女性、心、うつ病

女性専用哲学サイト女性の心うつ病の症状を改善。

投稿日:

心療内科より哲学で女性の心を早く癒す。

女性が誰にも言えない悩みとして挙げられるのが、生理不順とうつ病です。
女性同士、どこかのカフェで話している光景を見かけ、楽しく話をしていますが、話の内容は決して本音ではありません。

女性は心に異変が出て、いつもと違った感じがしても、これは恥ずかしいことだと思って誰にも相談しません。
ただ、もし相談したとしても、心理学を知っている人なら、話を聞き、あいづちを打ち、傾聴してくれるでしょう。しかし、それでは女性の心は癒されません。

仕事で疲れ、親と話が合わずストレスになっていたり、友人関係で過度に緊張し気を遣う、仕事ではいつも真面目で、気分の浮き沈みが分からないほど頑張ってしまう女性に話を親身に聞いても女性の心が早く癒されることはありません。

現に、女性が心に疲れを溜めても、現実において女性が生きることの選択を変えた例はこれまでないのです。
話を真剣に聞いてもらえると、心は確かに安心感は出てきますが、この感覚は心に運動が起きたのではなく、女性の心に今の状態でいいんだと強制的に抑えつけているのです。

女性はこのようなやり取りが通常化されています。
よく行われているのが、同性である女性同士で食事に行き、時間が許される間、話を続けるという行動です。
周りから見ると、一見楽しそうな話し声と笑い声が同時に、あちらこちらから聞こえてきます。
しかし、心は安心感モード、それは女性の心の運動を抑えることによって心が楽になった錯覚なのです。

女性が悩むうつ病
女性同士で話をするほど、うつ病は進行してしまう

複雑で、悲しいことですよね。
女性同士の付き合いをやめるわけにいかないですし、せっかく出会った同性の仲間は大切にしたいですし、これからも付き合うことになるでしょう。
女性の心がストレスを抱えると、真の女性が抱えている悩みに触れない話をするエネルギーがうつ病のエネルギーにプラスされます。

女性がうつ病の症状が出ていると、女性は自分の心の状態を気づきつつあるのです。女性の心が発するのは、心の不安定感、心の不安感、心の焦燥感などです。
うつ病は、誰もが抱えるホルモンバランス、神経物質のアンバランスからきています。分かりやすくいうと、生きるために使われるエネルギーが発生、放出される過程で、エネルギーの段階が効率悪くなるのです。

ホルモンバランス、神経物質のアンバランス。
それはストレスの頻度と女性の心の運動状態によって起こる。
生きるために使われるエネルギーは生命体(心臓、肺)が動く限り、作られる。
作られたエネルギーの効率が悪くなって、エネルギーが心(神経系、神経系が導線とする内部運動)に溜まってしまうことで、うつ病になってしまう。

うつ病の症状が心に現れると、女性は不安感を自分で知るため、それを無理にでも解放しようとします。
その時、いつも以上にエネルギーの行き場は心で停滞し、意識は行動的な意思の錯覚が生まれます。
すると、女性は同性の女性との付き合いの頻度を増やし、スケジュールに急に埋め始めます。空白がないように、予定をいれていきます。

この行動パターンは、うつ病の初期の状態で、女性が陥るものなのです。
このまま心の不安感が続くと、女性は自分の心に危機を感じ、ネットで密かに情報を調べ、心療内科の扉を開いていくのです。
しかし、心療内科に行った心の疲れを溜めた女性は、回復するどころか、心療内科の先生には回復したフリをして、女性たちは心療内科から離れます。

女性は心療内科に行くことにためらい、罪悪感があるのです。
心療内科から離れる要因は、診察で心理学的に先生に聞かれ、自分の話をしてもすべて話せるわけではないので、その話に結論がなく、女性は心に疲れをより感じるのです。

うつ病の症状を抱えた女性は、心療内科では完治しません。
参考記事;女性同士人間関係でうつ病に心療内科通院しても改善しない悩み。

うつ病が心の病気であると唱えてるのは、医師たちだけです。
女性は自分の心を自分でよく分かっています。女性は素直に自分の心と向き合おうとしています。
そこまでできているのに、心療内科に行っても治らないのは必然ですが、うつ病による女性の心の不安感があると、行動が活動的になると錯覚を起こすと、先ほど述べましたが、心療内科に行くのもその活動の一種であるのです。

では、女性の心が疲れ、女性がうつ病になっていくのをどうやって取り組めばいいのでしょうか。
それは、哲学的方法です。
哲学的方法は、心と肉体を分離して、生命体がもともと運動するエネルギーに選択性を与える実践です。

