女性を救うオキシトシンホルモン

女性の悩みと不安は誰からも相手されなくなる恐怖|オキシトシンで不安を心の安定に

投稿日:

女性の悩みと不安は誰からも相手されず、一人になってしまう恐怖。オキシトシンを増やし、不安を安定に。

SNSをやりすぎるとオキシトシンが増える可能性がなくなっていく

SNSがまだ情報媒体の主の地位にあるのは、女性が求めている恐怖と関連し、それを満たしてくれる一時的な錯覚を作ることで、女性は自分の心の不安を解消できたと思っています。
ブログをすると、文章力がいると察知した女性はあまりそこまでやりたいとは思わないのと違って、画像だけで記事が成立するインスタグラムは、一般の女性のわりとたやすくやっている傾向にあるのですが、その行為の根底には、女性はこの社会で群れをなさなければ、生きていけないというプレッシャーがかかっているという適切な証明となっています。

女性の癒し 女性オキシトシン オキシトシン増やし方
記事の中身で、女性自身の生き方、考え方を変革したいとまでは思考の運動のネットワークでもそこまでは到達していません。
とりあえず、一人にはなりたくないという恐怖の感情から、インスタグラムを行為として行なうというのが、女性の見えないところで起こってる行動プログラムであります。

女性に大きなテーゼをお伝えしますと、もし女性が一人きりになったとしたなら、何かが世界に起こってしまうのでしょうか?
もし、女性であるあなたが今属している社会組織から離れると何かが起こってしまうのでしょうか?

この問いは、女性の心と身体はこのことについて知り尽くし、容赦なく、女性にはひとりで生き、どこにも属さないで、心から自然に発生する知覚にまかせ、自由に生きるようにと、解答は付けられています。
女性の心と身体のなかのさまざまな空白には、ひとつの答えに縛られない自由に飛び回る無規則な運動を起こしているのです。
その運動は、生きている間、いつもリズムを壊さず、行なわれていて、女性の美しさをさらに輝かそうとしてくれています。
そのためには、女性がどこかの社会の組織に属していて、女性自身のためにならず、労働という男性社会が作った利潤を求めた形式に自分の生きる時間や生きるエネルギーを費やしてるのなら、それは確実に女性が求める生きることによる幸福感充足感にはならないのです。
もし、ひとりになったらというテーゼをお伝えしましたが、このテーゼを生きたものにするには、ひとりになってみないとわからないといった思いになってしまうのが、女性の本音です。
つまり、女性にはひとりで生きていくという想像ができないでいるために、女性は自分自身の内面の反応や現象をも感じ取れていないのです。
女性は、生まれて、今日まで解答はただひとつしか与えられず、まっとうに生き、女性らしくふるまい、それなりの会社に就職し、生活に困らない相手を選んで婚姻すること、これが女性がこの社会で生まれた限り、果たさないといけない教義(ドクマ)なのです。
今日まで、女性はこの教義を信じ、周囲の大人や諸先輩を見て、それ以外の生きることへの選択肢を知らされた経験はありません。
先ほどのテーゼは、日常的に哲学を実践されているのなら、核心にせまる問いであるため、そのエクリチュールで一気に自分の内面を省みる反応が起こり、それまで気になっていた周囲の他者がボヤけ、自分の精神性に集中できます。
でも、女性で哲学を実践している方は、ほとんどおらず、このテーゼによって日々の女性が抱える悩みの核心にたどりつけることはありません。
ですので、テーゼに対する女性の内面で起こっていくと推測される反応を、こちらから導かないといけません。

関連記事;女性のための哲学|哲学は女性の美意識のためにある|女性が美しく、綺麗に。

女性の安心のために|SNSを信用しない、ネットに依存しない。新しいアナログを用意する。

哲学で女性の自己をひとつにすると、オキシトシンが大量放出される

女性が求めている生きることの基底で運動されている無意識、夢、自然反応などを引き出すために最適なテーゼが、いま挙げました問いになります。
いま誰かに、どこかに属していますが、それを失ったときに、何が起こると思いますか?という、徹底的で真剣で熱い問いは、女性をすぐに興奮させることになっていけるのです。
女性は本質が伴ってるのに、一度もそれが得られないでここまで生きてきたのは、女性が主体ではなく、属された社会や企業などの組織に主体の権利を取れているからです。
男性とは違い女性は生きているあいだ、いつも主体を演じようとする自己が内面にいて、外に出たがっています。
女性は自分でその作用にかんして、いつも自分の内面や自分の自己の感覚について知っています。
いつもその女性の個に由来し、誰にもかかわらせない境界線を持ち、同性の女性にはとくにその傾向が強く、男性には経済的な施しを得るために婚姻の対象と見ていて、女性の本音がつまっている心の部分、そこに濃度の濃いオキシトシンホルモンがパサージュ(経由)を起こしますが、そこが女性にとってもっとも幸福感や充足感が強くつながっているところとなるのです。

