女性のための哲学

女性の安心のために|SNSを信用しない、ネットに依存しない。新しいアナログを用意する。

投稿日:2017年7月12日 更新日:

立ち止まると不安。SNSは女性の心の隙間を一時的加速に使う。

女性生き方 女性安心 女性幸せ

テレビが主流だった1980年代から現在に時間が展開するにつれて、時代が求めた合理性は個人を隠蔽し、固有性を大衆性にさせ、一は全(すべて、all)という観念を育てました。
憲法でいくら個人的人権の尊重を掲げていても、実際の生活では、そんな理想よりも、生活を豊かにする方を優先的に考え、細かな個別の魅力よりも、すぐに資本が集まる大衆性にすることが懸命であると、時代と社会は結束し、一つのものを目指そうとしてきたのが、今日までの流れであります。

世の中は、人間の反知性が吹き溜まりのように、泡を吹いているのにも気づかず、そのまま放置すれば命も落とし兼ねないのに、真実に目を向けてこなかったのです。
1980年代から今日までの、景気の波は上下してきましたが、落ちてきた経済性(経済力)が少し上昇することを何度か経験することを、人間は次にように解釈しました。

人間は努力すれば、経済性は向上できる。
人間にできないことは、何一つあり得ない。

時代背景と世界情勢が偶然に作用していたとは、誰も考えず、世の中の事象(現象)はすべて人間の努力によって生み出されたものだと、強く納得してしまったのです。
このような経済性と生活水準の関連から人間力を道徳的に密接させたために、人間次第という常識ができああがり、人間は努力をすればすべて自分の理想通りに願いは叶うとしました。

この願いというのは、宇宙的作用(運動)ぐらい自然現象が内在しているわけではなく、願いが思考するその先には、お金を中心とした豊かな生活です。
お金には、社会が関わり、たくさんの人が関わってることで、内在する運営はシステム(組織化)となっています。
つまり、お金には構造という枠組みが出来上がっています。

たくさんの人が関わることは、すべてシステムが発生し、システムは哲学的に見ようとしなければ、システムに呑まれると、個人の生命体はその空間で覚醒を抑制し、近いうちにそのシステムは衰退する運命を辿ります。
最初は、システムというのは、人間の人力を減らし、合理的な物事の発展が、自分たち人間を安泰にし、幸せにするのではと思うほどになってきます。

しかし、一度システムに入っていると、個人の生命体は属するシステムの外部に逃避していますので、近いうちにシステムが弱体となった時に、すぐに抜け出せません。
システムに属するとすぐに、哲学的見方(実践的哲学)で、そこの内情を徹底的に見つめ、システムの運行とシステムへの参加が決定した時点で、解体しなければなりません。
そうしなければ、システムの終焉と共に、個の運命もそこで元々顕示的の求めていたとしていた豊かさは、二度と手に入ることもなくなっていきます。

このシステムは、女性も気軽に行ってるSNSというソーシャルメディアです。
または、インターネット(以降ネット)で仕事やビジネスに密接にマーケットから要求させているホームページや各サイトです。
これは、歴史的出来事と同じシステムとなり、個の隠蔽と全体が強く関連しています。
今のうちに、哲学的見方(実践的哲学)で解体しておかないと、情報機能、通信機器であるがゆえに、SNSが機能を失う近いうちのために、今のうちから準備しておかなければ、精神的ダメージは想像を絶するぐらいなるだろうと予測が付きます。

 

 

2.SNSの構造

 

SNS(ネットも含めます)は、システムです。システムとは、たくさんの人々が関わることによる、認識上から知的な見方が、人間を人間化させる運動(運営)の加速により、膨大な発展を生じさせます。
SNSが世の中に加速し、浸透したと誰もが思ってしまうぐらいになっていますが、システムとは人間が本質的を消失させ、人間化を顕示欲とする権威の発展ですので、人間の本質とシステムが合致して見え、未来に現状のシステムのまま持ち込もうとします。

SNSも同じ構造をしていますので、現状のメディアの報道内容は、SNS機能が未来を先導すると予測を立てるものが多くあります。
しかし、SNSが未来を先導するという予測は、哲学性のなさを露呈した概念であり、生きた概念ではなく、生命体の喪失した非概念です。

