女性のための哲学

女性が安心して生きれるビジョン発表|これで女性は生活に困らない。お金の不安なくなる。

投稿日:

女性が安心して生きれるビジョンとは?
「one life one vision」これが女性を幸せにする考え方。

女性の心 女性の安心 女性の安定

女性が安心して生きるには、これまでにどれほどの良い言葉があったのかは、ほぼ皆無に近く、何もなかったといえるぐらい何もありませんでした。
ほぼ何の見本や教本もなく、女性は社会の構造を知らずに生きてきたのです。
あなたから見た諸先輩の女性たちは、社会の構造を知らなくても今日まで、素晴らしく生きてきています。その部分だけを見たら、それでも生きていけるんじゃないかと思ってしまうのは周知しています。
その事実は、諸先輩の時代だからその女性たちの生き方でも、ある意味での見方では通用してきたと言えます。
これから先は、それが女性の生き方という想像できない大きな世界をあなたという社会が作った人間像では通用しないことが分かってきているのです。
そこで、女性が知っておいておくべき大事な本質を丁寧に実践的哲学を導入しながら思考していきます。

 

 

2.女性と親との関係性。近代から現代へ

 

女性は性別の女性を外部の大人に強要

まず、女性がこの世に生まれてきて、何を躾けられたかに着目していきますと、身勝手な社会の規定は、乳幼児である時期から、男性と女性に区分して女性らしさという社会が管轄するジェンダー(性差)で育てられました。

この時、乳幼児であるあなたは、まだ発育もままならないため、そのように歪んだ見方で人間を見る親に何も言えません。
受容するには、神経系の発達が必要ですので、この乳幼児の時期は、親の要求を模倣という神経系を使用せずに、固定した人生のプロフィールを刻み込む脳の大脳皮質というモコモコした雲のような部位の間に密かに生息地を得てしまうのでした。

親の要求を模倣する。これは、見たままが見たままなんだよと、それ以外の感覚や知覚、直観が関われない隙間のないところ、つまり人はたえず生きるために、運動性という目に見えない運動を起こし、活動しながら感覚から情報を得て、それが非言語の状態であなた独自の概念として、生きていくのが生きるということであるのですが、親の要求を模倣したがために、活動という運動を知らずに生きる時間が開始されてしまうのです。

現在の時代区分は、現代といいます。近代の次の時代が現代です。
この区分は、歴史学者が決定したことであるため、あなたにとって近代だからどうなのかというのは、あなたの生き方には何の影響もありません。
だから、現代を意識する必要はありませんが、本記事で発表しましたあなたにとっての本質的理念、つまりこれをビジョンといいますが、あなたの心の奥、未来においては神経系の内部運動と堂々と言える時期が近いうちに到来する推移を前提に、現在で分かってる言語を通じた表記をいたしますと、心というものを通すしかないのです。

その今から未来へと考えてていけば、痕跡から遺跡へと発展し、心を通すことは不可能となる前に、今の時代に合わせて心を経由してみます。
心を作った偶像、架空のチャンネル、ブラウン管に液晶を内蔵させ、発信される画像は二重から三重の波打った映像で何が描かれているか分からないように心を通すと見えていたり、感じていたりする世界が本当なのかどうか分からなくなります。

女性であるあなたは、心という本当にあるのかないのか分からないところをいつも通る仕事への往路のように当たり前過ぎて、気づきに繋がらず、いつも心についてとてつもなく威力のあるもの、生きることに強い影響があるのではと、猜疑心(さいぎしん)があることをご理解頂きたいのです。

心を通す;近代から現代にできた心。未来には通じない通路となっていく。

あなたが知っている、あなたが使用している、あなたが真偽を問うつもりの心が女性の生きる時間のほとんどに作用して何らかの影響を与えているのは本当です。
そこに強く関連するのが、時代区分を持ち出し、誰も開かない引き出しに脱構築したところで見えるものは、全体だった大きなオブジェが全と表記します。
この全はあなたを心を通した世界で、実に盲目的であります。
この結束は、視野を制御する視覚、そこに後から追うようにして完全に外部から立ち上がった心が、友情関係を結びました。
このように視覚から心へと発展させたのは、社会のシワザで、男性社会の運営形式なのです。全から一へそれで終われば、まだ平和で穏和な世界、視覚以外の本サイトが提唱する触覚の世界と哲学の密接な関係、これはまだ誰も知らないことであります。
このことについてはあなたの内部運動を実践する神経系は、いつでもウェルカムで準備できており、全身全霊、すべてのエネルギーを消費してたとえ死の恐怖が出たとしてもその覚悟はできています。

