自分磨きのための哲学

女性が自分磨きするために

忙しい女性は、知的欲求、知識欲求を感じながら、日々の仕事、家事、子育て、または親の介護、そして女性自身の内面の自己認識での葛藤などに時間を奪われています。

それらの活動は誰の評価を受けることなく、失われた時間の虚無感が女性の心を非運動にします。

このように思いながら女性は今まで生きてきました。今日までは、男性社会が支えてきましたが、これからはそうはいきません。
結婚は男性社会が作った男性の地位のための慣習でした。そこに親子関係が関連し、子孫繁栄を道徳観にして、正当化してきました。

男性社会が衰退するのだから、結婚を選択しない女性が増えてくるのは当然なのです。
忙しいから、自分磨きができないと言うこともできなくなります。
すなわち、忙しいは理由にならず、忙しくても自分磨きをしておかなければ、社会も衰退するため頼るものがなくなります、

そこで女性は気づくのです。
自分の中に運動をやめない生命体の力があると。
そこと共有できる方法はないのだろうかと、女性は問いかけている最中です。
自分磨きができなかった女性向けにできたのが、本サイト実践的哲学です。

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

投稿日:

執筆者:tak

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.