システムには、感違い(思考の誤作動、自己と時間との不一致)が多発します。
SNSも同じ運命を先導しているのですが、そのためにメディアは、意気揚々とSNSがすべてで、人間の生活を向上させたと報道します。
しかし、哲学性を磨き、熟成された思考で観察すると、SNSは人間の生活を何も変えていないことが見えてきます。

しかし、人間はそうは思いたくはありません。
SNSを使用すれば、世界中の人々と繋がり、人間はもっとコミュニティー(特定交流)し、人間から弱さがなくなったような気がするのです。
これが、人間が起こした思考の誤作動、すなわち、それは思い違いを生むのです。
そして、人間がSNSを操業したと思うことは、人間が発祥したと思ったり、人間が起業して人間が開発したとし、人間の力が世界の何よりも最も優れているというように思っていくのです。

この思考の構造が、歴史的解釈と一ミリの狂いもなく、一致しています。
歴史的解釈とは、起源説を唱え、起源説から新しい概念に取り込もうとすることで、同じ歴史的出来事を発生させ、永遠に継続する人間がやってはいけない悪となるのです。
SNSと歴史的出来事の関連は、大衆にとって想定外の思考のレベルですが、普通の哲学を日常的に導入すると、SNSでさえ解体し、システムの中に自己を埋没しなくても済みます。
もし、システムに自己を奪われると、SNSで未来が変わると予測するメディアと同じく、人間が求めている方向性が対極となってしまい、理想と現実の相違に悩まされ、世界の自然発生に適応できず、孤立しながら生きる結末を迎えてしまうのです。

関連記事;
女性が欲しい幸せを感じる生き方とは?

男性は神話的。女性は偶然的。世の中の見方。

 

3.SNSと女性の不安の取り消し

 

男性社会は、女性に社会に出さず、社会を闇の世界と物語とし、女性の緊張を緩ませ、根源性より、因果性を家庭に留まらせることで、思考と感情の連動を剥奪しました。
今日、世の中が変化しているように見えても、社会の構造は何も変わっていません。
そこに、男性のメディアが中心に資本を出し合い、開発したのが、SNS(ネットも含む)です。
女性はこのSNSを手に入れて、生まれて初めて手に入れたモバイル(スマホ)は自己の代償をしてくれ、自分の世界が持てたように感じ、女性はSNSに依存する傾向があります。

女性は男性に生きる力(権威)を抑制されていただけで、女性は独自に生きる力を男性よりも持っています。
女性の周囲に自分を持って生きている人を見ないために、女性は自然発生した内面的感覚や感性が体内レベルで目に見えないところにあることから実態がよく分からず、日常的に発生してきた不安な感情の内部運動とそんなに変わらないのではと、せっかく世界を先導できるエネルギーを生んでいるのに、世界に生かされずじまいです。

行き場の失った女性のエネルギーは、体内で滞りエネルギー過剰各細胞を傷付け、これがいわゆる病気と呼ばれる細胞膨大の変容します。
SNSが発展し、女性はこれらに自分の体内の感覚や感性は、自分の内面であるのに、予測をはるかに超え、そんなSNSのような機械的なものに依存するとは予測できませんでした。
しかし、幸せとは相反する機械的社会、SNSがそれを担ってるのですが、感覚的な体内を持つ女性がSNSに依存しているのは、なぜであるのでしょうか?

それは、哲学的見方(実践的哲学)を導入しなければ、見えないところで運営が行われています。
こうした機械的行為は、システムとなる過程にあまり時間を有さないため、なるべく早急にすべきです。
そうしなければ、システムが崩壊するまで、システム内から脱出できず、心身ともに大きな負担を負わされることとなります。

女性がSNSに依存するのは、女性がこの世に誕生してすぐから探求し続けている自己の存在に対する感心です。
社会の中で、自己を見つけるには、今日まで労働でしか、自己を確認できる外部媒体はありませんでした。
SNSの影響は、社会の構造はほぼ変化ないのに、情報量が多量となったことに目と意識を奪われて、現実に緩みが出てしまったのです。

これは、正真正銘の幻想であるのです。
しかし、現実に起こっていることなのか、夢の世界がそう見せているのかは、通常の生きるという空間では、意識的な運動である顕在的神経系が中心に、外部の世界を捉えているのです。
現実的に哲学を実践している女性は今のところほとんどいませんので、SNSを通じた世界も現実だと思っています。