女性人間関係の疲れ。心を楽にする方法。

女性うつ病が発症で心を回復させる方法。心療内科より哲学で治す。

女性の心を哲学で本来の運動を取り戻す。

心に不安感が出て、自覚症状でうつ病ではと思ったのなら、心療内科に行く前にやるべきなのは、心に運動を与えるために、活動レベルを少なくする努力です。

女性の心は小さな変化でも、女性の意識から女性の意思に何とかして欲しいと要求してきます。
その要求は、エネルギーの誤作動であると前章で記述させて頂きました。
女性が心が不安になると、早く取り去りたいと思うのが神経系の素直な反応です。

心が表現するシグナルを真面目に読み取ろうとすると、どんどん見えなくなり、見えなくなっているのに、心から発生したシグナルも的確に判断できるものではありません。
心にうつ病らしき恐さが出ているのは、女性が自分の生き方を変化させるチャンスです。

参考記事;ホルモンバランスを哲学で整える。オキシトシンが女性がやりたいことを見つける。

生き方は、生命体が発するエネルギーの量、速度、強度、リズム、反復とそこから生み出されたエネルギーの分配と選択です。
女性がうつ病になっているのは、このエネルギーの放出の非効率からですので、生き方を変える機会であるのです。

ということは、うつ病を発症させている状態ほど、女性が今まで心を閉じる要因であったコンプレックスを退治し、抑制して、生命体のエネルギーを活かして、生きるためのプログラムを再開発できる大きなきっかけとなるのです。

女性が心にいつもと違う不安感があるなら。
心療内科に行くとうつ病と言われる。
うつ病であると思えば、女性は自分がうつ病だと自分が判断する。
その判断は、一生衝撃的な出来事となり、ずっとその出来事の時間に戻ることになる。
うつ病とは、エネルギーの配分の効率性の悪さからくる。

哲学的方法によって、うつ病である認識意識にやめさせ、心の運動を哲学で作りながら、今まで抱えていたコンプレックスを改善して、新しい生き方にプログラムを作り変えるのです。

哲学が実践できるのは、世界中で本サイトだけです。
うつ病だと思っているあなたは哲学でうつ病になったと思う以前よりも、まったく違った生き方ができます。


うつ病で悩む女性へ。
心の不安感で何も考えられなくなった女性へ。

心療内科に行くのは、自分と向き合ってからにしましょう。
心療内科に行っても、うつ病は治りません。
女性が抱える心の問題は、ストレスとエネルギー配分のバランスの非効率が要因です。

哲学をこれを機にしてみませんか?
あなたは今、このサイトで哲学の言葉を見るまで、哲学はあなたに関係ないものだと思っていました。

哲学は、あなた自身の中であなたを像として創っている断片的に重なり合わず、並列に並ぶ要素を問いかける外からの刺激(入力する)で、一つ一つ並べることです。

並べられた一つの要素をあなたには見てもらい、あなたが気づけるようにノートに記述してもらい、あなたが断片的要素を集めて、一つの考え方にしてもらいます。

すなわち、その要求の集まりを独自の概念といいます。
あなたが今まで心の柵(しがらみ)になっていた心の障壁。コンプレックス。
心の運動を停止して、あなたは今日まで生きていました。
今、世間体に合った生き方をしているのかもしれません。
しかし、心が停止しているなら、あなたを世間体が生かしていることになります。

世間体が今から構造解体されてきます。
世間の常識が変わっていくのです。あなたが心を停止して生きてきた偽装の安心感がなくなります。
あなたが現在、うつ病と診断されたのなら、哲学で生き方のプログラムを変える時期です。
世間体が変わる前に自分の壊して、独自の概念を哲学で創っていると、新しい時代が来ても先導して生きていけます。

生命体は、生かされてるのではなく、あなたが主体として生きることです。

哲学を実践したいと思われたなら、お問い合わせください。
お問い合わせ

哲学を実践するまでに、読むだけで哲学ができるツール、本サイト有料メルマガは月額3,240円で、どんな本を読むよりもコストパフォーマンスが良いです。
忙しいあなたの生活に哲学を入れるには、本を読むよりも、無造作に送られたメルマガを読むのではなく、眺め読みをすることです。本サイト有料メルマガをお申込みください。

うつ病の女性に最適の哲学メルマガ

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

参考記事;哲学で断片的要素をまとめると独自の概念が生まれる。
やりたいことを見つけ充実させる実践。あなただけの基礎概念を作る。

 

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性、心、うつ病

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.