やりたいことを見つけたい

5年後の求められるアイデア|仕事を辞める前に考えること。

投稿日:

友人に求めれなくていい。マーケットに求められたらお金に困らない生き方ができる。

世の中の女性は生き方について悩みを思考で徹底した運動(神経系の運動で内部運動という)をしてきていないため、不安になったときのために、身近な周囲の人と強い関係性を維持したいと考える女性が多いです。

すなわち、幼なじみ、学生時代の友人、会社の同期、同僚などと定期的に会う約束をし、女性の出来事上の年間スケジュールに組み込まれてるようです。
それが良くないなどとは思いませんが、身近な関係性ほど真実を交えた話には発展せず、女性が未来に必要な哲学が実践された話ではあり得ないため、一時的には安心感が出ても、友人と別れたらまたいつもの自分の思考に戻ってしまうことになっていきます。

今の世の中の情勢を見て、これから先どんな未来が待っているのか、女性同士で話をしてもらいたいのですが、基礎哲学が根源的に知識で持ってなければ思慮深い話に変換することはありません。
しかし、女性が保有する時間は有限です。
世の中の運動が著しい現状で、一秒でさえ無駄に過ごすことは、未来の女性が獲得できる充足感を遠方に引き離します。

今、話さなければならない文脈は、何であるのでしょうか?
女性同士で話す時間を割いても、未来について有益な話ができないのなら、今は控える必要も出てきます。
それぐらい、女性が未来において、自立した自分だけの独自性を構築できるチャンスが現状のマーケットで至るところで見えてきています。

そのマーケットの分析を女性は思考に適切な情報、未来に通じるための哲学的基礎知識と他者からの的確な問いかけ、刺激を入力し思考に繋がる神経系の興奮を起こすことは女性一人では困難です。
やはり、女性同士の関係性の構造は、同類であって、同じ心の傷、同じ環境からの共通項目に思考からでなく、価値観での同化を求めた形であります。
今の女性同士では、未来に待っているのは、日本の国家の経済成長と共に貧困になる運命です。

それでは、女性はいつまでも女性特有の感性、想像性、神経系と密接なホルモン、オキシトシン、ドーパミンが身体全域に広がってるのにその身体構造が活かせません。
女性だけが、この世界で独自性を生み、世界を運動させるイニシアチブ(先導する)力となるのです。
そのために、女性同士では話せない未来予想、未来のマーケットについて基礎哲学を導入して、本記事では出力(アウトプット)してきます。

やりたい仕事やりたい自分に合うもの

5年後の未来マーケットを考える。女性が自立できるために

現状のマーケットを分析。初期投資のコスト減。事業する人急増。

都市部に限ってですが、街に新しいお店が頻繁に増えているなと思ったことはありませんか?
ビルの一室を解体し、工事しているのを見ることも多いと思います。
何ができるのだろうと、思っていると新しい飲食店や美容関係、雑貨屋など、都市部にできるお店に特徴があります。

コスト減により、安価な資金でレイアウトを考え、コンセプトで売る方式です。
その強みとされるのが、SNSメディアの台頭です。ネットには時事的なニュースにコンテンツで引用されるのがTwitter、Facebook、Instagramです。
この現状を見て、これから先もそういったSNSメディア媒体、そして本当にこれからのマーケットに発展していくのでしょうか?

SNSは情報の拡散は早いとされていますが、一過性であることが多く、先述した安価でできるお店は必然的に誰もができてしまうため、競争も激しくなる現象が発生していきます。

コスト減のマーケットはジリ貧
長期的に継続不可能なやり方
哲学的実践で独自性の概念を磨く
独自性の概念は流行りに左右されない

本サイトの実践的哲学コンセプトは、マーケットを作っていく目的で出来上がります。よって、現状は未来を予測するための題材の一種であるだけで、現状は衰退する運命を迎えるだけですので、現状を見て、現状に影響されるのなら、それは思考の停止を認めること以外何もありません。

ここが、人が間違いを起こす部分です。
売上を伸ばしたいと認識は戦略で物事を考えがちですので、どうしても今のマーケット、例えば他業種、同業種を比較して差別化してしまうのですが、差別化と独自性は哲学の上では対照命題となり、二項とも弱体化します。

