やりたいことを見つけたい

マーケティング方法で後悔しない、あなたに合ったやりたいことを見つける。

投稿日:2017年4月3日 更新日:

マーケティング方法で後悔しない、あなたに合ったやりたいことを見つける。

女性はこれから先の自分の生き方について、男性は一度決めたらこのままずっと同じ事態が続くという想像性のセンスの弱さに対して女性は、自己の内面の変化にいつも感覚をそこに向けています。

今のままでは、不安。
これからこのままでどうなっていくのだろうか。

というような漠然とした不安な気持ちはやや思弁的で、意識的ですが、これは女性が自分のことを分かりやすくするために言語化した表現です。

本心は、不安という気持ちはあるのですが、女性は枯れた男性のお金儲けの打算とは違い、生産的で、積極的、肯定的なのです。

すなわち、女性は不安は単なる、自分を見つめるための入り口に過ぎず、不安は自分というよりは、誰かの心をレンタルしてそこに自分の心を一時的にステイさせ、自分を見つめるために活用していると言えます。

不安であることよりも女性はもっと今よりも自分のために生きたいと思っています。

そして、その自分のためとは、自分がやりたいことは何かという問いになり、それをいつも探し続けているのが女性の内面なのです。

女性はいつも恒常的に、このことについて考えています。
起きている間、寝ている間もすべての時間まで。
女性は男性とは決定的に違う構造は、男性と違い女性の欲求から生まれる欲動の運動の中心であるホルモンが多様に内面の細胞の隙間に模様を彩り豊かにデザインするからです。

そのホルモンのうちでも、女性ホルモンは男女共通に持っているのですが、この定番で知名度の高いホルモンではなく、もっと女性をクリエイティブにする最強のホルモンがあります。

そのホルモンをオキシトシンホルモンと言います。

オキシトシンとは、脳の中心に位置する自律神経の源の視床下部後索(こうさく)と言われる細胞から放出。オキシトシンの特徴は、ただのホルモンではなく、最強のただものではないホルモン。その理由は、このオキシトシンの放出される構造にある。女性ホルモン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモンなどのホルモンは一つのホルモン物質に対して一つの分泌腺であるのが、今まで知られていたホルモン。ようは、ホルモンは専門家ではあるけれど、それ以外の仕事には関われなかった。そんなホルモンに救世主が生まれた。生まれたというか、知られていなかったのだけれど、専門家であり、幅広く仕事ができるホルモンが見つかった。それが、オキシトシンホルモンである。オキシトシンは、血液にも流れるし、神経線維にも作用してくれる。オキシトシン以外のホルモンは、血液には流れたのだけど、神経には作用しなかった。

このオキシトシンは、男性にも持っているのですが、圧倒的に女性の方がたくさん放出されるのです。

この機能は、女性にはオキシトシンの機能と同じ潜在的な機能があるということにも繋がりを示しています。

女性はオキシトシンである。
オキシトシンは女性である。

女性が日常を仕事、友人関係、家族関係、一人の時間、それぞれの時間空間は、たえず何かと闘っています。

その入り口が、不安という分かりやすくされた感情的な物体(実在はせず、非実体、人に不安はないと思われる)という異空間に一度立ち寄ってから、真実の本音に向かうのです。

このような内面の運動は女性独自の動きとなっていて、やはりここは男性とは違うのが、女性に特に潜在的に大量に持っているオキシトシンの力によるのです。

そこで、このオキシトシンというホルモンの機能を知りながら、女性の本音を女性であるあなた自身に寄り添いながら、あなたが生きることに求めてるのは、どのようなところなのかを、じっくりと考えていこうと思います。

 

 

女性が得意なのは、今まで挙げてきたオキシトシンというホルモンの作用と同じような内面的な心の運動です。

このオキシトシンは、愛やセックス、抱き締められる抱擁感、ずっと一緒にいられ、守ってもらえるような安心感が感覚として高まります。

そこから発展していくのが、人に親切にしたくなる気持ちです。
この気持ちは、ほとんどの女性が持っている大切な気持ちです。

この気持ちはオキシトシンの潜在的な作用が、女性の想像性の神経にたえず連絡をしていることから、女性は意識のどこかに誰かの役に立ちたいとか、誰かに喜ばれたいという意識を持っているのです。

