やりたいことを見つけたい

女性が本当にやりたいことはこれ!「人に喜ばれたい仕事や実践。」

投稿日:2017年3月9日 更新日:

「女性がやりたいことは、人に喜ばれること。これ以外何もありません。」

世の中は、目まぐるしい勢いで、政治や経済の利益のために動かされてる現状が私たちがどうしようもないぐらいになっています。

感性豊かな女性は、そのようなこの世の中の状況を見つめることは大変困難な作業です。女性は感覚的に選択する生物的感性に満ちています。

長年、歴史的に見ると、男性社会はそういう女性の特異な感覚を否定し、社会は男性のものであると、女性が苦手であった感性のない地位や名誉、肩書き、業界やジャンルを細かくし、知性で考えさせる構造に社会を作ったのです。

その状況は、今でもずっと続いていますが、その余波のお陰で、女性は専業主婦のように、一生家の中で閉じこもって、生涯を終えていく生き方はほぼなくなったと言えます。

しかし、女性にとってとても有利な時代やライフスタイルはまだ出来上がっていません。
生活するために働き、女性が自分の余暇を楽しむためにお金を稼ぐために、今の社会に存在するお金を得る選択は、雇用され、女性にとってやりたくもない仕事をして、お金をもらわなくてはいけないのです。

そこには、女性にとってさまざまな代償がとって変わってきます。
その要素を挙げさせて頂きますと、

・安価な給料でデスクワークや販売、接客は精神的、肉体的負担が大きすぎる。

・正規社員であっても、非正規社員であっても、生活するためのお金や余暇を楽しむためのお金を得るには、働くためにほぼ一日仕事に費やす時間により失われ、自分の時間が持てない。

・女性はお金だけのため働くことに大きなストレスが発生する。女性は感覚や感性で生きているため、現状の仕事で抱えたストレスは心や肉体の疲れや倦怠感により、病気という心配を増やしてしまう。

この三つの女性が抱えている要素を、眺めて見てください。
何度も申し上げていますが、女性は、感覚と感性で生きていく生物的機能が男性よりはるかに優れています。

生活しなければならないから働かないといけない。
この価値観も今の現状では、間違いとは言えません。

でも、女性の本音を言えば、今のような仕事をすることは決して望んでいないと言えます。
仕事がしたくないわけではなく、もしお金が自由にあったとしても、今を生きる女性は仕事をしたいと考えるはずです。

それは、良くも悪くも現代の価値観は、社会に出て、女性がいろいろな人に出会って、話をして、そこから自身の存在を知ってもらうことは、決して悪いことではないと、女性は知っています。

だけど、今のような仕事はしたくない!
この気持ちに女性の意識はそこに注がれ続けています。
仕事をして、自分が行なったことが人に受容されるのは、感覚や感性にとっても適切な現象であると
言えます。

しかし、今働いている会社で認められ、評価されても、女性の人生にほとんどプラスがないのです。

感覚の良い、感性豊かな女性たちは、そのことをはっきりと自分で分かっているのです。
でも、それを分かっていても、女性は今の社会で仕事をするという選択以外に他の選択肢がありません。

生活をするにはお金がいります。
余暇を楽しむには、お金がいります。
やはり、女性にとって好きな服や靴、かばんを買うにはお金がかかりますので、今の仕事をやめるとそれができなくなります。
だから、女性は今の仕事に何のメリットがなくても、続けるという選択肢しか選べないのです。

そこで、それを一から作り上げるための最強のサイトが本サイトになるのです。
女性の構造に寄り添い、関わり、女性のペースやリズムに合わせて少しだけ知的な作業をして、一生何が起こってもあなたが構築した基礎概念に立ち返れば、すぐに問題が適切な方向に解放されていく女性だけの哲学。
この詳しい説明はこの記事をご覧ください。
やりたいことを見つけ充実させる実践。あなただけの基礎概念を作る。

 

2.女性がやりたいことは仕事ではなく、人に喜ばれたい欲求を満たすもの

 

このトピックを提案させて頂きます。
女性はやりたい仕事に就けるなら、どれだけ幸福だろうと、幻想を描き続けています。

今の仕事は単調なデスクワークか販売や接客が中心の仕事に女性は携わっています。
時間をその会社で与えられた業務を果たしさえすれば、一ヶ月単位でお金は入ってくるでしょう。
面白くない仕事を行なった成果はお金で返ってきます。
そのお金は、日本共通で認められた通貨でありますので、そのお金にはあなたという存在は何も関わっていません。