学校で習った数学の影響

そして、全から一、そこから数学という学問は一以下を定め、それを小数点としました。あなたが今ではもう思い出すことのない学生時代に嫌々聞いていた学校の授業で習った小数点や分数は、テストで良い点を取るために勉強してきました。つまり、その経験は末梢的で本質的ではなかったわけです。その学んだ経験が本質でなかったからこそ、その記憶は鮮明に残存するのです。これはどういうことであるかといいますと、記憶というものへの確認はその微かなる内容が、表出され、認知(認識)されることで初めて記憶されていることを再解釈します。本質的に学んだのであれば、神経系の内部で記憶の対象であった大きな段階は、記憶に痕跡を残すために、解体し分解され、分子となります。その情報は入力されたままの形相では残っていません。解体された分子は、違う分子と身体の生物的構造が運動する差異によって他物と結び付き、生物的潜在性が生成力を生み、生きることに変換しているのです。要は、鮮明に記憶が蘇るということは、本来の記憶の神経的システムでなく、全が一とする全体性が内在したことによる記憶であるのです。

記憶が残っている;これは神経系の運動を伴わない記憶情報。あなたが信じてはいけない非真実の情報である。

学生時代に学校で学んだ数学の細部までは覚えていなくても、嫌々経験したことはご存知だと思います。
その部分を抑制によって知っている経験を事象から分解せずに(哲学をしないで物事を見る世界)見ることであり、一しか見えていないのに全に見えていると思っているのです。
本質はもっと自然体の姿で言語を通じないで小さく表現していることで、本質の空間を他の事象から守ることができているのです。

それが近代から現代、そして親と女性の関係に発展して考えると、女性が抱える悩みやこれから先の不安に結びついてるのが分かります。
親はあなたという子供ができ、誰からも本質を教われなかったため、何かの形にしないと育てられないと考え、あなたを育ててきました。
その枠組みが性で社会と同化させた性の上で女性という見方です。そのように思えば、どのように行動するのかが、社会の組み立てた順序通りの型に従事して、あなたを女性と育てたのです。

小さかったあなたは親から徐々に離れていき、友人ができ、恋人ができたりし、親を主観から客観で見る対象となるのです。
主観だったときには見えなかった自己への関わりと、自己から世界を見る見方が、親から離れることで分かってくることがあるのです。
ここに近代から現代が抱えた世の中というものが潜み、女性が自分の内面に生成されてくる自己破壊の欲求、いつでも自分を壊し得ないぐらいの破壊的暴力が、そのまま社会では受け入れてくれない現実に障壁を生んだとき、あなたは自己との感覚と認識に寸断が起こります。

そんなとき、親が客観で過去の思い出の中の違う空間に存在しています。その親の姿は女性特有の固形での過去と未来の変わらないでいてもらいたいと思っているあなた自身の内部運動を停止させられる抑制、運動の機能では、時間の流れが起こす運動は進行するという作用といいますが、その逆である反作用という運動が起きているのです。

帰結

女性は社会の過渡期をそのまま継承している。たえず、二面性があり、西洋哲学が長年論破してきたデカルトからヘーゲルまでに反復された弁証法という二項対立だった。女性はその対立を、自己と社会の二つの対象で闘っている。そのような自己でのやり取りは、新しい発想を抑制することになり、女性はいつも自分の中でストレスを抱えている。このストレスが一つしかないビジョンを見つけられないようにしてしまっている。

関連記事;女性生き方の見直し|眺め読むだけで女性が知的になれる女性のための哲学。

女性が安心する生き方にはこれしかない|実践的哲学で女性の安心とお金の心配をなくす。

3.生きることは一回のチャンス

 

