やりたいことを見つけたい

40代女性転職を考えたとき知っておくべき知識。

投稿日:

 40代女性年齢を重ねると将来の不安が取れなくなる。女性が転職する前に絶対知っておくべき知識。

女性が生きていく間、誰かに心から真意を吐き出し、聞いた相手が心から思ってくれ、適切な助言を与えてくれる天使みたいな対象はこの世にはいません。
どうしてかというと、他者(同性の女性、男性全体)は自分に精一杯で、他者に心する余裕はないからです。

しかし、人間は自分を振り返るために、今日まで実行してきたのは、他者を通じて、自分を知るという過程です。
40歳代女性が転職したいと思うきっかけは、これから先への不安から来ています。
不安といっても、心の詳細が分かるわけでなく、漠然(曖昧、不明瞭、不確実)とした不安。
その真なる不安が分からないとより不安となるため、女性は例えそれが真実でないとしても、不安という感情を何らかの理由付け(根拠、一応の道理、一理)を見つけ、それが原因だとします。

そうやって40歳代女性は自分の心の状態がよく分からなくなり、転職する目的が今を変えたいといった一過性の原因と結果の法則を引用(導入、理由付け)させ、転職してから、思った程に新しい仕事に納得できず、心が沈んでも心の動揺を保持できなくなって、心療内科に誰にも言わず、通院し、心の憂鬱が取れないことが多くあります。

すなわち、女性は年を重ねるほど、誰にも本音を話せず、他者が頼りで自分探しの機会だった他者との関係が次々と失われ、顕在的には充実した見せかけを、他者(自分以外の女性)に対しても、偽装した自分を出してしまっています。

この女性同士の関係性。
現状の人間は、一応他者から自分の悩みを探求する手段を取っています。
本サイトでは、唯一の他者を哲学に与え、女性の本音を哲学性に変換し、女性が自立して、安心して生きていくために立ち上げました)
その女性同士が本音を吐けない関係性になっているのですから、女性が転職したいと思っても、自分探しできるための他者(女性)は側におらず、自分の主観のまま転職をし、また同じ悩み(苦悩、憂鬱、うつ症状)となるのです。

まず、40歳代女性が転職したいと思ったときに知っておいて欲しいのは

・自分の本心を知らないと転職しても同じ現実が待っている。
・転職は女性に取って成長という感覚でなく、失敗したようなネガティブな認識で思考しているため転職してもうまくいかない。
・同性の女性の意見を聞き過ぎて、偽りの他者の意見が真実だと思い、転職に個性(独自性)がなく、同じ現実となる。

40歳代女性が転職したい理由の多くは、お金(給与、賃金)の問題です。
仕事が面白くないより、転職する思いに先行するのはお金が増えない不満が理由であります。
お金がないと生活するのに将来を考えても不安だから、転職する、転職したい。
そう考えるのが、転職しても同じ悩みで、やはり転職しなかったら良かったのにと、半ば後悔した念を抱き、女性はうつ病を抱えるのでした。

本記事では、40歳代女性が転職する前に考えるべき知識について記述していきます。
今のままで転職しても、元の木網。
転職という表記が、また女性の本心を覆い、真実(信念、理念)から引き離し、女性が転職を繰り返す結果となるのです。

40歳代転職お金の不安心の不安解消

 

1%知的さを磨き、転職より自分で独自性を持つ想像をしてみる。

女性の思考に固定されているのが、自分は才能や個性、能力がないから何もできないという心の抑圧から現実を見るという傾向です。
転職したいと意識するのが、根本的な動機(契機、機会、タイミング)は心の抑圧(非自由、憂鬱、制裁)から発生させていて、真実の心の作用ではないのです。

こうして心について、転職について、考えていく実践が哲学と言います。
記述された文脈(書き言葉、主語と述語、エクリチュール)な中で、言葉を記号にして、羅列を変えたり、配列をアレンジしたり、このような文脈を見るだけで、自分で哲学を実践しているのと同じ作用が脳の中(神経系の表象、心象)で揺れ動き、思考が新しいものとなるのです。

参考記事;やりたいことを見つけ充実させる実践。あなただけの基礎概念を作る。

女性は仕事が嫌になると、すぐに転職を考えてしまう。
この思考のパターンは、思考が生み出したというより、思考が停止してある傾向が支配(一つに染み付く、一つが全となる現象)しています。
その傾向は、転職すると、今よりも給与が上がるという幻想です。

求人誌を見ると、今よりも給与が高いとされる仕事が見つかりますが、本当にそれを信じれますか?
例え、今はその給与を出せたとしても、これからもずっと同じ提示した給与を貰える保証はどこにも書きていません。
(すべての人に適合できるのですが、給与が今の水準を維持できるかは、一度でも叶えられた時代はありません。時代は絶えず変化し、時代に適応させる状況に身をおいておくのが重要であります)

この社会が提示した常識(定説、定理、条理)を信じて(心のうちで)しまう意識を見れば、今の女性の心の反応が手に取るように分かります。
転職しても給与が上がると思える女性は、思考が運動し、興奮と抑制が適切に効いて(機能する、運営する)いると判断できます。

しかし、そんな女性は皆無に近く、実践的哲学(哲学をする、哲学性を身につける)をしていないと、少しの思考の刺激(入力、インプット、介入)も行えません。
哲学性のない女性に、この話をする(話し言葉、権威的言語、ラング、パロール)行為は、即座に拒否反応(拒絶反応、恐怖反応)だ出て、聞いてられなくなるのです。
心が閉ざし、心が揺れを止めようとし、心が思考に連絡し、心は思考を停止して欲しいと伝達します。
(記述だと、読み眺めるという時間的余白が心の隙間を与え、哲学性を所持するチャンスがあります。これは書き言葉の構造なのです)

