女性のための哲学

女性が仕事を辞めたいとき辞めるタイミングと自分を変えるために。

投稿日:

女性が抱える未来への不安とその解消法とは

 

女性が仕事を辞めたくなるとき。女性がやりたい仕事に出会うために

 

現状の社会で行われているあらゆるすべての分野や業界での仕事は、日が進むごとに、AI(ロボットシステム)の煽りを受け、どの企業も部署を統合したり、分社化していたグループ会社を一つにする動きが著しくなってきています。

そのような変化に女性はとても敏感に感じていて、これから起こる何かを女性特有の機能である直観と言われる瞬間的な感覚の連合で感じているのです。

やはり、女性という肉体の構造と機能を観察すると、そういった言葉に出来ない感覚的な内面で行われている感覚を集めるシステムである入力、そしてそれらを繋ぎ、神経系の断層を化学反応のエネルギー代謝系の力で変位させた表現系である出力の内部運動での結びつきの凄さがあります。

この入力と出力の迅速な反応というのは、長年、社会の中心にいてそこに安住し、自分を見つめず、男性という権威だけで生きてきた男性には、そのような女性に機能されているセンスはまるでありません。

今の社会はいまだ男性が中心という規定された常識が成立しているのですが、その規定に生命力はなく、もうだいぶん前にその消費期限の時期は十分過ぎており、男性はそこに気づかず、今のままこの社会は継続するだろうとする、根拠のない常識に縛られています。

そんな集合化された社会という場所で、女性はどのような気持ちで仕事をしているのでしょうか?

女性はセンスが優れていると記述しましたが、この男性社会に魅力をまったく感じていません。仕事をしなければ、お金を稼げず生活ができないし、好きな最新のファッションが出来ないからと、仕方なく今の社会にいて、仕事をしているだけなのです。

女性は、いつでも今の社会から外に出てもいいと思っていますし、その気持ちの準備もできています。

ただ、それができないのです。
外に出ようとしても、その外には違う新しい空間が見えないのです。

そこには、社会ではない、女性が主導となる空間が、まだ立ち上がっておらず、女性は仕方なく今の枯れた、生命力のない、権威、名誉、お金が中心の非精神性、非芸術性の水気にない、荒地にいるしかないというのが、女性の本音であります。

女性は、もう今の社会から逃避しようとする衝動、欲動は思考と行動を十分に刺激し、興奮させていますが、実行に移せません。

そこに、女性なりの理由があります。
それは、先ほども記述しましたが、

今の社会以外に、生きていける違う社会がなく、今以外の世界が見つからないため、どこにも行けない。

ほとんどの女性が仕事をし、男性社会の魅力のなさを体感し、お金を貰うためだと、割り切って女性は仕事をしています。

そんな状況でも、女性は自分の時間を大切にしようとし、仕事外で女性は人と関わろうとしています。
そんな女性の行動を見ると、なんて男性にはない、軽やかで、柔らかく、優しい心を持っているのだろうと思ってしまいます。

しかし、そんな感性の良く、感覚が優れてる女性の心の社会の疲弊した狭義の人間性の規定は、女性にとってますます価値のないものだとして、今の社会で仕事をすることが、苦痛のなにものではないというストレスを女性の心は抱えなれなくなっているのです。

心療内科に通う女性は、年々増え、社会の自分と一人になったときの自分のギャップが隔離され、女性自身で自分の力ではどうすることもできない心の病理状態になってきています。

参考記事;誰にも言えない女性の悩み。女性同士の人間関係で鬱になり、心療内科に通院しても改善しない悩みを見直す。

世の中というものを大きく見てみたいと思います。
現在の世の中というものには、構造と言われるそこの中で力が発揮されるために用意されている一番外側の制約、例えば住居であれば建築のために垂直に立っている鉄骨(柱)があります。

その垂直性が意味するのは、それらの共有点を結び合わせた線(ライン)は、そこの環境という一つの制約の中での世界の最大地点を現しています。

世の中には、建築のような明確な垂直性の柱があるわけではありませんが、世界である以上、建築と同等の共有点を結び合わせた最大の外側があるのです。

女性が真面目に仕事をする仕事という環境も、そういった外側の枠組みがあるのです。

私たち人間は、外部の世界を感じ取るために必要な入力という神経細胞が体の中で数兆もの数で、一ミリ以下の隙間を維持しながら、一つ一つの細胞は独自の運動、それをリズムと言いますが、それらが世界を感じ取って、その世界から未来の時間空間に向かって、あなただけの出力を行なっているのです。