一年は三六五日あって、その中で毎日いろいろな出来事があります。些細なことから、思い出に残る出来事まで、その範囲はさまざまですが、これらはすべてあなたが生きている一度限りの生きるチャンス(機会)です。
見えていない時間、すなわち未来という時間は空想の世界と見立ててしまうと、そこがどのような世界になっているのかは、とても興味があるものです。

自分の運命がどうなっているのか、それを確認したいから、女性は占いや支柱推命のような統計学に手を伸ばすのです。
しかし、統計学は絶対ではなく、あなたの運命を決定する適切な情報を与えてはくれません。

でもその話を信じたいと思ってしまうのも女性の本音であり、その気持ちはとても理解できます。
占いで分かることは、構造を見つめずに、機能だけを見つめ、自分の生きる時間を人生という言語がガイドする普遍性に適合して、意図的に収束させる行為です。
この行為は、近代から現代がマスコットのような像を作る女性というものを象徴しています。
世界がどのくらいの大きさなのか、想像すればかなり広くて、目に見えないところがあるということも分かります。
占いなどの言語誘導の帰結を急ぐもの(媒体)は、外延(外縁)である構造を貫通して、人間という幅での機能だけを取り上げた言語の集まりは、女性の感情や感性を抑制することになっていきます。

女性が知りたいところには、行きたいけど、なかなか行くことができません。
占いを聞いても、占い師に言われたのは、今の自分がそうなっていると思えたなら、少しは安心するし、それがすべてではないということぐらいもすぐに分かっていたりもする、そんな精神状態で世界を見ても、楽しくも何とも思えません。
これが女性の本音ですが、当面の不安な気持ちが抑制するのなら、それはそれでいいのではないかと思えるものであるのです。

女性が本当に確認したいのは、一つの事実であるのです。
それは、生きることというのは一回しかないということです。
この事実についてあなたが聞いたとしても、自明であるため、感動はありませんが、あなたが知らないところでは感動が生まれていました。

その部分は、女性が無意識的運動を起こす、身体です。
身体とは、始原的な細胞の自律運動から開始される器官での運動です。
あなたが意識しても関われない感覚の運動で、そこに近づくとどのようなことが起こると想像できますか?

その反応は、感覚神経システムがリズムを作り、自分に内面の運動が感じ取れるようになってきます。
そうなると、世界の外延の存在に気づけ、自分が今どのぐらいの速度と強度で未来に対する実践をすればいいのかが、自分の中で分かるのです。
そこの領域に到達できた女性の身体は、身体から感覚が湧き上がり、それらが接続と断絶により、身体と世界の間に寸断が生まれます。

女性が欲しかったのは、生きることについての感覚的な情報です。
教科書のように言語が記入された導きに関心がないのが、女性の生物学的構造から来ています。
感覚で教えて欲しかったのです。
大人たちは、感覚というものを信用していませんでした。目に見えないし、形にないものだし、そうなると大人は子供に権威的に対応できないので、言語以外の伝達形式を選択したくはありません。

そんな状況で女性は、この世の中で発達し、女性の欲する情報がないことに失望し、自己内を探求しながら、外部からの切り裂かれた欲望は女性の感覚神経システムを躍動させた後に停止させます。
生きることの情報がただ欲しいだけだったのに、女性は何度も何度も外部の性別不明の大人から女性を疑心暗鬼され、女性はいつも迷惑なことだったのです。
生きることって、何なの?
生きることって何回あるの?

これらの問いは、小さな子供が大人に質問を浴びかせて、大人を困らせてしまう類の問いです。
大人が答えにくい状況を子供が作るのは、本能的欲求が興奮しているからであります。
その興奮によって、大人に本質的な問いをすると、大人は神経システムが混線するのが子供には予測できています。
それを確認するために、子供は大人に何度も本質的な問いを投げかけるのですが、ある時にその問いをやめる時期がきます。
それは、大人が思考している社会秩序が見せている以外にも、自然が立ち上げる見えていない世界があるはずだと分かったときです。それが確認すると、子供はその自然が立ち上げる世界を見つける旅モードに入るのです。