今、潜在的にと申し上げましたが、なぜ潜在的なのかと言いますと、オキシトシンは通常は、閾値(いきち)と言われる神経の活性化されたかどうかの値は、ゼロ値にメモリを指しています。

これは、どういうことかというと、オキシトシンは外部からの関わりにより、そこから刺激という形、これを感覚と言いますが、感覚という見えない形に変えて、オキシトシンホルモンが放出される自律神経の源の電源を入れなければオキシトシンは放出されません。

このオキシトシンは活性化させなければ、全身への供給濃度は高くならないのです。

そして、このオキシトシンを活性化する最も効率的な介入は、触覚という皮膚や筋肉に触れる直接刺激かの実践です。

本サイトでは、直接刺激というよりは、言葉による表現を使った間接刺激によってあなたの今日までの固められた価値観に縛られた思考を緩め、解いていきます。

間接的ではありますが、直接刺激よりは少ないですが、女性であるあなたには最も効果の期待できるオキシトシンの運動を構造として、あなた自身に近づいていこうとします。

そこをご理解頂いたうえで、本記事のテーマは、女性はやりたいことをいつも思っているけれど、人が何を求めているのかに目を向けるのは、非常に苦手だという部分をオキシトシンの力を借りて、あなたに気づきを促していきます。

 

やりたいことと思われる欲求とマーケティングを繋ぎ合わせる。

 

オキシトシンの閾値が高まらなくても、女性は自分の感覚的な衝動や欲求をある程度予測、予感をしています。

今の仕事は、毎日デスクでパソコンを打つだけの繰り返しで、夕方になると足は循環不良によりむくんでしまい、靴の中がきつくなっていたり、ずっと立ち仕事で姿勢は歪み、硬くなっている辛さを抱え、女性は毎日を終わらせています。

でも、女性はそんな中でも自分が楽しいと思うものを探しては、実行しようとしていますが、そうして女性が出会うどんな場所であっても、女性の心を刺激して、オキシトシンの閾値を高めるほどの快なる刺激にはならないのです。

それは、どうしてなのかというと、今世の中にあるほぼすべての物や人は、女性のためにできていないからです。

次の記事が読まれています!
今の世の中がどれだけ男性の知で作られたか知れば、あなたはすぐに生きる方向を変える。男性は神話的。女性は偶然的。世の中の見方。

この世にある物は存在する目的は何であるのかというと、それらは売るために作られていて、女性の心を躍動させるために作られたのではなく、買うときに女性が買いたくなる戦略であなたは買いたいと思った錯角になっているだけなのです。

そんな現代の環境に生きていると、それはそれで反復されることにより、そういう事実という形が女性の内部の感覚的なイメージよりも、外部にある形に壊されてしまい、せっかくオキシトシンという男性よりも女性の優しさを促してくれるホルモンがあるにも関わらず、それを生かせずに時間だけが過ぎていくのです。

女性は人に喜ばれたい気持ちが強く、それが実現できれば充実感でもっと前向きに生きたいと思える。
しかし、女性が苦手なのは、何を選んでいいのか分からず、そこで迷ってしまっている。

