サイト活用について

女性悩みを明かして生き方と向き合ってみよう。

投稿日:

自分を打ち明ける大切さ。悩みは表現しないと自分でも分かっていない。

女性生き方 女性安心して生きる

女性であるあなたには、多様な悩みや困難を抱えています。
誰にも、本音で自分の悩みを表現しないから、自分で知っているようで分からないのが、悩みという実態です。

女性にかしこまったシチュエーションで、「悩みを抱えているんだろう。言ってごらん?」と言ったところで、女性は自分の内面への入り口は閉ざしてしまいます。
悩みを出すことにも、女性はストレスがかかってしまうんです。

本当は、自分を表現したいと思っているんです。
でも、それがなかなかできないもので、女性はそうして、とりあえず、少し癒される娯楽と娯楽に関わる人間関係で、一時的な解放はできていますが、自分の内面からは遠ざかっていくのです。

悩みを解決だなんて、どうも真面目そうな雰囲気にはしたくありません。
悩みに直面する前に、もっとラフなスタイルはないものかと、考え抜き、西洋哲学から実践した本物であり、日常的な自由空間を保持しながら、クリエートした未来に即した女性のための哲学で、自分を小説を書くように、表現して頂き、自分を見つめしてはいかかでしょうか?

作家になった気分で。あなたが主役。脚本は実体験から少しストーリー化して、フィクションに。

現代について、少し考えてみます。
今、この現代の時代空間は、どんな状況を迎えていますか?

街に関して言うと、郊外は過疎化が進んでいます。
仕事の需要は、どうしても都市部に集まりやすく、若い人たちは都市部の出ていきます。
すると、残された人は、若い人のいない中高年者から高齢者が中心となって、田舎(郊外)という空間がコンプレックとなるのです。
自分たちは、年を経った老年だと認識せざるを得ない状況で生きていってしまいます。
これが街の現実です。

中高年より若い世代はどうでしょうか。
インターネット(以降ネット)とスマホ(モバイル)で人間関係はSNSで仮想現実で繋がっていても、実態はそれほど深くなく、会って話をしても、SNSでアップした内容を会って話すことになり、感性によって話をする機会はほとんどありません。

分かりきった非想像での繋がり。
これは、どの人と会っても、感性は磨かれておらず、すべての人が均一化(汎用化、コモディティー化)されている。
若い人は、言葉での表現に幅が狭く、感性をうまく他者に伝えられないでいます。
その苦手意識を克服しないで、偶然的に時代の転換からネットやスマホを手に入れました。
これが、若い人が抱えている現実です。
非感性、非想像、非表現です。

人間は、自分の内面を外部に出力させることで、自己内の感覚という感性の再起動を促すことができ、自分の世界を想像でき、自分の想像性を磨けるのです。

あなたに主役になって頂きます。
小説(文学)を読むばかりで、自分で書こうと思ったことはないでしょう?
あなたは、自分の生命体を持った世界に対峙する作家なのです。

作家?
まさか?
私には、そんな才能がないよ!

誰もがそう思うのが必然的です。
作家って、どこか特別な人のように思ってしまう。
これが上記に挙げた中高年者、若い人の現実を象徴しているのです。
自分の生き方を固定し、才能の有無を勝手に解釈し、自分を考えないでいるのです。

この現実を、開始地点に戻してみましょう。
この世に生まれ、人は何を感じたでしょうか?
それは、世界の壮大さ自分のちっぽけさを身体で感じました。

その時、感性は感覚神経システムの合成により、最大値を出力しました。
身体の隅々まで。
皮膚や筋肉、内臓などの各器官は、生命体が維持されるまで運動すると、あなたという個の存在を超えるぐらいのエネルギーを感じました。

その感覚により、表現という運動を知りました。
言葉を獲得しない乳児期には身体を中心に表現を実現していましたが、言葉を覚えた時から、次第に想像性は出力する場を失っていきます。

現代教育という社会が定めた人間化の枠の中で自分を見つめ始めます。
作家は、国語の教科書で読むような著名な人物と思い、自分はそんな秘儀を持っていないと。
本当は、人はみな自然に対する表現者(作家)であるのに。
こうした話を誰にもしたことがないでしょう。
現代に生まれて、便利という部分では、古来よりは自由を得たと思っていますが、人間同士の繋がりでは、古来よりも退化しています。

