女性のための哲学

哲学は女性をどこまでも美しく磨く|終わりが見えるのは哲学での導き。

投稿日:

哲学を知ってみよう。女性の感性の運動と哲学の作用が世界に一致する。

女性の生き方 女性の安心 女性の身体

世界は、女性の感性の美しさを誰も知らずに、画一的な一部を全部とした豊かさや充足感のないところが世界のすべてだと思っているのです。
現代が先急ぎ、焦燥感と敗北感から導いた非哲学で本質的でない全体は、女性を進入禁止にして、女性から自然現象として立ち上がる感性はそこに美を極みとする本物の自然世界を打ち崩すのです。

女性は、美意識を持っています。言語の権威が強い現代の設定だと、言語を経由して美について定義付けしなければとなるところですが、そんなことは不必要なのです。
ただ、女性の美意識は美が体内(身体知覚)で生きることを省みるだけで、美は複合として表現されています。
よって、女性自身は、美がどのような形式(スタイル)持っているのかを、見たことはなく、これから先も見ることはありません。

現代の風潮として、女性の美意識は美容産業とマスメディアと結束され、男性が女性を蔑む意識を内在させ、女性は何も知らずにそこに美意識の間違った姿で理解している場合も多数見受けられます。
美意識をもっと分かりやすくしたいという知的さの願望が、美容を経由させていく反応は非常によく分かります。
しかし、美意識の本質は、感性と感覚が中枢の神経系をくすぐり、絶えずその内部運動は細胞に象徴となる西洋の絵画のように過去の記憶を潜り抜けてはその痕跡に支配されないと決別するのです。

つまり、女性の美意識は、目で見えない(視覚を通過しない)ところで自然に運動されている現実と未来空間と夢のような無限に見えて有限である世界を表現していくのです。
女性の美意識は、有限なる哲学であります。
哲学の形態は、自然がすべての事象の釣り合った均衡を確認するかのように、一度取り出して問い直す実践です。
一つずつが丁寧に、真剣に、そこから派生した集合体である運動の最大値への可能性への期待、それを熱意(熱量)と言いますが、始まりを見つけ出すよりも、終わりを探し出すことを哲学が女性に見せてくれる世界です。

こうして見ていきますと、美意識は感性と感覚の運動から導いた表現される外部へ向かう運動(動き)となっています。
社会の汚されていない女性だけが美意識の特権も所有して、所有された美意識は、いつも入り口が内部からは解放されている開状態となっています。
外部からではなく女性の内部から開となっているのが、美意識の経路です。
要は、内側から丁寧に、真剣に、その瞬間の内部運動の最小から最大までの微細な変化を自分自身で受容し、リズムを作っているのです。

女性がこの内部運動に気づいたなら、世界を一人の女性の生命力でも動かせるぐらいのエネルギーが消費されます。
そうしてエネルギーが外部に向かっていく現象が、美意識で、エネルギーというのは、一度使われた代謝の機構は、二度と同じエネルギーの元素である物質にはなれません。
エネルギーが外部に産出されると、そのエネルギーは廃棄され、身体(体内)は次なるエネルギーの消費のための準備に入ります。
エネルギー消費の準備を身体はどのように知るのでしょうか?
それは、身体からエネルギー消費によって喪失した感覚が身体のあらゆる細胞に潜在された受容器(センサー)が感じ取るのです。

女性のための哲学;美意識はエネルギーが外部に向かう現象。エネルギーが絶えず次の展開を見ている。そこにあるのは喪失感。

哲学を知って頂くと、今まで曖昧だったことが、明確になり、女性が心を不安定にさせていた要因の物事に対する見方が見えてきます。
哲学を知り、哲学というのは今日、運動と認定されているすべてのスポーツと言われるもの、オリンピックで実施される世界的に認知されるスポーツ競技よりも、神経系での運動量があります。
思考を運動させ、哲学が根底に促されるなら、思考の運動は常時、身体の感覚神経系に連結します。
その逆の場合には、哲学が根底になければ、思考が動くためのスムーズに回転運動を促す大地と同じイメージの平面が構築されず、身体への感覚神経系は使用されません。

