哲学とは?

女性が未来を先取りする生き方|ジルドゥルーズとフェリックスガタリの哲学で概念と平面を考える

投稿日:

女性が未来を先取りする生き方をジルドゥルーズとフェリックスガタリの哲学で概念化する

何が女性の生き方を定め、これから先の未来を明るくするのだろうか。その前に、今という時間は、女性にとってますます暗黙であり、それを見直す機会もなくなり、偽装的な絶対的他者が、スマホなどで見るインターネットのフィールドにいる見えないのに見えているように感じる他者たちである。それらの見えない人間たちは、女性が深遠的に神秘的に、自己内で表現する潜在性をすべて抑え込むかのように、封じこんでしまっている。何も見えない。自分というものが存在を語る自己内の誤謬である経験が加算され、それが累計となって、神経系の学習のメカニズムを刺激して反復することによって、徐々に固められたオカルトに反する超越した事物となった人間となっていく。女性はひとりではそこから逃亡することができないため、事物を事物として受け入れ、女性は自分自身にも強いられていく。この思考の非運動を省みなければ、女性は自分の生き方を否定的にし、自分が嫌いになって、時代の流れは人間を人間化するのが合理的で、機械化する観点で進行しているため、女性は非運動をも展開を変えられなくなっていく。それでは、女性は寂しいひとりぼっちの生き方になるのは、女性がまったく臨んでいない選択なのである。本サイトでは、合同著書『哲学とは?』からジルドゥルーズとフェリックスガタリをパサージュし、女性が幸福になれるまで、世界の本質を説いていく。

3、概念的人物

*例5

・デカルトのコギト
「デカルトのコギトは概念として創造されたものであるが、しかしそれにはいくつかの前提がある・・けれども、ひとつの概念にとって他のいくつかの概念が前提になるようにして(たとえば『人間』にとって『動物』および『理性的』がが前提になるようにして)、前提があるわけではない・・いくつかの前提というのは、この場合、暗黙の、主観的な、概念以前的前提のことであって、それらが、ひとつの<思考のイメージ>を形成するのである・・」p89(1)

・すべての人は思考することを知っている
「すべてのひとは<思考する>ということが何を意味するか知っている・・すべてのひとは思考する可能性をもっている、すべてのひとは真理を欲している(という前提である)・・」p89(6)

・思考のエレメントの概念と内在平面以外になにがあるか
「それら二つのエレメント以外に、すなわち概念と内在平面つまり思考のイメージ以外に、何か他のものが存在するのだろうか・・思考のイメージとは、同じ群に属するいくつかの概念(コギトおよびそれと繋がりうる諸概念)によって占拠されるはずのものである・・」p89(9)

・デカルトのケース以外の神秘的なもの
「デカルトのケースにおいて、創造されたコギト概念と、前提された思考のイメージのほかに、何か他のものが存在するのだろうか・・いささか神秘的な他のものが、実際に存在するのである・・それは時おり出現し、あるいは透けて見えたりするものである・・」p90(1)

・神秘的なものは中間的な、或る朧げな存在
「それは、前概念的(内在)平面と概念とのあいだで行ったり来たりする、中間的な、或る朧げ(おぼろげ)な存在をもっているように思われる・・それは、さしあたって、<白痴>である・・<私>と言うのはまさに彼であり、コギトを発するのはまさに彼であり、主観的諸前提を抱え込んだり平面を描いたりするのも、まさしく彼である・・」p90(4)

・教授と私的思想家
「白痴とは、公的教授(スコラ哲学者)に対する私的思想家である・・教授は教えることのできる概念(人間ー理性的動物)をたえず指示するのだが、私的思想家は、ひとつの概念(私は思考する[コギト])を、誰でもがそれぞれの立場で権利上所有している生得的な諸力によって形成する・・」p90(8)

・白痴とは、ひとつの概念的人物
「そこには、とても奇妙なタイプの(概念的)人物が現れている・・それは思考することを欲し、『自然の光[理性]』によって、自分自身で思考する者である・・白痴とは、ひとつの概念的人物である・・」p90(11)

・コギトの先駆者は存在するのか
「わたしたちは、コギトの先駆者たちが存在するのかという問を、さらに精密に言い表すことができる・・すなわち、白痴という(概念的)人物は、どこからやって来るのか・・その人物は、どのような仕方で出現したのか・・それは、キリスト教的な雰囲気のなかで、ただしキリスト教の『スコラ哲学』組織化に対する、つまり<教会>の権威主義的組織化に対する反作用として生じた事態なのか・・その痕跡は、すでに聖アウグスティヌスに見てとれるのだろうか・・」p90(14)

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-哲学とは?

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.