女性マーケティングからブランディングへ

女性が仕事をやめて安定し幸福になる哲学的実践|好きなことをマニアックに独自性へ

投稿日:2018年4月15日 更新日:

女性が仕事をやめて安定して幸福になるには。女性のための哲学的実践によってマニアックに。

女性仕事辞める 女性幸福生きる 女性好きな仕事見つける

これからの未来について、女性であるあなたはどのように考えておられるでしょうか?
この問いで、抽象的から具象的へと展開できる女性はこの世にはだれひとりとしていないでしょう。
到底、もしそれでも思考に神経系の運動がなされ、すこしでも興奮できる思考の装置を持ちえている女性なら、未来についてのテーゼ(命題)を見つめ直すことができることもあるでしょう。
しかし、実践的哲学という形式を取らなければ、未来は女性の手元に訪れることはありません。
実践的哲学の形式を導入しなければ、未来はあいかわらず、社会構造の一部に時間的物理性は抹殺されていて、将来という言語による意味生成で、不安ということとお金がなければ生きていけないという結論にたどり着いて終わっていきます。
この展開は、思考は運動しているのでは、思考は非運動として無の状態を保持しようとしています。
無というと東洋の考え方では、行を積んだ境地というような見方ができそうですが、無はなにも起こっていないことを示し、無という空間であっても、神経系の運動を興奮させて無を感じ取らないと無は無にもなりません。

無の境地;無は自然と同じ運動である。それは、産出であったり、生成であったり、根本から自然現象によって無意識的に発動して生産されたものである。女性の身体と精神の構造は、この無の機能をもっている。その構造は、ホルモンという濃度の濃い体液が細胞そのものの原初でででくる運動に感知するためである。

女性は自分自身の精神から物事を見ると、現状の社会構造は汚れているとしか見えてこないのです。
そして、女性の精神から見える社会構造は、底辺と高さがしっかりしている三角形の公式で計算できる数字化と同じく、それが真実であるとは思えない異物として解釈することができます。
社会構造は男性が優位で、男性目線でつくられ、それらは進化論、起源論、発展論を関与させ、歴史をそこに捻りいれ、もともとあったかのような推測を断定にした恣意的な(しいてきな)作りをしているのです。

*恣意的な(しいてきな);意図的に、きままに、自分勝手に。

女性は自分自身の体内に大量に生産されているホルモンを抱えているので、それに耐えうる身体構造をしています。
それだけ、ホルモンは外部に出ると有毒なぐらいの濃度を保っていて、女性は体内で生きるために神経系を最大に興奮させることに細胞内の浸透圧に関与しています。
生きるためにホルモンを細胞の周縁に満たすのですが、細胞はそれだけで自律的な運動を起こすことしかできず、それだけでは女性がひとという構造でもって活動するところまで発達できません。
そういうところからして、ホルモンは女性の体内に『待つ;wait』『間;while』『差異;difference』を作ってくれています。
原初の運動が起きててもそれだけではなにも変わらないという実態を女性の身体である有機体として予期的に準備をしています。

そして、ホルモンは体液としてかなりの濃度の濃いものでありますので、身体に有毒な物質にもなり、それによっては細胞を畏縮(いしゅく)させ、アポトーシスといって、みずからの自律的運動で死の状態にも達し、それによって有機体は死にいたることはありませんが、体内の状態として死にちかいところまで境界線を持つのです。
ホルモンで細胞に自律的運動を予期的に準備したあと、次の展開への期待は、死の状態にまで同時に経験したことになって、ホルモンが放出され、生きるようとする強い感覚とはうらはらに、死が同時にその位置に内包され、覆われてきています。
活動をするには、ホルモンによって期待されている女性の有機体は、生きることと死ぬということにどちらも選べるような準備が行われ、神経系が細胞と細胞をつなぎとるまで、期待と失望は続いてしまっています。