子供が大人から得た生きることは一回という図式

子供にしか分からない無意識の領域=欲求の運動=これが根源の世界

自分で感じている(感覚神経システム)=大人から再確認する=本質的な問い=大人は避けようとする

子供はそれを見て再確認し大人に問いをやめる=大人が見えていない世界がある=大人と行き場を失った女性を抑制する欲望の熱量がその世界を消す

=女性は根源の世界を知っている=男性は社会から一面性を背負いこの根源に問えない=女性は無垢のまま生き、根源に近づくエネルギーである欲求を生存させている

女性は少し前までは、社会を家庭の中に持っていました。
明治時代以前ですと、今のような大企業や中小企業などという大きな組織は存在していません。ですので、各家庭、家業という行があり、現代でいう自営業をし、ほとんど外に出ることはあり得ませんでした。
女性は、今日のように、たくさんの人と社会で出会うことはなく、自己内の空間を持てたわけではありませんでしたが、自己内の空間を大衆化のような汎用性に侵入されることもなかったのです。

今のように華やかな世界があることはないけれど、当時の女性は自分を持ち生きていたのではと推測されます。
すなわち、『生きることは一回のチャンス』という根本的概念を立ち上げることができたのです。
それが、急速な社会構造の変化から、たくさんの人(他者)と出会い、過剰となるまでの膨大な情報により、根源から引き離されていったのです。

女性は、世界にとって唯一無二なる存在であるのが、女性で生まれたあなたの運命でありました。
社会が時代と共に変化を生んでも、女性は上記に書いた形式を他物によって侵入することがなく生きてこれたのです。
女性が子供だったとき、大人に確認した、あの本質的世界の存在の探求に、今また再稼働を開始しています。

再探求は世界が本質の要求

来たる未来において、女性が求められてるいること、それを現在のこの文脈から生成された文体において、丁寧に脱構築しています。
このスタイルが、リアルな、生の哲学性となっています。
ほとんどの女性が、世界中どこを探しても、このような哲学性を磨いている実践はどこにもありません。
こうした文脈は、あなたにも今後経験して頂きますけれど、文体を表記し、文脈になっていくと、自然発生から中心に集まった内圧を浸透圧の原理により外面に向かっていく運動が発生します。
この外面という部分が外延と言われる世界の全体的想像性から見えてくる構造となるのです。
上記に挙げた女性が内面的に持つ、内部運動の停止が、未来の不安を早急に見えなくするために、真実はそこにあるわけないと分かっているのに確かめてしまう占いというものは、そのままの立ち位置から世界の視野を通じ、そこから非運動で立ち上がらせた心というものの二重のフレームワークから歪みが代償という身勝手な歪みの矯正による世の中の見方が、偽を真に発展させるのです。
『生きることは一度のチャンス』という表記は、不安や心配をそのままにせず、それらのエネルギーを消費させ、運動に繋げます。この状態に設定するのは、生物的構造体の欲求という運動で、自ら生んだ形式であるのです。

ここに、本サイトがあなた自身に伝えたい要素のすべてがあると言ってもおかしくない文脈です。
生きることは一度のチャンスについて、この表現を聞いても、そんなことと思い、分かりきった文脈であるとお感じでしょう。
しかし、この表記を再度強調させて頂くのは、言語という完全に見える風格を漂わせた権威と力の共用、ちょうど現在迎えております情報化社会という分岐点もあって、言語の構造と機能を見直して、言語にできることとそうでないことを見つけ直さないといけないのです。

私たちは、『生きることは一回のチャンス』についての基礎的な世の中の構造をも、知らないのも同然です。
度々、あなたにお伝えしますが、生きることは一回のチャンスであります。
つまり、人生は二度と代わりの日々は来ないのです。
今日を逃避すると、明日は今日と関連があるようで、明日は明日のエネルギー供給で運営している自然が営む運動であり、今日は今日で終わりを告げます。
このような自然が生み出す順序を段階的に創出する運動を、秩序といいます。