そのように考えることは仕方がありません。なぜなら、哲学的介入がないため、思考が停止している脳の中で新しいアイデアを出そうとすると、周囲の物事を見る以外選択肢がなく、そこから停止した思考は、視野に流入する物事で解釈するのは無理のないことなのです。

現状のマーケットを再度まとめてみます。

・安価な初期投資
・誰もができてしまう
・SNSに依存
・長期計画がない

です。メディアはページビューが欲しいため、新しいお店ができるとすぐにリークし、ネットサイトでは発信されます。
そのメディアを視聴するのは現代の人間で、その構造は大量生産、大量消費に慣らされた全体性を持ち思考が停止させられた人々(大衆、群衆、民衆)です。
要は、少しの情報が全体性もそうだと理解していく思考を活用できない層です。

そうなりますと、新しいお店ができた情報を見ると、最近の傾向は全体的に流行ってきていると理解し、まずはお客さんとして新しいお店に行ってみますと、普通の一般的な男性や女性がそのお店を切り盛りし、そのお店のSNSをダウンロードし、どことなく共有感が出てきます。
共有感が思考を押しのけ、実行にだけ関連付けるのです。そのうち自分もやってみたいと認識されてしまいます。

この考えのどこが間違いなのでしょうか?
自分のお店を持ちたいと計画することに何の問題があるのでしょうか?

もちろん、新しい何かを始めることは良いことというイメージがありますが、思考が停止している状態であることに気づいていない危険性は長期計画、未来予想が疎かになります。
しかも時代の流れからSNSが思考の停止を補ってくれる錯覚に迷走され、哲学的概念なしに新しい事業をスタートさせてしまい、最初は良くても、安価で手軽な、哲学的概念の苦しみを知らずにできるのですから、誰でも参入して、競争が著しくなり、事業の継続が困難となって、利益のないまま廃業もできないお店が加速するのです。

参考記事;自分を真剣に見つめたい女性限定。やりたくてもやれなかった女性のための哲学サイト誕生!

この記事を読まれた方は、まだ現在自分で事業を立ち上げてはいないと思いますので、一から独自性について思考し、今内面的に持っている悩みに哲学で内部運動(内部活動)を起こし、行動の前段階である前頭葉(脳の運動前野、前頭前野、前頭頭頂連合野など)に構築された哲学的概念が実行の絶え間ないフィードバック(反省、省みる)ループを作り出せます。

本サイトは実践的哲学を思考を磨き、行動(計画)を同一とし、神経系の構造が示す全身に広がる網目模様の神経線維は、女性が単一で両義的で画一的であるはずはありません。神経線維の解剖学的広がりは、思考と行動が同時に変換できたなら現状マーケットで乱雑する非個別化で非個性になることはあり得ません。

誰もができてしまう事業をすると、他の人だって誰もができてしまうのだから、狭義のマーケットに出店(販売者、供給者)が多くなって、薄利多売、利益の減少(減益)となり、豊かになる目的だった事業が希望のない、初期投資した分は取り返そうという欲がますます減益され、果てには自分の時間を浪費することで、価値観にまで狭くなり、後々の生き方まで影響を与えるのです。

そこで焦らずに、一から哲学的実践をやれば、女性がかねてからやりたい仕事ややりたいこととイメージしていた事象が哲学すると、そうでないことも見えてきます。現状のマーケットで出店している業種は同種に集中する事実を見ると分かりますが、マスメディアやSNSの影響でやり始めたことがよく分かるような事業では継続はできません。

その同種の事業はどういうタイプなのかを次章で見ることにします。

やってはいけない事業。それ以外で最終地点として女性が表現する場と考えていくのが適切

マーケットで増えている事業の例

飲食系
・ラーメン屋
・カフェ
・コーヒー屋
・パン屋
・ケーキ屋
・立ち飲み屋、ワインバル系

販売系
・雑貨屋
・インポート食品
・栄養食品、サプリメント

美容系
・エステ
・美容室、ネイルサロン
・マッサージ
・接骨院
・ストレッチ
・ダイエットトレーニング

などです。
これらの事業に手を出すことはやめなければ、将来的に安定した生産的なお金を得ることはできません。
マスメディアやSNSの影響は、ホルモンバランスの不安定な女性は内面的に不安定な時期にそれらの情報を見て、思考停止する細胞を選択的でなく、一面性で外部の物事を捉え、自分もやりたいと求める欲求を錯覚で感じてしまうのです。

