サイト活用について

オキシトシンが心の不安をなくす。最新治療心の疲れを取りたい人に。

投稿日:

心の不安を早く取りたい。心の安定とホルモンバランス。

これからどうなっていくのだろうと、一人で思って心が不安になっていく。
不安は抱えた人にとって、嫌な感情。
しかし、その不安は他の人に分からないから、伝えようもない。
そうやって、漠然とした虚無感は心の倦怠感が出て、辛い。

このような不安を抱えた女性が、社会の退廃感と経済事情の低迷から、将来のお金の不安も関わり、女性を孤独な状態にしています。
そんなとき、女性は頼みの綱である同性の女性の友達に相談しても、心の不安をうまく伝えきれず、心の倦怠感が残ったまま、家に帰るった経験は女性なら誰もいが経験していることです。

このような心の気持ちの変化は自分では分かりにくく、心は空間の構造で、思考(考える、思う)が選択的に多様な運動を行なっているなら、心の空間はバランス良く、多角的な方向から弾力性を持って反応します(制御)。

しかし、心の不安を抱えると、不安が意識に関わるとすぐ思考を停止します。
そこから心の空間は周りから運動という弾力性で反応(フィードバック、省みる)しなくなり、女性の体内で自分の内部なのに、孤立します。

これが心の疲れ、心の不安の正体です。
社会が複雑化してくると、心に伝える思考が不安の認識で停止します。
そのまま抱えると、ホルモンバランスが崩れ、心は弾力性がないことで、神経系は一部の細胞に強く伝達を起こし、運動のない心が映し出す心象の模様、心から外部を経由した現象は固定したままの視野で、心は不安が取れなくなるのです。

心の不安は哲学から。ホルモンバランスを向上し、安定、制御からオキシトシン放出へ

心が不安になると、一度感覚は不安に向くと、不安を取ってくれるどころか、不安にはエネルギー供給(熱量)が高いため、記憶に残そうとします。
このエネルギーは、循環系、免疫系、神経系が連合し、より強くなっていきます。

この連合はこれらの体系(システム、経路、経由)は全身の拡大し、広大に構造を作っています。よって、この三つの体系が共同活動すると、エネルギーも膨大となります。エネルギーは記憶に痕跡を残ることに欲求を向けますので、心の不安は収まりが効かず、長期間で女性の心は不安を保持しています。

もういつの不安なのか分からないので、一人で心の不安を解消することはほぼ不可能です。
では、気の知れた、自分のことを何でも理解してくれている女性の友人でも、この心の不安を解消できません。

この理由は、哲学を友人は知らないからです。
女性の内部にあるすべての器官、心、思考は特定の基礎哲学での適切な問いかけが必要なんです。
女性の友人は基礎哲学を知らないし、あなたに向かって問うことは難しいです。

このように、これが現実の構造ですので、女性同士で理解し合えないのを残念に思う必要はありません。
こうして人というのは、基礎哲学が基底になければ、他者(他の人)の内面に近づくことができないと思えばいいのです。

そこで、本サイトでは、一人の女性の自分磨きを忙しく時間があまり取れない日常で、お手伝いします。
参考記事;実践的哲学サイトコンセプト

自分磨きのための哲学

世界基準に合わせて、これからの未来は女性が主軸となる時代が来ます。
今、その変化が世界で行われ、徐々に変化が見えてきています。
世界はその基準に合わせる準備をしているのに、日本だけはまったく進行せず、ここにきてまた受け身で待っているのです。

女性の日常は仕事や友人関係、娯楽、スポーツなどであまりにも多忙で、自分の時間が作れていません。
この自分の中で自己発生したストレスは、内部のエネルギー供給量を高め、それが前述した体内のシステムが漏電を起こし、ホルモンバランスを崩していきます。

本サイトでは、哲学を通じて、一人の女性を構造的に見て、心の不安を安定させていきます。
その最新治療法が、実践的哲学という方法で、女性が抱えている一つ一つの要素をバラバラにして、エネルギー供給量が高くなっている諸要素を選別(識別、選択、解析、解体)します。

実践的哲学を実践した女性の反応は?

・今まで見えていなかった世界が見えてきて、心から不安が解消され、新たに心に不安が生まれても静かに見つめることができている。

・今の仕事がずっと辞めたかったけど、実践的哲学をすると、仕事場を大きな目で見れて、今の仕事のどこが嫌だったのかが見えてきて、次何ができるのか、自分に向いていること何が落ち着いて考えられている。

・漠然としていたやりたい仕事ややりたかったことの構造が実践的哲学をすると、曖昧さから具体さに変わり、自分で事業を立ち上げたいと思え、今準備している。


最初のきっかけは、心の不安、心のイライラ、心の倦怠感を解消する悩みでしたが、哲学をすると、女性の内部運動を興奮させ、生産的に生きることに心と思考と行動(実践、実行)が同時に運営していくので、未来の活動まで発展していきます。

女性が主軸となる未来に合った実践です。
ご興味のある方はまずご連絡を。
ご質問はこちらから
忙しい女性が哲学に触れることで自分磨きができ、自分に自信が持てる本サイト有料メルマガ。
このメルマガを読めば、本を買う気がしなくなり、時間的にも、コスト的にもコストパフォーマンスは最大。
実践的哲学を日常にする有料メルマガはこちらから

うつ病やうつ症状を抱え、悩みを一人でどうにもできない女性向けの個人セッション。
うつ病やうつ症状を真剣に治したい女性にはこちら

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-サイト活用について

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.