女性の心を落ち着かせる言葉

女性の心が安らかに癒されるために|フロイトの夢分析、夢生活の心の癒しを分析するパサージュ

投稿日:

女性の心が安らかに癒されるために。フロイトの夢分析、夢生活の心の癒しを分析するパサージュ

;夢探索と夢分析

・精神分析が果たす目的
「一つの科学として、精神分析はわれわれ自身の心の中の出来事に関する真実・・われわれ自身の行為に関する真実を発見することに専念している・・これら二つのどちらかを公表・・多大の不安を克服する必要・・その不安には、迫害不安も抑うつ不安も含まれる・・。」p164(1) 夢生活 ;ドナルド・メルツァー

・精神分析で患者に夢を語ることの効果
「夢を語るということは、心の内奥を語るという信頼に満ちた行為であるとともに、それ自体に内在する真実に満ちた行為であると感じる。」p165(9)

・被分析者の夢のシステマチックな公表
「患者は通常夢の語りの側面と情動性の記述により没頭している・・セットと衣装によってシーンを完成させることによって・・夢自体の言語的言語と視覚的言語を変形しようと試みている患者はより多くの連想素材を出すようになる・・夢経験を・・公表する際の、分析者と被分析者との間の協同作業は、夢と連想が相互に絡まったものをつくり出し・・夢のシステマチックな探索の が可能になる前に整理されなければならない。」p166(1)

・夢を語る患者は躊躇したゲーム
「患者の大部分は、夢の探索や分析はゲームのようなものであると感じている。その間、転移ー逆転移の強い情動は一時的に停止される・・生の経験としての夢に関して患者自身が『距離をとる』ことからくる部分もあるし・・ビオンが言う『記憶と欲望』を私自身が一時的に停止することからくる部分もある。」p166(10)

・夢分析は知的なパズル
「スポーツのように、リラックスすることは・・熟練した『プレイ』には必要な心の状態・・ゲームのパターンのぼんやりとした概略が現れ始めてようやく緊張感を感じ始める・・分析者が最初に自信なげに解釈的なコメントを試みることで始める・・この心地良い探索段階を長く持って解釈的な動きを遅らせる傾向が自分の仕事にある・・夢の情動的な興奮の負荷を担う何かが、夢の直観的な把握の中で現れるのを待つ傾向が強くなっていることによって強化されている。」p166(17)

・夢生活は本質的な美
「演劇的な次元を持つ出来事として夢の形式的側面と構成的側面を感受することとかかわっている・・夢の探索は・・直観的な把握や興奮をまったく喚起しない・・失望感が患者の中にしばしば見て取れ・・落ち着かない気持ちと結びついてる・・。」p166(26)

・患者の最初の記述と分析者の二次的な記述
「患者の以前の素材からのものからでもあれ・・さらに悪いことに他の患者の経験や分析者自自身の個人的経験からのものであれ、分析者自身の連想も・・注意のフィールドの周縁部に入り込んでくる・・心のフィールドにさまざまなものが入り込んでくることは、解釈的直観が形づくられつつあるときに湧き起こる興奮とどういうわけか一緒に起こる混乱と共鳴し始める・・探索という心地良いゲームが終わり、分析者の落ち着きなさと苦しさが次第に増す段階が始まり、面接室の雰囲気は不安に満ちた期待と失望の予感に充満されるようになるかもしれない・・ビオンの『第2列』、すなわち分析者が自分自身や患者の無知を隠すために虚偽だとわかっている陳述をする傾向が、非常にリアルになる瞬間・・。」p167(14)

・夢分析から患者が距離を置くときに終わる
「一度解釈的な考えが形づくられ始め、混乱が興奮に取って代わられると、患者との協同作業は再び始める・・この段階では、状況は緊張をはらんだものであり、不安と抵抗は差し迫っており、患者が距離を置くことから来る安楽の時間は終わりを告げている・・。」p168(2)

・夢分析では『解釈的な考え』としてまとめる
「夢の定式化が現れ始める際のぼんやりとした感じを記述するのに用いている・・美的対象を前にしているという感覚と理解に伴う興奮が増すにつれ、宙づりの状況を維持しておくための分析者の語りは、異なったタイプの語りに取って代わられる・・患者が自分自身経験豊富な夢ー解釈者になるまであまり参加したがらない・・このタイプの語りには、螺旋状の感じがあり、素材の周りをぐるぐる回っているようであり、解釈的な考えを述べ、どういう反応であるのかを少し待ち、続けてまた別の側面や考えをみていくことを続けていくうちに、さまざまな解釈の糸が編み上げられ始める・・。」p168(7)

・『解釈』の定式化
「分析者によってな何らかの意味がさらにつけ加えられたことを示唆する・・『定式化』というのは良い・・この過程は、一つの象徴的形態から別の象徴的形態への・・主に視覚的な言語から言語的言語への変形の過程である・・意味の増加どころか、貧困化が間違いなくこの過程によって強いられる・・。」p168(23)

・夢の定式化の仕事
「夢の定式化は、解釈的な仕事の基礎にすぎない。より大変な課題はある特定の夢の意義を見いだす課題である・・分析者は自分の構成的な思考の能力だけを頼りに、霊感の瞬間以外は直観に概して見放されてなし遂げなければならない・・分析者によっては・・転移過程への言及であるし・・あるいは再構成への貢献である・・。」p169(3)

・目指すものは秩序
「大抵の定式化は散文になってしまう・・美的対象としての夢の詩法匹敵するようそれにふさわしい言語的言語への変形を目指さなくていいということにはならない・・われわれが第一に目指すのは秩序・・素材は、われわれ分析者の混乱や『無意味』の感じを抱かせるのと同じぐらいに・・覚醒している・・夢を見た当人にそのような感じを抱かせる・・夢の混沌に秩序をもたらすことではない・・夢にはそれ自身の秩序がある・・われわれは、われわれ自身の心の中の混乱に秩序をもたらすことを目指す・・。」p169(13)

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性の心を落ち着かせる言葉

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.