女性のための哲学

女性安心して生きる独自性を哲学で磨く方法。

投稿日:2017年4月27日 更新日:

女性のための哲学。女性と哲学は合っている。

 

女性のための哲学。女性が自立し、お金に不安を持たず生きれるように。

哲学をするというのは、ありのままの現実の要素を問いかけによって全体化されていたものをバラバラにして、眺めてみる方法をいいます。

女性の内部でたえず運動してしる感覚系は、女性に生命から発する今の女性が抱える状態を他の細胞に神経系を通じて伝達しているのです。

哲学は、内部で行われている運動や諸機能を一つ一つ小さな塊にして、一旦それら要素の関連性を離す作業です。

女性がいつも悩んでいるのが、見えないところ、つまり女性の内面(肉体、心)で何かが起こっているものがどういう状態であるのかです。

女性が自分に悩むときというのは、体内に何か違和感や不快感が起こり、感覚にそういった形なるもののような異物のような反応に対してなのです。

女性はそういった不快な感覚を心がしんどくなっているとか、心が疲れているとか、そのような心という表現によって自分を理解し、納得させようとします。

現在の身体の構造からすると、心という女性の内部に広がってる空間らしきものは、心ではなく、内部にある神経系という器官が、さまざまな快楽と不快感とを作り出してると言えます。(本サイトでは、女性専用ですので、心という空間はまだある空間として大切に扱っていきます)

哲学は、女性のためにあります。女性の身体と心の構造に哲学は一致し、女性の内部で行われている現象(出力、反応、発生、放出、反射、運動)が分かって、女性の中で何かが動くものがどのようなところからきて、どうなっているのかが分かるのです。

それらに対して女性は、何よりも最優先に考え、そこの形を求めています。女性は問題を解決するという要求よりも、女性は今どんな状態なのかが見えるようにしたい欲求が強いのです。

新しい未来のマーケットは女性が先導する構造となっていきます。これは、確実で、本当ならもうすでにそれは開始されなければいけないのです。

しかし、それがまだ始まっていないのです。日本以外の世界では、女性の内面のような感覚の世界が精神性となり、さらにそれが芸術性となって、世界は大きく動き出し、新陳代謝を遂げ、新しい未来を今に近づける展開が著しいです。

日本はなぜ、それが果たせないのかは、現状の男性を含め、女性も哲学をしていないからというのが、最大の理由となっているのです。

そこを打ち崩すために、本サイトは実際に女性に哲学を経験し、自分でこの世界に向き合って、案外簡単に自己表現を世界に向かってできるものなんだと感じて頂きたいなと思うのです。

女性のための哲学の四つの構造。

女性には、内面という神経系が運動を起こす機能を保証するのが、その周りを包む(内包といいます)構造という部分です。

ここに哲学は意識を向け、積極的に向き合っていくのです。
女性には機能だけでなく、構造があるように、これは世の中にも機能と構造があります。この世の中にあるものすべてに機能と構造があります。

日本では、哲学が行なわれていないと言いましたが、哲学は先に構造を見て、そこをなるべく小さくして、諸要素を取り出します。日本では、構造を見るのが哲学をしてきていないため、そういった見方の経験がありません。すなわち、その未知な経験は構造より、機能を見る傾向が強くなってきています。

この構造と機能は、両方知ることで、生きることにおいての適切な選択が行えます。機能だけでは、偏った強みと弱みに縛られ、得意や不得意、さらにそれが発展して、専門的のような表現で、世界に私たちの潜在性が発揮されにくいのです。

まとめますと、哲学は構造を見ること、です。

哲学で行われる四つの段階があります。

1.接点。垂直に触れ、すぐに動かす。直接触れ、すぐに動かす。

2.重心。大地に触れたものを近づける。

3.脱構築。大地から空中に向かって持ち上げる。

4.制御。大地と空中を繋ぎ、そこでコントロールさせる。

これが、哲学の主要な事象や物事、人間その他すべての対象に対して行なっていく手続きとなります。

こに作業を、女性であるあなたとこれから行なっていく予定です。
これらの哲学での主要な段階が言いたいことは、対象をあなた自身の思考、すなわちあなた自身を表現する人物という像を表出する神経系を運動させる実践です。

哲学は、対象を作り、それを見えるままに触れ、即座に動かし、それと同時に女性自身の自律的な内部運動による感覚と思考を連結させること。

世界で初の実践的哲学サイトであるため、世界中の誰もやったことない取り組みなのです。

今の世界を作っているのは、哲学性のない私たちは社会が制度として規制(規定)するまま受け入れるしかなく、社会というのは、社会の支配層の都合と私たちの哲学性のない受け身の神経系がリンクした結果です。

今日まで、このような世界が社会だと思い込んできました。
社会に携わる権力者(支配層)も新しい未来の世界を知らない。
もちろん私たちも新しい未来の世界を知らない。

本サイトで、あなたは哲学を実践しますと、今まで見えていた世界が世界でないという真実に出会うでしょう。

最初は違和感が強く現れますが、今まで見えていた世界とは違うわけですから、心が動揺するのは無理のないことであるのです。

動揺は、神経系が興奮し、上記に挙げた四つの哲学の段階の四つ目に挙げました制御という内部運動が、その思考の一クールの最終段階で起こります。

動揺し、女性は認識させた自分ではなく、認識されていない感覚の中の自分という空間で神経系は運動を起こし、思考を新しく、未来空間に直接立たせるのです。

哲学を経験したいと思った女性はぜひお問い合わせください。

お問い合わせ

哲学に関して知りたい人は次の記事をお読みください。

詳細;女性に哲学がぴったり合う!何で今までやってこなかったのか。

詳細;疲れが溜まってどうしようもなく心が落ち込む。女性の心が楽になる心理学から哲学へ。

詳細;自分を真剣に見つめたい女性限定。やりたくてもやれなかった女性のための哲学サイト誕生!

詳細;女性の将来の不安。想像力の曖昧さを哲学で明確に。先に立ててしまおう未来計画。

哲学を実践する前に、日常に哲学をする時間を作る。
ただ送られてきたメッセージを眺め読むだけで女性は未来に希望を持って、肯定的に生きていける。
女性のための哲学有料メルマガ、月3240円で、本を読む必要がなくなり、ストレスによる過食、運動、人付き合い、将来の病気の不安がすべて解消できる。コストパフォーマンスは最大。有料メルマガのお申し込みはこちらから。
有料メルマガ

詳細;有料メルマガの効果

詳細;有料メルマガの例と効果と適応事例

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性のための哲学

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.