SNSの世界は現実を通過しない。現実はSNSの到来で無動のところの闇に置かれたまま。

女性は現実が見えないところに定置されるやいなや、それまでは現実という女性にとって負荷が高く、ストレスで嘔吐感が生まれるぐらいの緊張が身体を硬直させていたのが、SNSの出現から、現実は見えないところにいき、女性は現実に直面しなくて済むようになって、身体に緩みが出てきました。

すると、自己を探求したい欲求が女性の中で急速に加速度を上げ、目の前に道具として目に見えるものがあったのです。
それを通じて、自分の自己を探求する目的で、女性の潜在意識はモバイル(スマホ)に感心を向けましたが、そこまでは良いのでした。

女性の内面の器官(細胞)たちは、ここぞとばかりに自己を確立したい後天的に備え付けられた不自然な非運動ではなく、固定した魂にエネルギーの生成を偽りの虚偽ではない、本質的で、根源的な潜在性が、それまでは控えめにしていた神経伝達が興奮し始めました。

そのスムーズな内面は、神経系を通じて女性な曖昧さをそのままにして、心地いいほどに、そのままのあなたでいいんだよと、素敵な天使が語りかけるように、囁きました。
表現として、内部から外部へと表現したのに、そこにはモバイル(スマホ)の画面に向かってでした。

そこに映る画像や動画は、女性の心を決して癒しません。
でも、女性はモバイルから、SNSの参加を誘導され、友人がやっているからという大義名分で、緩みを持った女性の自己を包んでいた内包は、容易く外部の情報を受容しました。

そこにあったのは、言語から読解するそれなりの中文や長文の記事ではなく、ざっとした、画像や動画でした。
それは、何ら旧式のメディアであり、思考を固定し、男性が望む起源説に着地されるテレビによく似た画面です。

女性は、そこから得たものは何もありません。
むしろ、失っていったものがあります。
思考を運動させ、不安を不安のままにして、神経伝達物質を抑制から興奮に変換機会です。
その機会は、モバイルに乗り移るテレビが、女性に与えたのは、生きるために必須な不安を消し去る動機だったのです。

関連記事;
今すぐ出来る女性の自分磨き|安心して生活するにはこの方法だけ。

時代に応じて仕事は変えていくもの|やりたい仕事より求められる仕事を先読み。

 

4.SNSに真実はほぼ存在しない

 

女性は、モバイルを手に入れ、移動時間もそこに視野を奪われている間、不安が女性の中から消し去ることを学習しました。
不安は女性にとってホルモンバランスを乱す悪玉だと、メディアと健康産業、美容業界は女性の恐怖心を予感させ、女性の弱さを過信し、女性の神経系を沈めていくと思わせている社会が作った生産活動を維持です。

その不安は、女性の内部にしか現れないと、社会は前提を作るためにしてきたのが、起源説の保持です。
SNSは、男性が行っているのは、ゲームなどの娯楽性です。
そこに社会性はなく、やってもやらなくてもいいぐらいに無価値なものが男性のSNSです。元々、SNSを信頼していません。ただし、ビジネスにおいて、女性がSNSを積極的にするのを見て、SNSは必要なものだと思い、webマーケティングではSNSが重要だと主張していますが、それらの情報も一部のことであって、ほとんどがSNSでビジネスに活かされることはありません。

SNSは、真実に蓋をしても、記事を必要以上に盛り込んだり、事実無根の内容にすることも可能です。画像は加工でき、動画も修正できるのです。そのように、ビジネスに発展すると、もうそれらの構造は見えないところにあります。
ビジネスでは、競争が必然的に発生し、これは経済性の誤った価値意識になるのに、この状態では省えりみる哲学的運動がなくなり、ビジネスで活用されるホームページなどのサイトには、SNSのバナーが設置されています。

他の会社や他の人がやっているからやっていても、構造が見えない限り、それがマーケットで活かされることはありません。
ビジネスと自尊心が連動した焦りで神経系が停止したビジネスが、SNSを正当化しています。