あなたは世界と向き合う作家。表現者です。自分が経験した出来事を言葉で表現し、表現者の感覚を取り戻すのです。

 

表現した文章に哲学性を入れ、再表現へ。何度か行ない、データ化する。

表現をすれば、あなたは表現者です。
誰からも、批判される権利はありません。
最初は自分のために表現すると考えてください。
そこに深い意味を入れる必要はありません。

まず気づいて頂きたいのは、自分を表現する機会はほとんどない生活を送っていることです。
自分の内面を外部に出力して、自分の内面は分かってきます。
その機会がなければ、一度しかない生きる時間から価値を自ら奪ったようなものです。

早速、作家になって、表現してみましょう。
自分の思いを、1000字から2000字程度の文章にしてみてください。
タイトルを決めます。
先に決めても、後から決めても構いません。
あなたが表現しやすい、やり方で表現してください。

そのデータを本サイトに送付、または添付、PDFでもいいですので、送って頂きます。
その内容を、こちらは添削をして、哲学性を内在して頂くために、新しい文体(文脈)に発展できるように、提案したします。
そこから、再度本サイトにご提示頂き、二回か三回かやり取りをして、一旦完成となります。

その小説は、自身の経験から生み出されたものです。
事実のみの出来事を明記すると、その文体はすべての現代人に適応できる普遍性が生まれます。
普遍性は、一見すべての人に当てはまるように思いますが、実はそうではなく、個性を磨くために文体とはならないのです。

普遍性は人間に備わる共通した部分を引き出すことを言いますが、それだと本質的な部分は表面的な部分に侵食され、価値のない文体となります。
そのために、表現して頂いた文体は、そのままにすることはせず、哲学性を介入させると、その文体はそれを読んだ他者の感性に届きます。

普遍性は感性でなく、社会常識や全体が規定する観念の執着性となり、固定された人物像になってしまいます。
このようなタイプ(スタイル)は、これからの未来に求められない人物像です。
ここまで申し上げると、かなり外延(外縁)した話になるため、今はその先のことよりも、素直に自分を表現する欲求に関して、知って頂きたいのです。


あなたを作家にするために。
表現者となって初めて生命体が求める開始地点に立てたと言えます。
出版して本を売るなどと、即決したお金に関連させると物事は長続きしません。

いずれ、そのように発展する可能性もありますが、それを思うほど、発展のチャンスは乏しくなります。
そんなことは、後から付いてきます。
下手なマーケットをするよりは、自分を見つめ、自分の思いを発信してみましょう。

ご興味のある女性は、ご連絡ください。
小説の発信方法を説明させて頂きます。
お問い合わせ

哲学性が内在された文体は、世界中の人の感性に届きます。
今後は、本サイトの運営の元で、管理させて頂き、誰の手元に届けるかは、さまざまな見方から計画させて頂きます。
今後にご期待ください。


本サイトは、女性専用の哲学を実践するサイトです。
自分磨き、知的さ磨きのために開いています。
次のような女性が対象です。
・不安が取れなくて、生きることに恐さがある。

・仕事でミスが多く、上司によく怒られ、心が落ち込んでいる。

・恐い夢を見て、眠りが浅く、疲れが取れない。

・慢性疲労により、身体を維持することもしんどくなっている。

・今の仕事が嫌で、辞めたいのに、次何をしていいのか分からない。

・人間関係で仕事に行くまでに、気持ちが落ち込み、家を出るのが気が重くなる。

・ホルモンバランスの乱れが気になってる。身体の不調があって、病院に行っても改善しない。

・女性同士の付き合いに限界を感じている。女性に本音を話せない。

・気持ちの落ち込みが近づいてる感覚が分かってしまう。病院に行くと、うつ病だと言われた。どうしていいか分からない。

・うつ病を治したいのに、病院で貰った薬が合わず、うつ病がひどくなっている感じがして苦痛。

などです。
女性が抱える症状は、一人一人違います。
人に言うほどでないと思ってしる些細なことでも、本サイトでは、そこを見つめ、女性が楽に自分の目の前の困難を乗り越えて頂けるような、本質的な哲学性を提案いたします。

関連記事;

実践的哲学サイトコンセプト

新しい女性の美|女性心の健康を立ち直らせる。

うつ病の女性のための哲学

今すぐ出来る女性の自分磨き|安心して生活するにはこの方法だけ。

女性安心して生きる独自性を哲学で磨く方法。

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-サイト活用について

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.