私たち、あなたが今日を今日としてとても大事に生きることを可能とするのは、今日を今日のまま迎えるぐらいの受け方では、自然の秩序を感じ取ることがとても難しく、自然はこちらに発生させたエネルギーは、そのまま受けては跳ね除けてしまう反応が生まれます。
その力は、反作用という反応で、そのまま自然の力を受けてしまうなら、自然と人間は同じ構成要素で化合させた物体ですが、近づき合うには、物体から物質に分解しなければなりません。

自然と人間は向き合えない;双方同じ作りをしている。しかし物体同士は反転し合う。

『生きることは一度のチャンス』は、あなたにこの言語を伝えても、自然のままの表現であるため、あなたの心的作用は反転作用に転移し、言語が言っているだけだよというような見方でしか、この表現を解釈できないのです。
私たちは、少しは分かっているだろう、思っているよりはもうちょっとは理解してるだろう、というように、生きることが一度である真実、事実は生命体レベルでは十分に分かっているのです。

生命体と自然は向き合えるのですが、これは物体ではなく物質になっているからです。
私たちは、人間の構造体を持つ複合体でありますので、化合された有機体でありますが、自然と自ら向き合おうと意志の力を作動させてしまうと、複合有機体となり、感覚神経は抑制されます。
すなわち、この作用が引き起こす状態というのは、自然を大きな存在として元素ではなく、それが複合体としてしか見れない化合物になり、人間は自然に反する物体になろうとしていく意識はさらに強められ、感覚神経は抑制します。

こうなると、自然と人間は対立する関係となっていきます。
人間が機械化されていき、現状のネット文明が活性化するのは、人間と自然が意志の力が権威となりあって、対立するからです。
自然はありのままに、自然の力を化合もでき分解もできますが、人間はそれが自然にはできづらく、化合物の設定のまま外界(外部)を見てしまうことが多くあります。

かつて、原始時代の生きた私たちよりも道徳観が強く、今お伝えしましたような自然と対立することで人間は機械化に偏っていく生き方とは違って、生きることに徹した生き方、それを本質的生き方といえます。
そのような時期に生きた人々は、観念ではなく、感覚的に生きることは一度のチャンスであることを感じていたのです。
そのうち、人間には形という見ないものを無理に見えるようにした絶対的なものにすがるようになりました。
資産のある人々は資産があることを主張する家屋に住み、資産があることをそれ以外の下層の人々の生きる力を奪い、富裕者は下層の人々を絶対服従させる形式を取り始めるのです。
行為、思考と形式が直接関与するなら、そこから発する影響がまだ少なく形式における対立関係はエネルギーの供給の運動からして均衡が取れるのです。

時代というのは過去に執着し、過去の栄光に過去の偉人がプラスされ、遮断され、独自の隙間、物理的作用の差異といい、残しておかないと生命体自律された内部運動の出力が行えなくなります。
その差異が消えるとどうなるのでしょうか?
当たり前に存在する現存在が感じ取れなくなり、人々は自己を見るために外部の媒体や特定の場所に依拠させ、そのことについても分からないという現象を生むのです。

生きることは一度のチャンス。これを理解し直すために、内部運動を自然のリズムにする取り組みがいる。

関連記事;不安なとき頑張っても仕方がない|不安の解消はオキシトシンに任せればいい。

40代女性転職うまくいかない原因を徹底検証|自分を知ってやりたい仕事を絞り込み、自分で立ち上げる。

 

4.生きることとは一つのビジョン

 

『生きることは一度のチャンス』はあえて、日常的に使用する言語を通じること、すなわち、真偽は関係なく、現在開かれている通路に入り、そこにはたくさんの人々が歩き、娯楽を楽しみ、多くの人々が語り合ったところです。
初めは、そんなに広くなく、長くもない通路でしたが、人々がたくさん行き交う(実際は一方通行)につれ、拡張されてきました。
その拡張された広さや長さは、実際に見えているのではありません。
象徴という世界を設定し、これを前提としたモチーフされた世界とされ、化合物同士の共有となります。
そこの領域に発生するのは、経典、教典、教義、教育、教科書などです。
その理由が面白いほどに見えてくるのですが、それは、形式が一定であることで、そうした教科書にまとめやすいという特徴があります。
このような状況を、普遍的運動といい、誰もが共通する論理と解釈し、真偽を問わない固定された運営となり、さまざまな汚れたものまで、同じ色に装飾され、見た目は統一されたかのように見えています。

