やりたいことを見つけたい

転職したい40代女性が知るべき世の中の仕組み|自分磨きと知的さ磨きで雇われるより独立目指す。

投稿日:

転職希望。将来の不安を考え始める40代女性。今の自分のままだと転職を繰り返す転職族になる。

自分をどこかで信じたいと考え、思っている。
こんな日本人的価値意識は、これからの世の中は世界と同一化し、世界と同じ自然発生で作動する概念的運動に不適合で、立ち止まり、考え方を見直さなけければ、日本だけ世界から離脱することのなるのです。

それは世の中を広く(広義、拡大、拡張)見ることで見えてくる諸現象(状況、時事的状態)です。
この世界と世の中の関係(関連、繋がり)は時代によって変わり、政治や経済、人間の動向(人々、国民、世界の人たち)でも関係が変わっていきます。

転職を考え始める40代女性
現職場が勤続年数が長期間となったり、派遣という立場で契約が年単位だったり、女性の働き方は多様化され、女性同士の会話でも契約上に相違があるため、給料の面、雇用時間、雇用契約を女性に聞かなければ、話ができない状況が増えてきました。

そうなりますと、女性同士が自然に気を遣わずに、互いに気軽に話することが難しくなり、女性が女性に対し、他者女性の情報のない状態で、空想の中から他者女性を思わないといけません。
女性は自分がどういう立場でいるのか、自分だけが今のような仕事の仕方ではないのかなど、女性は他者女性と話をして、確認したい顕在欲求(潜在欲求ではない、意識的確認作業、認識上の安心さの他者への要求)があります。

転職を考える40代女性
自分たちより後世の歳下の女性の働き方も多様化から、話が合わなくなりました。
正規社員だって、以前よりも勤続年数が短くなり、女性なりに人間関係を深める時間に対してあまりにも短時間過ぎて、女性はそうやって他者女性から適切な自分に合った、自分の生き方が間違っていないのかどうかの確認作業ができず、いつも不安と焦りを抱え、日常を過ごしています。

40代女性が転職を考え、今の仕事(会社、企業、属する組織から脱却)を辞めようとするとき、現状の40代女性に必要な作業があります。
他者の女性も同じ道(選択、分岐点、岐路)を迎え、同じ心(気持ち、意識、感情)なのかどうかの確認作業。
これがなければ、40代女性が転職を想定して、計画しても、なかなか決行できず、ズルズルと(この感覚は女性が認識上で解釈する感じ)現状の職場を継続してしまう、そんな状態で不安と焦りばかりが内部(内面、内省、内観)のどこかで囁く(ささやく)のです。

現状のままでは良くないと思っている。
しかし、転職と言っても40代女性だから、そう簡単に転職するわけにいかない(あなたが転職するかどうかに社会や他者に権利は所有しないため、自由に選択しても何の問題もありませんが、現状の40代女性は社会の非存在な複数の目を考える傾向があるのです。)

転職すると言っても、やりたい仕事が見つかってはいない。
転職するには、リスクとエネルギーがいる(これも女性が不安と焦りを抱えているため幻覚と幻想からこのように考えてしまう)。

女性がまだ見えていない社会についての情報(知識)があります。
この問い(命題、質問)が何であるのか?
現状の女性は、非知的(知的さがない、知的さを磨いていない)な状態で身体内部に広がる知覚という感覚神経の集合で意識に上がる感じ取れるもの(事象、図式)に出力が乏しい(欠乏、減弱、弱体)のです。

要は、女性が知的さを磨けない社会状況(社会的身分、立場)が知的さの感化(活性化、活動的)から遠ざけています。
こうした状況で女性は現時点まで、どのように生きてきたのか。
非知的(知的さが磨かれていない)で、主観的に物事(外部の対象に自分の存在を依拠させて自分を見ようとする)を捉え、他者女性と思惟(心理、思想、男性社会を信じ込む信仰性、依存性)を共有し、曖昧なまま(何となくという感じ)で生きてきました。

