サイト活用について

今すぐ出来る女性の自分磨き|安心して生活するにはこの方法だけ。

投稿日:

即実践へ。今すぐ出来る自分磨き。考えると思うを一定期間集中しよう。

自分磨きしたい。
でもやり方が分からない。
自分磨きしたい。
でもそんな時間がない。

そんな女性に出来る自分磨きには、一つの合言葉があります。
それは、

即実践(即実行)です。

自分磨きしないと、女性は元々最大値が大きく、絶えず変化を繰り返す感性と感覚を持つ身体(心、思考)がより狭くなり、動きにくさ、感じにくさを感じ、女性はその反応を的確に分かるのです。

動きにくい、感じにくいという不快な感覚は、物事(人間、人物)への狭くした認識(決めつけ、思い込み、固定概念)を増やし、女性は自分への自信を失い、希望を失います。
その期間に時間をかける(かかってしまう)ほど、不快な感覚は増えていきます。
不快さの内部構造(内部運動)は、非運動(運動が停止する、運動がなくなっている)です。

肩が凝ったと感じたとき、どうしようと思いますか?
過去にマッサージに行き、肩凝りが治った経験があると、肩凝りが出たとき、マッサージに行かなければと思う計画が生まれるでしょう。
しかし、これは一過性の手段であり、一時的な戦略であり、肩凝りが発生した根源(発生経路)には届いていません。

どうすればいいのか、などと問う必要はない。
まず考え、まず思う。
これが女性が出来る自分磨き。

これは、生きることにうまくいかなくなったと感じている人に現れる内部運動の停止です。
脳の中(脳神経、神経系、神経細胞、ニューロン)には、二つの神経回路の運動する経路があります。

・開ループ
・閉ループ

開ループは、外部から入る情報(言葉、表記、表現)を神経回路が感じ取り(シグナルとして)入力作用を起こします。
閉ループは、内部(内部運動)での変化、外部を介さない感覚の変化から無意識に運動が起き、神経物質の興奮が最大限になり、生成、成長、破壊と再生が起こります。

この二つのループによって、女性が自分に要求する自分磨きは、運動として機能していきます。
これが、

即実践(即実行)です。
自分磨きを妨げるのが、どうすればいいのだろう、何から始めたらいいのだろうと、思い悩むことです。
多くの女性は、この前提部分に悩みを依拠(存在、場所、居所、認識)させ、ずっとこの時間を費やしています。
ストレスが溜まってくると、親しい女性の友人(知人)と食事に行き、この悩みを顕在的(または潜在的)に確認し合うのです。

みんなもそうなんだね。
みんなもいろいろあるんだね。
こうして、女性は考える、思う、というリアルな思考(内部運動、行動、行為)の一歩前(前提部分)で思い悩むのです。
この部分は、先ほど挙げました、神経回路の運動経路の二つの道(開ループと閉ループ)を通らない経路で、今のまま固定された情報(刺激、入力)の更新のないところであります。

逆説的に見ると、この固定ページは、いつも変わらず見えるため、偽装した安心(人間とは、人間の本質とはの答え)に様変わりします。
これが、女性同士が食事に行ったり、旅行に行ったりする由縁であり、現状の経済マーケット(経済活動が行われる市場)は、こうした考えるや思うの即実践前提部分を対象(ターゲット、売上目的の戦略)にしているアイテム(製品、商品、サービス)が多く存在しています。

そうやって、女性はその考えるや思うの即実践でない前提部分で生かされています。それがマーケットにおける流行り(ブーム、時代展開、目先の非運動)となり、インターネットの普及からこの前提部分が本来女性が生きる場ではないのに、そこが生きていく空間だと思ってしまう状況で、仕事(職業)を選択し、女性は自分磨きから、まったく関わりを持てずにいるのです。

 

自分磨き女性自分磨き安心

 

自分磨きは固有性のない他者から受動的に。緊張した状態では自分磨きができない。

自分磨きをして、自分を新しくしましょう。
自分磨きは、考える、思うを即実践として行えばいいのです。
しかし、言葉では簡単に言えますが、女性のほとんどが自分磨きできず、今の自分を自信のないまま、生きていく選択する女性たちを見ると、女性が生きる日常、現実、現状にその機会がないということも分かります。

これからの世の中は、物が豊富にあって、生産物(製造物、商品)がマーケットで売れ残り、その後処理を企業(生産活動の場所、環境)が抱え、運営が困難となり、経済成長としては衰退期を迎えていきます。