前述しました、『生きることは一度のチャンス』は、この普遍的運動を抑制するために、あえて、言語を通路として言語の権威を生かし、そこで言語の運動をあなた自身で抑制して頂く作業をさせて頂きました。
知っていることとなると、それは知らないことと、物理的作用では二つの対象が並列されると、その真ん中には中心線が生まれ、自然発生により寸断される境界線が生まれます。
これは、世の中に存在する物体と物質の両方ともその作用を生み出せる機能を持っています。
しかし、『生きることは一度のチャンス』ということさえ、私たちは知っているようで知らないように、寸断された状態を耐えられる時間の限界まで保持させておかなければならないのです。
このルールは、誰からも教わることはなく、自然が持っている最小限と最大限の運動である秩序(ちつじょ)と呼ばれる内部運動であります。
これが、寸断されたものを焦りと不安によって、すぐに見つけ出し、それを取り出してしまうのなら、目に見えやすい物体を物質と物体の二面性ではなく、一面性である物体のみの存在を強め、寸断は構造的に不可能な位置となってしまって、寸断に意味を付け、解釈するという見方を発達させてしまうのでした。

言語を通過し還元しないで残存させる

言語を通路として、『生きることは一度のチャンス』をそのままのスタイルで寸断を再生産させました(これが実践的哲学なのです)。
生きることと言語的に強調することにも、内部運動を促通させる形式を取っています。
生きることとは、感覚的作用を運動させたままにしています。すなわち、言語を物質と結束させたのです。この段階を経なければ、生きることは生命や性的欲求、生と死などの感覚的作用のまま運動を継続させるのが構造です。ここの、誰もか入り込まなくていい領域である空白、物理的作用では前述しました差異といい、内部運動を行うには緊張と緩和という三次元的運動が発生する隙間がいるのです。そこを寸断といいますが、固定された見方を不安を除外し、安心を前提とする社会を作ろうとしたために、寸断は凍結されました。
そこに入り込んだのが、現代において、生きることを人生と言ってしまったのです。

あなたは人生(言語を経由した意味での人生)を生きているのではありません。
あなたは生きる(現在進行形での生きる)ことを実践しているのです。
そこに人間関係が関わるほど、人生の方向の言語で意味を強めた見方が強調され、象徴と言われる世界で、意味を考え続ける生き方をしてしまいます。

そのままその生き方をし続けるとどうなるのでしょうか?

象徴の世界に対し、人は自然と同じ分子の領域で生き、そこでエネルギーを消費し、生産と消費、破壊と再生が成立すると、身体レベルからの充足感や幸福感が分かってきます。その世界を現実(界)といいます。あなたはこの現実(界)で自己を探求し、自己を哲学によって自己が生きる未来の大地に概念を立たせます。これらの世界は心理的空間ではなく、思考的基盤の中に社会や時代を効率良くするために人間の欲望(構造において、欲求ではない)から構造化するのです。この世界は人によっては何個もあることもあり、自分で容易に見えるものではないために、気づかない人がほとんどです。
これらの世界同士には、構造の見えない空洞があり、寸断があります。これらは象徴(界)だけは、あなたが生まれた後に社会に屈し、欲望という構造を社会に委ねたエネルギーが、現実で起こることの意味付けを強制的に行うという寸断は寸断のままに、物体と物質はたえず境界線を持ちながら、生きる選択を悩むことなく実行するのです。
その寸断のまま生かされたところに発生するのが、言語の権威を完全に喪失された言語の出力のスイッチでした。

一つのビジョン;一体の人には、一つのビジョンが成立する。今すぐ再確認をしよう。

私たちは、自己を探求する前に、教育を受ける社会システムの元に生まれ、真性の受動性ではない、受動を得てしまいました。
自分で探求していく過程を知らないで、生きてしまって、学生生活から就職、婚姻まで、すべてを真性ではない受動性を内蔵させてしまいました。
言語が関わってしまい、あなたにしか感じ取れない感覚からそれを集合させたより知的な物質象徴を批判する非言語、それを知覚と言って、私たちが自然に気づける一つのビジョンがそこに見えてきます。

