女性の心を落ち着かせる言葉

女性が美しくなるための哲学|エクリチュールとレトリックのパサージュ

投稿日:

女性を美しくする女性がしたくなる哲学。エクリチュールとレトリック

・アリストテレス
「よい隠喩をつくることは、似てないもののなかに類似を認知することである。」生きた隠喩;ポール・リクール 序章

・隠喩の修辞学
「隠喩の修辞学は、『語』を準拠単位とする。したがって隠喩は、一語のみの言述の文彩の中に分類され、類似による転義的比喩として定義される。隠喩は文彩として、語義の移動や拡張を構成する。この隠喩の説明は代置理論に属する。」序章

・アリストテレス『弁論術』
「三つの領域にわたる。第一に議論法理論であり、これが弁論術の主軸をなし、同時に、弁論術と論証論理学や哲学との結び目をなす。次に修辞理論であり、最後に構成理論である。」p2(2)

「修辞学の歴史は、あたかも(あら皮)の歴史である。(つまりバルザックの同名の小説に出てくるこの護符は、願いを叶えるごとに縮んでいく。)修辞学の死の原因はそこにある。」p2(8)

「修辞学はこうしてその一部分に縮小することにより、同時に、弁証術を通じて修辞学を哲学に結びつけていたつながりを失っていった。」p2(9)

・修辞学の死
「文彩の分類趣味がすっかり哲学的感覚をおしのけてしまったとき、修辞学は死んだのである。哲学的感覚こそ、修辞学の広大な帝国を活気づけ、その諸部分を緊密の統一し、全体を(オルガノン)に、第一哲学に、関係づけていたものである。」p2(12)

「雄弁術、公的な雄弁術があったゆえに、弁論術があったのである。」p3(2)

・古代シシリー人
「弁論術は説得の名匠である。」p3(6)

「弁論術は自然な雄弁に(技術)としてつけ加えられたものであるが、この技術は自然発生的な創造性に根ざしてる。」p3(7)

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性の心を落ち着かせる言葉

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.