女性、心、うつ病

うつ病解決方法|ホルモンバランスオキシトシンでうつ病を解決でき体質性質まで変わる。

投稿日:

女性が一人で抱えストレスを自分で増やしホルモンバランスの悪さでうつ病に

うつ病を患う女性が年々増え、男女全体のうつ病に悩む人が100万人を超える統計があります。これから世の中は大きく構造改革が余儀なく無機質に行われていると確定するぐらいに、行き詰まりが全業種で見えてきています。

特に女性は神経線維を繋いでいる神経系が感性豊かで、敏感で、とても感度の良い性質を持っていますので、世の中の変化は女性の体内(神経系の内面の運動を内部運動といいます)にストレスを起こし、必然的にホルモンバランスを悪くします。

女性の身体(内部運動)は神経系の感覚が良いということは、神経伝達が良いという証です。神経伝達は、神経の入力を機能するセンサー(受容器といいます)に物理的刺激(圧迫、振動、伸張などに反応する触覚、ストレスで血圧の変動で血管収縮で起こる細胞全体の圧縮による物理的圧迫)が介入すると、身体内部は神経伝達時の発生する神経物質が興奮と抑制を相互作用させます。

この作用は、何を女性の身体に起こすのでしょうか?

その神経物質の放出での興奮と抑制での反応は、女性の身体に記憶や学習という細胞に痕跡を残存させるのです。
ここで知っておいて欲しいのは、女性の身体に記憶と学習させるというところです。

女性の心について
女性は神経物質が豊富。
神経物質は神経系を通じて、女性の身体に多様な影響を及ぼす。

女性の感覚神経は外部(触覚)と内部(物理的ストレス)で刺激が入力されると、そこでの神経物質の放出量が迅速で大量です。その素晴らしい性質は、女性の身体の内面での興奮作用の閾値で幅広く、感覚として記憶や学習させ、身体の構造で覚えてしまうのです。

ところが、日本の教育の一義的な側面で実施してきたカリキュラムは、曖昧なままに心は精神にあり、などという表層での断片的な知識が心が生息する部位に特定がありません。
教育という全般的に同化した知が心について思考を運動させないことから、心と事象したり、心は精神だと断定知したり、心は気持ちなんだと思惟し、結局のところ心がどういうものなのか、各個人の一義的受動で得た心の暗黙知が、うつ病を回復させにくくするのです。

そこで、本サイトは世界初本格的実践哲学のスペースです。世の中にいる(ある)物事、人間を基礎哲学で問いかける刺激から構造に立たせ、構造のまま解体して、女性がそこで見えるものと見えないものとに区別し、女性の内部運動から自然発生した感覚的に内面で形となるもの(心象、事象)を表現し、独自の概念にします。

年々増えるうつ病と診断される女性たち。
心療内科に行くと、アカデミック(学問的、学術的)に人間を固定した人間と見て、パソコンの画面しか見ない医師、またはカウンセリングを中心に古典的精神分析で傾聴、受容、共感を忠実に展開する心理療法。
これらは、女性の身体に合わず、うつ病が改善した経過を聞くことがほとんどありません。

そして、心療内科では神経物質を抑制する安定剤、心理療法では、今の自分でいればいいと解釈する人間化は、女性のうつ病をより促進し、女性の苦しみを女性の中で孤立化して、女性の内部運動を迷走させるのです。

では、女性が抱えているうつ病への関わり方ですが、この記事では二つの女性の構造を分析した要素をご提案します。
それは、

・ストレスを緩和させるのは身体の知覚
・ホルモンバランスはオキシトシン

この二つの要素について女性がうつ病から改善できるために、哲学的介入で導いていこうと思います。

うつ病改善うつ病回復うつ病とオキシトシン

女性が悩むうつ病の根源から向き合っていく

 

ストレスを緩和させ、身体知覚を促通し、身体からうつ病を改善

ストレスは環境から影響を与えると言いますが、実はその事実は哲学を通して考えるなら、違っています。
会社や家庭での問題やそこの人間関係がストレスの因子だとするのは、あまりにも表面的で、認識する神経系のネットワークが少ない経路で思考を停止する認知という見方では、うつ病の原因はストレスだと言います。

うつ病の原因を仕事のストレスとまとめたなら、苦しんでいる女性の世の中の見方をますます狭くするのです。
ストレスは、物理的圧迫と言って、神経系が細胞と連結する際のリズムです。
うつ病がストレスと考え、それを答えとするなら、女性の思考は変わりません。

参考記事;うつ病の女性のための哲学

うつ病が起こる構造を見てみます。
うつ病は大脳の中央、中心に位置する核(基底核)の潜在的運動の停滞からきています。
うつ病を心療内科や心理療法で治そうとする考え方は、心を全面に主体して、心を独立して扱うことが、うつ病の治療には合っていません。