一つ以上ビジョンがあるのかどうかの問いが今、発生していることでしょう。
ビジョンは世間やあるカテゴリーでの共有性がこの言語に意味を付けており、なまじっか、自己啓発や宿命を説いていく心理学から誘発したセラピーをイメージしてしまいそうですが、本当のところ、ビジョンは自然と同じ次元で営まれています。
ビジョンを表現することには、内面的作用のままでも、あなた自身の内部活動内で収束され、集合し、生きることに変換していきます。
つまり、ビジョンは内部運動の中で気づきがあるだけで、生きる力に直接制御する生成を促通することが実現できるのです。
このままでも、あなたの生き方に十分関与することができているのですが、この情報科社会では、価値のある情報がほとんどのメディア媒体を汚染し、競争に巻き込まれた言語は言葉となり、流行りと文化が化合した話し言葉(パロール)となって、他者の生命体を終息させるほどの、負のエネルギーとなってしまうのです。

あなたには、生命体と自然、人間と感覚が関連するところの次元に、非規則的な出力のビジョンが生まれています。
このビジョンというものを無意識のうちに意識作用を使い、意味付けていることが多くあります。
この理由は、あなたには不安と焦りが心にあって、その心という枠組みは象徴界の領野の立たされています。
不安や焦りと向き合えば、そこにはエネルギー供給の過剰性(発作的興奮)が固定したページを作りかけている段階ですので、そのタイミングでビジョンに化すれば、エネルギー供給は効率よくあなたの一回限りの生きることに生かされるのです。

関連記事;女性が欲しい幸せを感じる生き方とは?

充実感幸福感は1%の確率|1%の知的な概念ビジョンで女性は自立し不安なく生きれる。

5.女性のための哲学を持とう

 

ここまで来たら、スムーズにあなたの心は運営をやめ、生きることに直接的作用である神経系の運動に気づくところまできています。
この記事の初期段階でこちらから提案させて頂いていたビジョンがありました。
それは、「one life one vision」でした。
私たちが内部運動の興奮により気づきに連関していくには、日本語という言語を経由します。日本語を使わないとこちらの表現は相手に伝わりません。表現するエクリチュールに日本語を使えば、そこに書き手の文脈が生まれると共に、読み手にも読み手なりの意味を解釈しようとする意志が作動されます。そのあたりから、言語を経由するとどうしても書き手と読み手の間には必然的に断絶が発生することになります。実際、今現在、この記事も日本語の言語を伝達手段として使用しています。日本人であるから、日本語を使うべきだと思う方も非常に多く、そこに日本人の島国での風土が私たちの中にあることをも理解しなければいけません。そこを乗り越えなければ、私たちとあなたは絶対に結束することは不可能となってしまいます。そこを乗り越えるために、日本語という言語特性を分かったうえで、英語の表記を使用すればいいのです。

そのままビジョン化するために、日本語を使用すればいいと考えることもできますが、私たち日本人は多様なほどに、かつ柔軟なほどに欧米語(英語)を日本語風に使っています。
このことについては、言わずもがなだとは思いますが、本気で伝達するのなら、日本人であっても、英語の言語構造を生かし、意味を言語から抑制するためには、英語で集約することも適切であるのです。

ビジョンを英語化に

そこであなた自身に提案いたしました、「one life one vision」の文脈です。
一つの生には、一つのビジョンという文脈となります。
本サイトは、言語に関しても西洋の文献や言語に関与する脳神経、神経生理の最新研究の論文などから、たえず情報収集を行っています。
「one life one vision」も一つの生に一つのビジョンという意味と言いたいところですが、強調したいのがこの文体が表現するのは意味ではなく文脈であるとお伝えしたいと考えています。

この文体を脱構築してみましょう。
・one life

一つの生
一つの生き方
一体の人の生きる時間

・one vision

一つの理想
一つの考え
一つの目的
一つの到達点
一つの着地点

などです。

これらの組み合わせによっては、無数の関連を作ることができます。
その時の内部運動が出力する感覚に言語を合わせ、意味を残そうとするよりも、あなたが生きていく間に、前述しました社会が強く関わる象徴と現実の間に、寸断が大きくなる時があります。
その時は、あなたのすべての今を本質にシフトすることが可能となるシグナルであります。