SNSは近いうち消滅する。全体的作用でSNSを美化する異常性。

これだけ熱量が高いものに対して疑いがあると問えないところの、現代人の弱さがあり、それだけ現代人がお金に執着し、お金が幸せの基準としている現実に出会います。
何事もマイノリティー(少数)である時期は、あらゆる物事の運営は、生命体の従いますが、それが人々の手に渡り、マジョリティー(多数)となってしまうと、途端に成長には競争が必要だと人間の観念を強烈な熱量で道徳性と結ばれていき、人間が背負えないぐらいの理想と幻想が関わり合いを持つのです。

次第に、マジョリティーに関わる物事は、大地からの垂直の安定がなくなり、人々の役に立たないところで本領発揮し、安定のないそれらは、正当化しなければ、世の中に存在させられないため、ますますメディア化していくのです。
口コミという表現がありますが、人々は評判がいいから口コミをするものだけではなく、物事を所有して本質でないと思ってしまうときにも、口コミは広まっていきます。

それは、人間の中に固定された道徳性があるからです。
本質であって欲しいと望むのが、情報化された時代に生きる人間の特徴です。
もし自分で所有しようとして手に入れた物事の所有権は、本質でないとき、本質であって欲しいと考えるところの差異は、正当化という言語が入り込むのです。
メディアは、その特徴をそのまま露わにし、本質でないものほど、過度に報道しています。
知的さが道徳性と結ばれ、意識的な反応で、本質でないのに、本質であって欲しいと願う差異が大きいほど、言語が介入してくるのです。
SNSは、ポスト現代(現代の後半)において、メカニカルでは、今世紀最大の因子でした。人間が抱えていた苦手なところが、モバイル機器によって、いろいろと満たされたと思ってしまったのです。

奇しくも、商品開発の対象は女性となっていきました。モバイルが開発した当初、男性が自社の権威維持のために資本を集めて開発しまいしたが、男性にモバイルの需要はありませんでした。
時代の特徴的背景とマーケットの縮小が社会構造から女性は社会で労働に関わらず、家を守るという日本の風習を起源説で維持しながら、女性には最新の機器を購買させるのは、明らかに本質が崩れ、均衡が取れていません。

SNSは、様々な過去と現在(今)の繋がりを求める価値意識が、内在しています。
SNSがメディアで持ち上げられたのは、本質の空洞化から来ているために、言語のよる過剰な宣伝広告が誰が見ても頻繁だと分かるでしょう。
男性は企業の業績向上、女性は不安の消去できる非現実の場所が、モバイルによって、架空ではありますが、自己が見えそうな位置にまで来たのは、モバイルの功績であるのです。

それ以外、モバイル(SNS)は、現代人の生活を何も変えていません。
モバイルを持ったがために、不必要な情報も見ることとなり、通信ではSNSで疲れを溜めてしまったり、SNSで同年代の幸せそうに見せる発信(これも虚像ですが)を見ては、他者と自分を比較して劣等感を抱いたり、様々な負の要素がたくさん出てきています。

これだけ、自分たちに合わないモバイルが、まだ熱量が高く見えるのは、ほとんどの人が、自分に対して、世の中に対して、世界に対して、未来に対して、頽廃(たいはい)としていたからです。
過去の経済成長の遺跡に情報はSNSから、いつかは夢が叶う類の人間が内面への啓蒙ではなく、お金や名誉、肩書きなどの数量化を架空の目標としているのです。

これは、本質ではありません。本質でないものには、哲学性が生成しておらず、世界と自然が同じ位置の目線を合わせ、互いの不完全さを差異によってエネルギー供給を補完し合う、根源的な生命がありません。
それがモバイルであり、SNSであり、そこに目を奪われては、同じシステム内にいるものすべてがシステム不良となってしまうと、生命は喪失されます。
そのような事態に巻き込まれると、内部運動の知覚は抑制する方向(細胞で言えば萎縮)に寄っていき、未来を根源的に立ち上げ、時間を自分の所有する積極性がなくなってしまいます。

関連記事;
40代女性転職を考えたとき知っておくべき知識。

女性生き方革命|誰かに話したくなる新しい女性が充実する生き方。

 

5.SNSがなくても生きていく本質的生き方の準備

 

SNSがなくても生きていける生き方を、この現在のモバイル過渡期の内に立ち上げてるおきましょう。
様々な角度から物事や人を見なければいけません。モバイル(SNS)は男性と女性の不安定な部分に内面からではなく、世界の一部の外面から近づきました。
この展開に、因果関係は作用しておりません。
因果関係というのは、起源説が運動の開始地点で、モバイルが世の中に急速に浸透したのは、この因果関係をメディアが導いたからです。