何事においても、世界、国家、経済などの全体的な組織と個人、一人などの独自な運動性を持つ非規則的、非連続的な存在は、共存しつつも、対立しています。
時代の流れによって、そこの関係性での強弱が変化し、その時期にどちらに依拠すれば、個人の運動性を生かせるのかを、最大限の知識を内部(内面、深部)に入力し、そこから独自の想像的作用を興奮させ、読み抜く力が必要となるのです。

読み取る力が、より世界の中心で起こる運動性(運動、流れ、展開)に一致(近似、親密)であると、女性が本質的に自分の生命体(覚醒、脳幹出力、心臓と肺からのエネルギー供給)から湧き出て、立ち上がる哲学的概念は世界の運動の渦に入り込みながらも、その勢いで一人の個ができる潜在性を遥かに超える。
そこに自分を立たせないと、充実感や幸福感は絶対にあり得ず、そこを目指すのが、今の世界の展開が女性に向かって想像させてくれているのです。

転職40代女性転職前やるべきこと

 

2.転職したい40代女性が知らない世の中の構造

 

転職を考える40代女性。
生きることの違和感(不具合、自己の非存在性)不安感、焦燥感が40代女性の内部で発生し、ホルモンバランスの変調もあって何かが違う、このままでは良くないのでは?と女性の内部では正体不明である、何らかの存在が表出します。
(この時点での女性の内部に発生した正体不明の感覚は、実践的哲学を実施してない状態ですので、気づきとは言えず、意識を経由した認識と言われる段階です。この場合、認識は生き方、すなわち行動プログラムには一切の作用を及ぼさないため、生き方が変わることにはならないのです)

40代女性は体内(身体、認識上での心理)で違和感を感じ、自問自答を開始する。
この身体状態が前提にあって、物事や人間(他者、不特定の女性の群)を視野で捉え、小さい頃から隠し持っていた曖昧性による非選択の生きていく方向性(選択不可能とした社会構造)で覚えた不安が、40代女性にはそこに還元され、現出してくるのです。

(この不安は、実態はなく、心理上での不安です。要は、人間が作った悲劇的主観による非実態で構成する不安。女性は男性社会で身分を低く捉えられ、この固定した宿命に苦しめられています。そこに権威をかざしたのがアカデミックな心理学という世界です。参考記事;疲れが溜まってどうしようもなく心が落ち込む。女性の心が楽になる心理学から哲学へ。

この40代女性が抱える心理作用と世の中の構造が見事に一致し、差異(気づきを促す世の中と女性個人とのポジショニング、位置)が生まれず、世の中の中心の渦の部分に吸収されていき、女性の曖昧性に内在していた小さい頃に抱えた不安を合成して、女性の内部では変化(差異)がないように感じ、どこからも手を出す余地、実践を開始する緩みがなく、女性は疲弊した世の中に巻き込まれていっています。

40代女性転職希望。
どこからそう思うのか。
世の中と女性の内部は心理学的宿命論で思考を停止させている。
女性の内部で何かが動いてる(運動の開始、差異までは選択性が発生せず)。
いっぱい思考しても、転職の動機は生活の安定、給料を増やすこと、これからの不安などが、同一化して何も見えてこない。
転職するジャンル(業界、分野)は結局同じになり、同じ壁にぶつかってしまう。

40代女性の内部と世の中が一致し過ぎている。
世の中(社会、国家、行政、教育、親子関係を基調にする家族構成の慣習)は、女性たちに不安を作り出す。成功(常識、幸福、安定、すべての一つで出された人生の解答)は不安を抱え、不安を取り除くには、真面目に生きることだとする一般論。
社会は全体的構造であるため、個人(個々、女性単体、女性自身)に適合する論理(理論、概念)はまだありません。
しかし、女性が身近に接する情報は、社会から発信される情報か、他者の女性(他者女性)が発する会話で生まれる話し言葉だけになります。

