女性、心、うつ病

実態させたうつ病の原因を見つめる|心理学的治療うつ病改善遅くする。

投稿日:2017年5月22日 更新日:

うつ病の原因とは何か。うつ病と判断する症状とは何か。

女性とお話をすると、その話の展開から、女性の心に潜んでいるうつ病にかかりやすいある特有の思い込み(歪んだ価値観)が発生する現象に出会います。
ほとんどの女性は社会の権力に、小さい頃から圧力を無意識にかけられてきたのです。

その圧力は心に作用したと思っているのが女性の心に対する認識で、今日まで心の構造について見直す機会はありませんでした。
女性の話の文脈を追っていくと、感じられる内面からの出力(表現、言葉、アウトプット)には次のような現象が挙げられます。

・人に過度に話を合わせようとし、無理をして、自分を見失い、最終的に話が聞けなくなる。人の話が理解できない。

・相手の心情に近づけようとするけれど、相手も自分隠し、良い一面を見せてくるため、話し手の女性、聞き手の女性共に、楽しい時間にしなければと思うがあまり、見えている範囲での話の文脈となる。(本当はもっと自分が抱えている悩みについて見つめたいと思ってるが、いつも撃沈する)

・無理やり全体的な女性の共通点の文脈にするため、少しでも自分の意見を言うとそれがかなり鋭く、本音過ぎて、女性はお互いがストレスを生み、陰口の対象となってしまう。対象の女性がいない時に話題に出てしまい、その事実もまた恐れてしまう。

社会は男性中心で運営されてきました。
現在70歳前後(昭和20年生まれの世代)の女性は主婦で生きることが常識で、全体的に女性はその宿命を受け入れた社会背景であったため、今とはまた違ったストレスはあったものの、今の女性ほど複雑な心理作用に悩みを抱えていませんでした。

しかし、現在は、社会は男性優位に固定性を維持しようとする男性の権威がある方向と、女性は仕事の幅が多種多様となって、女性だけは社会に適合させるには困難になり、女性はまだ定まらない現在に悩みの解決方法に出会えず、空虚な時間を棒にふる感じで生きています。

社会の複雑化と女性の素直な心の多様さと身体が出力する快と不快なリアルな感覚は、女性の行き場を失わせたうつ病の居場所を心を主体とする心と身体との差異を発生させているのです。

現在の女性のうつ病にかかりやすい社会背景があります。
社会を原因にするのは本意ではありませんが、人間(主に女性)に対立するのが社会の位置付けである現在の傾向は、思考の停止を促通し、自己が喪失し未来に希望が持てないのは、社会が原因と認識している限り、その思考の停止から介入するのが最もな方法なのです。

女性の急増するうつ病は、社会の制約が生み出しました。
女性の生き方は、戦後から目まぐるしく変化を社会の都合により変貌しています。その窮屈な制約で女性の身体知覚は奪われ、感性、感覚、感情は女性の構造的な特性ですが、社会は女性の特性を抑制するために、社会の性質を変え、女性にいつも不安を抱かせているのです。

このように考えると、うつ病の原因やうつ病の症状はどのような様態を女性の心(本質的には身体)に社会は植え付けてきたのでしょうか。
実践的哲学を世界初、実現させるために立ち上げられた本サイトでは、うつ病と社会について、関係性について、構造的に見つめていき、女性の心の不安が取れるようにしていきます。

社会とうつ病の関係性。
女性の心に影響を及ぼし、身体を心(精神)に内蔵させた悪質な社会の問題。
少し前まで、うつ病を初めとする精神疾患は異常な心の病気が引き起こすと解釈されていました。
今では、社会が女性のライフスタイルの不安定さを心を動揺させるために利用しています。

異常だからうつ病にかかるものではなく、そうといって正常だからうつ病にかかるわけでもありません。
女性が抱えるうつ病は、女性が持っている内面(内部運動、機能的運動、心の作用、感覚的伝達など)のバランスの悪さからうつ病にかかるのです。
要は、心療内科に行き、うつ病と診断される証明が、女性の内面に発生した正常と異常の制御を自己の内部運動で再学習していないところに原因があります。

うつ病の原因
単純にストレスからとは限定できない。
うつ病の原因は、社会が提示する価値観を拒否する女性の心の単独行動で起こっている。

心療内科に行くと、仕事のストレス、家庭の不協和音(不仲)と言われます。
ストレス解消する時間を持ち、心を楽にしたらいいだとか、家庭で問題のある家族との関わり方を変えようなどと、助言され、提案が出てきます。

ストレスのメカニズムが心療内科の診断には欠けています。
ストレスは、人間が神経系を興奮させるには、必須となり、新しい知識を学習するには、反復、持続、頻度、強度が必要です。
うつ病にかかる女性は、世の中の構造、人間の構造が理解できず、自己の心に集中することが原因です。

うつ病はストレスを解消させても、うつ病が改善する可能性はありません。
ストレスのかかり方を変更し、見えていない世の中や人間の構造を実践的哲学で知性で追っていかなければいけません。