そして生まれる現象が、転職すれば給与(お金、給料)が増えるという幻想(神話、モチーフ)です。
女性が非知性さで世の中を見ようとするために、一面的な見方しかできず、思考が停止し、思考には頼れないため、転職と一度決定したのなら、転職をしなければならないと思ってしまうのです。

転職する前に考えるべき知識

・女性は知的さが弱く、小さな視野で時間で捉えている。
・転職したいと思う思考は思考が停止している証である。
・転職という甘い誘惑がなくなるぐらい知的さを磨く必要がある。

転職してはいけない。転職という思考が転職を繰り返す偽装した非思考にとりつかれる。転職でなく自立を考える。

40歳代は、婚姻した女性は子育てでお金がかかり、または夫(男性、主観的主体、社会的目線)の失業や給与の変動による影響。
婚姻していない女性は、親と同居するのかどうか、親の病気、介護、親の死などが関わってくる年代となります。

前述しましたが、現在生存する人は自分探しを自己からでなく、他者から引用する傾向があると言いました。
40歳代から起こる諸事情が他者(外部媒体、外部性、経由した認識)と同等の機能になっていき、とにかくお金がなければ生きていけないと早急に思って、現在の仕事の不満と関連し、このままではいけないと、かねてから抱えていた不安(不満、抑圧、憂鬱)がさらに転職の認識を高めます。

段階的に、実践的哲学で、転職という表記(フレーズ、意味深い単語)を失脚させ、消滅させなければいけません。
哲学性で、転職という意味を脳の中から抑制し、そこから哲学性は女性に問いかけます。
心は一度の刺激では、心は従順でなく、心は落ち着かなくなり、心は思考に停止するようにと連絡を繰り返します。

そんなこと言ったって、お金が一番だよと理由付けした言い訳の正当化が、心と思考を全体化(総合化、統一化、一を全とする)させ、本当に転職したいのか分からなくなって、ある日求人誌で見た会社に連絡していきますが、自分ではなぜそうしたいのか分からないのに、転職の選択(非思考からの固定化)します。

40歳代女性には、前述したように家庭の事情、配偶者の給与(雇用状態、従属する企業の経営状況)に左右され、49歳代女性は頼りしていた他者(外部モデル、外部性)が惑わされ、狂わされ、他者に影響を受けて、転職しなければと、自分が思ったのではないような神経系のプログラムが転職に向けて、勝手に導いていまうのです。

ここまでの記述。
女性を社会的実態による主体として見つめてきました。
今の一時的帰結(仮説、仮の姿)は転職しても何も変わらないということです。
ただ、変わらないというのは、ネガティブな印象で見ないで欲しいのです。

もし、転職しない方がいいと言われ、絶望的で、悲観的に感じたなら、今日までに仕事をしながら転職して今よりた高い給料が貰えると信じ(信仰性、執着性、固着性)で世の中を見ていたことになります。

転職でなく、自立と考えてください。
転職を考える時点で、自己がなく、自己が成長(自己磨き、自分磨き)しておらず、誰か(絶対的他者を求めている。帰属意識)に依存する価値観の傾向があるのです。

根本的に解明し、解体し、自己を探す。
そのためには、哲学性が必要です。
実践的哲学をしましょう。
生活は劇的な変化し、世の中を見る目が変わります。
徐々に増やすのではなく、一気に増やし、哲学性を持ち、実際に哲学性から世の中を見る経験が必要です。

そこに内在する弱さは、

思考の停止
他者依存

です。

今すぐ、このパターンを止めなければいけないです。
今のまま哲学性のない見方は、転職の幻想を止められず、次の職場が今よりは良いと考える固定化さら脱出できません。

時代の流れは、全体化より個人にシフトしています。
今すぐ、哲学性を入れ、世の中を見る目を一気に変え、新しく(一から、開始時、解明期)します。
転職より自立が一番だと、思える状況にして、初めて40歳代女性は心を安定させ、貰えるお金が増えるか、お金は変わらないけど、生活観を変え、充実感や幸福感を作ることができるのです。

参考記事;

5年後の求められるアイデア|仕事を辞める前に考えること。

オキシトシンが心の不安をなくす。最新治療心の疲れを取りたい人に。

新しい女性の美|女性心の健康を立ち直らせる。

女性安心して生きる独自性を哲学で磨く方法。

 


転職を考えている女性は、やるべき過程が抜け落ちています。

真に思考させること。
身体(体、肉体)を運動させるように、思考(神経系、神経物質、ホルモン)を運動させます。
ボディラインを美しくするには、運動させる方が近道であるのと同じく、思考を運動させましょう。

そうしないと、世の中の見方はネガティブです。
女性は長年の身分喪失(男性社会が権威を持っていた)で、否定的(否定性、肯定性、非思考)でしか見れません。
何生きても、年齢の規定に縛られ、女性の生き方は何も変わりません。

本サイトのメニューは、

読み眺めるだけで、自分磨きができる有料メルマガ(月額3240円で本を買うコストよりコストパフォーマンスが抜群にいい)
有料メルマガ

実践的哲学は女性の生き方を劇的に変える

幸福感が高くなる視野、哲学性

個人セッションは哲学性を独自性に変化させ、活かし方はさまざま。
心の療養、修養
心の活性化
活動を積極的にする
長期的事業に活かす など
実践的哲学サイトコンセプト

詳細はお問い合わせください。
お問い合わせ

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-やりたいことを見つけたい

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.