(*ご注意頂きたいのが、現状上記の事業されている方を非難するのではありません。これからやりたい仕事を見つけたいと思っている女性に向けたビジョンで本サイトは組み立ててますので、現状事業している方々は対象外となっております)

よく世間で景気が良い頃に脱サラして事業を始めたといった話が出てきましたが、独立して事業を行う行動を世の中は善なるイメージで成功者と見る傾向があることも、現在の誰もが行なえる事業を踏み切る価値観の支持になっています。
女性は今の仕事に不満を持ち、やりたい仕事を見つけ、やりたいことができると幸せになれる空想がありますが、その部分を取り上げるのは危険です。

その要素から、マスメディアは個人で事業をする人々を対象とすることが多く、その情報に善のイメージでしか見れないのは、根本的な実践的哲学が思考を神経系の運動構造を活用していないからです。

時代を考えてみても、時代に反した物事はどんなアイデアを出したところで、その活動が生命力を持って世界を動かせることはあり得ないのです。
これが時代の流れとの整合性と相関関係が、全世界の人々を巻き込み、世界の活動に転換され、世界中の国家にまで関連することを現わしています。

そうだからこそ、上記に挙げた業種は、過去から継承された知恵が残存するため、その知恵が偉人の言葉のごとく威力を増し、よくよくその知恵を聞いてみると、30年前と同じ言葉であったりします。

マーケットは世界の影響を受け、過去と今は、まったく違っていますので、過去の事例があてはまることはありません。
上記に挙げた事業が加速するのは、SNSを始め、日本が戦後マーケットで行なった定番の事業内容だからで、マーケットを未来設定にできていないばかりか、目先のお金儲け(利益)に意志が有無に関わらず、お金儲けの構造はむしろ逆に過去で事例を取り上げることはやってはいけないのです。

5年後を考えたアイデアを作るために実践的哲学をしよう。

アイデアというのは、今に目を奪われていると、それは過去を視野に入れており、今を見てるようで今を見ていません。
5年後、どんな時代になっているのか、超能力者ではないため、鮮明に見えることは不可能です。

未来予測に参照できるのが、哲学でしかありません。
哲学の基礎は内在した事象を現前に出し、自分で見える状態にし、それらの関連性を取り、無関係にしていく実践です。
先ほど挙げた事業の未来はどうなるのか。
マーケットに過去事例を入れると、消費者は一見反応が良いと思ってしまいます。
飲食系ですと、飲食サイト大手食べログのレビュー、Amazonや楽天のショッピングモールでの商品購入のレビューに反応する消費者は、今を現わしたコメントではなく、過去の事例が思考停止に支配する神経回路の人々が書いています。

5年後を見ていると、そのような食べログや商品レビューはマーケットからなくなっています。
製造業や飲食業は、マーケットからほとんど残っていないのです。
人々は自分の生き方を振り返り、これは今でも開始されていますが、物を欲しがらなくなり、身体の健全化を知覚した未来の人類(女性)は外食をやめるでしょう。

では、5年後見据えて、製造業と飲食業が今の20%になるのなら、どのような業種が残るのか、または新しく生まれるのか。
それは、情報という無から有への運動変容、両義性から志向性、全体、大衆から個人、個別、個体に価値のある情報です。

5年後を計画的に独自性が構造の源泉となるような、知性や知識による他者個人のための情報がマーケットの中心となっていきます。
今は、製造物や飲食物などの目に見えるものですが、5年後は目に見えないもの、その中心が情報となるのです。

それらを効率良く、積み重ねるには時間がかかります。そして、哲学で独自性を立てたとき、未来の大地(地点)が見えてきて、知覚と身体が同時に生きていくため、余計な製造物や健全化を妨害する飲食物は価値のない媒体(外部性、外部にあるもの、目で見えるもの)を意識の中から消去します。

情報を構築させましょう。
独自性を哲学で思考停止を抑制して、思考を哲学で促通しましょう。
すると、あなたにとって価値のある情報が何かが分かります。
あなた自身の哲学的概念ができたら、知覚と身体が同時に運営するのと同じく、あなたの哲学とマーケットにいる個体に合う出力する哲学が見えてきます。

 

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-やりたいことを見つけたい

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.