女性は、オキシトシンホルモンの作用により、誰かのためになりたい、誰かを喜ばせたいという気持ちは、男性よりも持っているとお伝えしました。

この気持ちは、オキシトシンが女性を生命体が運動し続ける生きている間、いつも自然に起こっていきます。

この誰かのためになりたいという素晴らしい感情があるのに、女性は今の生活をその潜在的な機能を活かせず、自分を満たしている人がほとんどいません。

そのオキシトシンによる誰かのためになりたいという感情は、近い関係性である友人関係では、大いに発揮しています。

・誕生日をお祝いする

・お土産を買ってあげる

・まめに連絡をする

・メッセージカードを渡す

など、女性は自分のためという自己欲求が神経繊維を自分の内部で介され、女性のその欲求は、ごく自然に友人のためだというように、思考と行動に移り変わっていけるのです。

この作用は、近い関係性である友人関係に限定されるのは、本当に残念なことなのです。
女性は、特定というカテゴリーが見えている関係性に対しては、そうやって友人に親切にするように、そこに思いを集中させればいいという安心感により、その行為に向かって、自信を持ってできるのですが、見えない領域、すなわち世界という大きな空間には、イメージされずらいという弱さを持っています。

ここに女性がぶつかっている内部の感覚と外部の世界、この世界とは、近い関係の知り合いではなく、まだ出会ってない人を含めたあなたの考え方から生まれたもの(アイテム、商品、サービス)を求めてくれる人たち、は女性の何かをしたいという気持ちは十分熱量はあるのに、何から始めていいのか分からないことで、何もできないで終わるのです。

それらを見えやすくできる見方が、マーケティング手法女性の機能性のオキシトシンホルモン適度に連動させていけば、何をしていいのかが見えてきます。

マーケティング手法について、次のように定義します。

マーケティング手法とは、経済活動を一つの人の集まる集合体として割り出し、そこの人たちが何を求め、何が欲しいのかを、情報を集め、分析する方法をいう。自分が何がやりたいのかは、自分の内部に問いかけることで見えてくるが、それだけではあなたを求めてくれる人が誰なのかは分からない。内部に向かって問いかける方向に対して、マーケティング手法は外部に向かって問いかけ、自分自身を一度思考の外に置いて、外部を外部として見つめ、外部であるマーケット(市場)が今何を求め、どのような価値観で生きているのかを分析する。そのように介入することで、今とこれから先の未来計画も同時に見つめることができ、マーケットにあなたが何を提示する間、いつもあなたと関係を結ぶ独自のカスタマーを満足させる出口が見つかる。

女性であるあなたは潜在的にオキシトシンホルモンの濃度が高くなる内面にすることがいつでもできます。

そのオキシトシンの作用が、少しだけ高まるのが、友人のお祝いする機会に何かを送ってあげようという行動で現れてきます。

その行動は、女性同士の友人関係を良好にするには、とても素晴らしいことであるのですが、そこでストップしているため、生産的活動にはその内在された力は、発揮されずに終わっていくのです。

そうした、実にもったいない状況を乗り越えるために活用できるのが、今、上記でご提案いたしましたマーケティング手法です。

これは、お料理に例えるなら、分かりやすくなります。

マーケティング手法は、お料理のレシピに当たります。
お料理での食材は、女性の内在されるオキシトシンの作用となるでしょう。

あなたは、せっかくの本能的な命が続く限り運動を止めないオキシトシンホルモンの力があるのに、それを活かす方法が分からないのです。

あなたのためのマーケティング手法の手順

・何気なく過ごしてきた日常を見つめ直す。

・自然体のなって頂き、こちらから哲学的な問いをさりげなく入れる。

・記憶の中に連続性を持ち、因果関係になっている繋がりを壊す。

・するとあなたが記憶の中に断片的に残っている快の感覚の経験が見えてくる。

∼ここまでが記憶の中を哲学で整理する実践∼

∼ここからが断片的な快の出来事をマーケティングに当てはめる∼

・今のマーケット(経済市場)を分析して、細分化されたジャンル、分類、業界のカテゴリーされているものを、表に出す。

・その出して頂いたカテゴリーのどこに日常的に意識をあなたが向けているのかに気づいてもらう(そのようにすると、見えていないカテゴリーが見えてくる。そうすれば、見えていないカテゴリーが今見えているカテゴリーの中を見えなくするところに切断が入り、見えているカテゴリーがより分かりやすくなって、得意になる)。