哲学が日常的に生きることの中で実践するには、どうすればいいのでしょうか?
その前に知って頂きたいこと、哲学は、人間成長に関わっているのではありません。そして、義務教育や高校、大学、専門学校のような教育機関で知ること、学ぶこととはまた違っています。
哲学と、人間成長、学校教育とは、構造自体がまったく違っています。

人間成長と学校教育は、個の内面から自然発生した生成するエネルギーには関わりがありません。この部分を重点的に理解することは、哲学を日常的にあたかももともとあったのではと思えるぐらいの寄り添うようなスタイルに近づける機会を与えます。
女性の身体に、この先どのように生きたいのかを問いかけ、そこから導かれるのが、哲学と言ってもいいのです。

女性の身体に与えた外部からの刺激は、素直にそのままの反応で、屈する(屈折)というようなコップの水にストローを入れるとくの字になることはなく、いたってストレートで多少の湾曲(彎曲)や曲線をそのままに残し、その形状を複雑な言語にしないで、直線だと表現します。
外部の刺激は、不規則で予測できない多様な情報パターンでなければ、女性の身体は美を感覚で探求する機能を温存することになります。

女性の身体は美意識をすでに身体の内部で、感覚という運動を起こし、何億もの細胞の運動の流動性が統合できるだけの機能を所有しています。
女性の身体は、美意識の表現を無意識的に外部に発信できます。これが女性に与えられた身体に見られる哲学性で、哲学を日常的に実践するためには、女性自身が自分の身体に目を向ければいいのです。

哲学は内面的で、内省的で、女性のようにしなやかなで、輝きを外部に現し、他者の神経系に直観に伝達されます。
他者の神経系とは、精神性を構築する感覚の部位、医学的にいうと、生きることを生み出させる脳幹、中脳、小脳のあたりの経路です。

ここを外部から入力した感覚から知覚に変換された情報は、女性が自分の(心的な)中で発生したメランコリー(憂鬱な気持ち)倦怠感(生きることを止めたくなる空虚)をエネルギーに変え、その強度というのが、哲学が行えると、脳の無意識的運動に繋がり、あらゆる自分に立ち向かってくる問題を乗り越えることができるようになってきます。

 

2.女性のための哲学とは?

 

今よりも落ち着いて、心安らかに、安定して生きていきたいと、女性のほとんどの方はそう考えているものです。
どうして、いつも少しの出来事で、いちいちそれらに心の所有権を全体的な誰かに掴まれてるような気がして、いつも自分をもっとしっかりしなければと、思うことは多々あるでしょう。

女性は正体不明の誰かからの悪魔の囁きは、女性の不安定な現実の社会生活に含有し、とりとめもなく、真に生きれない自分を悲しく感じるのです。
ただ、女性は自分を諦めているわけでもなく、未来を憂いているのではありません。
世界のどこかにある真実を探求したいという知的な欲求が、哲学の基底であります平面上の大地、この形状(形式)が女性の神経系の内部に入り込むと、大地の感じは、感覚が分解された最小のスタイル(形式)である無底となります。

この状態について、女性の身体を通じて見つめると、とてもよく理解できます。
この世で見えている現象、これは現前とされている物事を指すのですが、友人であってもいいですし、女性という集合体を見てもいいのです。とにかく、人々が存在として意識の中で理解している物事は、さまざまな要素が複合的に関連を持って一つの形になっています。

女性が将来を考えると、不安になってしまうのも、目には見えていませんが、内面で現れた感覚も、存在する形です。
女性のための哲学は、目に見えるものと目に見えないものを、両方とも扱います。
女性の形態からこの二つの目に見えるか目に見えないかの現象のうち、どちらに興味があるのかは、後者であります、目に見えないものに関してです。

