女性の心を落ち着かせる言葉

女性の心の不安を解消するための関わり方|初期フロイトの心理学草案のパサージュ

投稿日:2017年10月13日 更新日:

女性の心の不安を解消するための関わり方を根底から省察する。女性の幸福感と充足感のために。

100年を越えて

・フロイト思想は100年にわたって批判された価値
「エディプス・コンプレックスがフロイト精神分析の中心的な概念・・どういう意味合いで革新的なのか・・革新性は、必ずしも十分豊かには把握されてこなかった・・」p38(2)

「無邪気な子どもが、社会には受け入れられない欲望を抱いている。だがその欲望は認められることはなく、権威のある他者によって禁止されたり、罰をちらつかせて警告を受ける。その結果、子どもは外的かつ社会的な規範を自ら内面化してゆく。それが心の中に『超自我』を形成する。

・フロイトはエディプス神話をなぜ持ってきたのか
「この仕掛けの骨組みがあらわになっている文章がある。それが、ごく初期に書かれたものの生前には公刊されなかった『心理学草案』である。1900年の『夢解釈』に数年先立つこの文章は、一般には精神分析の内側に位置づけられるものではない・・フロイトが精神分析以前の立場から精神分析へと決定的に転換するまさに境界線に位置する作品と見なされている。」

・精神のあり方を問うフロイトの『心理学草案』
「国のありようが国境線において鋭く問い直されるのと同様に、『心理学草案』は、精神分析の内側がどのようにして構築されていったのかに関する舞台裏を、フロイトの意図とはかかわりなく、垣間見させてくれる。」

・フロイトのエクリチュールの個性
「フロイトは自らの個人的軌跡を消したり隠蔽することに熱心だった(ピーター・ゲイ)。日記だけでなく、重要な原稿も少なからず破棄されたと言われている・・『心理学草案』は、フロイトの意図に反して後世に残った特異なケースである・・フロイトの思考の舞台裏を垣間見るには絶好の機会と言える。」

・フロイト『心理学草案』と脳科学
「小泉英明『脳の科学史ーフロイトから脳地図、MRIへ』があるが、その序章において・・フロイト『心理学草案』が取り上げられている。最新成果を紹介する本が、100年以上前の・・フロイトの文章から始まるのは不思議・・脳科学こそが、フロイト精神分析による心の病についての解釈を次々と覆してきたと思われてるから・・治療実践に関しては、精神分析と脳科学は競合関係にあった・・精神分析にとって脳科学は天敵であると考えられている。」

・フロイト『心理学草案』の再考の価値
「『脳の科学史』の著者は、『心理学草案』を見直す必要性すら主張している。この原稿が『草案』と呼ばれるのは・・公刊を前提としない私的な原稿だったから・・そのような曖昧な性格を持つ原稿が、最新の科学の一つである脳科学と一体どのような関わりを持つのか・・『心理学草案』は、20世紀後半、人文系や社会系の学問に対して少なからぬ痕跡を残してきた。『強度』や『微分』のような用語を用いるポストモダニズムと呼ばれる思想群が20世紀後半に注目・・ジャック・デリダをはじめとして、『心理学草案』に言及する・・『心理学草案』は、20世紀後半の思想にとっても無視できない作品・・21世紀を切り開く脳科学にとっても気になる存在・・。」

;刊行されなかった著作

「『心理学草案』は1895年に、ヴィルヘルム・フリースに個人的に書き送った原稿だった。フリースはベルリンの開業医で、1887年から1900年頃までフロイトと深い親交を結び、多くの手紙や原稿がやりとりされ、重要な影響を与え合った。この個人的交流こそ、学問的に孤独の中にあったフロイトを支え、精神分析理論の揺籃(ようらん)となった。」

・フリース死後に『心理学草案』は本屋へ
「その後、二人の関係は冷却し、フロイトが書き送った手紙や原稿はフリースのもとに残ったが、フリースの死後、妻がその重要性に気づき、『フロイトの手にわたれば、それを破棄するにちがいないと思い』、『本屋に『フロイトには転売しない』という条件で売却した』・・その後、原稿はパリのマリー・ボナパルトの手に渡る・・フロイトの愛弟子であり、1926年にパリ精神分析協会を創設する重要な役割を果たした分析家である。」

・出版されたフリース書簡集・完全版で
「フロイトは自らの思考過程について『一度もこれほど率直にそしてこれほど詳細に示しはしなかった。フロイトとその後の著作のどれも、新鮮さと迫力においてこれらの初期の手紙には及ばず、また、どれも、彼が精神分析を創始している間に彼を動かしていた最も内面の思考をこれほど劇的に明らかにしてはいない』と・・『草案』は、心的装置(心という装置)のメカニズムを描こうとした大胆な試案である。」

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性の心を落ち着かせる言葉

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.