内部運動で感じ取ると、感覚は蓄積され、身体内の感覚神経システムは知覚を生み、そのままでもビジョンは感じ取れ、生きる力となるでしょう。
これは、自然の構造と身体を一致した内部運動ですが、このまま活かすのは難しい時代であるのです。
それは、情報化社会があなたの周囲にいばらの道を作り出すという反作用を生むのですが、これは時代の展開であるために仕方のないことであるのです。
ですので、ビジョンは知覚の集合体であるものではありますが、言語がこれだけあなたの中に無意識のグルーヴになっていることを考えなければいけません。

生きることは、一度だけのチャンスです。
生きるには、同時にビジョンが生まれています。
これが構造上の機能性でありますが、時代が余計に複雑な世界を作ってしまっていますので、言語を経由しなければいけません。

やりたいことを見つけたいと思うのは、それはビジョンではありません。
ビジョンはもっと感覚的なところにあります。
今まで生きてきたのに、ビジョンを哲学から探求した経験は誰もいません。
学生時代というのは、本質よりも教育カリュキュラムに大忙しでした。
見切り発進といった表記がありますが、教育は社会に出るために社会が法規したシステムです。
やりたいことを探したくなるのは、社会のシステムに背反する精神状態が発達してしまったからです。
やりたいことはビジョンとは関わり合いません。
ビジョンはもっと根底に生成されている知覚であり、言語表現は不可能な感覚ですが、時代に合わせて言語化するのです。

本サイトは、忙しい生活を送っている40歳代女性向けに作られています。
このままでこれからの将来はこれでいいのかと、問うことだできる世代向けです。
本文は、言語を通じていますが、本記事は言語ではなく、リズムを伴った芸術として表現しています。
そのようにするのは、ビジョンは自然と同じ次元であって、哲学によって運動を起こすことが分かってきているからです。

関連記事;新しい女性の美|女性心の健康を立ち直らせる。

不安なとき頑張っても仕方がない|不安の解消はオキシトシンに任せればいい。


あなたのビジョンは感じていますか?

おそらく、この記事をお読みになられたということは、今の仕事をそのまま続けていいのかなとお悩みであることだと推測できます。
給与の低下、正規雇用の減少、その会社での人間関係など、以前のように単一の悩みというよりは、今はより個別的で、多様化されており、人と人が交わるのが難しい状況です。

本サイトを通じて自己を探求し、本質は何であるのかを考えてみませんか?

本サイトのご説明です。
三段階に展開されております。

・無料で本記事を読む(無料)

本記事は、実践的哲学を日々行っている人がエクリチュールしています。
何百冊という西洋の文献から調べ上げ、従来の書物では引用するのが当然のこととなっていますが、本記事はその引用は発信者が脱構築してもうここには言語としての生命は残されておりません。
ですので、本記事を読むだけで、あなたのビジョンは刺激され、芸術性、精神性を磨くことができるでしょう。

・会員になってより個別な哲学の発信(月額756円)

本記事は決して分かりやすく記述されているわけではありません。
今申し上げましたように、たくさんの西洋の文献と人が時間をかけて実践的哲学のおいて脱構築してきています。
それだけの時間がかかっているわけです。
そこに価値を入れさせて頂いた会員制度があります。
この会員になって頂きますと、質問は本記事に対する質問や、あなたがお持ちの文献で分かりにくいところを送って頂き、分かりやすく変換し、新しいあなたに合った言葉で表現し直します。

・ハイクラス会員になって独自のビジョンを立てる(月額2,160円)

週1の本記事よりも分かりやすくまとめたメルマガをお送りします。
どうして分かりやすくするのかは、芸術性を磨くのは本記事で、自分のビジョンに変換するのは、もっと分かりやすくした方がいいからです。
そして、ビジョンを感じ取るために、何度かの交流により、哲学性の入ったあなただけのビジョンを概念化します。

ご興味のある方はご連絡ください。
お問い合わせ

 

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性のための哲学

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.