女性の身体の中心にある関心は、目に見えないものへの直観的探求。

本サイトで実践する実践的哲学は、目に見えるものと目に見えないものをそれぞれ扱いますが、目に見えるものを細かく解体して、分解不可能となっていくまで追求し、一つの集合体の生命体が死に至るギリギリのところまで、持っていきます。
そこまで集合体を追い詰めていくと、生命体が無限化しようとする産出を抑え、脚本に合わせて演じ方を変えられる名俳優のように出力を変えていた諸現象は、その変化を抑制しゆっくりと、落ち着いて見つめることが可能となるのです。

女性は、外部に対して、または内部の身体知覚、感情や欲動、精神面、神経系の変化など、おびただしく溢れかえる、言語化できない何者かを敏感に感じています。
その敏感に感じた目に見えないものは、意味不明で、どうしようもなく、扱いづらいけれど、意味のあるものだと思ったまま、女性の感覚の保持された記憶にいつもいるのです。
女性は、その本質が見えると、今はどうしようもない目に見えない物体として内部に残していますが、神経系が興奮する体液の濃度が身体内部の何らかの発動から、神経物質やホルモンが残されている無動な物体に連動しようとしては、化合されることなく、離開します。

女性はこの作用について、身体内部の感覚神経システムの興奮と抑制の往復運動で感じ取っているのです。
それも、1日に数百回神経系の興奮と抑制の緩急があって、女性はその都度、自分の内面に意識を向けています。
しかし、物体は神経物質やホルモンによって化合して、物質になるまでには至らず、女性は自分の感覚において、無力感を感じています。

そこで、貯蔵された女性の内面の無動の物体を、的確に生かさなければ、女性の体内は、無動を有動にしようとする発動性でエネルギーが余剰となり、細胞がそれらの反応で、増殖します。
これが、女性を不安にさせる腫瘍やうつ病などの、現代医学に定義された病気と言われるものです。

女性がそのように病気の不安や、病気によって神秘に近い感覚的な女性の身体知覚が減退させることは避けたいのです。
そのために、女性の内部に残っている無動な物体を、打破するには、女性のために哲学を実践することであります。

女性のための哲学は、目に見えないもの(無動な物体)を身体知覚を通じて、出力できる物質にすると、生きることに身体知覚から自然発動で、生き方に変えられます。
目に見えないものを言語化でない非言語によって、物体を物質(神経物質やホルモン)にするために、女性のための哲学を導入するのです。
女性のための哲学は、今挙げている目に見えないものを見えるものにする成果を得る使命に、あえて見えているもの、見えるものをより見えるものにし、意識の中で自然に運動が起きるようにさせます。

見えているものを女性に見えるようにします。
女性は見えているものも、外部と内部を混同して、どちらがどちらか分からないで生きています。
それを、外部であるこちら(本サイト)が女性の内部運動を興奮させるように目に見えるものと目に見えないものを区別できる方向に持っていきます。

これが、女性のための哲学です。
初めは、知っている文脈から開始し、自然に目に見えるところから、飛び散った細片を一緒に見つめ、それらを手に取ってその形を眺めたり、どんな形なんだろと考えてみたり、この形はなぜそうなったのかを感じたのなら、そのままの感覚を感じたり、細片となった意味が失われた断片は、人々の生き甲斐となる知的欲求であるのです。

関連記事;
自分に合った仕事の見つけ方|好きな仕事と結果はお金の安定に。

女性が欲しい幸せを感じる生き方とは?

 

3.未来は哲学で先に作るもの

 

女性のための哲学は、見えないものを見えるものにするために、恣意的(意図的)に目に見えるものから段階的に介入する実践であるとご説明いたしました。
女性のための哲学を実践すると、必然的に見える汎用の速度で、偶然的に女性が常時感じている多様な内面的感覚の記憶、それらが細片として、女性の中で無動から有動へと変換するとき、内部では、強い興奮作用が行われます。

女性は、この作用で、身体という意識の内部か外部か分からなかった存在が、興奮作用がによって、現出されます。
つまり、感覚が形象(形式)とされていく段階であるけれど、まだ形になっていないのに、感覚が運動を生むと、女性の脳の高次脳と言われる空間を捉える頭頂葉で、連合されます。