女性は自分の生命体が維持される時間(生きている間、人生、生きるために)、自分で自分の生き方を管理(自己マネージメント、責任)しなければならなくなります。
そうなると、自分磨きをするのかしないのかで、女性は生きるためのマーケットの空間を確保することができます。

マーケットの確保とは、女性が生産する製品かサービスが絶対的他者から求められるスペースがあるという意味です。
すなわち、生きるためのお金(貨幣、紙幣、交換価値の媒体)が確保できるということです。

そのために自分磨きが必須となっていきます。
現状で、自分磨きの構造、考える、思うが日常にないように、これからもその機会は自らが作っていかないと、実践する時間が取れないのです。
そこで自分磨きの哲学を本サイトでは、ご提案いたします。

前提部分を介入しない、新しい関わり。
人と人が出会い、話の内容に入っていく際、前提部分でほとんどが終わっています。
それでは、自分磨きにはなりません。
そこを、超えるには、友人、知人、家族では難しく、既にある関係性には、立場や経歴、歴史があることで、考える、思うには近づけません。

考える、思うは神経系の運動です。
神経細胞は生きていれば絶えず独自(自律的、自立的、潜在的)に認識に上がらない運動が行われています。
それらを繋ぎ合わせると、抽象化から具体化(具象化、具現化)に突入し、生きるという活動に関連します。

ここに関わってくれる絶対的他者は、今のところこの世には誰一人いません。
即実践である考える、思うというのは、思考の運動です。
それを実現させるのが、本サイトであります。

即実践を実現。女性が念願の自分磨きが日常的に行える。時間がなくても、ネット上で時間制約なしに可能となった。

本サイトは、女性が自分磨きをして頂き、新しい時代(未来時間、将来、これから先)に準備して頂けるサイトです。

考える、思うには、他者から言葉による介入が必要です。
そして、ありのままの感性、感覚(身体知覚、感覚から知覚へ)に女性を設定するには、このネット(web)からが好都合なのです。
誰か分からない(知らない)他者から、考える、思うの思考の運動を促してくれる相手を、女性はずっと持っていたのです。

考えて頂けると分かると思います。
親、兄弟、友人、知人と話をして、気を遣わずに話をしたことはないと思います。
友人であれば、確かに楽しく会話が弾みますが、知らない人よりは楽しく感じるという程度です。
女性の本音を探り出すなら、女性はずっと知っている他者よりは、新しい出会いで話をしたことのない人と話がしたいという好奇心(破壊と再生、エロティシズム、性的欲求)を強く持っています。
社会が前提部分を水面下で推奨し、そこに権威と慣習を与えているため、女性は自分の欲求(欲情、欲望)では動けないのが、現状の社会の性質です。
友人(知人)と話をすると楽しい感じがする現象は、ただ知ってる人というのも、前提部分で人と付き合っています。

本サイトは、女性が生きることそのものに関わり合いを持つ即実践です。
友人と話をしても、即実践は可能とはならず、友人との話は生きることにほとんど関連しない内容なのです。
なぜなら、表層化されている日常的出来事による会話だからです。
本サイトでは、女性と今まで経験していない、新しい人間関係の形成を目指し、生きることに哲学が必須であると共に、女性の自分磨きを実現するために運営されています。


自分磨きをするために、絶対的他者から刺激を入れてもらえるのが、本サイトです。
関わり合う時間のすべてが、あなたの内部(内部運動)に直接入力させられ、自己認識よりもっと無意識的な要素、それは神経系活動と言いますが、そこに入力するのが、本サイトです。

メニューとして、今のように記事を発信する記事は無料で見ることができます。
さらに神経系の反復(繰り返し、練習、学習)を得たい女性は、有料メルマガがございます。
有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

そしてさらに自分磨きを継続し、強調したい女性は、個人セッションもご用意しております。生きている間、ずっと活用でき、時代の変化に応じて、自分で立ち上げた哲学的概念は、更新に応じて、個別に対応して、変化させていきます。
そして、そこから自分の事業を実践し、生活の安定を得たいと思う女性は、さらに哲学的概念をマーケットに対峙し、適切に益(価値のあるお金として)が出るようなセッションもご用意しております。
ご興味のある女性は、ぜひお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

参考記事;

うつ病の女性のための哲学

女性に哲学がぴったり合う!何で今までやってこなかったのか。

女性のために作られた本格的サイト誕生

女性安心して生きる独自性を哲学で磨く方法。

お金がない方がうまくやっていける世の中の新しい仕組みとは?

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-サイト活用について

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.