に抑制されるのは確実・・抑制する力は、正常な性的な発展によって取り除かれたり、個々人の性質に応じて阻まれたりする・・幼児の性的な生活は、3歳か4歳の頃に、はっきりと観察できるような形で出現する・・」p95(1)

性的な抑制

「性的なものが完全に(または部分的に)潜在的なものとなる時期には、さまざまな心的な力が構築され、これが後に性欲動を阻止し、堤防のように性欲動の方向を左右する役割を果たすことになる(嫌悪感、羞恥心、美的および道徳的な理想要求)・・文化が発達した社会では、小児にこうした堤防を構築するのが教育の仕事であるという印象を受けるし、教育がそのために大いに役立っているのはたしかである・・遺伝的に条件づけられたもの・・教育の助けなしにも起こりうる・・教育に割り当てられた役割は、器質的にあらかじめ定められた方向に進み・・明確かつ明瞭に際立たせる・・」p97(1)

反動形成と昇華

「性的な発達の構造は、成長した個人の教養や正常性にとって・・重要な意味をもつ・・どのような手段で形成される・・小児の性的な興奮を抑制することによって形成される・・潜在期において・・小児の性的な興奮は存在している・・エネルギーの全部あるいは大部分が性的な用途から逸らされ、他の目的に向けられる・・性的な衝迫力を性的な目標から逸らし、それを別の目的に向けるこのプロセスは昇華と呼ぶに値する・・このプロセスが始まるのは、幼児期の性の潜在期である・・昇華がどのようなメカニズムで行われるか・・生殖機能が停止しているため(これが潜在的の主要な特徴である)、小児は自分の性的な興奮を利用できない・・こうした性的な興奮はそもそも倒錯したもの・・これは性感帯から生まれるもの・・個人の発達方向においては、不快な感情しか生み出さないような欲動に支えられている・・小児の性的な興奮は心的に反対の力(反動興奮)を呼び起こすのであり、この力がこうした不快感を効果的に抑制するため・・心的な堤防・・嫌悪感、羞恥心、道徳心など構築する・・」p97(10)

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性の心を落ち着かせる言葉

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.