そこで、女性はある出力の有力な機会を産出します。
それは、未来の空間についてです。時間の展開は、今から未来に向けて前進しています。時間は自然の発生とともに、絶やされたことのない、意識の部分で自然と対話できるのは、現象的な作用での自然のままの時間の流れです。

女性のための哲学で、体内に固定されていたさまざまな感覚が生み出した解釈不能だった物体が、運動を施されました。
それによって感覚は、感覚神経系の節にリンパ状の分子が全身の節に連絡をし、一つの区切られた終末の終わりを告げるのは、それらから産出された分子が頭頂葉にたどり着くまでです。

頭頂葉は、高次脳と言われ、身体知覚を身体図式に変え、自然が生み出すもう少し、意識的に女性が自分自身として関われる領域となっています。
そこに、見つかるのが、時間の終末期(終わりの空間の場所)である未来なのです。

こうした文脈は、哲学を実践するから到達できる地点です。
哲学は、女性に合っている自然体の細やかさと一つ一つ一つを解体する作業である脱構築を実践し、総体に見えるものを丁寧に要素まで分解します。
この性質も、女性の身体と同等で、女性の感情と欲動そのもの、女性が常日ごろから絶えず不安なときに欲しくなる感覚的物質です。

女性がこのようにした哲学を欲するのは、哲学で導いた後に見えてくる空間が身体で予測できるからです。
そこに広がっているのが、未来空間であるのです。

女性のための哲学;哲学でバラバラにした細片は、再度集めてみると、そこに女性の個に合った未来が見つかる。

私たちは、今日まで生きてきて、一番最初にしなければいけないことを知らずに生きてきました。
それは、未来空間を形にすることです。
私たちは、運命的に特定の二人の成人である両親を持つ子として生まれました。
最初から大人の側で育ち、大人の近隣にいたのに、未来空間について一度も聞くことがなく生きてきました。
学校に入学し、義務教育では一日6時間近く大人である先生の元で授業を受けてきましたが、教科書通りの知識を得るための授業は聞いてきましたが、未来空間については聞くことはありませんでした。

なぜそうなったのかは、今まで文脈にしてきたように、哲学を実践してこなかったからです。
哲学をどうして実践してこなかったのか。
そして、実践できなかったのは、社会の問題なのか、環境の問題なのか。
人間自身の問題なのか。

哲学というと、表記としては、アカデミック(学術的、学問的)なイメージです。哲学は大学では、文学部哲学科が設置されている大学もありますが、実践ではなく、どこと無く明るいイメージはありません。
文学部ということで、就職には有利でない学部のイメージです。
そのような事実もあって、哲学は世の中から外されていき、就職を目的にした欧米型の合理的な就職のための知識を得る場所が学校であるという認識(理解)、就職するためにはそれなりの高校や大学に入学しなければならないとする世の中の常識が、通常の学校以外に塾で、受験テクニックを学ぶのです。

こうした現実的時事が、哲学を世の中の中心から外され、哲学は難しい分野で、就職には必要のない、未来には関係ないものであると、哲学を知ることもないのに、哲学を価値のない分野として扱ってしまっているのです。

関連記事;
女性が取りたい心のイライラ倦怠感。心理学から哲学へ。

女性が真剣に生きていくには、このままの心身状態で良いのかどうか。その核心とは?

 

4.哲学と女性の美意識

 

女性を見つめると、思考と行動に哲学がすべて表現されています。
女性は哲学をするつもりはなく、生きることに精進し、未来を追い、時には未来が女性の見える地点から影になると、不安になって、過去の痕跡を追ってしまう。この自然体な女性の生き方が哲学であるのです。

女性の哲学性を適切に表現できる言葉があります。
それは、美意識というものです。
美意識は、女性が所有していた主観なき美意識は、美容の流行りの影響から、メディアの所有に移り、女性が求める美意識は、内面的ではなく、外見的(見た目における体)になっています。

女性の哲学が美意識であるとは、そのままにしてすべてを表現していますが、美意識というと、美容の関与に意味がずれてきます。
美意識は、存在を問うた後に残る雰囲気やオーラとなり、感覚的具象(事象)を言います。