SNSがなくても、生きていけます。
こうして実践的哲学で概念を立ち上げていくと、見えてくることがあります。モバイルがあると、確かに便利になったところは、どのように捉えていけばいいのでしょうか。
モバイルのお陰で、便利になった部分もあるのではないかと、思える事象は数多くありますが、通信機能は今でも生き残ってる携帯電話機能で十分です。
メールやLINEがなくなっても、モバイルから電話すれば、事足ります。

モバイルで、唯一の価値は、データ化です。
モバイルを通信機能、情報機能を主軸にメディアは考えましたが、価値の低い情報がネットフィールドに検索される事象を考えると、情報の発信が中心とはなり得ないのです。
そして、現代人は通信と情報に関しては、モバイルで経験したので、もう満たされました。
これ以上、大きな変化がないだろうと推測もできています。
まだ、モバイルで生かされていないのは、自分の考え方(哲学的には概念といいます)をモバイル内にデータ化することです。

仕事のデータを作った経験は、仕事をしているとありますが、そこに権利は個人ではなく、会社のデータであり、自分のものではありません。
モバイルの便利さを生かして、自分から発信したデータをまとめておくのです。
ネットでビジネスと考え、夢のようなノマド生活を想像しているのなら、それは実現不可能です。そこに迅速に自分の非概念、非哲学に気づかないといけません。

そう思っているのは、社会と経済の設定がいまだにバブルのような時期を夢見ているからであります。
SNSでビジネスをするのではなく、SNSで自分が発信した概念をデータ化していくことを今から実践するのです。
そうやって、概念が蓄えられると、実生活やネットではない、現実的世界で出会った人、またはその人に関連する人と人に、あなたが自ら生み出した概念を、添付して送ってあげたら、その人はあなたの知的さ、知識、知恵、経験を求めてくるでしょう。
そうやって、生まれた関係がビジネスを超えた人間関係による、哲学性が介入されている本質なのです。
あなたが哲学によって自分を磨けば、SNSを拒否して、流行りに流されず、生きていけます。
SNSは、完全に流行りの構造で外延を固められています。
そのようなものに翻弄されてると、あなたが手に入れる自身の生命パターンによる世界との一致、これを本サイトでは、運命的と呼びます。
そのタイミングのためにも、SNSに流されてる暇はありません。

関連記事;
充実感幸福感は1%の確率|1%の知的な概念ビジョンで女性は自立し不安なく生きれる。

女性が向いている仕事は?感覚と感性。マネジメントは少数の男性で。女性中心生産型社会。


本サイトは、女性のための開設されました。
今回の記事にも表現しましたが、SNSを通じた人間関係は終わりを迎えます。SNSがまだ流行りを維持する時代に、SNSを否定的見方ができるのは、実践的哲学を行ってるからです。
流行りが一番だという傾向が強くなる状況というのは、根底には人間が人間という自尊心などの固定的なところに意識が過剰となっているからです。

この現象を、人間化の膨大と呼んでいます。
この状態を人が抱えると、個人が持っている根源性は失われ、たえず悪戯に認識から立ち上がってくる不安に自己を襲われてます。
すると、生活は乱れ、自己が潜在的に持つ固有さ、超越する手前までの成長の分岐点、物理的作用による沸点まで、予測する有機体の構造まで崩されます。

実践的哲学とは、生きることそのものに目を向けます。
女性のため、個人のためです。
時代背景も予測して、時代に合ったスタイル、未来で必ず生かされる方法で、不完全のまま出発した本サイト。
次から次へと、あなたから提案される独自の哲学性による文章が、このサイトで行き交います。
表現と言葉、文学の要素と自己の有機体が持つ神経系を結び付けます。
このサイトで学んだことは、世界中のどこに行っても活かせれます。
哲学は言葉を介在させますが、それと同時に言葉の権威を奪い去ります。
その作用は、女性の内部の神経物質やホルモンに化合し、生きることの中に生息し、未来に向かってエネルギーを絶えず出力する生成力が身に付きます。

実践的哲学にご興味のある方はお問い合わせください。
お問い合わせ

本サイトが運営する有料メルマガはこちからご覧ください。
有料メルマガ

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

 

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-女性のための哲学

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.