女性とつながっているというよりも、女性の個につながっていると表現するのが適切なのですが、そこの形状がどのようなものであるのかというと、そこは構造であり、運動を無規則に起こす形態がその役割の地点です。
住宅で例えるなら、住むために住宅が構造で、ひとが住めるために家具や寝具や水回りなどの生きるために必要なものが形態といえます。
心の個が由来する境界線は目には見えませんが、知覚という心の運動が精神性に飛ばす光線のようにのあいだの感覚が行われていますので、実感は強く感じられます。
のあいだというのは、実践的哲学で得られる感覚的な表現系で形になる前の前段階となっていて、女性が立ち入りたい内面の構成要素であります。
女性が疲れてしまって、ストレスが身体にまで影響が出るぐらい苦しくなると、心の形状というものを探し求めはじめます。
そのときに女性が内面の運動の第一コーナーとして運動を開始させるのが、この心の境界線です。
そこにつながっているのが、ホルモンのなかでもオキシトシンホルモンで、オキシトシンは心の境界線はふだんは抑制系という制御(ブレーキ)を強める神経物質のよって境界線を超えることができないのに、オキシトシンが産出されると自分自身の心の空白に絵を描きなおすことができるようになっていくのです。

このオキシトシンですが、女性が心身ともににげだせないストレスからどうしても回避できないとき、オキシトシンの救済を求めたい心からの求心がキャッチできるようになります。
いつもなら女性は自分が生きていきていかなければならない人工的な世界に属して満たすことを覚えています。
この満たすというシステムは、全体性、永遠性のモチーフで構成され、一度満たした感じを経験すると、次も満たさないと生きていけなくなるのではないかと常に追われている内面的出力を作り出していきます。
これは、心の構造と形態からすれば、まったくのイリュージョン(幻想)だったのです。
そんなものは見たことがない、と女性の心はすぐに返答を返してくるでしょう。でも、それが聞けるには、実践的哲学で女性の内面に適切なリズムと感度でテーゼを与えなけれなならないです。
オキシトシンを産出させるには、哲学がなければ実現できません。
オキシトシンを神経と血液のなかで増やさなければ、女性は自分の心とコミュニケーションでさえ取れません。
オキシトシンは、生きることと女性が自立してみずからの精神性から立ち上げる独特な領域を持たせることに近づけ、女性がもっとも求めている生き方であります。
これは女性にしかできない生き方であるのですが、その生き方にどんな言葉を介入できるすき間がなく、生き方はそのもので生き方以外の表現がなく、女性が生きているのは生きているから生きているといえる感覚は、女性が哲学をしなければとどかない領域にあるのです。
生き方が生き方となれるには、生き方に観念ではなく、そして心理学やスピリチュアルな神秘性を想像させる思考形式ではなく、生きることに同時的なタイミングで、個に合ったテーゼによって運動を与えなけれなばいけません。

