女性の心を落ち着かせる言葉

女性が安心して生きるための哲学|身体と精神、快楽についての知

投稿日:

女性が安心して生きる哲学。女性の快楽を知って、自分を磨く。

・精神分析への攻撃
「われわれの知的生活の折々の儀礼の一つに、一年おきに、精神分析が流行遅れで、乗り越えられ、とうとう死んで埋葬されたと宣言されるというものがある。これらの攻撃の戦略が、またよく練られたものであるー三つの主なモチーフがある。」快楽の転移;スラヴォイ・ジジェク p19(1)

・攻撃の戦略
「・フロイトの『スキャンダラスな』科学上のあるいは個人的なふるまいについての新しい『暴露』
・精神分析の効果に関する疑問の高まり。・・生物学における大きな進展。
・精神分析の科学としての地位の放棄。精神分析はせいぜいのところ、われわれの心の働き方についての、おもしろく刺激的な文学ーメタファー的記述である。それは絶対に、明確な因果的依存関係を定式化できる科学ではない。」p19(4)

「フロイトの誘惑説の復活が、トラウマの幻想的性質に対するフロイトの根本的洞察に対していかに盲目であるか、つまり、それがいかに精神の領域の自律を否定し、直線的な因果の連鎖という伝統的観念を追認しているかということを示すのはたやすい。しかし、その復活を、『他者』そのものー現実の、欲望する他者ーが、トラウマ的擾乱(じょうらん)として、わたしの自我の閉じた均衡に乱暴に割り込むものとして経験されるような、後期資本主義的でナルシシストの主観性のあり方という脈略の中に位置づける方が生産的である。」p20(6)

・因果性の攻撃
「人は『科学的』立場をとって、精神分析が、厳密で検証可能な因果法則を明らかにすることができないと言って責めるか、精神諸科学の立場をとって、精神分析が、間主観性な弁証法を因果関係のつながりに『物象化』して、生きた個人を無意識のメカニズムに翻弄される操り人形に還元してしまうと言って責めるかの、いずれかである。」p20(13)

・精神分析の根拠の説明
「これらの責めに効果的に答える唯一の方法は、精神分析が、自然科学と精神科学という対、つまり因果的決定論と解釈学という対にこそ抵抗しているところについて、十分な説明を提供することだ。」p21(2)

・意味の二重性
「この二重性が、まさにフロイト派の理論的構築物の中に『メカニズム』とか『エネルギー』とか『段階』といった物理=生物主義的なメタファーに依拠しているメタ心理学的な欲動の理論(口唇、肛門、男根段階)と、完全に意味の領域の内部にとどまっている解釈との二重性という姿をとって反映されている。」p21(12)

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性の心を落ち着かせる言葉

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.