前述したように、女性の労働条件(雇用パターン)が多様化し、女性同士でも入っていきにくいのです。
正規雇用か非正規雇用か、それによっては給与の上限下限も予想され、聞かれたくないこともあるでしょう。
女性は込み入った(自己事情、自己状況)は今日までは、多様化のない時期は、女性は働くのか働かないのか、婚姻(結婚)するのかしないのか、など限られていました。
女性同士、少し話をしたら他者女性の現在の状況は想定できましたが、今はそれが不可能となっているのです。

そんな社会的事情(構造)が女性がこれからの生き方、方向性が見えず、転職したいと思う気持ちは分かっているのに、何から始めたらいいのか分かっていません。
転職しようと決め、早く辞めないと年齢的に転職の時期を逃すなどと、女性は意識の行き場がなく、周囲の情報は社会が定めた諸要素、年齢、婚姻の有無など、そこから思考の停止に気づかず、転職について考えてしまって、何年か現在の仕事(会社)を継続します。

社会(多くの企業組織)は、非正規雇用を優遇します。
単純な理由で、それだけ利益が出ない経営状況だからで、非正規雇用だと社会保障を付属させなくて済み、人件費(固定費、コスト)が抑えられる、企業組織は上位(経営者、役員など)が利益を得ることに注力を入れるのです。

女性は今でも、社会は弱者扱いをし、女性の思考を停止させる要因、婚姻に関してを意識(認識)させ続け、女性は目先の手段(決して選択性ではない)に翻弄(目移り、意志の剥奪)させているのです。

これも、女性が知らない世の中の構造の一つです。
社会は、女性の自由を与えてると言っているように聞こえますが、決してそうではありません。
転職する際、自分のやりたい仕事、諸条件に気を奪われると、社会構造まで分からないため、転職して女性が自分の状況を変えたいと考えた行動であるのに、それが果たせません。

40代女性が転職したいと思ったとき、知って欲しいのが、社会は利益を出すために、女性の給与は減らそうとしていること、なるべく非正規雇用で雇おうとしていること、正規雇用を女条件として出してきたとしても、現状のマーケット(市場)は供給(生産側、売り手、販売側)が飽和し、これからもっと急速に物は売れなくなり、外食は減り、健康や美容の意識は強くなっていきます。

今のマーケットで転職を考えると、給与という社会構造の一部の要素として、女性の価値を評価できる余白がマーケットには残されていないこと、帰結すると、女性が転職してもし正規雇用をして貰ったとしても、同じ市場であるため、他者女性の給与を減らしていくという連鎖を知っておく必要があります。

40代女性が転職するときに知っておく世の中の構造

・現マーケットで転職すると、給与は減少する流れに巻き込まれる

・給与が高く、良い条件で転職できたとしても、マーケットに成長で潜在性が上がるわけがなく、その分他の女性の給与が減ることになっている。
(相反作用が起きている)

参考記事;

心の不安心の落ち込み改善女性が自立して生きるために。

女性が仕事を辞めたいとき辞めるタイミングと自分を変えるために。

心の疲れ慢性化うつ病うつ症状が人間を悩ませる。

 

3.自分磨きで知的さを磨き転職を考える

 

40代女性が転職したいと思ったときに、世の中の構造を考えると前章で記述しましたが、具体的に女性が実践した方がいいのはどういうことなのでしょうか。

今のままで、転職を考えても、想像性や芸術性に変化がないために、選択肢の幅は変わらないままです。
女性は世の中の構造と世の中の展開が、女性の今日までの身分や慣習、価値観と同じ運動であることで、精一杯考えていても、女性の現状は思考が停止した状態で、考えが広がることはありません。

そこで、転職を考え、思ったとき、女性は神経的アポリア状態(限界点を超えるぐらいの興奮と抑制)内在した構造が、不安と焦りが内部で爆発的作用で、現状の自分を一気に超えることができる可能性があります。
不安と焦りは、それだけ答えを出すことに性急となり、集中力や機敏力も上がり、自己認識(自己知覚)も加速します。