この脳の中心に位置する核(基底核)は細胞が潜在的に持つ内在的運動を核に伝達し、そのシグナルを受けると、そこの興奮作用で全身の細胞に強く、広範囲で緊張を緩ませた後すぐに、収縮させる機能があります。

細胞独自の運動は自分の身体であっても、誰かに言われることなく、自分で自分に言い聞かせることもなく、それらの意志、意識は伝達せず、無力です。
細胞は細胞で各セクションでリズムと反復を持つため、関われません。
この領域を身体と呼び、前述したうつ病の構造的要素である核(基底核)は、身体活動の源です。

うつ病に悩む女性の大半は心療内科に行き、心理療法か薬物投与でうつ病を改善させようとしますが、うつ病が発症する脳の部位が基底核(運動計画の中心で身体に影響)であるので、心を心として対応することに非効率な治療展開です。
うつ病で治療を受けた女性に聞くと、ほぼ身体に連環させた経験はないといいます。

そして、何度か心療内科に通うと、身体はうつ病で神経物質のドーパミンが減少し、うつ病を治す意欲も低下するため、心療内科にも行かなくなって、一時的に処方された安定剤(実際は筋肉を弛緩させるだけの薬物)で楽になった錯覚を信じ、ドーパミン減少のまま女性は生きていくことを決意するのです。

そのような状態は、これからの生き方にどのような影響があるのでしょうか。
それは次のような作用が女性の身体から心、そして活動する行動の関連していきます。

・新しい知識が学習できない
・ストレスが弱くなり、仕事が苦痛になり、離職しがちになる
・人間関係を極端に避けていく
・うつ症状を抱えたままで、未来を絶望的に考える

などが挙げられます。
ただ、新しい知識が学習できないのは、今後の生き方にはマイナスの部分がありますが、他の項目は新しい未来の時代背景にはドーパミン量を回復させると、個性として、適切な方向の生き方を導いていけるでしょう。
実践的哲学サイトでは、女性が自立できる目的を果たしていきますので、根源的にはうつ病を病気とは捉えません。

うつ病とは、個性が現前に出ている傾向を神経物質やホルモンが、身体に向かって表現しているのです。
すなわち、女性が社会に進出し、当然のごとく仕事と家事を両立させてきましたが、複雑化した社会の混沌(カオス)と経済事情の低迷による仕事場の変化の著しさは、女性の生き方に何のプラスも与えてるくれません。

女性は上記にも記述しましたが、女性は感性豊かです。
女性は生きる経験と共に、感性、感覚を巧みに内部運動(心や身体の神経系の他者を介さない自己内での連動)で世界観を広げていきます。
現状の社会が、女性の感性より、次元が低く、女性は社会で活動することに魅力を感じなくなって、内部運動での表現系として、ドーパミンを減らし、身体に生き方そのものを再提案しているのです。

女性が抱えたうつ病
それは基底核(脳の中心)から女性の身体に生き方のモデルチェンジを提案する。
うつ病はドーパミンを活性化する必要があり、心でなく身体に介入する。

本サイトは、実践的哲学を経験するスペースです。
うつ病を抱えた女性には、哲学的エクリチュール(書き言葉、記述、文章)をメルマガで読んで頂きます。
その発展系で、本格的女性の生き方の概念を実際に女性に哲学を自分で行ない、死までの時間を逆算して、真剣に独自の概念を立たせる実践です。
これらだけでも、ドーパミンは基底核の中で改善していきます。
うつ病にかかる要因は、生き方に哲学的見方がなく、視野の偏り、自己認識の狭さ、そこから心(気持ち、精神、心的、メンタルなど)が身体より有利(優先、上位、優越)となって、神経系は身体に95%の連動を持たせる構造から離れるところにあります。
本サイトでは、ドーパミンが身体に流さないのであれば、身体に直接介入する姿勢制御セラピーやオキシトシンセラピーという身体分野の介入もご用意しております。

女性が抱えるうつ病は、心療内科に通院し、心理療法で心を特別なものと扱われたり、薬物投与で一部の神経物質に作用させたり、身体を置き去りにし、心だけに着目させ、身体知覚が減っている要素に関わりが必要です。

ホルモンバランスはオキシトシン

うつ病を抱える女性を改善させるには、上記で挙げましたのは、ドーパミンという神経物質のお話でした。
うつ病の根源的要素は、基底核で産出するドーパミンの低下でした。
基底核は神経物質ドーパミンを合成し産出し、そこから神経線維に伝達する速度、頻度、強度に関与し出力させる作用でした。

では、ドーパミンの合成には、もう一つの物質が必須となります。
それは、オキシトシンホルモンと言われるホルモンです。
神経物質ドーパミンは、いつもあるのではなく、生命体(心臓、肺、全身の細胞)の運動でエネルギー供給を集めた合成から完成します。

体内はストレスや疲れから、体液濃度の高低差が勾配(こうばい)し、免疫が活性したり、不活性したり、体内の内部活動(心と身体の意志の関与しない運動)には変化がたえず発生します。

