女性の心を落ち着かせる言葉

女性心が不安になるのはどんな原因なのか|フロイトとアドラー論争のパサージュ

投稿日:2017年10月12日 更新日:

女性の心が不安になるときの原因を探すために、フロイトの伝説とアドラーをパサージュさせる。

・ナルシシズムの問題
「異端の非難には、正統性の主張が含まれる・・精神分析が何ではないのかを言うために・・フロイトはそれが何なのかを述べなければならない・・以前の弟子が捨て去ったと自らが断定する精神分析学説の三つの本質的な構えを名づけることによって、アドラーとユングほの論争を開始する・・フロイトが言及する理論とは『抑圧の、神経症における性的欲動力の、そして無意識の』理論である。」フロイトの伝説;サミュエル・ウェーバー p18(1)


・アドラーとユング批判の根拠
「精神分析に不可欠の基礎を確定した上で、フロイトは正確に、二人の裏切り者がいかにそこから外れているかを証明していく・・精神分析からの二人の離脱は教義の個々の点に限ったことではなく・・何かもっと根本的なものに関わるということ・・理論的な洞察を生み出す思考様式そのもの・・精神分析は、フロイトが断言するには、『総じて人間の心的生の完全な理論を提出しようと要求したことは一度もなく』・・。」p18(7)

フロイトが批判アドラー心理学
「『アドラーの理論は、まさにはじめから『体系』であったーそれは精神分析が注意深くそうなるのを避けていたものである。それは、たとえば夢素材に覚醒時の思考が行うような『二次加工』の際立った例である。アドラーの場合には、精神分析の研究を通して得られた新しい素材が夢素材に取って代わっている。このことは徹底して自我の立場から把握されていて、自我が慣れ親しんだカテゴリーの下にもたらされそこで、翻訳され、ねじ曲げられーーちょうど夢形成で起こるようにーー間違って理解されている。さらに、アドラーの学説はそれが主張することよりも、それが否定することによって特徴づけられるのである。』」p18(19)

・フロイトのアドラー批判;夢理論
「思考が真の意味を捻じ曲げる定めにある夢の『二次加工』と同等とみなされるアドラーを批判し、究極的には失墜させる・・アドラーは、一般理論を、体系を提出すると主張するにもかかわらず・・たやすく精神分析によって取り込まれ、包摂されうる・・。」p19(10)

・精神分析に対する暗示
「精神分析は・・自分自身の限界を『知っている』ように見えるからこそアドラーの体系を・・ある部分を同化し、残りを排除することによって吸収し、説明できる。」p19(15)

・フロイトの二次加工
「フロイトはその観念を、『夢の作業』の章というコンテクストで、夢が葛藤を含む欲望を同時に表現しかつ象徴化の第4のメカニズムとして導入・・他の三つの手続きー圧縮、移動、表現可能性の顧慮ーとは対照的に二次的な練り上げないし加工は、夢にとっては本質的でありながらまったく無意識的な活動に特有なものではない・・『われわれの覚醒時の思考と区別できないある心的機能』に関わる。」p20(20)

「夢の作業の中で務めを果たしうるのは・・親和性のおかげ・・合理性の外見を生み、夢の隠蔽を隠蔽するように仕組まれたもっともらしい理解可能性を生み、その上で意識にとって接近可能なものにする務めをである・・二次加工によって、夢の要素は『意味を持つように見えるが、その意味は真の意義からありうる限りかけ離れた』ものになる。」p21(3)

・夢の解釈には二次加工が必要だった
「二次加工はそれゆえ、本質的に無意識的な解釈の過程として描かれる。覚醒時の心の論理的で合理的な期待に沿うように見える形で、その素材を再編成し提示することによって、夢を見る者を欺くようにできている・・まさに最も筋の通った分かりやすいように見える夢が、実は最も当てはまらないことになる。」p21(10)

・フロイトの夢分析
「『それらの夢を分析すると、ここでは夢の二次加工が最も自由に素材を扱っており、その中に本来備わっている関係を最少にしか保持しなかったのだと確信することができる。それは、われわれがそれを覚醒時の解釈に従わせる前に、いわばすでに一度解釈されていた夢である。』」p21(15)

・フロイト夢分析の審判
「このメカニズムが『われわれがその影響をこれまで夢内容における制限と省略のみに認めてきた検閲の審級』に割り当てられるなら、ここで検閲の新しい、より積極的な役割が明らかになる・・二次加工を通して・・『改ざんと追加』を生むが、そうした効果をフロイトは意識的思考の延長として記述している。」p21(20)

「『われわれの覚醒時の(前意識的な)思考は、どのような知覚素材に対しても、問題になっている機能が夢内容に対して振るまうのとちょうど同じやり方で振るまう。そのような素材の中に秩序を築き、関係を立ち上げ、知的に理解できる連関の期待の下に置くことは、覚醒時の思考には当然のことである。むしろ、われわれはあまりに遠くまで行き過ぎるのだ。手品師のトリックは、われわれの知性の習性に依拠することによってわれわれを欺く。与えられた感覚的な印象を分かりやすく組み立てようとの努力の中で、われわれはしばしば、この上なく奇妙な過ちを犯し、われわれの目の前にある素材の真実を歪めたりするのである。」p21(26)

・フロイトの引用の傾向は読むことから
「『われわれは意味を乱す誤植を読み落とし、それがた正しいという幻想を抱く。』」p22(11)