このやり取りは、あなたの内部で行なわれ、繊細な女性の感性と感覚の機能にエネルギー供給のほぼすべてがそこに向かっていかなければ、見えてこないのです。

現実社会は、今の社会の構造、仕事の仕組みの変化など、スピードが著しく感じるため、女性にこの入力と出力が導き出すものは何であるのかを、命題として哲学を入れて説きたいところですが、その時間は許されていません。

こちらから、命題はご提案したいと思います。
あなた自身の入力と出力によるメッセージは

今、仕事を辞めたいときであるということです。

 

 

2.女性が仕事を辞めるべきときである見分け方

 

女性に限らず、人間全般で考えてみたいと思いますが、今の仕事が辞めどきかどうかを見分ける方法は、あなた自身ではなかなか難しいと考えられます。

その理由は、人間は今の環境と決別して、新しい環境に自分の身を預けようとみずから積極的に考えることは、ほとんど有り得ないものであります。

よほど、今の仕事場で嫌な人がいて、ストレスに感じて、肉体にも何らかの不快感を感じているぐらいなら、今の仕事場を変えようと思えることもあるでしょう。

もし、今の仕事で給料が安く、生活がギリギリでも、人間関係の苦痛がなければ、給料が安いという事情ぐらいなら、何とか我慢できたりします。

(給料が安いかどうかは、基準としてそこを元に今の仕事を辞めるべきときなのかどうかの判断は非常に困難を要する。会社の経営者が利益主義であれば、それだけ従業員に給料が回らないことがある。給料が安いことが実際の会社の経営の体力を現わしてることもある。将来を見据えて、毎月の利益を内部留保にして、貯蓄していても、従業員の手に渡る給料は少なくなる。)

(給料があまり貰えていない女性は、家賃や光熱費は固定費となり切り詰めるには限界があるので、安い給料に合わせる項目は、食費、交際費、洋服代となる。たくさんお金を貰えたなら、それを何に使うのかは、結局のところ、今の三項目に費用が回るだけであるため、給料の上下は、さほど女性の生活に影響は与えないのだけれど、切り詰めることが常習化すると、貯金が趣味である女性がいるように、切り詰めることが毎日の目標となることの危険性がある。そうなると、未来を想像力で捉えなければ、女性であるあなたがやりたいことを見つけ、そしてそれによってお金を自分磨きの投資のために余剰を作るのが非効率になるため、今の給料で精神まで左右されないように注意しなければならない。)

このように、人間は今の環境に依拠してしまいがちだということを、まず何があっても、覚えておく必要があることを知っておいてください。

となると、あなたが今属してる会社、仕事が辞めどきかどうかを、あなたの心に問うことでは分かりにくいと考えた方が良さそうです。

現状の日本の仕事で将来性がある業種はほとんどありません。会社名が大企業のようにメジャーであると、これから先も安泰である時代はとっくの昔に終わっています。

大企業ほど、銀行と利害関係(銀行はお金を借りてもらわなければ利息が入らない。要は儲からないという)があるため、頻繁に銀行から融資を受けています。
株主の目もあって赤字になると株価が下がる恐れがあるため、大企業は銀行からの融資を受け、決算書の数字は操作されています。

そのようなことによって、私たちは現状の会社の状況の真実を知るすべはまったくありません。
大企業に勤めるほど、この会社が潰れることはないだろうと推測するのは、現在の社会で運営するマーケットでは、これから先も経済成長が起こることはほぼ不可能であるため、雇用をたくさん抱えている大企業ほど会社が倒産するか、グループ会社に吸収されるかは、可能性が高いのです。

(ここで、未来という時間空間を哲学で見つけていくこのサイトが断言しますが、この社会に今存在する会社は15年先までに、今よりも成長することは絶対にないと言い切れる材料は揃っています。本サイトにあなたが出会った限り、未来に向けて、今このご縁を活かし、完全に今とは違う未来の空間に合った行き先を見つけましょう!)