では、うつ病の原因と症状と、うつ病の改善の方法について、世界で唯一の実践的哲学から見つめ直したいと思います。

うつ病原因うつ病症状うつ病改善

うつ病は女性が社会から脱するために必要な経路

現代の心の共有性の低下。うつ病の原因と症状は同一化、平等化、全体化。

女性は今日まで、幾たびもの問いかけを女性の内面の隠れかけた微かに見える自己に探求してきました。
女性はどうあるべきなのか。
この問いかけを哲学を介入しないで、答えを導く経験を積んできたのです。

すると、女性は男性と婚姻するのが最終ゴールだと世の中の常識は女性の思考を停止し、女性から知性を奪ったのです。
ひと昔前、女性は就職するためには大卒では、新卒時の年齢が上がり、婚姻で辞めるまでに期間が短期となるため、大卒よりも短大、短大よりも高卒というように、女性を年齢で縛っていました。

そのような背景で育った親(主に母親)は、次世代の娘に二通りの思考の固定を持たせました。

・男性に気に入られるように、可愛くいて、知性を磨くべきでない。
・男性に頼っているだけでは将来が不安だから、学歴を持ち、自分で就職し、男性に頼らないで生きていく力を持つ(決してこのパターンでも、女性は知性を奪われている)。

この二つの思惟のパターンに、現代に生きる女性がかかりやすいうつ病の原因が侵入しています。
二つ共、受動的であり、権威に屈するのが常識、男性に依存し婚姻する選択では、知性は磨かず家事手伝いと親戚付き合いできる最低限の道徳観が最初の思惟パターンの構造です。
二番目の思惟パターンも一つ目と同等の受動的で、対象が婚姻のための一人の男性だったのが、仕事を遂行するための複数の男性になっただけです。

両方とも、男性に依存し、自己を棄てることを第一とした価値観であります。
この部分に、うつ病の原因となる構造が含有しています。

女性が抱えるうつ病の原因

・男性への依存性の価値観の発達
・依存性は神経系の内部運動の不活性を生み、知識(情報)の選択、学習、開示ができず、社会以外の自己の内部で生きる空間が持てない。

心療内科でうつ病を診断されると、ストレスが原因だと一点張りな解答をもらいます。
理解しやすい対応ですが、女性は内部運動を感じ取るセンス(感性、感覚、感情)は豊富に自己フィードバックを起こしています。
心療内科の医者にストレスと言われても、女性は納得していません。
しかし、女性は男性に依存し、思考を停止してきましたので、知性を磨かず、心療内科の医者の診断を跳ね返す(反作用、反転、対立、対照)ことができず、神経系の興奮のないまま、女性はまたしも心を引き出して、原因を心の問題とするのです。

うつ病の原因は、どう考えても、ストレスだけの問題ではありません。
ストレスと心を結束し、原因は心にしかないと診断(判断、断定)するのは、ここに自由が奪われた男性社会の圧力(圧迫、制約)で女性に出力され、女性は受動的に還元されます。

心療内科に行くと、うつ病が治らない理由が分かりますか。
心療内科は医学(医療、医学権威、アカデミック、学術的)な世界の構造は男性社会の内在性は、運動より固定です。
物理的にいうと、気体(神経系)や液体(免疫系、循環系)でなく、固体(氷のように限界地点で最大値を発揮するエネルギーの出力)が医学の世界です。

女性がうつ病の疑いを認識で疑問視し、心療内科に行く。
すると、男性社会は医者という権力者を通じて、女性はうつ病であることを断定させられます。
原因は、一面的のストレスという生命体の入らない表現は、女性に思考の停止を促すだけなのです。

女性がかかりやすいうつ病は、社会が作りました。
仕事の疲れはストレスとされます。
仕事には人間関係が付いて回り、人間関係は軋轢が生じるという常識。
これがまたストレスの原因だとする、短絡的な事実は、ストレスとうつ病を根拠付けるには、理解しやすい因果の法則です。

信じられないことに、社会は女性を病気に誘導しようとし、女性を一生男性の権威の元に保持させ、男性の都合で女性を弱い立場で身分を象徴化を要求しています。

女性がうつ病だと推測する症状

・不眠症
・多汗症
・愛想笑い
・肥満、食欲亢進(食欲が止まらない)
・便秘
・生理不順、生理痛、月経異常
・学習機能低下(学習障害、記憶喪失、記憶不活性による非知性化)
・覚醒低下、神経系の興奮より抑制

男性社会が女性に強制した男性より下位とする身分保持による身体に発症する身体の現象です。
すべて、身体に違和感や機能不全が出ています。
そして、皮肉なことに、心療内科では扱わない項目ばかりです。
心療内科は、うつ病を心の問題(心の疲れ、心のストレス、心の寂しさ)を挙げ、心を単独化させる以外の選択肢を女性に提案しないのです。

心を単独にして、うつ病と向き合うと、女性は心の場所(空間、空洞、隙間)を探す作業から再稼働させます。
心の位置は、非常に曖昧で、心の存在、心の構造を知性の抑制(無知さ、非知性化)に思考の停止が絡まり、そして心を探求させ、心の所在地が不在で、女性は困惑し、迷走してきます。