哲学は問うことに、一種の魅惑があり、人間の知的好奇心を生物的構造体を経由して見えることです。
哲学をしなくても、女性の美しい魅惑やエロティシズムは、感覚の優れた方なら感じ取れるでしょう。

それだけでは、女性の魅力は一部どころか、小数点レベルの次元で止まってることとなり、女性の存在が他者や世界中に外延される幸福と不幸との差異まで及ばないで、終演していくのです。
女性を哲学により、女性の存在そのもの、女性の生き方自身、女性の感性と感覚が身体内で入力と出力の制御が少し漏れ出る有機体の真理が照らされます。

女性が輝くのは、存在だけでは、社会が定立させている性別(ジェンダー)が女性の身体の組織の粘弾性を固定し、自由さを剥奪します。
つまり、女性はそのものが哲学の基底から生成される生き方をしていても、積極的に哲学を実践して女性を見つめなければ、女性は輝きません。

やはり、存在を問うことで、西洋哲学は行き詰まり、世界大戦に発展したように女性もこの世にたくさん生きていても、女性を本質的な美より、女性の弱さや社会性の乏しさなどのように、旧式の社会が規定した歪んだ見方が、生命を維持したままの霊体のように女性を緊張させるのです。

女性が夜の街を帰路に着く際、現在でも決して安全だとは言えません。
美意識と哲学、女性が生成するエロティシズムに無知である男性は、女性の存在を歪ませ、ジェンダーで捉え、女性のいやらしい視姦(しかん)で、女性は怯えています。
夜の街でも、大きな通りでは街灯が照らされ、人通りもありますが、自宅付近の路地では、女性の緊張は最大となり、自宅の扉に逃げ込むように到着するのです。
女性のエロティシズムは、緊張だけでは何も表現することは不可能で、緩和があるから緊張は生成の根源となれるのですが、ジェンダーで見られる女性では、女性の自立(自律)性を死滅させています。

メディアに奪われた美意識を、女性の根源に挽回するのは、時間の空間運動で過去に焦点を合わせられません。
エロティシズムの構造と機能では、過去に生命を関わらせるのは、ルールを度外視しています。
女性が安心して生きていけるには、男性の女性への差別意識を変更しなければいけませんが、現代は時間空間はスマホなどの第三メディアに依拠させられていますので、現代は誰もが多忙なのです。

だから、男性を未来に関わらせることを、絶対にしてはいけません。
女性だけで、男性が関われない異空間(哲学の世界では、これが根源的な空間)を作り上げる必要があります。
男性というのは、美や芸術性と断絶して、歪んだ日本独自のマルクス資本主義を信じ、労働と引き換えの賃金(給料、お金)から、労働から偽の安心感に信仰を移行しています。

女性の美意識は、自由であり、他者の脅威的な視野があると、女性は自然体を心がける神経系はあっという間に病理的(病気的)となり、女性の美意識は未来と構造を一致するはずが、そうではなくなってしまうのです。
美意識という自由な機能を持つのにそれが生かせない状況というのは、男性が社会で一生自分を解体することなく生き続けるのとは違って、自由であるがゆえに、女性の感性はすべてが停止し、未来に一番近かった女性の生が、世界のためにならないという、皮相的な状況となっていくのです。

女性の美意識;哲学そのもの。女性のありのままを生かせば、それが哲学が含有する美意識となる。

参考記事;
新しい女性だけのコミュニティー|自分磨き知的さを磨き女性同士が出会う。

女性疲れが取れない原因|心と体のバランスは孤独性と独自性を支えるパートナー次第。

 

5.哲学は始まりより終わりを見つける

 

女性の身体で生まれたあなたは、今日まで哲学というものに一度も触れることなく生きてこられ、それでもそれなりの生きる時間の時流の女性もそこまで不自由なく生きてこれました。
女性の身体は、哲学を実践すれば得られる内部運動がそこにはあるのですが、哲学を知り、実践することで、身体内の感覚と知覚という実態が分かってきます。