・フロイト;視覚の理解の欲求の定義
「二次加工のだまし絵にとっての可能性の条件を提出するのは、われわれが見ているものを理解したいという、まさにその欲求である。われわれの覚醒時の心は、熱心に意味を見出そうとするあまり、理に適っているように見えるものを得るために容易に不合理を見逃す・・。騙されやすさは・・特に騙されやすい人に限ったわけではない・・覚醒時の思考そのものの特徴で・・二次加工の『傾向的な加工』への道を開く。」p22(15)

・合理的思考の助けの二つのカテゴリー
「フロイトによる語(tendentious、傾向的な)の使用は・・彼の機知の研究・・彼は機知を『無害な』と『偏向した』という二つの基本的なカテゴリーに分ける・・二次加工と機知の類似性は、両者が共有している攻撃的な意図よりもはるか遠くにまで及ぶ・・攻撃性が、無意識が自らの目的を押しつけるために合理的思考の助けを借りるやり方に結びついてる・・Witz(機知)は、二次加工のように、『知的に理解できる連関の期待』によって可能になる。」p22(25)

・謎めいた碑文;二次加工のトリック
「『正常な思考の貢献の下に夢が生じるような、夢の決定的な形態に匹敵するものを探すとしたら、Fliegende Blatter(『吹き荒れる葉』というユーモア雑誌)がそれで読者を長い間楽しませてきたあの謎めいた碑文以上のものは見当たらない・・ある一文ーー対比のために、方言に属し、できるだけ奇抜な意味をもった文ーーに対して、それがラテン語の碑文を含んでいるという期待を呼びさますことになる・・その目的のために語の文字要素はその配列から引き抜かれ、音節になり、新たに配列される。そこかしこに本物のラテン語の語が立ち現れる。別のところでは、われわれは目の前のラテン語の短縮形を見ているように思う。さらに別のところでは、われわれは、碑文の破損した部分ないし欠損の外観によって、ばらばらのままの文字の無意味さなどないかのように思い込む。もし冗談に乗せられまいと思えば、われわれは碑文の部分ごときものすべてを無視し、文字をしっかりと見て、見せかけの配列に頓着せず、われわれの母語に属する語へと組み合わせなければならない。』」p23(8)

・夢を理解するには与えられた語の読む習慣を壊す
「夢を読むためには、われわれは与えられた語の連鎖に従って『理解する』習慣に抵抗しなければならない。その代わり、われわれは分析し、見かけ上の統一体の個々の、構成要素をなす文字に分解し、そのあとで、なじみが薄いにもかかわらず、それでも『われわれの母語』と比べうる言語に再配列する用意がなければならない。そうした読解過程は、言語と戯れる準備性が高いためになじみのもの(『碑文』の疑似ラテン語)を認知したいという欲求を阻み(はばみ)、かくして直接に意味に同意しようとする欲望を阻むことを前提とする・・。」p23(24)

・体系的思考ー哲学とアニミズム
「この欲望は・・フロイトのよれば・・しゃれに『乗せられる』(fall)運命にある人々のカテゴリーに特徴的・・哲学者のこと・・哲学者は、フロイトがハイネを引用して書いているように、ちょうど二次加工が『夢構造におけるギャップ』を埋めるように、『宇宙の見取り図における穴を・・・パジャマの切れ端と帽子で』埋めようとする。二次加工のたくらみにとって理想的な『カモになる』傾向の中で、哲学が知恵への愛であるよりも知恵の恐れであることが明らかになる。phobosophie(叡智恐怖)である。」p24(4)

・一定の合理主義的な思考の特徴づけ
「『世界についての最初の完璧な理論』としての『アニミズム』を記述するコンテクストで、フロイトは精神分析の観点から・・体系的思考の意味を説明するために二次加工の概念を使っている。」p24(16)

・フロイトのテクスト『トーテムとタブー』
「『夢の作業の産物の二次加工は、ある体系の本質と自負との見事な例である。われわれの内にある知的機能は、知覚の素材であろうと思考の素材であろうと、われわれが我がものにするいかなる素材からも、統一と連関と分かりやすさを求める。そしてこの機能は、もし特殊な状況の結果、正しい連関を把握できなければ誤った連関を打ち立てることを厭わない。』」p24(23)

・フロイト二次加工の概念の拡張
「『夢判断』における概念の使用と比較すると・・二次加工の範囲をかなり拡張している・・今ではその隠蔽機能は、もはや夢作業に限ったことではなく、むしろ体系的な思考一般を特徴づけるものとして現れる・・そのような拡張・・新たな問いを提起する。夢の中で二次加工が、それ自身が夢願望に含まれる葛藤機能である検閲機関の影響下で作用するとすれば、意識的で体系的な思考において作用する検閲の等価物とは何か?『われわれの内には統一を要求する知的機能がある』とフロイトは断言する・・彼は問いを置き換えている・・いかにして『機能』を要求できるのか?どんな手段で?あるいは・・どのような条件下でそうした『知的な機能』が要求する力と、それらを押し付ける権力を獲得できるのか?」p25(2)

・フロイトのアニミズムについての議論
「アニミズムをあらゆる体系的な思考の系統発生的な先駆にするだけでなく・・その範例にするものは、『世界全体を単一連関として一点から捉える』傾向であり、『世界の本質を余りなく解明』(同所)しようとする努力である。統一性と全体性はアニミズムを形成するカテゴリーであり、アニミズムをあらゆる体系的な思考モデルにする・・あらゆるものは同化され、何かを残したり外側に放置してはならない。」p25(17)

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性の心を落ち着かせる言葉

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.