知っていてほしいのが、日本のマーケット(経済市場)が戦後どのような構造で運営してきたのか。
それは、日本のマーケットは大企業が中小企業に仕事を投げ、中小企業はそのまま自分たちでは請け負った仕事をせず、そのまま下請け(孫請け)である零細企業に投げていました。

これは、バブルの頃の運営方式で、大企業は利益がとても多く残ったのに、あまり仕事の量が今よりも少なかったと言われています。

経済市場が右肩上がりの頃は、大企業から下請けにバトンリレーのように、すべての段階での会社に利益が出ていました。
この夢のような状況が実現できたのは、ほんの3年ほどでした。
日本が経験したバブル経済を経験している世代の男性に話を聞くと、3年以上続いているように聞こえるのですが、良い時期というのは、人間は大きく言ってしまう傾向があるのと、あれだけのバブルという巨大な利益を生んだエネルギーは、それが崩壊してもすぐには収まらず、その後も余韻が続き、現状が分からないまま、何年か経って、本当の真なる現実の経済市場になったという恐ろしい事実がご理解できると思います。

現在の日本の経済市場。
ほぼ壊滅状態。大企業から固定費(人件費)抑制が始まる。
バブル経済が終わっているのに、余韻によってすぐに終わらなかったように、現実の状況はだいぶん前から起こっていることを理解しよう。
あなたは今、1日も早く仕事が辞めるときを迎えている。

参考記事;女性が抱える不安の解消の提案。心の不安がこれからやりたいことを分からなくする。

3.今の仕事を辞め、次のやりたい仕事はどうやって見つけたらいいのか

 

あなたにまだ出会ってませんが、仕事を辞めたいと思って、次の仕事を見つけるとするなら、何をするか私たちには予測できます。

ネットで地域に限定した求人情報を探す。
求人情報の就業時間、休日、有給、給料を確認。
次に仕事内容を見て、自分に合うかどうかを見る。
何件か求人情報を探した後、そこから一つに絞る。

この行動パターンは、前時代的な仕事の探し方です。
この仕事の探し方は、目的がお金を貰い、お金のために働き、お金を得るために時間を浪費します。

前章で記述しましたが、ロボットに単純作業のほとんどは奪われていきます。
女性が現在行ってる仕事はロボットがシステムの一つとして遂行します。
仕事を探してはいけません。仕事を探すことは、お金を目的にする行動パターンの神経系が中心になります。

すると、国家の経済成長に完全に影響されていますので、国家の経済成長が低迷する状態が続くなら、お金を目的に仕事を探してはいけません。
お金を目的にすると、国家の経済成長の影響をまともに受けてしまい、あなたはいずれ仕事を失うことになります。

そうならないためにも、今までと同じ行動を選択していくと、同じ結果となるのです。仕事を探すのではなく、仕事を作るのです。
しかも、経済のマーケットを未来に焦点を合わせて、今すぐではなく、今はないけど、少し先の未来には求められると想像して、考えるのです。

この思考にするには、今のままでは過去の行動パターンに執着します。
神経系がそう記憶して、行動プログラムを作っているからです。
そこのプログラムを書き換えるために、必要なこと、
それは、哲学です。

本サイトは、世界初となる実践的哲学のサイト、女性専用の哲学サイトです。
体に触れてもらっていないと、触覚は高まらないのと同じく、哲学で思考に関わってもらったことがなければ、この感覚は分かりません。

あなたは哲学をしたことがないので、哲学をしたときの心の安定は、今まだ哲学をしていないため理解できないのです。

哲学をする目的をご説明しますと、哲学をすると、

心が運動を再起動し、心を包んでいたコンプレックスの思い込みをなくし、心の核に刺激が入り、行動プログラムを作る神経系と繋ぎ合わせることです。

言葉で言っても伝わりにくいので、実際に体験をしてみましょう。
ご興味のある方はお問い合わせください。
あなたに合わせた哲学を行わせて頂きます。

さらに自分を女性の美を磨きたいなら、月額3,240円で毎週送られる哲学のメルマガをお申込みください。
月額3,240円は、高いのか安いのか。本サイトでは、多くの西洋哲学の書籍から私たち自身で専門性を高め、自分たちで哲学を実践してきました。

何十年とかかって理解してきたことを、月額3,240円で得られ、あなたの心の運動が行われ、独自性を磨けるのだからかなりのコストパフォーマンスです。

他の本を読む必要はなくなり、哲学があなた独自の概念を組み立ててくれるため、思考が即行動となり、そのままそれが実践となるのです。

有料メルマガ

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性のための哲学

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.