・今のあなたの思考と、15年から20年先のマーケットをこちらが導入する哲学を使った問いから想像をする。

・その想像を、マーケットに合わせて、あなたが生産できるスタイルに生産物(商品化)する。

これらが、女性のオキシトシンのようなホルモン系で自然発生する内在をマーケットに繋げるのです。

要は、あなたという素晴らしい固有の独自な女性がいるのに、それを生かせずに、実現しないで終わるというのは、今までは男性社会がまだ経済を作り出せた状況でしたが、その時代が終わっているのです。

だからこそ、女性は自分で生産活動をしなければならないのです。
これは、必然的に時代を先導していた展開から、女性が中心となる偶然的に同時発生に、世の中に発信すれば、女性は本質的に自分で自分を支え、生きていくことができるのです。

 

この記事が読まれています!
世界初。一生女性の支えになってくれる、あなただけの独自の考えを哲学で作り上げる。この記事をお読みください。今すぐ準備を!やりたいことを見つけるためにやるべきこと。

 

3.マーケティングを参考にやりたいことから求められることへ

 

あなたを筆頭に女性の全般的にやりたいことは、イメージのレベルでは、ある程度分かっているのに、形になっていない傾向がとても多くあります。

女性は、オキシトシンで導かれる自分のやりたいという衝動を感じているのに、そこから、その衝動を形にして、それらをマーケティングに合わせることがとても苦手なのです。

これは、女性が今日に生きている社会が規定する常識に合わせ過ぎている現実もありますが、女性が衝動で生まれた熱意をマーケティングに変換する方法を知らないところからも来ています。

それだけ、社会は女性の自立を決して認めない期間が長く、近くに一緒にいる男性にも女性がマーケティングにやりたいことを合わせようという思いはまったくないために、女性は衝動にぶつかっても、自分の内面の範囲で、収束させるしかありません。

神経系の運動機能は、外に表現するような運動させたいとする意欲を自分の中でそれを外に出せないなら、その思いはもっと強められ、熱意は高くなるのです。

今日までの、こうした一面的な社会のお陰で、女性の真からの熱意が少しの刺激によって、溢れ出るぐらいに、飛び出せる準備が完全に揃っています。

そんな状態であることを、女性も知りませんし、周りにいる男性ももちろん見えていません。

そこに、着目した本サイトでは、女性でとても熱意のある方に、真からその衝動に触れ、そこから世の中を先導し、あなた自身が立ち上げた独自性が潜む、とても面白く、世界の人々を感動させる活動のお手伝いをさせて頂こうと考えたのです。

その理由は、今までお言葉にさせて頂いたように、社会の経済活動というマーケットが、縮小傾向にあって、社会が弱体化しているからです。

そうした状況は、社会のしがらみが弱められ、女性であるあなたが、活かせる最も適切な状況になっているからです。

まとめ

やりたいことが見つからない女性、またはやりたいことは分かっているけど、どうしたらいいか分からない女性に向けた、実践的な哲学で、あなた自身にやりたいこと以前の、根源的な基礎作りのお手伝いを致します。

最初は、まだ世界でこうした向き合う実践は、どこも行なっていないため、困難な障壁はたくさんありますが、そこを私たちと一緒に作りあげたなら、あなたがこうしたいと思ったアイデアが生まれたら、すべてをアレンジメントでき、マーケティングに合わせて、時代が変わったとしても、それが常に生かせれ、それによって、あなたの所得が増え、よりやりたいことが、ますます実現するという生の連鎖が繰り返されることになるのです。

この記事をお読み頂いて、心が騒いだなら、すぐにお申し込みをお願いします。
もし、もっと具体的な内容を知りたいのなら、お気軽にお問い合わせをお願い致します。

お問い合わせはここからです。

有料メルマガの例と効果と適応事例

有料メルマガの効果

悩む女性を励ます言葉。女性の美の磨き方の常識を変えよう。

 

 

女性が世界に飛び出す。女性が安心して生きていけるように。女性のための哲学

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-やりたいことを見つけたい

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.