女性を救うオキシトシンホルモン

女性心を癒すためにオキシトシンホルモンを再生産させよう|哲学は未来を引き寄せる効

投稿日:

女性の心癒す物質はオキシトシンホルモン。性的欲求を起点値にしエロティシズムを再生産させる。

オキシトシン効果 オキシトシン増やし方 心癒すオキシトシン

実践的哲学は、未来を彼方におかれた超越した世界だと思わせる規定に揺れを作り、もう一度、女性が感じている感覚的運動から運動を再稼働させます。
女性は、未来に関して、とても興味を示しています。
男性の未来の方向性は、感性というよりは、観念から入り、論理的にまとめ、他者に説得させることに重点を起きます。
一方、女性は未来を未来のまま、光と影のような二面性から見るのではなく、そのままの状態で見つめてみようとしています。

その女性の特有な物事の見方や捉え方、その機能というのは、何から行われるのでしょうか。
その導かれた後光の最中の刺激された思考の限界点が女性の内面をさらに刺激を繰り返し、興奮を継続させていきます。
物事の捉え方を二面性ではなく、そのままの状態で生かそうとする、つまり生成され、この世に生まれたままに、優しく、撫でるように感じ取るのは、女性が持つ非合理的なエロティシズムである生きる衝動と性的欲求から内部運動が起こっています。

二面性で物事を見ると、そこには今までと同じような、変化のない世界、情報化という偽装の観念化された歪曲の人工的世界が、女性のこれからどうなるのか理解不能の生の躍動から発生する不安を安心に変えました。
この安心は安心感という感覚的ではなく、観念的言語の出力から来ているため、女性が世界に要求するありのままの様相ではありません。
戦後の好景気のように、生活感、将来像、お金による数量の価値基準が均衡を取り、平坦な道に幸せの規定を導入したのなら、女性はそれが安心の現実的世界だと思っていました。

そうはいっても、女性はそれが長く続かないという直観的推定、それとは反転したところで本来は運動があるべきものに運動が行われていなかった現象を目の当たりにして、内面的なショックを受容し、わりと早い段階で二面性を否定的に見る方向まで導き出していました。
その違和感の出力が、心という空洞化された通過点である空間は、状況に応じて柔和な外延から強固の外壁に変容し、それが心のイライラ心の不安感心のうつ症状、さらに欲望と知覚のピン留めに気づいた女性は、内面に外部性の機能だけを持っている異の世界が出来上がると、それはうつ病といわれる症状まで発達させていくのです。

女性がもっとも欲しいと思われてるのは、これから迎える未来に目標を持ち、あなたにしかできないやりたい仕事や活動を見つけるよりも、あなた自身が抱えている心の負の連鎖である心を解放させることです。
つまり、心を癒し、心を楽にしたいという知覚を出力させ、その感覚を繰り返したい、これがあなた自身、女性の本質的なもっとも欲しいことであるのです。

女性の心を癒すには;心に運動を与え、外部から優しく心に触れ、そこで動かされた心の運動によって包まれた感覚が何回も感じ取らせる経験。

心を癒すには、心についての構造と形態を知らなければ、適切な順序で心に運動は生まれません。
この記述から、分かってくるのが、心を癒すためには、心への運動の賦活(神経系の再運動)が必要ということです。
あなたは、日常生活で満たされているとたとえ思っていても、心はそのように思っているのではありません。
心はもっと丁寧に扱ってもらい、心を優しく触れてもらいたい、と心はそのような運動感覚を求めていますが、それがあなたにはうまく伝達されず、現実はこんなものと、中途半端に認めてしまっています。
これは、心が運動を拒否するのではないのに、心はそんな外部からの刺激なんていらないと復唱させているかのように気がするのは、心の欲求に対し、あなたの内面でのどこかの内部運動が知らぬ間に受容してしまったからであります。

心は癒して欲しいと願っています。
心には呼吸のような運動を与えて欲しいと思っています。
その作用は、心を実践的哲学で見えている姿、形のままから、より無機質であり、感情的でない見方、つまりそれらは元素に近いため、感情的に介入できないところまでの要素にする。心が心のまま大きな存在感、そして心が言語作用による、性格的、人格的な解釈が入ることで、心をあなた自身で判断していることから、心は運動が起きないと理解しています。
あなたは、弱さを隠し持っていて、その弱さは、心にあると思っています。
弱さを出すには、ためらいがあるし、弱さには感情らしき様態が推測させてしまい、表現しようにも表現する方法を持たずに、生きてこられました。

心について、弱さが断罪のようにして、それは他者の前では出すべくではないという古くからの価値意識、または弱さを出すには、それなりの病理的な症状がなければ、出してはいけないとさせる強迫観念がそこにはあって、弱さをあなた自身は誰にも表現しないでいるのです。
だからといって、では今すぐに、あなたの弱さを出してごらん、と言われてもそうはいきません。
その弱さでさえ、偽装され、他者が基準である、そして社会的権威と義務と権利が隠されていて、心からほど遠いところでの新しい世界で心という心的表象を誤謬によって捉えてるのです。

人工的に作られた世界で生きていると思っているあなたがいます。
その世界は人工的ですので、女性の真なる生きることに迅速に、潜在的に対応してくれるホルモンバランスは関わっていません。
女性がいられる世界ではなく、女性がより女性らしくいるのならいられる世界で、そこでの条件は心を持ってはいけないという見えないところでの儀礼があるのです。
あなたはこの事実を知らずに生きてきました。
あなたが見たかったのは、感覚の動く実在感、そこからもった実践的哲学で具体性を与えて、そこから自然の運動作用からーー決して自然原理という神話的ではなくーー微分積分を生み、抽象化させる知覚から発する興奮された神経系の快楽だったのです。

