うつ病の女性のための哲学

うつ病の女性の神経系を哲学で活かす

うつ病、またはうつ病の症状を持つ女性、心が不安定で自分が安定しない、社会でなかなか適応できない、仕事をすぐに辞めたくなる、辞めてしまう、などの女性のための実践的哲学です。

今挙げました症状を持つと、社会はそんな女性を病気だと扱い、そのような症状を抱えた女性も自分は病気だと解釈し、社会に依存してきました。

うつ病を抱えると、自分に自信がなくなり、対人関係、社会性も弱くなり、仕事を辞める選択をする女性が多くいます。
そのような状況は、うつ病の女性にとって社会はかなり強い集合体となり、たたでさえ自分に負けてしまうのに、社会が強く見えるともっと自分を追い詰めてしまいます。

本サイトは実践的哲学を行ないます。
うつ病の女性として扱うことをやめ、生物構造を持つ女性、有機体であり女性として接し、実践的哲学でうつ病を引き起こす神経系の運動と心の運動とを自己の中で連結させ、生産的にしていきます。

うつ病で心療内科に通院しても改善しない女性に。
対人関係が苦手で、無理をして生きていると実感している女性に。
1日のうち躁うつで心に波があって外に出れない引きこもり気味な女性に。
心療内科、神経内科で精神疾患と診断され、一生薬を飲み続けないと言われた女性に。

このような女性を対象として、実践的哲学サイトです。


うつ病やうつ症状に悩む女性のための参考記事;

心の疲れ慢性化うつ病うつ症状が人間を悩ませる。

心の不安心の落ち込み改善女性が自立して生きるために。

女性専用哲学サイト女性の心うつ病の症状を改善。

女性同士人間関係でうつ病に心療内科通院しても改善しない悩み。

女性が取りたい心のイライラ倦怠感。心理学から哲学へ。

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

投稿日:2017年5月15日 更新日:

執筆者:tak

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.