うつ病の原因は、心を主体にし、心に原因と症状を求める男性の偏った女性の見方からきています。
うつ病の症状は心に発生したのではなく、身体に表現(表情、出力、漏電)しています。
うつ病は、心のストレスからではなく、心が身体の存在を吸収したところに要因(要素、エレメント)であるのです。

参考記事;やりたいことを見つけ充実させる実践。あなただけの基礎概念を作る。

    ;心の疲れがなかなか取れなくて辛い。女性の内面に隠された誰にも言えない悩み。

この記述でご理解頂きたいのは、うつ病は心が身体と分離させる社会背景があるということ。
すなわち、男性社会が女性に要求する同一化、平等化、全体化で女性が社会で疲れた不快な感覚情報を女性の体内で生命体(心臓や肺、両方の器官と神経系で結ばれる細胞の有限の運動性)で捉えず、心という異空間(異物、非存在と超越した存在)で共通させたことによるのです。

女性は、心の共有性を、女性の自己の内部で関われなくなり、その反応が、身体知覚の喪失であるのです。

女性が悩み続けてるうつ病の改善方法

今回の記述で、うつ病を哲学的介入で構造から捉え、うつ病の機能(内面、役割、課題)からでなく、外延上(外側、外部の深淵)で見つめることで、社会的に解釈されたうつ病の見方を脱構築することができました。

うつ病を抱える女性。
うつ病を心療内科で診察され、薬物投与で一時的にうつ病の根拠を削除され、自己認識(自己像、自己知覚、身体知覚)まで、見失われ、偽の脱うつ病患者とさせているこの現実が、ご理解頂けたと思います。

要は、うつ病を女性の身分や立場からの弱さを心的病理にすべて含意させる社会の悪があるのです。
うつ病が発症したと、思っているなら、あなた自身で、この記述のようにうつ病の基準が価値観にメモリーする意識を脱構築しなければいけません。

うつ病から哲学的介入で、脱うつ病で女性自身と向き合うと、うつ病ではないと落ち着いて、自己の浮いた(浮ついた)心の夢遊さが見えてきます。
女性は社会で適応しなければと逃げ場のない袋小路のブロックで心の異空間を等号させるように、うつ病の患者に成り切っています。

うつ病の改善方法は、

1、社会が女性を定めた弱さがうつ病という医学的権威の心的病理にまとめられていることを知る。

2、うつ病を恐るのは、心がそう思ってるのではなく、思考が停止しているから。

3、思考を運動させるには、ただ自分の心と直面しても思考は抑止する。
うつ病を改善するには、哲学的介入で、思考を徐々に入力(問いかけ、触覚、脱視覚、聴覚、丁寧な関わり)し、内部運動(神経系の作用、神経系の閉ループフィードバック、ミラーニューロン)で身体知覚に出力させる。

心療内科が行なっているのは、心的部分への特化です。
心が心として存在していたのは、19世紀後半までです。
心や身体、脳科学、神経生理などの事象は時代の展開が関連します。
現在、世界に心は存在せず、心から脳科学、神経生理の科学的研究の成果(それ相応の論文が膨大に世界に発信されているために影響を受ける)によって、心から身体に変化しています。

多様化された症状は、各個人で唯一となり、全体化している医学も対応できなくなっています。
違和感や痛み、不快感が発生し、病院に行っても診断不可能で、異常なしと言われるケースが頻繁に多発しています。
これは、現在に医学は心的作用を依然として中心としているからです。

うつ病も同じで、各個人によって症状に個性があるため、現在の医学的診断では、判断できないのです。
うつ病は病気ではありません。
うつ病は女性の生き方を変えるための、思考の停止が限界にきたというサイン(シグナル、知らせ、合図、号令)です。
うつ病は、医学的でなく、哲学的介入(実践的哲学)で各個人に合った、入力(インプット)で説いていく時代が来ています。


本サイトは、実践的哲学を行なうスペースです。
ネットの構造と機能を活かし、限界に近いところまで、女性の個に近似させる挑戦と実践です。

全体化、同一化、平等化を女性に要求した社会が生命を失い、構造に歪みが出ている証明が女性のうつ病にかかる反応の増加です。
すなわち、哲学がようやくここにきて、時代の展開の風向きを受け、女性が個の生き方が出来る時代となり、世界基準として赦し(ゆるし)を得たのです。

全体化に女性が寄ってしまうなら、女性にとって幸福(幸せ、豊か、安定、安心、安泰)は絶対に手に入りません。
時代が世界基準と共に、女性の個にも十分に直接的にも間接的にも、影響を受けるからです。

実践的哲学でうつ病を改善したい女性。
実践的哲学で未来を生産的に想像し、やりたい仕事(活動)を見つけたい女性には、適したサイトです。
ご興味のある女性は、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

本サイト有料メルマガ
有料メルマガ

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

実践的哲学に関する記事;

実践的哲学サイトコンセプト

うつ病の女性のための哲学

自分磨きのための哲学

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性、心、うつ病

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.