実践的哲学サイトコンセプト

時代の流れを感じ取り、個の独自性に共有させる

時代の流れが著しくなり、今日まで中心だった男性社会が終わろうとする過渡期が現在の世界の流れです。
どうして哲学を持ってきたのかは、世界がリセットされるときには、個の強さが高まり、個を磨くことが可能となるからです。

未来への期待を哲学の学問の深淵さに浸透させると同時に、この時期には時間制約があると考えています。
新しい時代が開始され、安定期を迎えると、人間は時代を動かしたのは自分だよと少し傲慢になり、時代は衰退を迎えます。

敢えてこの時代の歴史には本サイトでは関わらず、無視をして、女性の個に集中させれば、面白く、感性豊か、今よりは自由で、今よりは幸福な時代が自ら迎えられるのでは、と確信を持っています。

本サイトは女性のために作られています。
哲学は仮説段階で思考を運動させ促通させるため、対立する命題を立てます。
女性が主体ですので、必然的に対立命題は男性となり、女性が主体になるために男性社会を批判し、女性の個に集中します。

時代の過渡期だから今しかないと衝動的にこのサイトは生まれました。
アカデミック(学問的)な哲学は男性社会が保有し、実践的でないアカデミックさは、男性社会の象徴とされるスタイルです。
そこを実践的哲学(これが男性に対立させています)を導入すると、男性社会はもはやすべての運動性を失われます。

このサイトが世界に浸透すると、男性社会の衰退の速度が20年以上早くなっていくでしょう。
それでいいのです。衰退の運動が行われてる状態で立て直すことは、物理的に不可能なことです。
しかし、人間は(男性は)地位という偶像性に依存しています。
だから、このような衰退の時期が長く続くのは、不可能なのに幻想なる期待を本来の構造の心の空間でなく、偽の線的な心の肖像に起き、偽を断層にします。
このままこの状態を継続しても、誰一人豊かになることはなく、世界中の誰もが幸福にはなれないのです。

よってこの実践的哲学サイトでは、堂々と男性社会を哲学の平面で対立命題を継続します。
男性に決して挑戦する目的ではなく、男性の固定化した名誉欲、顕示欲、自尊心を活用させて頂くのです。
男性と競い合っても、男性には男性の特性がありますので、女性にとって意味や価値はありません。(男性は社会に依存したため自分磨きすることなく生きてきました。)

女性が本質的に自己の男性より優れている感性と心を連結し、哲学の方法を活かして独自性を立ち上げます。
これが実践的哲学サイトのコンセプトです。
まとめさせて頂くと、

・女性のため
・時代の過渡期が今
・男性社会が弱体化
・哲学で個の生命体のリズムに合わせる

哲学を一冊のノートをご用意頂き、そこにこちらから実践的哲学で思考に運動を起こす方向の刺激を入れていきます。
その方法から思考が出力する意思を、ノートに記述して、女性であるあなたの生命体がどのようなリズムで、何をこの世界に表現したいのか、立ち上げていきます。

このような哲学的実践がなく、やりたいことを見つけても、その活動は偽のままであり、男性社会に適合した内容であるのです。
エネルギー供給、代謝、排泄、破壊と再生が生物は構造としてそれを有機体と言います。
この構造は実践的哲学がなければ、思考が男性社会に汚染されていますので、今見えている想像性はすべて偽であるのです。

実践的哲学で世界で一人しかいない唯一の有機体は、世界を相手に表現によって世界の自然の大地を平面に、あなたは活動をしていけます。
そこをお手伝いするのが、実践的哲学を経験する本サイトのコンセプトです。

世界が平和になるためには、社会に依存する人間を減らすことです。
社会は生産を生まない構造です。そこに時代が衰退すると、人間は依存し、社会は抱えきれなくなり、やがて崩壊します。
日本を始め、他の世界の先進国、アメリカ、イギリス、ドイツなど、同じ運命を辿ります。
これは、絶対そうなっていきます。
そこから回避するために、女性であるあなたを救うために、本サイトのコンセプトは生き生きとして、熱量が最大限に高まり、今あなたと向き合おうとしています。

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

投稿日:

執筆者:tak

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.