今の社会は、構造のほとんどが男性目線で作られています。
お金の数量(どれだけお金を持っているのか)は男性にとっては名誉であり、肩書きで男性の価値という認証思考は満たされます。

女性は、感覚と感性の内部構造の源が細胞の各部位に点と点のようにすぐ隣はその感覚系の集合体で構成された体と心なのです。

すなわち、この点というものは、女性の内面で次々と、瞬時に変わる欲求、感情、無意識な感覚と知覚、意識しなくても思っていること、考えていること、あのようになりたいなどのような想像する世界観、これは電球のように一瞬点灯し、すぐに残存だけを残して消えるこの残存した感覚を点という表現で現しています。

男性はこうした女性のような点の感覚は未発達で、その理由は、社会制度が男性の合わされた仕組みになっていて、男性は何もしなくても今の社会制度に身を置くことで今まではそれをすることだけで、成立できていたのです。

そのような男性の慣習は、女性のような感覚は必要がなくなり、感覚の点という小さな消えたり付いたりする内部運動ではなく、のっぺりとしたやや丸みを帯びているでこぼこの面の状態を神経回路の中で作りだしています。

この社会制度の性質が男性のお金を中心にした価値基準で思考を支配されています。
そんなフォーマットに女性が立ったとしても、そこに適応できるわけがありません。

男性なら単調な仕事を繰り返しても、社会制度が認定する肩書きを与えていたら、男性は多少の悩みはあったとしても、淡々と自分を失わしてそのような将来に活かせない仕事でもやり続けることができるのです。

要するに、女性は仕事によって失われた時間の代償(対価)が一ヶ月のお金となっても、そこは男性とは違って同じ価値では理解されません。

そこで、女性を構造から見て、女性のとって最適な状態での欲求を考慮して女性のやりたいことはどのようなことであるのか?

そして、今日までずっと継続されている点ではなく面である女性には絶対に合わないであろうこの社会制度を理解したうえで、女性にはどのような仕事が合うのか、どのような生き方が合うのか、を考えていきたいと思います。

女性が本能的にも、感覚的にも欲してる生き方、やり方は、今回の記述のテーマにもありますが、

女性というのは、

人に喜ばれるために、何かがしたい。
自分が行なったことが、誰かのためになっているものを選びたい。

このために、女性は悩みを繰り返して、何かを生み出そうとして、もがいているのです。

あまりにも、今のような男性社会の継続があたかも時間の反復によってこれからも永続的に継続しそうな予測が生まれますが、そうではなく、これから先は女性が中心となる社会になっていくことは、間違いないのです。

そこで、本サイトでは、女性が一生悩みを抱えながらでも、その内部運動に関わる女性が確立できる自己像を高め、社会の中心になっていくための考え方を哲学から導きだそうとすることが目的なのです。

女性の本当の欲求は、

人に喜ばれたいと自分で気づける何かを行ないたいということが、この記述を読み、分かってきました。

ここまできたら、そのような仕事、活動、芸術行動は何であるのかを考える必要が出てきます。

このような思考の作業でも、女性は1日のうちでほぼそのようなことを考える機会は今までありませんでした。

本サイトに出会えたあなたは、とても運の良い人です。
あなたに残された生きるという時間は、あなたのものです。

決して社会の所有しているものではなく、あなたが有効に使うために時間はあります。

そのようにしてあなたが人に喜ばれたいことは何であるのかは、それなりの段階付けによって、あなた独自の哲学的な平面をあなた自身が作っていかなければならないのです。

これから始まるあなたが考えた、だれにもマネできないあなたの独自性はあなたの充実された生き方のための唯一の選択となることは、私たちが保証します。

参考記事;

世の中の構造がもう変わる!労働でお金は得られない。人にやりたいこと。人に喜ばれることを作る。

女性の心が楽になる心理学から哲学へ。心のイライラ、倦怠感を生産的に変える実践。

自分を真剣に見つめたい女性限定。やりたくてもやれなかった女性のための哲学サイト誕生!

30代女性の心の悩み解決!やるべき心の疲れをスッキリ取るための秘訣。

あなたのこれからを安心して計画を立てたいと思ったなら、

ぜひお問い合わせください。

お問い合わせ

 

女性が人から喜ばれたいとする仕事

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-やりたいことを見つけたい

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.