関連記事;女性が安心して生きれるビジョン発表|これで女性は生活に困らない。お金の不安なくなる。

不安なとき頑張っても仕方がない|不安の解消はオキシトシンに任せればいい。

オキシトシンと哲学と女性の生き方

オキシトシンを増やすと、独自領域に意識を向けられるようになり、オキシトシンを増やすためには、哲学実践することです。
哲学はどこで実践すればよいのか、それは日常的に起こるさまざまな感じられる感覚に意識を向ける反復があれば、哲学がなされていることになっています。
女性は自分の心の閉ざし、心を探求しない欲求は使用できなくなって、もともと生物が持ち得る生成される運動は、放っておいても生まれていきますので、どこかには運動を振幅によって伝達する出力を発生されてしまう作用は、その代わりをするところを探し、とりあえず到着する対象を作ります。
その対象は何でもいいと考え、運動が生まれた限り体内の細胞レベルでのトーン(緊張)が高まったまま維持できない構造を持つ人間という生物は、トーンを落とさないといけませんので、とりあえず何でもいいから運動を伝える対象を作っていくのです。
学校教育は、職業者を作る国家の国内総生産(GDPっていいます)を効率よく作るための国家プロジェクトで、このシステムに生きる時間のすべてを捧げてしまうと、自己知覚が抑えられ、自分を知る過程を遮断され、無味な生きる時間が続いていきます。すると、女性の生きる力はたえず、女性の身体内の根源から生まれることは、どんな環境に生きていても変わりません。
自己知覚を抑える現代教育というシステムにのまれてしまっても、エネルギーの生成は変わらず、女性を自然と向き合わせるために動きたいという意欲につながっていきます。
エネルギーは次に発生するエネルギーにかかわりを持ち、ひとつ前に生成されたエネルギーはそこで死の運命をたどります。
このエネルギーの死は自然の条件が整備されていることで成り立つもので、人工的に作られ、かつ戦略的で、計算的な人間の認識上の欲が少しでも関与しているのなら、エネルギーの死ができないで、体内に残されたままとなっていくのです。
これを、解除したところから始まるのが、女性の独自の個の生き方となり、それを可能にするのは、実践的哲学でしかできないのです。
あなたが見えているものは事象となって視野に入り、ひとつの解答を持ち、動けなくなった辛苦を抱えています。
涙も流せないで苦しみを苦しみのまま、現代は科学の力で人の愛はなくなってしまって、そこから受動態という主体なき客体によって、もっとも大切な生きることで得られる感動は失われています。
心で感じている感じ取れる感覚は心象です。
この心象は、あなたを支える生きることのデザイン的要素として、いまよりも自然と結びつき、あなたが思っている以上の新しい想像物を生み出す根源となるのです。これもまた実践的哲学で、固まってる心象に刺激を与え、運動を起こし、知的さと関連させることで、あなた自身も制御できないぐらいのすごい自分自身になっていけるのです。


本サイトでは、女性の心の疲れを取る、心の不安を解消する、心に癒しを与える、女性が生きていて幸福感と充足感を得られるために、西洋哲学の文献引用をし、作者の主観を外すために、読みにくい、比喩や隠喩、または文脈上のレトリックと言われる修辞学、これは雄弁術、弁証術、説得術ともいわれる記述上の技法を駆使しているため、女性は書物を読むのが難しくなってしまっているのです。それを、本サイトでは、断絶して、切り取られた文節で、タイトルをつけ、何が書かれているのかを見やすくしています。接続詞や感嘆詞、副詞を外し、主語と動詞に絞っているため、読みやすくなっています。

なぜ、本サイトでは、西洋哲学の文献引用を記述しているのかというと、日本人というのは、島国で曖昧さにより、女性のなかに潜み、隠れている自己を捻出するのが難しいからです。つまり、女性が抱えている心の疲れや心の不安は、曖昧さからきており、西洋哲学の文献引用を読み、知的欲求が抑制されているところを目覚めさせ、興奮させることによって、女性は知的さを高めると、心の不安が安定に変化するという感覚が知り得てくるからです。

その文献引用をパサージュ集と命名しています。
パサージュ集についての、コンセプトは次の記述をご覧ください。
女性の心を癒す落ちつかせるパサージュ|女性の不安を取る励ますための実践的哲学

パサージュ集は、本を読まなくなっている今世紀に重要な価値を女性であるあなたに与えることになるでしょう。
女性は、男性とは違ってホルモンの生成が年齢に関係なく豊富であり、今日まで信じられていた美意識は、性的な愛や恋に捉えれていましたが、実はそうではなく、知的欲求に性的欲求があることを本サイトが証明していっています。
女性は、知的欲求を磨くと、驚くほど、美しくなり、輝き、オーラが現れ、自己が確立して、生き方が変わっていきます。
その経験を、このパサージュ集を眺め見ることで、書物を一から読むよりも美的効果がありますので、ご期待くださいね。
パサージュ集に関して、お聞きになりたい疑問がありましたら、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