こうした一連の女性の体内の機能、無意識的で、自律的な運動は、実践的哲学をして、見えているものと見えていないものがあるところに、そのうちでも見えないものに懐疑(かいぎ)して、問いをいれ、運動を与えます。
そうしなければ、この世のあらゆるものは、全体性として、社会構造は完成されているものであると意識させてくるのです。
前述した未来についてのテーゼ(命題)ですが、これから先、いまのまま仕事を続けたらどうなるのか、といって実践的哲学をいれないと、未来は将来という言語に変換され、女性は思い返します。

この思い返しのパターンは、思考という運動は無のままで、何もしておらず、非運動であり、将来生きていくには、生活していかないといけない、と思って『無』に運動を与えない実践的哲学のない世界に生きているからです。

いまのままで、いまの価値観で生きるというのは、いま思っていることを意識的に無意識のようにして、もうそのときには、自分の内面的感覚という現時点というものはなくなっています。
小さい頃から慣れ親しんだこの生活は、社会という人工的作為があるという事実に向き合うために、女性である感性や感覚に運動を与えな、運動が作動すれば感覚は着実に、底辺に広がる大地の内在平面を感じとります。

この内在平面は、大地の形状は途方もなく広がる平地でありますが、地球が球状をしているという宇宙の知は、近代という時代区分を強調するための古来継承の女性を幸福にするものから、離れていく価値観です。

女性が個人的に好きと思ってきた分野や関連をひとつに絞る

女性好き分野一つ 女性個別好き仕事一つに
現在の仕事をいつか辞めなければならないときがきます。
それは、大企業であれば、現状では、物を製造し、それを流通させ、販売させるコストパフォーマンスは国内生産が激減してきます。
大企業は、いまの段階で利益は最高値にありますが、それは外国為替レートのよる株価の上昇で利益を得ているのです。
大企業はこれから本業での製造、流通、販売での利益が難しくなるというほぼ確定された未来図は、雇用という人を雇う必要がなくなっていくという現象を差しだしてきています。

これは、未来のことに絶対性はなく、仮説であることは否めないのですが、これを機に、哲学を実践するよいタイミングとして、女性の心情に感覚を向けてみれば、女性の本音がそこに感じ取られてくるのです。
前述しました女性のホルモンは複合性をもたない細胞に濃い濃度の体液を直接流すことで細胞の自律性を促す効用がありますが、それによってその次に人を活動につながっていくかどうかは、自然反応を待たなければなりません。
その間に出てくるのが、女性の心という空間に枠組みを作り、感性という感覚が構造となる精神なる領域ができあがるまでには、少しばかりの時間が生まれます。
そのとき、無という時間領域が感じられる瞬間です。

 

この記事のライターのtakが行なうコアパーソナルトレーニング。
実践的哲学に入る前に、脳を初期化するために、まずからだを調整し、大地と共有させておくことです。それを主にしたパーソナルトレーニングが次の記事で書いてありますので、ぜひご覧くださいね。

からだを発達時に戻して姿勢を美しいセットアップさせる

からだを重力の中で安定させ軽くして皮ふと筋肉のセンサーを刺激する

女性が美しく痩せるには?重力のラインに垂直に持ち上げる感覚刺激の反復で美しい姿勢のシステムとホルモンバランスシステムを高める

ジムに行って痩せたとしてもお腹のお肉は取れない決定的な理由はからだへのストレス

コア美人を目指そう|七回のコアパーソナルトレーニングで永遠の美を手に入れる

コアの鍛え方と磨き方の修正。コアは発達時の姿勢を取り一番安定するポジションを探す。コアパーソナルトレーニングの価値

姿勢改善で猫背のゆがんだ脊柱をコアコントロールでまっすぐに。姿勢を改善すると代謝システムが永遠に続く

女性を大地と結ぶBeauty-Core-Concept

BCC理論と他のパーソナルトレーニングの違い

トレーナーtakとお話をしてみませんか?
日常的な悩みをあなたから切断し、脳の無意識領域にガイドし、あなたがもっとも好きなことをあなたの中で気づきにさせていきます。
LINEでお友だち申請をして、トークで無料カウンセリング希望と書いてくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性マーケティングからブランディングへ

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.