やりたいことを見つけたい

女性が生きる間にやりたいことを見つける|無意識の中に育つ女性個人のビジョン。

投稿日:2017年10月2日 更新日:

好きなこと、やりたいことをしなければ幸せにはなれない。労働、仕事、結婚、出産以外の無意識の空間

女性美意識 女性生き方 女性不安

幸せの基準がここにきて、人類至上初めて覆される展開になっていく風向きが吹いてきました。
自然の運動が、地球の宇宙の構造に合わせて運動する出力の表現であり、これが世界の運動とは違って、本質的な運動となっています。
あなたはどこに焦点を合わせて生きればいいのか、誰にも聞けず、あなたは今日という日を迎えました。

ただ、毎日が過ぎていきます。
時間の流れを掴むこともなく、時間の流れに合わせられず、あなたは今までも生きてきましたし、これから先も生きていきます。
しかし、これから先このまま世界が維持されていくのか、これから先の世界は違っているのか、変化の富む日々のニュースや報道を見ると、不安になってきます。
認識的には日本人的超越認識システムが、島国を根拠に今のまま、何もしなくても、それなりにうまくいくような気がしています。
でも、その観念はこれから先は通用しないことも分かるのです。
揺れ動く自然発生の運動を抑制して生きてきた事実をあなたは誰にも知らさずに、誰にもバレないようにしてきました。

あなたから見える世界に生命を与え、世界に観念を植え付け、世界は世界観と言うようになったのです。
そこには実態のない非空間であるため、感じ取りたいという自然と捉える本質的作用の欲動はあなたがこの世に生まれてきてから、一度も運動を止めたことがありません。

欲動が目を向けているのは、人間が創作した世界ではなく、自然と同じ運動リズムである生成です。
その運動は今まで1秒でさえ欠かしたことはありません。

関連記事;女性が欲しい空間、沈黙と孤独。そこは直接女性の幸せ、知的好奇心|女性がしたくなる哲学

女性の幸せとは?幸福感と充足感は知的好奇心と享楽の領域を想像するホルモンから。

食欲を減らす哲学パサージュ|心身症と胃腸の消化酵素の関係性

これらの記述から女性の知的欲求に刺激を送り、そこから感覚神経系を通り、知覚に脱抑制し、欲動にまで到達させることができます。
その先には、女性がみずから立ち上げた幸福感と充足感が得られます。


本サイトのご説明をいたします。
美意識には、刺激として入力が必要だと申し上げました。
そして、入力には自分で刺激を用意しては、予期しないことでないため、それでは入力系にはならないとお伝えしました。

それを容易に叶えるのが本サイトであります。
本サイトは、女性であるあなた自身が今よりも充実感や幸福感を高め、日々が満たされるよう、そのお手伝いをさせて頂くことがビジョンです。
そのための入力を反復して頂くことが充実感や幸福感、美意識による生き方の変更、日々感じておられる仕事や人間関係などの疲れ、心に限らず身体に感じるイライラ、倦怠感、憂鬱な気持ちにも対応できるようになっています。

入力を促すには、本サイトが無料でお読み頂ける実践的哲学で構成された記事をお読みください。
これは、本来の普遍的傾向でしたら、無料でお読み頂く記事を無料にはしないほどの内容と質と量が伴っており、この記事が有料となるのですが、入力は自由にやって頂く方が適切だと考え、生の哲学を現代に合った文体で読むことができます。
これが、始原的な入力となり、何度も読んで頂きますと、入力の神経系は解放され、そのうちあなたの内部運動が持つ制御が生まれ、発散から収束され、あなたの思考の資材となります。

そこからより個別的に自分磨き、または疲れがなかなか取れない、孤独感があって、一人で過ごすことは不安や焦りが出てくる感覚がある方は、一歩進んで個別的実践的哲学に導入することをお勧めいたします。

・スタンダードメンバー;月額864円
本記事への質問し放題、月二回にあなたに合った個別的哲学のエクリチュールを提供させて頂きます。

・プレミアムメンバー;月額2,700円

あなたという一人の人を哲学により解体し、実際の未来へのビジョンや理念を立たせるお手伝いをいたします。必要に応じて、パロール(話し言葉)が必要ならオプションで実践的哲学をトレーニングしている哲学者とコミュニケーションの時間を作ります。

お問い合わせはこちらから
お問い合わせ

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-やりたいことを見つけたい

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.