本サイトパサージュ集

女性が悩むなかなか眠れない症状不眠症の改善|瞑想と熟睡のメカニズムのパサージュ

女性をオキシトシン癒す方法と女性を癒すための心理|ポパーの開かれた社会と宇宙で女性を癒すパサージュ

女性の心が疲れてイライラをなくすために|心の感情の転移を理解し女性のイライラと疲れ解消パサージュ

女性の心を癒す愛の力のパサージュ|女性の心の疲れと不安を取る哲学の実践パサージュ

本を購入することはネットから容易に行なうことができますが、その中に埋もれてる女性の知的欲求を磨くためのコンテンツ(文体)に出会えません。
そして、女性は多忙な生活を送っているのに、その中に本を探しに行き、そこから良いコンテンツに出会うまでの時間的余裕がまったくありません。
そのような事情から、現代小説のような連続性を内在させた形式に縛られたものや、すぐに結果が出るためには?のようなハウツー系に手を出してしまい、結局すぐにその本を読み終えても、知的欲求が刺激されることはほとんどありません。
本サイトはそのような事情をふまえて、コンテンツを中心に記載し、その文脈も哲学性がないものはまったく採用しておりません。
本サイトを運営する哲学性を持つ専門者が、吟味して、あなたの生きる時間を想像して選出しており、アナログで入力するため、未完成のままであります。
随時、更新させていきますので、ぜひご活用頂ければなと存じます。

 


本サイトは、女性が自分の知り、それまで欲求は食欲、性欲、消費欲と思われていた基準を、知的欲求に変更する目的で作られています。
どうしてこのような女性専用でしかも、今の世の中ではほとんど行なわれていない哲学を内蔵させたのか?
この問い(テーゼ)の今の段階でわかっている地点は、女性には感性という自由な神経系を持つというところからです。
しかし、その感性を生かせる環境は、現状の世の中にはありません。
目の前のことは視野によって意味づけられ、女性が今日まで与えられた教育で固められた常識は、いつも女性の内面の自由さよりも、外部にいる他者に意識を奪われる、自分を見失うのです。

本サイトでできることは、
・女性はみずから作り上げた知的欲求のよる幸福感と充足感をかたちにする

・現実でうまくいかないことから見る目を変えるために、知的欲求を刺激して、自分に自信を持って生きる

・現実に疲れ、心の疲れが取れない、心に不安がたえずあるなどの、症状を取り出し、哲学的に記述(エクリチュールといいます)を読み、女性の生き方を見直す

などです。
定期的なメルマガを申し込むもいいですし、個別に知的欲求を刺激するセッションを申し込むのもいいですし、いまよりも少し知識を増やし、自己表現をエクリチュールで発信して、自分を強くするプランを申し込むのもいいです。
本サイトは、自己を見つけ出すために、思考に運動を与える実践ができる女性専用サイトであります。
ご興味のある方は、ぜひご連絡くださいね。
お問い合わせ

本サイトのご説明をいたします。
美意識には、刺激として入力が必要だと申し上げました。
そして、入力には自分で刺激を用意しては、予期しないことでないため、それでは入力系にはならないとお伝えしました。

それを容易に叶えるのが本サイトであります。
本サイトは、女性であるあなた自身が今よりも充実感や幸福感を高め、日々が満たされるよう、そのお手伝いをさせて頂くことがビジョンです。
そのための入力を反復して頂くことが充実感や幸福感、美意識による生き方の変更、日々感じておられる仕事や人間関係などの疲れ、心に限らず身体に感じるイライラ、倦怠感、憂鬱な気持ちにも対応できるようになっています。

入力を促すには、本サイトが無料でお読み頂ける実践的哲学で構成された記事をお読みください。
これは、本来の普遍的傾向でしたら、無料でお読み頂く記事を無料にはしないほどの内容と質と量が伴っており、この記事が有料となるのですが、入力は自由にやって頂く方が適切だと考え、生の哲学を現代に合った文体で読むことができます。
これが、始原的な入力となり、何度も読んで頂きますと、入力の神経系は解放され、そのうちあなたの内部運動が持つ制御が生まれ、発散から収束され、あなたの思考の資材となります。

そこからより個別的に自分磨き、または疲れがなかなか取れない、孤独感があって、一人で過ごすことは不安や焦りが出てくる感覚がある方は、一歩進んで個別的実践的哲学に導入することをお勧めいたします。

・スタンダードメンバー;月額864円
本記事への質問し放題、月二回にあなたに合った個別的哲学のエクリチュールを提供させて頂きます。

・プレミアムメンバー;月額2,700円

あなたという一人の人を哲学により解体し、実際の未来へのビジョンや理念を立たせるお手伝いをいたします。必要に応じて、パロール(話し言葉)が必要ならオプションで実践的哲学をトレーニングしている哲学者とコミュニケーションの時間を作ります。

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性を救うオキシトシンホルモン

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.