あなたが生きている世界は、具体性もなく、哲学性で本来の死の欲動を乗り越え、生の欲動に運動作用を変換させる抽象性もない、全体性で、みんなが同じものを見て、誰もが同じ方向を思い、話をいう前から相手がなにをいうのかが分かってしまうような対照常識共有性が中心の未来なき現実に生きてきました。
そこは、もちろん心がなく、心は見捨てられ、心は封鎖され、心はあなた自身の自然体からの自然反応で生み出された優しさ、心地よさなどが出されるのが心からであるのに、それはあなたは失われたままでした。

心を癒すために、オキシトシンホルモンを再生産させよう。

心がなければ、あなたは心を癒すことはできません。
心を立て直すのなら、心が解放され、心に運動が生まれ、心は柔軟なり、潜在的なあなたの魅力、包み込むような優しさが発信させることになるのです。

その心をもう一度、心動を作るには、心にみずみずしい栄養を与えなければいけません。
それが、オキシトシンホルモンという血液にも神経系にも作用してくれる、あなたに生きることで大切なのは、愛なんだよと気づかせてくれるホルモンで、オキシトシンホルモンを促進させると、心は本来の形態に回復してくれます。

心を必要とされていない世界に生きていると記述しましたが、そこからもあなたが生きている現実世界は、オキシトシンがまったくといえるほど、あなたの体内から産生されていません。
オキシトシンには、感度という感覚の閾値(いきち)というパラメーターがあります。
オキシトシンを放出するには、オキシトシンが体内の免疫システムから産生されなければいけません。
でも、あなたが生きている現実世界は心を閉ざすのが条件となっていますので、いまのまま生きていると、オキシトシンの本質的作用で気づかされる愛の存在は、これから先も得られないことになるのです。

オキシトシンは、心を形態に回復させるホルモンの作用があります。
オキシトシンと産生させるには、オキシトシンが生まれやすい因子をあなた自身に与えなければならないのです。
それはどうするのかは、あなたという人間を人間から逸脱させ、慣例となる常識を思考から外させ、あなたの身体という器官の集合体が生きるような、生物体にさせます。
そして、それを実現するには、あなたに対して、徹底的に関わりを持とうとし、あなたが現実世界で喪失していた主体といわれるあなた自身を作り出します。
あなたが自然の領域での主体になれると、あなたの体内は愛を求め始め、そこから愛を誰かに伝えたくなり、あなたは愛を構造上の一番根底に置き、愛を求めて生きていけるようになるのです。

実践的哲学で女性を主体にする;オキシトシンは身体が主体にならないと、非運動となった固められた心の疎外感が外部の世界で自己のない演じられた自分で客体で生きてしまってオキシトシン産生を止めてしまう。実践的哲学で、女性を主体にして、オキシトシンを促し、身体すべてで愛を感じ、愛を提供して生きてもらえるようにする。

関連記事;女性を楽にするオキシトシンの力。心のイライラをオキシトシンで解消し女性の美しさに

心イライラ解消するオキシトシンでホルモンバランスを良くする|フロイトからラカンへのパサージュ

オキシトシンでイライラ解消へ|エクリチュールを読み、生産し、オキシトシンを高める。

女性の心を楽にするための哲学|女性の心の無意識の世界のパサージュ


本サイトのご説明をいたします。
美意識には、刺激として入力が必要だと申し上げました。
そして、入力には自分で刺激を用意しては、予期しないことでないため、それでは入力系にはならないとお伝えしました。

それを容易に叶えるのが本サイトであります。
本サイトは、女性であるあなた自身が今よりも充実感や幸福感を高め、日々が満たされるよう、そのお手伝いをさせて頂くことがビジョンです。
そのための入力を反復して頂くことが充実感や幸福感、美意識による生き方の変更、日々感じておられる仕事や人間関係などの疲れ、心に限らず身体に感じるイライラ、倦怠感、憂鬱な気持ちにも対応できるようになっています。

入力を促すには、本サイトが無料でお読み頂ける実践的哲学で構成された記事をお読みください。
これは、本来の普遍的傾向でしたら、無料でお読み頂く記事を無料にはしないほどの内容と質と量が伴っており、この記事が有料となるのですが、入力は自由にやって頂く方が適切だと考え、生の哲学を現代に合った文体で読むことができます。
これが、始原的な入力となり、何度も読んで頂きますと、入力の神経系は解放され、そのうちあなたの内部運動が持つ制御が生まれ、発散から収束され、あなたの思考の資材となります。

そこからより個別的に自分磨き、または疲れがなかなか取れない、孤独感があって、一人で過ごすことは不安や焦りが出てくる感覚がある方は、一歩進んで個別的実践的哲学に導入することをお勧めいたします。

・スタンダードメンバー;月額864円
本記事への質問し放題、月二回にあなたに合った個別的哲学のエクリチュールを提供させて頂きます。

・プレミアムメンバー;月額2,700円

あなたという一人の人を哲学により解体し、実際の未来へのビジョンや理念を立たせるお手伝いをいたします。必要に応じて、パロール(話し言葉)が必要ならオプションで実践的哲学をトレーニングしている哲学者とコミュニケーションの時間を作ります。

ご興味のある方は、ご連絡をお待ちしております。
お問い合わせ

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性を救うオキシトシンホルモン

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.