女性、心、うつ病

女性の脳を再構築し心のうつ症状を哲学をパサージュしうつ病にならず幸福感と充足感へ

投稿日:2018年4月15日 更新日:

女性の脳を再構築し心のうつを哲学という運動から幸福感と充足感に

女性うつ病改善 女性心疲れ取る

女性が抱えているストレスは、おそらく世の男性には理解してもらえないという事実に女性はなかなか向き合えていません。
社会構造というフレームが見えないところで蜘蛛の巣のようにでこぼこのツギハギのごとく組み立てられています。
これは、男性にも見えておらず、男性は生まれたときからずっとこの社会構造というフレームに埋没してきました。

家庭や教育がそのように導いたからで、男性はそのような社会の内蔵される構造など考えたことなく生きてきたのです。
男性は自分に問いかける疑問を持たずに生きてきたので、哲学性は発達しておらず、男性は一つの答えしかもたず、はっきりいって面白く、興味深いと思わせる男性はこの世にはいません。

そのような、哲学性のもたない人のことを、特徴として反知性と呼びます。
男性たちが社会構造の自分の身を預け、生産活動(つまり仕事や職業)をしてお金を得るのが人生の価値だと言わんばかりに格差をつくりながら悪を悪ものし、善で自分を正当化する男性が大量にいます。

自分が生きるにあたり、そこで生まれる心のメランコリー(憂鬱)は心の余白に気づかされ、生きることを意味を問いかけるのが社会構造で規定された人間から、有機体である生物構造で大地を歩いていく人になれるのです。
男性はこのような哲学的な実践を行なってこなかったため、社会構造が壊れたかけているこの現地点でどうすることもできなくなっています。

女性は男性が作った社会構造が合わず、哲学できずに心がうつっぽくなっていく

女性うつ病回復実践

女性は自分の本音を他者に言わずにいます。
女子会やママ友がカフェや飲食店でよく話をしているシーンは見かけますが、そこでの女性は話をして心を解放しているのではなく、同一化させ、社会構造の一員であろうとする慣習的行為であるのです。

どんなに仲が良い友人、幼い頃から知っていて大人になっても付き合ってる女性の友人であっても、女性は本音をさらけ出しているわけではありません。
これも社会構造というフレームのなかで行われた活動や行為は同じシステムのなかの行為となり、この社会構造のシステムでは、心が感じるままに自分を出してはいけないものとなっているのです。

男性が作った社会構造で女性は生きている。男性は哲学性のない反知性。女性は社会構造に適応させているが女性の内面の知覚から発生する感覚、情動的な運動が哲学をやめようとは思っていない。

女性は今も、明日も同じ日常が継続することが保証され、いうならば、強制されています。
女性はこのように生きることで、自分自身を何度も日常のなか、社会構造での(これは女性には見えていませんが)なかで経験重ねています
私たちは、生きることについてだれからも本質や真髄について教えられたことなく、今日にまでいたっています。

ここに大きな穴は、生きることは自然に展開され、続く、という認識とでは生きることの計画はだれが決めているのかというと、社会に合わせて決めてきた、さらにこの不可思議さを持ち、哲学によって実践しようとするときに、言語で自分を失ってメランコリー(憂鬱)を抱えた他者が私たちを邪魔してきます。そこで他者は女性たちに『生きることは自分次第だよ』『女性として生きるには、経済力にある男性を出会って、結婚するのが幸せだよ』『女性は自立しなければいけない時代だから、仕事は絶対にした方がいいわ』などという、言語が女性の心を抑え込み、うつ症状の発症となってしまうのです。

*社会構造を探ってみましょう。

今挙げましたエクリチュール(哲学性を含んだ記述)は社会構造をあるひとつの方向から見たものです。

・生きることは思考しようと、哲学をしようと、時間は淡々と進行し、自分が関われなくても進む。

・生きることその計画は、自分が決めるというよりは、良い就職のために学校に入る時点で経験した受験などから解釈して、自分一人では生きることができないとする経験

・言語意味生成という他者からの無断でのあなた自身への人生についての規定。『人生は自分次第だよ』という他者からの言語による暴力。

 

この記事のライターのtakが行なうコアパーソナルトレーニング。
実践的哲学に入る前に、脳を初期化するために、まずからだを調整し、大地と共有させておくことです。それを主にしたパーソナルトレーニングが次の記事で書いてありますので、ぜひご覧くださいね。

からだを発達時に戻して姿勢を美しいセットアップさせる

からだを重力の中で安定させ軽くして皮ふと筋肉のセンサーを刺激する

女性が美しく痩せるには?重力のラインに垂直に持ち上げる感覚刺激の反復で美しい姿勢のシステムとホルモンバランスシステムを高める

ジムに行って痩せたとしてもお腹のお肉は取れない決定的な理由はからだへのストレス

コア美人を目指そう|七回のコアパーソナルトレーニングで永遠の美を手に入れる

コアの鍛え方と磨き方の修正。コアは発達時の姿勢を取り一番安定するポジションを探す。コアパーソナルトレーニングの価値

姿勢改善で猫背のゆがんだ脊柱をコアコントロールでまっすぐに。姿勢を改善すると代謝システムが永遠に続く

女性を大地と結ぶBeauty-Core-Concept

BCC理論と他のパーソナルトレーニングの違い

トレーナーtakとお話をしてみませんか?
日常的な悩みをあなたから切断し、脳の無意識領域にガイドし、あなたがもっとも好きなことをあなたの中で気づきにさせていきます。
LINEでお友だち申請をして、トークで無料カウンセリング希望と書いてくださいね。

友だち追加

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性、心、うつ病

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.