神経物質ドーパミンはその影響を受けるのですが、このドーパミンをなるべく低下させない方が、女性の生き方は正の作用だ維持されます。
これからの生き方を哲学で定め、現在の仕事を辞める際に、女性の内部運動は活動的であるに越したことはありません。

神経物質ドーパミンがなるべく脳内で高い状態の維持すると、知識学習を促進され、新しい未来に必要なのは、女性が知識を増やし、知的になることです。
そのために、神経物質ドーパミンをどのように高い水準にさせておくのかが、課題となるでしょう。

ドーパミンの合成に必要なホルモンが、オキシトシンホルモンです。
哲学で心と身体を分離させ、内部運動の力を使い、身体知覚を興奮させ、身体に自己意識を持っていき、それで女性の生き方を高めるのが本サイトのビジョンです。

哲学を経験して頂くと、心と身体が分かってきます。
今度は身体を中心にした哲学を実践し、女性の体内の体液濃度の変化、ホルモンバランスを感じ取る身体知覚を磨き、オキシトシンを活性化します。

実践的哲学で心と身体を分離。
女性が自分への関わりを未来を準備するために変える(自己意識、自己認識のチェンジ)。
身体を主体にしそこで哲学する。
身体知覚の興奮がオキシトシンを高める。

哲学は、内部運動(心臓、肺そこから繋がるエネルギー供給の経路の対象の細胞たち)でドーパミンとオキシトシンを共有させる目的でもあります。
すなわち、この哲学による結果、反応、現象は、女性の生き方の中心的主軸となる位置となるのです。

このドーパミンとオキシトシンの関係が見え、うつ病に関しても、哲学的にまとめることが可能となってきました。
うつ病は、女性そのものが女性という社会性を脱着し、性である女性でなく、有機体(生物、構造体、構造物、立方体、外部性)として、女性が自己を関連させる本能的、潜在的サインなのです。

女性が抱え、悩み続けるうつ病。
現在、医学が認定するうつ病と言われてなくても、女性は自分についてうつ病に似た現象が起こっているのを、よく分かっています。

・心が健康でない
・心に元気がない
・心にハリがない
・心が何をやっても楽しいと感じない
・心が生きていても希望を感じてくれない

など、心を直接見ようとする女性の心のバランスを崩す原因となる心理学の偏った人間像、女性像が女性の心と身体を融合し、身体が自己意識から消え、それが身体知覚を弱らせ、オキシトシンの低下を引き起こすのです。

うつ病を治すには、心療内科や心理療法では改善しない。哲学で心を見つめ、心が身体の一部、または身体の内部の運動である人間の構造を理解させること。
うつ病を治すには、ドーパミンとオキシトシンの興奮と活性化。
身体を主体にし、女性の未来、女性の生き方をも同時に進行させるとうつ病は改善する。
うつ病は心の病気ではない。うつ病は身体知覚の低下が要因である。

 


本サイトの実践的哲学、これらは女性のために作られています。
女性のためというのは、女性の体内が感性豊か、感覚の敏感さ、人間的に正直であり、女性は他者に対して優しいという構造を哲学的体系にしたのが、本サイトです。

現在の社会は、非哲学の構造で成立しています。
社会は、全体性(非哲学、全体主義、宗教的、信仰的、大衆的)で構成し、運営されています。
この構造が女性とはまったく違い、社会が退廃(たいはい)した現在、女性の構造とますます乖離(かいり)した状態で、女性はそれを差異(ズレ)が生まれ、自己意識で感じてしまうのです。

それを違和感で入力し、出力させたのが女性が抱えているうつ病なのです。
うつ病は内部運動(神経系、ホルモンバランス)の非効率が出力(表に出ている状態)されている諸現象です。
よって、うつ病は女性にとって心の病気ではありません。
うつ病はむしろ、女性が現在の社会から決別し、未来空間の自然が作り出す空間に、女性の生き方を設定し直す、よい機会であります。

本サイトでは、うつ病の女性を支え、推奨し、うつ病の内部運動の非効率を活かします。
本サイトは、自立できる女性を増やし、日本だけで世界を見るのではなく、全世界で通用する独自性の女性の個性を持たせた概念を完成させ、社会でなく未来に向き合って頂きます。

段階としまして、

・この記事を無料で読む(それだけでもかなり有効)
・有料メルマガを申し込み読む(独自性に近づける。独自性の概念までは到達しない)
・長期的プランで実際に哲学的概念を作る(独自性の到達。これだけでも女性の生き方は180度変わる)
・概念を生産性にする。事業として世界に発信する(これで世界でのあなたの信頼が上がり、真理を認められたことで生まれた価値を裏付けるお金が手に入る。世界に次なる投資のためのお金)

ご興味のある方は、即座にお問い合わせをどうぞ。
お問い合わせ
有料メルマガに関してはこちら
有料メルマガ

メルマガの効果
有料メルマガの効果

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性、心、うつ病

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.