そのチャンスは滅多にありません。
しかし、性急であるがために、神経的アポリアが反作用により非エロティシズム(非性的欲求)で今の自分の内部知覚が微小となって、死の想定に近く、自暴自棄となって、完全に想像力を喪失するケースもあります。
転職と40代女性という諸要素(諸条件)は、エネルギー代謝(供給、発散、内部での拡散)は最大ですが、これもタイミングで興奮と抑制は絶えず、神経系(細胞と細胞を連結するネットワーク)を最大と最小の閾値での振り幅が生まれているのです。

このアポリア状態を活かし、女性に転職する前に実践して頂くことは、知的さを磨く実践です。
10年前の転職だと、キャリアが経験という換算で、幻想となるぐらい膨大な人間力に加担して、転職した方が給与も良くなっていったのです。
しかし、今日は経験がキャリアとはならず、キャリアに頼ってしまうと、成熟したマーケットで、死滅する細胞(生理学的にアポトーシスといいます)と同じで、近いうち給与が激減する状態になると推測(確実視、絶対視)できます。

転職する前に、今の仕事があるうちに、または仕事をすると時間が仕事に追われ、知的さを磨けないと思うのなら、仕事を辞めて、知的さ磨きに集中力するのもいいでしょう。

今のままで、転職を考えないことが重要(必須、必要、重視)で、この不安と焦りの莫大なエネルギーを内部で生かせるかの少しの間合い(間、間隔、襞)を持てるなら、新しいマーケットについて思考できる余白ができてきます。
このままでは、将来どうなるのか分からないと、神経系(脳や記憶中枢、記憶機能)は意識的に覚えてきた漠然とした不安(記憶に保存した小さい頃に周囲の大人に言われた言語介入による記憶、認識)が情動(恐怖感などの人間的作用)の一部と結び付き、不安が立ち上がってる女性は転職したいという、結果重視の認識回路から理解した自分の気持ちとして、転職を考えています。

こうした、自己知覚(気づき)は認識と転職が結びついてる限り、転職をする次仕事(次職場、新しい環境)を選択するときに、認識で転職を考えているので、現仕事を退職し、転職して新しい会社に入社しても同じ状況が起こります。

すなわち、転職がしたいと思う意識はとても良いことです。
そこから、自己知覚(気づき)に繋げるなら、転職に価値がありますが、女性は認識上での不安と焦りに強い言語記憶に覆われ(非内包、非選択性)、転職族になっていくのです。

知的さを磨く。
この取り組みがいかに重要かお分かりでしょうか。
転職という表記は社会が時代の流れに合わせて作ったもの。
社会が作るというのは、権威という規定と自己都合が前提とされた非運動性の言葉。
転職という言葉には、社会が意味を付けただけで、キャリアアップなどとは、マーケットの経済成長がなければ、あり得ない。
それを、女性は転職して、給与が上がる、または新しい仕事に付けば、自分が安心して生きていけるという幻想。

女性であるあなたと本サイトでは、実践的哲学を施そうとしていきます。
転職について、ありのまま考える機会は実際のところ、そんな場所や人はいないですよね。
女性は日々、出会う人と話をしていても、本音を語ることがないのです。
本音を引き出しながら、生きる力に変換し、それと共に見えてきた関心(感心、興味、好奇心、性的欲求)を文献学(書物を読み、概念にし、他者に発表する実践)を導入し、学生時代やり残した、知識への憧れ、知識を持ち、それが知恵に変わるという理想(現代的ユートピア)これは実現させて、初めて分かるものです。

本サイトでは、生きることと知識(実践的哲学の介入は外しません)を密接にし、生きることは、仕事が中心でなく、自分自身なんだという真実なる本来の世界にあなたを連れていき、そこで生きるという旅に出て頂きます。


実践的哲学サイトについて
次の記事を参考にしてください。

うつ病の女性のための哲学

自分磨きのための哲学

実践的哲学サイトコンセプト

有料メルマガ

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

やりたいことを見つけ充実させる実践。あなただけの基礎概念を作る。

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-やりたいことを見つけたい

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.