その実態は、現実(今という時間)を分散し、身体内で自らの免疫によって自己分解して、また一から細胞が立ち上がる内部運動と同じ構造であるのが、未来という時間空間です。
女性は未来に最も近い存在で、地球という世界が現在も継続できているのは、自然が導引した構造を女性に内在しているからとも言えるのです。

そんな事実があって、現状の時代が本質を求める時期を迎えてきています。
無印良品のように非ブランディング(ブランドよりも有機体に価値がある概念)を目指す傾向があって、有機野菜や有機コーヒーを焙煎するカフェであるとか、都市部では加速的に増えてきています。
しかし、非ブランディングと言いながら、自分たちの利益を確保していく欧米型の経営論が、数量化を神聖化していき、創業時には本質に近いビジョンがあったにも関わらず、そのうち利益確保に追われ、数字と向き合う方式に変わるのがはとんどなのです。

創業して一ヶ月も経たないうちに、大半の方がそのようになり、競争原理に関わってしまい、やがて継続していけなくなるという帰結が多くあります。
そこで必要となるのが、哲学的見方(実践的哲学)であります。
哲学は女性の美意識の根底に自然が地球の構造に合わせて自然に生まれた大地の形態で、女性の感情や欲動が運動する基盤となっています。

新しく起業しても長続きしないのは、経営を継続することが一義となり、そこに固執していくからです。
起業した限り、継続していけるのが理想でありますが、哲学をすると、継続は終焉があるから成立するという生と死の生命体の構造が根底に生まれます。

哲学とは;始まりより終わりを設置する物理的作業をいう。

起業し、一年が経つと、一周年記念と称して、周年記念のイベントを大抵行なうでしょう。これは、カスタマー(顧客)のためではなく、起業されている側の都合であり、常識化された経営コンサルタント目線であります。
起業した方の哲学性がそこに生きていないのです。
他のお店もやっているからやろうとするのは、自己の内部運動を経由しない面白くない思慮深くない、継続しか思考にない、ワンパターンの方式なのです。

周年記念をしても、顧客を始まりの原理(起源説)の思想に強制することとなり、まさかと思うかもしれませんが、顧客をそこのお店に執着させることとなり、顧客の生命体を抑制し、未来を剥奪するのです。
哲学というのは、それぐらい一つの個の生について真剣に考え、個が未来に向かってそこまで近づけるかを見つめているのです。

そして、女性の個が、未来に直接向き合ったときの、無垢で淡白な自然発生から生まれる自然と同化して今以上に手が伸ばせたら到達できると感じさせる潜在性と想像性を大切して、それらを磨き上げます。
哲学を実践すれば、感覚的に見えてくることですが、始まりというのは生きていたらそこの感覚は生まれず、それよりも終わりの地点を現在から哲学を通じて微分積分させていくことが分かってきます。

そこの境地(境界線)が女性が行きたいと身体で知っている未来が現前に広がってる世界であり、そこにありのままの物質が流れを止めずにたえず運動が生まれていく真実なのです。

参考記事;
女性悩みを明かして生き方と向き合ってみよう。

女性生き方革命|誰かに話したくなる新しい女性が充実する生き方。


本サイトは、女性のために立ち上げられた本格的哲学実践する空間となっています。
構造として、人間の内部にあります神経系の伝達を哲学を容易に行えるために引用しています。
神経系というのは、二つの運動性があります。
それは、感覚を内部に伝達するという入力系、入力された情報を収束させて、出力に変えるという出力系です。
今日までの哲学は、入力のみを考え、実生活ではあまり役に立たないものと思わせる学問的でした。
言語(言葉)というのは、重層化するほどに複雑さを増してしまい、難しく感じてしまいます。
哲学を実践する際に、言語を経由するのは、絶対避けられないことですが、そこを生産的に見て、言語の限界を知りながら、同時進行で身体にその導いた新しい独自性を接続していくのが、未来に焦点を当てた、本サイトの実践的哲学です。

哲学にご興味のある方はぜひお問い合わせください。
お問い合わせ

本サイトが考案した眺め読むだけで、哲学性が身に付き、生きることに充実感や幸福感を作っていける有料メルマガです。
有料メルマガ

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性のための哲学

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.